Apple TV+の使い方と月額料金|他の動画サービスとの違いは何?

Apple TV+の使い方と月額料金|他の動画サービスとの違いは何?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

2019年11月2日にサービスが開始されたAppleの動画サービス「Apple TV+」

新しい動画サービスとして始まったばかりのサービスなので、聞き馴染みのない人も多いのではないでしょうか。

Apple TV+の使い方や料金、他の動画サービスと比較した時の違いなどがわからない方も多いと思います。

そこで今回は、Apple TV+とはどのようなサービスなのか、また使い方や料金、他の動画サービスと比較した時の違いなど、Apple TV+の全貌について紹介をしていきます。

Apple TV+とは
  • Appleが始めた新しい動画配信サービス
  • 配信される動画は全てAppleオリジナル動画
  • 今ならAppleのデバイスを購入すれば1年間無料トライアル可能

トップ画像引用元:Apple TV+ – Apple(日本)

Apple TV+とはどんなサービスなのか

アップルティービープラス

画像引用元:Apple TV+、本日より提供開始 – Apple (日本)

Apple TV+は動画配信(VOD)サービスとして、Apple社から提供が開始されました。

独自の動画コンテンツの配信に特化した動画サービスとなっており、ここでしか観られないハイクオリティな作品を楽しむことができます。

Netflixなど定額制の月額料金(サブスクリプション)で利用できる人気の動画配信サービスが多くありますが、そのApple版といったイメージです。

スタートしたばかりということで、またコンテンツ数は多くありませんが、新作が毎月追加されていくとのことで、非常に楽しみなサービスでもあります。

Apple TV+の特徴

Apple TV+の特徴となっているのが、完全オリジナル作品のみの配信であるという点です。

つまり、Apple TV+で視聴できる作品は、ここでしか見ることができません。

有名監督や有名キャストを起用した作品も今後続々公開予定とのことで、映画好きの人にとっては非常に興味をそそられるのではないでしょうか。

逆に、一般公開されている映画や番組の配信はありません

多くの動画配信サービスでは、レンタルビデオ店のように一般公開されている映画などを中心に配信しながら、一部オリジナル作品も配信をしています。

それに対して、Apple TV+はオリジナル作品のみの配信という少しマニアックな動画配信サービスとなっています。有名作品を中心に視聴したい人には、あまり向いていないでしょう。

このように完全オリジナル作品のみの配信という、他に見ない形態での動画配信サービスが今後どのような展開を迎えるのか期待したいところです。

ドコモキャンペーンバナー

Apple TVとの違い

Apple TV

画像引用元:Apple TV+ – Apple(日本)

「Apple TV+」と似た名前で、「Apple TV」というものがありますが、こちらは聞いたことのある人が多いのではないでしょうか?

2つとも名前はよく似ていますが、「Apple TV+」と「Apple TV」はそれぞれ全く違うものとなっています。

「Apple TV+」は動画配信サービスです。

これに対して、「Apple TV」はテレビに接続してテレビで動画を再生するための、セットトップボックスです。

Apple TVはYouTubeやNetflixといった動画配信サービスをテレビで視聴したり、iPhoneやiPadなどからAirPlayを使ってテレビに写真や動画を映し出すことができます。

もちろんApple TVを使ってテレビでApple TV+を視聴することもできます。

このように、「Apple TV+」はサービスで「Apple TV」はデバイスと、2つは名前は非常に似ているものの全く違うものとなっているので念のため覚えておきましょう。

Apple TV+とApple TVの違い
  • Apple TV+は動画配信サービス
  • Apple TVは動画を再生するためのセットトップボックス(デバイス)
「Apple TV」と「Apple TV 4K」|設定や使い方、できること一覧

Apple TV+の料金

豚の貯金箱

Apple TV+は月額600円で利用できます。

動画配信サービスの中では比較的リーズナブルな価格設定となっています。

また月額契約の他にも、年間契約も可能です。

Apple TV+を年間契約する場合は、年額6,000円で1ヶ月あたりの料金が500円と少し安くなるので、長期的に利用するなら、年間契約がお得です。

また、Apple TV+はApple IDのファミリー共有を使って、最大6人まで1つのアカウントを共有することができます。

他の動画サービスでは、家族共有をする時に少し高いプランに加入する必要があったりしますが、Apple TV+では料金が変わらず家族間での共有も可能です。

さらに無料期間も設けられており、気になるけど観たい作品があるかわからないので加入するか迷っている、なんて人もお試しで使ってみると良いでしょう。

誰でも無料トライアル期間が7日間使える

Apple TV+には無料トライアル期間が設けられているので、最初の7日間は料金が発生しません

無料期間内に解約をしなければ、自動的に課金が始まります。

もちろん、無料トライアル期間内でも全ての動画が見放題なので、いろいろな作品を観て継続するかどうか吟味すると良いでしょう。

Apple製品購入者は1年間の無料トライアル

iPhoneやiPad、Apple TV、MacなどApple製品を購入した場合には、1年間の無料トライアル期間が設けられています。

Apple TV+の加入を検討している人は、iPhoneユーザーが多いのではないでしょうか?

iPhoneユーザーなら、1年間無料で利用できるので、加入時点で公開されている動画だけでなく新作の公開までじっくりとお試し期間を楽しむことができます。

ただし、この1年間の無料トライアルを使うには1つだけ注意点があります。

新しいApple製品を購入してから3ヶ月以内の申し込みが条件

1年間の無料トライアル期間が適用されるのは、Apple TV+を申し込むデバイスが購入されてから3ヶ月以内のものであることが条件となっています。

正確には初回のセットアップをしてから3ヶ月以内に、Apple TV+の申し込みをしなくてはいけません。

対象デバイス
  • iPhone
  • iPad
  • iPod touch
  • Apple TV
  • Mac

デバイスは2019年9月11日以降に正規店で購入したものに限られます。

iPhoneの機種変更をした場合など新しいAppleのデバイスを購入した際には、是非ともお得にApple TV+を始めてみましょう。

こちらも期間内に解約していなければ、無料トライアル期間終了後に自動的に課金がスタートします。

Apple Musicの学生プランに加入していれば無料

無料トライアルの他にもApple TV+を無料で利用する方法があります。

Apple Musicを学生プランで利用している場合は、料金(月額480円)はそのままでApple TV+も利用できます

この場合はApple Musicの学生プランの利用終了に伴って、Apple TV+の無料期間も終了となります。

【Fire TV/Apple TV/Chromecast】比較!種類や価格、サービスの違い

次のページでは、Apple TV+の登録方法や使い方について解説をしていきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ