Apple Payの使い方・設定方法|Apple Watch連携とSuicaチャージの手順

Apple Payの使い方・設定方法|Apple Watch連携とSuicaチャージの手順

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

キャッシュレスで便利に買い物ができる電子ウォレットのApple Pay(アップルペイ)。日本では2016年10月から利用が開始され、年々、利用者が増えています。

Apple Payが使える端末は、iPhoneやiPad、Apple Watch、Macなどです。「Apple Watchを購入して、Apple Payを使おう」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、Apple PayをApple Watchで使う設定、チャージ方法などについて解説していきます! ぜひチェックしてみてくださいね。

Apple Payとは

Apple Pay image
画像引用元:https://www.apple.com/jp/apple-pay/

Apple Payは、Apple社が提供している電子マネーです。「Suica(スイカ)」や「QUICPay(クイックペイ)」、「iD(アイディー)」に対応しており、クレジットカードやプリペイドカードを登録して、iPhoneやApple Watchで簡単に決済ができるサービスです。

財布代わりになるため、Apple Payに対応しているiPhoneかApple Watchさえあれば、店頭で買い物したり、電車やバスに乗ったりできます。また、オンラインショッピングも可能です。

Apple Payの利用は無料で、多くのクレジットカードが対応しています。

スマホ決済|今さら聞けないApple Pay・NFC・FeliCa・おサイフケータイの違い

Apple WatchでApple Payを使うには

Apple Pay

Apple Watchの種類によってApple Payが利用できるかが異なります。2016年9月発売以降のApple Watchは、FeliCa方式のIC通信に対応しているので、SuicaやQUICK Pay、iD決済が利用できます。

準備

利用前には、クレジットカードとSuicaを登録し、Apple WatchをiPhoneにペアリングさせておく必要があります。iPhoneは、iOS10.1以上がインストールされた5以上の機種であることが条件です。Apple PayをApple Watchで使う設定は、iPhoneで行いましょう。

クレジットカードの登録方法

クレジットカードの登録手順は次の通りです。

  1. iPhoneで「Watch」アプリを起動する
  2. 「WalletとApple Pay」をタップする
  3. 「カード追加」を選択する
  4. 表示される枠内にクレジットカードを合わせる
  5. セキュリティーコードを入力する
  6. 利用条件に同意する

転送が完了すると、Apple Watchに通知されます。すでにiPhoneへクレジットカードを追加している場合は、「WalletとApple Pay」の「iPhone上のほかのカード」一覧の追加をタップし、セキュリティーコードを入力してください。

Suicaの登録方法

Suica
Suicaの登録もiPhoneで行います。手順は次の通りです。

  1. SuicaアプリをiPhoneにダウンロードする
  2. Suica発行をタップする
  3. Suica(無記名)か、MySuica(記名式)、Suicaカードの取り込み(すでに所持している場合)を選択する
  4. 注意事項を確認し、「次へ」をタップする
  5. 同意画面で「同意する」をタップする
  6. SFチャージ画面で、「金額を選ぶ」を選択する
  7. チャージ額を選ぶ
  8. Apple Payマークをタップする
  9. カードを選択後、指紋認証する
  10. 次へをタップする
  11. 利用条件に同意する

完了すると、ペアリングしているApple Watchでも利用できる旨が表示されます。また、同時に「エクスプレスカード」の設定も完了となります。

Suicaをエクスプレスカードに設定すると、Apple Watchを改札機にかざすだけで利用できるようになります。ロック解除やパスコード入力なども必要ありません。エクスプレスカードに設定しない場合は、Apple Watchのサイドボタンを2回押す作業が必要となるので注意しましょう。

使用方法

Apple Pay
画像引用元:https://www.apple.com/jp/apple-pay/

Apple Watchを使って店頭で買い物するときは、Apple Payを対応しているお店かどうか確認しましょう。支払い方法は、iDまたはQUICPayと、Suicaで異なります。

iDまたはQUICPay払い

サイドボタンをダブルクリックし、カードを選択して、決済システムにApple Watchをかざすだけです。Apple Watchは、1日に一度、パスコードを入力しておけば決済時の追加認証が必要ありません。

Suica払い

Apple PayのSuicaを利用して店頭で支払いをする場合には、Apple Watch画面のSuicaアプリをタップし、サイドボタンをダブルクリックします。準備完了画面になったら、カードリーダーにかざしてください。

Apple Payで使えるクレジットカードのマーク

  • iD
  • QUICPay
  • Suica

残高が不足している場合は、サイドボタンをダブルクリックすると、その場でチャージ可能です。
次はポイントとなるSuicaのチャージ方法です。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ