Live Photosの撮影と編集の方法|これだけは知っておきたい10個の技術

  • 2018年12月30日
  • by 
Live Photosの撮影と編集の方法|これだけは知っておきたい10個の技術

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

写真がイキイキと動き出すLive Photos。

シャッター前後の動作を残しておけるなど、とても便利な機能ではあるのですが、「実はいまいち使いこなせていない」という方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなLive Photosの撮影と編集方法について、意外と知られていないワザを10個ご紹介します。

1 Live Photosとは

画像引用元: iPhone、iPad、iPod touch で写真を撮って編集する-Apple

Live Photosは、シャッターを切った前後1.5秒ずつの映像を記録してくれる機能です。Apple独自の機能で、iPhoneやiPad、Macbookで利用できます。

普通の写真では静止画しか残りませんが、Live Photosを有効にするとシャッターを切る前と後のしぐさや音が記録され、その瞬間の空気感を残しておけます。

Live Photosを撮影できる端末は以下のとおりです。

  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone SE

2 Live Photosの基本操作

まずは基本的な操作方法を押さえておきましょう。

2-1 Live Photosで撮影する手順

Live Photosを使って撮影する手順は、以下のとおりです。

  1. カメラアプリを開きます。
  2. カメラが「ビデオ」や「スロー」などではなく、「写真」モードになっていることを確認します。
  3. 上部中央にある◎マークが黄色くなっているか確認します。黄色くなっていなければ、タップして有効にしましょう。
  4. シャッターを押し、撮影を行います。

撮影をするときは、「ポコン♪」というかわいい音が鳴ります。通常の写真を撮るような「バシャ!」という音よりも音量が小さいため、あまりうるさくありません。

Live Photosではない通常の静止画を撮りたい場合は、◎をタップしてLive Photosを無効にします。

2-2 Live Photos画像を確認する方法

画像引用元: Live Photos を撮影・編集する-Apple

Live Photosで撮った画像の確認方法は次の通りです。

  1. 写真アプリを開き、写真タブを選択します。
  2. Live Photosで撮影した写真を選択します。
  3. 画面を強めに押し続けることで、写真が鮮やかに動き出します。
iPhone XS/XRの標準カメラアプリの全て|機能と設定を使いこなす

次のページでは、Live Photosを編集する10個の機能についてご紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
iton
iton
大学1年生で初めて携帯をもつ。白黒液晶の子機タイプから始まり、J-SH02⇒NOKIA6630⇒iPhone3G⇒iPhone6s⇒iPhone7と今に至る。IT系の法人営業を12年努めたあと、ライターに。関心事は5Gと自動運転、ブロックチェーン。夫にはスマホ依存症と言われる。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ