+メッセージ(プラスメッセージ)が話題!使い方とメリット紹介

+メッセージ(プラスメッセージ)が話題!使い方とメリット紹介

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

電話番号でメッセージのやり取りができるSMSには、140文字(全角なら70文字)の字数制限があるものの、短文でのやり取りなど簡単な連絡をするのにはとても便利なサービスですよね。

ところで、このSMSが進化して、「+メッセージ」というサービスになっていたことをご存知でしょうか?

なんと+メッセージでは、写真や動画を送信したり、スタンプを利用したりといったやり取りも可能なのです!

今回はそんな+メッセージの基本的な使い方や便利な機能などをご紹介します。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

トップ画像引用元:+メッセージ(プラスメッセージ)サービスサイト

1 +メッセージ(プラスメッセージ)とは?

+メッセージのロゴ

画像引用元:+メッセージ(プラスメッセージ)サービスサイト

+メッセージとは、電話番号でやり取りできるSMSが進化して、さらにあらゆる機能が使えるようになったアプリです。

ドコモ、au、ソフトバンクのいわゆる「3大キャリア」で携帯電話番号を契約していれば、誰でも追加の手続きなしに利用することができます。

1-1 +メッセージのメリット

メリット

+メッセージのメリットは、やはりメールアドレスを利用しなくても長文のやり取りや写真、動画などのデータ送信ができることでしょう。

MNPで携帯会社の乗り換えると、電話番号は次のキャリアでもそのまま利用する可能ですが、前のキャリアに依存していたメールアドレスは使えなくなってしまいます。

そうなると、今までメールアドレスだけでやり取りしていた人とは、連絡が取れなくなってしまうことに。

しかし、+メッセージでは電話番号さえ分かれば相手と繋がることができるので、MNPでキャリアの乗り換えをしても、今までの流れを断ち切ることなく連絡を再開することが可能です。

また、従来のSMSは全角70文字までしかメッセージを送れませんでしたが、+メッセージでは最大2,730文字まで送信できるように。

さらに、発生する料金の分類も変わっています。

  • これまでのSMS:通話料金
  • +メッセージ:パケット通信料

ですから、パケット定額に加入している人なら、実質無料でメッセージのやり取りができるということです。

+メッセージの良いところ
  • メールアドレスがなくても、長文のやり取りや写真、動画などを送れる
  • 電話番号さえ分かれば相手と繋がることができる
  • 最大2,730文字まで送信できるようになった
  • パケット通信を利用するので、パケット定額に加入している人なら実質無料で使える
ドコモキャンペーンバナー

1-2 +メッセージとLINEはどう違う?

LINEの画面

画像引用元: LINE(ライン) – 無料通話・メールアプリ – Google Play のアプリ

写真や動画を送信できて、グループチャットも使えて、さらに長文も送信できる+メッセージ。また、QRコードで自分の連絡先を相手に送信することもできます。

とても便利なアプリではありますが、「それならLINEで良いんじゃないの?」と考える方も多いことでしょう。

しかし、LINEと+メッセージでは使える機能が少しだけ異なるのです。

「どちらがより優れているか」と考えるのではなく、自分のスタイルに合っている方を使ってみてくださいね。

LINEと+メッセージの違い
  • +メッセージは最大2,730文字に対し、LINEは文字数最大1万文字を送信することができる
  • LINEは初回利用時に登録が必要。一方、+メッセージは登録の必要がない
  • どちらにも既読表示の機能は付いている。ただし、+メッセージではこの機能をOFFにすることができる
  • +メッセージはドコモ・au・ソフトバンクのユーザーだけが利用できる。LINEは格安SIMも利用可能。

初回登録の有無

一番の違いは、初回登録が必要かどうかという点でしょう。

LINEは初回登録が必要なのに対し、+メッセージはアプリのインストール後、簡単な初期設定だけですぐに利用することができます。

利用者の制限

+メッセージを利用できるのは、ドコモ・au・ソフトバンクで契約している人だけです。

格安SIMユーザーは+メッセージを利用することができません。

匿名性の高さ

専用のIDだけでやり取りができるLINEは、ある程度の匿名性が保たれています。一方、+メッセージは自分と相手の電話番号が必須となるので、匿名性は非常に低いと言えるでしょう。

不特定多数の人と連絡先を交換してやり取りをする機会が多い人は、ちょっと不便さを感じてしまうかもしれません。

送信できる文字数

送信できる文字数は、LINEの方が+メッセージよりもかなり多いですね。

とはいえ実際に、1メッセージで1万文字も送る人はほとんどいないのではないでしょうか。

スマホの小さい画面にぎっしりと文字が届くと読みづらいですから、チャットのように短文で分けてメッセージを送っている人が大半かと思います。

よって、最大文字数の差については、あまり意識する必要はないでしょう。

既読表示のON・OFF

どちらのアプリでも利用できる既読表示機能。+メッセージでは、この機能をOFFに切り替えることができます。

2 +メッセージの基本的な使い方

ドコモの+メッセージの画面

画像引用元: +メッセージ(プラスメッセージ) | サービス・機能 | NTTドコモ

それでは早速、+メッセージの使い方を見ていきましょう!

今回はソフトバンクのiPhoneXを利用して解説しますが、基本的な使い方は他のキャリアやスマホでも変わりません。

+メッセージの初期設定から基本的なトーク方法までマスターしましょう!

2-1 まずは専用アプリをインストール

プラスメッセージアプリ

画像引用元:‎「+メッセージ(プラスメッセージ)」をApp Storeで

機種によってはプリインストールされていますが、+メッセージアプリが見つからない場合は、下のボタンやリンクからダウンロードしてください。

iPhone、iPadの場合

3キャリア全て同じアプリです。

Androidの場合

それぞれのキャリア別に専用ページが用意されています。

auのAndroidを使っている方

au Marketからダウンロード

ソフトバンクのAndroidを使っている方

ドコモのAndroidを使っている方

ドコモアプリ管理からダウンロード

2-2 +メッセージアプリの初期設定

それでは早速、インストールした+メッセージアプリを使ってみましょう。

1ホーム画面に+メッセージのアイコンが追加されたら、タップして開いてみてください。

+メッセージのスクリーンショット

2+メッセージのアプリを利用するには、初回の設定が必要です。とはいえ、これには1分もかかりません。

+メッセージを利用するために、「通知」と「連絡先」へのアクセス許可をする必要があります。

+メッセージのスクリーンショット

「次へ」をタップして進みましょう。

3アクセスの許可を求めるポップアップが表示されるので、「OK」を押してください。

+メッセージのスクリーンショット

この後、同様に「通知」の許可を求めるポップアップが出てくるので、そちらも「OK」をタップして許可します。

4今度はWi-Fiへの接続を解除するよう表示されます。

これは、手持ちのスマホがキャリアと契約しているかを確認するためのものです。

Wi-Fi接続している場合はOFFにして進みましょう。

5キャリアとの契約の確認が取れたら、利用規約が表示されます。

一読して「同意する」をタップしましょう。

6これで+メッセージの初期設定は完了です。「OK」をタップして進みましょう。

7次はプロフィール設定に移ります。

+メッセージで利用するニックネームと写真、自己紹介代わりの一言を設定しましょう。

ただし、設定は任意です。また、後から変更することもできます。

8これで+メッセージを利用準備が終わりました!

9契約しているキャリアからメッセージが届くので、確認してみましょう。

ドコモの「+メッセージ(プラスメッセージ)」|使い方と料金形態

次の章では、+メッセージアプリの操作方法について解説します。

2-2 +メッセージでメッセージのやり取りをしよう

それではさっそく、+メッセージを使ってメッセージのやり取りをしてみましょう。

1+メッセージアプリを開き、左下の「連絡先」をタップします。

2スマホに登録されている連絡先が表示されるので、やり取りしたい相手を選択します。

3相手のプロフィールが画面に表示され、「+メッセージに招待する」というボタンが出てきました。

このボタンは、まだ+メッセージを利用したことがない人に出てくるものです。ボタンをタップして招待しましょう。

相手が招待を承認してアプリをインストールし、利用を開始すると、+メッセージでやり取りできるようになります。

4相手が既に+メッセージを利用している場合は、連絡先をタップすると次のような画面が表示されます。

「+メッセージ」と「電話」のアイコンが出てくるので、「+メッセージ」を選択しましょう。

5選択した相手とのトーク画面に移ります。

①に送りたいメッセージを入力し、②の紙飛行機マークをタップして送信しましょう。

6これで相手にメッセージが送信されました。

7相手がメッセージを確認すると、自分が送信したメッセージの隣にレ点のようなマークがつきます。

+メッセージの既読マーク

これを見れば、自分が送ったメッセージを読んでもらえたかを確認可能です。

+メッセージでメッセージを送信するための基本的な使い方は以上となります。

ご覧の通り、特に難しい操作はありません。

3 +メッセージの使い方応用編

ドコモの+メッセージの画面

画像引用元: +メッセージ(プラスメッセージ) : 基本的な使い方 | サービス・機能 | NTTドコモ

+メッセージの基本的な使い方をマスターしたら、次はメッセージ以外のやり取りにも挑戦してみましょう。

3-1 写真や動画を送ってみよう

+メッセージでのやり取りに慣れてきたら、写真や動画も送ってみましょう。

1まずは写真を送信したい相手とのトーク画面を開きます。

2カメラのマークは「写真を撮影して送信する」ためのボタンです。

スマホに保存済みの写真を送信したい場合は、左下の「+」のマークをタップしましょう。隠れていたメニューが出てきます。

3メニューの左から2番目、写真のマークをタップすると、スマホに保存されている写真が読み込まれて表示されます。相手に送信したい写真を選択してチェックを入れましょう。

今回は2枚の写真を送信することにしました。

選び終えたら画面右下④の紙飛行機のマークをタップして送信します。

4これで相手に写真が送信されました。

5動画も同じ方法で送信することができます。

ぜひ+メッセージで好きな写真や動画を共有してみてください。

3-2 スタンプを使ってみよう

メッセージでやり取りする際、文字だけでなくスタンプを利用することで、さらに表現豊かなやり取りが可能となります。ぜひマスターしておきましょう。

スタンプは気に入ったものをダウンロードして使うことができます。

+メッセージアプリはリリースされたばかり(2019年2月現在)ということもあり、スタンプストアでダウンロードできるスタンプは、ほぼ全て無料です。

いずれ有料のものも出てくると思いますが、今のうちからたくさんダウンロードして楽しんでみてください。

1まずはスタンプをダウンロードしてみましょう。

+メッセージアプリを開き「マイページ」をタップ。この画面から「スタンプストア」へ進みましょう。

2スタンプストアのトップページに移りました。

カテゴリやキーワードからスタンプを検索することができるので、お気に入りのものを探してタップしてください。

3スタンプ詳細の画面です。

無料のものには「ダウンロード」のボタンが表示されます。ボタンをタップしてスタンプをダウンロードしましょう。

4スタンプのダウンロードが完了したら、スタンプを送信したい相手のトーク画面に移ります。

5メニュー中央の絵文字のマークをタップして、送信したいスタンプを選択してください。

6スタンプを選択すると、そのスタンプの全体像が表示されます。

内容を確認して送信して、送信しても問題なければ、そのままもう一度タップしましょう。

7これで相手にスタンプが送信されました。

スタンプを使うとトーク画面がより賑やかになります。楽しくやり取りできそうですね!

無料スタンプが多い今のうちに、ぜひお気に入りのものを見つけてダウンロードしておきましょう。

ソフトバンク「+メッセージ(プラスメッセージ)」の料金と使い方

次の章では、+メッセージでグループチャットをする方法について解説します。

3-3 グループチャットを楽しもう

+メッセージは従来のSMSと違い、1人の相手だけでなく、同時に複数人とやり取りすることが可能です。

グループメッセージは、仲間内での旅行計画や家族間の連絡掲示板、会社の業務用など、幅広い用途で利用できます。ぜひ活用してくださいね。

それではさっそく、グループスレッドを作成してみましょう。

1+メッセージのグループスレッドを作るには、まず「メッセージ」を開き、右上の「+」をタップします。

+メッセージのスクリーンショット

2「新しいメッセージ」と「新しいグループメッセージ」のどちらかを選択できるので、「新しいグループメッセージ」をタップ。

3グループメッセージでやり取りしたい相手を選択します。左のレ点のようなマークにチェックを入れてメンバーを決めましょう。

グループに含めたいメンバーのチェックが終わったら、画面右上の「次へ」をタップしてください。

これでグループメッセージスレッドの作成は完了です。

グループスレッドで仲間とのやり取りを楽しんでくださいね。

3-4 自分の連絡先をQRコードで共有しよう

+メッセージでやり取りしようと連絡先を交換する際、ササっと簡単に操作が済めばスマートですよね。

実は、+メッセージでは、自分のプロフィールをQRコードで共有したり、相手の連絡先を取り込んだりすることができるのです。

自分のQRコードを表示するには

1+メッセージを開き、画面下部のメニュー「連絡先」から「自分のプロフィール」(赤矢印②)をタップしましょう。

2マイページが表示されたら、「QRコード」を選択。

3自分のQRコードが表示されました。相手にQRコードをスキャンしてもらいましょう。

これで自分の連絡先をQRコードで共有できるようになりました。

相手のQRコードをスキャンするには

画面上部の「QRコードで追加」から連絡先の追加ができます。

4 登録不要で使える+メッセージをどんどん活用しよう!

スマホでメールを送る

「メッセージのやり取りは、メールやSMSではなく、LINEを使っている」という人は多いかと思います。

今や初めて会った人と連絡先を交換する時、「電話番号とメールアドレスは?」「赤外線で送って」という会話はあまりしませんよね。

LINEのIDやQRコード、その他の交換機能を利用して情報交換するという人が大半ではないでしょうか。

とはいえ、「LINEは使いたくない」「LINEってよく分からない」「怖いから使っていない」という人も決して少数派ではありません。

そういった方たちとのやり取りにも、+メッセージは打ってつけです。

キャリアスマホであればプリインストールされていることがほとんどなので、面倒な操作をすることなく、メッセージや写真、スタンプなどのやり取りをすることができます。

用途別に使い分けるのもおすすめ

「プライベートのやり取りはLINEで、仕事の連絡は+メッセージを使う」といった使い分けもおすすめです。

プライベート用と仕事用でメッセージアプリを使い分けたい方は多いはず。また、「LINEのタイムラインが趣味丸出しだから、会社の人には見られたくない」という方もいるのではないでしょうか。

+メッセージは今後の成長が期待できるアプリ!

+メッセージはまだリリースされたばかりのアプリです。そのため利用している人が少なく、最初は使いづらいと感じることもあるかもしれません。

ですが、電話番号のみで利用できるその手軽さから、今後、利用する人は着実に増えていくことでしょう。

auの「+メッセージ(プラスメッセージ)」|使い方と料金形態

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ