IIJmioでiPhone 11を使う方法|手順と月額利用料金を調べてみた

IIJmioでiPhone 11を使う方法|手順と月額利用料金を調べてみた

今年も新型iPhoneが発売されました。

2019年モデルは、iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの3機種となります。

最新のiPhoneも毎月の料金を抑えてお得に使いたいという人のために、おすすめの格安SIM「IIJmio」でiPhone 11を使う方法について紹介します。

IIJmioでiPhone 11を使う方法
  • IIJmioで使えるiPhone 11を手に入れるには?
  • IIJmioでiPhone 11を使えるようにする方法
  • IIJmioでiPhone 11を使う時の月額料金は?

画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

IIJmioでiPhone 11を使う方法

iPhone11

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

格安SIMのIIJmioでは最新のiPhoneであるiPhone 11の取り扱いはありません。

IIJmioでiPhone 11を使うには、IIJmioではないところでiPhone 11を購入する必要があります。

最新機種のiPhone 11を購入できるところは、次のいずれかの場所になります。

iPhone 11を購入できる場所
  • Apple Sotre
  • 大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)
  • 中古販売店

それぞれで購入するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

Apple Storeで購入する場合

iPhone 11を購入するなら、Apple Storeでの購入が1番おすすめです。

なぜなら、Apple Storeで購入したiPhoneは全てSIMフリー版となっているからです。

大手キャリアで販売されているスマホはiPhoneを含めて、全ての機種にSIMロックがかけられているので、他の通信会社のSIMカードを使って通信をすることができません。

IIJmioはもちろん、iPhoneを格安SIMを使うにはSIMロックがかかっていないことが第1条件となります。

Apple StoreでiPhone 11を購入すれば、SIMロックがかかっていないので、すぐにその日からIIJmioのSIMで利用することができます。

また本体価格も、大手キャリアで販売されているものよりも1万円程度安く設定されています。

項目64GB128GB256GB512GB
iPhone 1174,800円79,800円90,800円-
iPhone 11 Pro106,800円-122,800円144,800円
iPhone 11 Pro Max119,800円-135,800円157,800円

SIMロックがかかっておらず使い勝手の良いiPhone 11が手軽に購入することができるのは、Apple Storeで購入するメリットと言えるでしょう。

それに対してApple Storeで購入するデメリットとしては、販売店舗が少ないことです。

Appleの修理拠点は全国に点在していますが、iPhone 11を含めたApple製品を販売している店舗は都市部に集中しており、あまり数は多くありません

特に店頭は新型iPhoneの発売直後は非常に混雑しやすく、購入するのにかなり時間がかかってしまう場合もあります。

そんな時には、Apple Storeのオンラインストアで購入するのがおすすめです。

オンラインストアなら、自宅で受け取ることができるのでApple Storeが近くにない人でも気軽に購入することができます。

Apple StoreでiPhone 11を購入する場合
  • SIMフリー版のiPhone 11が手に入る
  • 販売価格がキャリア版より安い
  • オンラインストアの購入が便利でおすすめ

ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアで購入する場合

iPhone 11は大手キャリアで新規契約や機種変更の契約と同時に購入することができます。

最近ではワイモバイルなどの格安SIMでもiPhoneが取り扱われており、端末購入とセットで契約をすることができます。

しかし、iPhone7など型落ちの機種が中心のラインナップとなっています。

それに対して、IIJmioは昨年発売されたiPhone XS/XRといった比較的新しい機種から、まだ人気の高いiPhone 8など豊富なラインナップを揃えています。

ただし、IIJmioで販売されているiPhoneは全て中古端末となります。

ただ、最新のiPhone 11の取り扱いはありません

最新のiPhoneの取り扱いがあるというのは、大手キャリアの特権でもあるのです。

大手キャリアで購入したiPhone 11を持ち込みで、IIJmioの回線を利用するというのも1つの方法となります。

SIMロックの解除が必要

その場合に注意が必要なのが、SIMロックの解除が必須という点です。

大手キャリアで購入したスマホには、もれなくSIMロックというものがかけられています。

SIMロックというのは、販売したキャリアのSIMカード以外を認識しないようにかけられているロックのことで、これを解除しない限り他社の通信回線を利用することができません

なので、大手キャリアで購入したiPhone 11をIIJmioで利用するには、まずこのSIMロックを解除する必要があります。

iPhoneを一括購入した場合には購入翌日から、分割購入や購入サポートなどの割引が適用されている場合は購入から101日目以降にSIMロック解除が可能となります。

SIMロック解除は各キャリアのポータルサイトから可能です。

  • ドコモ → My docomo
  • au → My au
  • ソフトバンク → My SoftBank

ポータルサイトからの解除では手数料もかからず、いつでもどこからでも手続きが可能なのでおすすめです。

ただし、修理や交換でIMEIが変更になっていたり、契約内容によってポータルサイトからのSIMロック解除ができない場合があります。

そういった事情でSIMロック解除ができない場合や、操作方法がわからない場合は各キャリアショップでSIMロック解除の手続きが必要になります。

キャリアショップでSIMロック解除をする場合には、SIMロック解除手数料として3,000円かかります。

可能であれば、ポータルサイトからSIMロックの解除をするのが良いでしょう。

大手キャリアの端末割引が解約後でも適用可能に!

大手キャリアでの購入には、SIMロックといったデメリットがある反面、分割購入で端末代金がお得になるサービスが提供されています。

au・ソフトバンクは48回分割、ドコモは36回分割の購入で24ヶ月間利用すれば、25ヶ月目以降に端末を回収に出せば残りの分割金の支払いが不要になります。

最大で半額で購入することができるお得なサービスになっています。

これまでは各キャリアで継続利用することが条件でしたが、2019年10月以降は解約後も残債免除が受けられるようになりました。

大手キャリアならではの分割購入によるお得な端末割引を格安SIMに移行しても使うことができるので、とにかく費用を抑えたい人にはおすすめです。

また、大手キャリアなら全国のキャリアショップや家電量販店など、取り扱い店舗が多いのも特徴となっています。

大手キャリアでiPhone 11を購入する場合
  • 購入後のSIMロック解除が必須
  • 大手キャリアを解約しても端末代金の割引が受けられるようになった
  • 全国のキャリアショップや家電量販店で購入が可能
【2020年】格安SIMおすすめ人気ランキング|料金プランと通信速度で比較

次の章では、IIJmioでiPhone 11を利用する時の手順を解説します。

中古販売店で購入する場合

例年、新型iPhoneは発売直後から中古販売店でも販売されていることが多々あります。

端末価格だけを考えると、普通に考えると中古端末が1番安くつきそうです。

しかしながら発売直後の新型iPhoneは中古でも価格が高騰しやすく、新品の購入と金額があまり変わらない場合もあり、あまりおすすめではありません。

また、中古端末を購入する際には1つ注意しなくてはならないことがあります。

それは「ネットワーク利用制限」にかかっていないかどうかです。

ネットワーク利用制限とは、購入されたスマホの分割支払金が支払われなかった場合などに、制限がかけられ一切の通信ができなくなる状態を言います。

ネットワーク利用制限のかけられた端末は、IIJmioはもちろん、どこの通信会社でも使うことはできません。

ネットワーク利用制限はIMEIを使って、各キャリアの公式サイトから端末ごとに判定を調べることができます。

判定結果には3種類あります。

ネットワーク利用制限のステータス
  • ○:端末の代金が完済、問題なく通信できる状態。
  • ▲:端末の残債が残っている、現状問題なく利用できるが未払いなどによって×になる可能性がある。
  • ×:端末の残債が支払われていない、制限がかけられて通信が使用できない

ネットワーク利用制限判定が×となっているものが販売されていることはありませんが、▲のものは販売されています。

▲はネットワーク利用制限によって使えなくなるというリスクがあるということを認識しておいたほうが良さそうです。

中古端末を購入する際には、ネットワーク利用制限の判定結果が○になっているものが望ましいでしょう。

中古販売店で購入する場合
  • 新型iPhoneは発売直後は中古でも安くなりにくい
  • 中古で購入する場合はネットワーク利用制限に要注意

IIJmioでiPhone 11を利用する時の手順

スタッフから説明を受ける

ここまで説明をしたように、IIJmioでiPhone 11を利用するためにはSIMロックフリーのiPhone 11をまず手元に用意する必要があります。

SIMフリーのiPhone 11が用意できたらいよいよ、IIJmioでの手続きを行っていきます。

では、実際に持ち込みのiPhone 11をIIJmioで利用する時の手順について見ていきましょう。

IIJmioの申し込み手順

IIJmioは基本的にはWEBでの受付となっています。

IIJmioの申し込みサイトから24時間申し込みが可能です。

申し込みにあたって、他社からの乗り換えの場合にはまず移転元の通信事業者にてMNP予約番号を発行する必要があります。

利用している通信事業者によって異なりますが、電話またはWEBから取得が可能です。

他社からの乗り換えならこのMNP予約番号を使って、IIJmioへの申し込みを進めていきます。

新規契約なら、この手順は必要なく直接IIJmioの申し込みから行います。

申し込みには、

  • 端末同時購入
  • SIMのみ契約

の2パターンがあります。

今回のように、iPhone 11の持ち込み利用の場合は「SIMのみ」の契約を選択します。

申し込み後、加入審査が行われ審査に問題がなければ、IIJmioでの手続きは完了し、SIMカードが送られてきます。

これが一般的なIIJmioの申し込み手順です。

eSIMを使った契約も可能(データプランのみ)

この他にIIJmioの契約では、iPhone 11に搭載されているeSIMを使った契約をすることができます。

eSIMとは端末埋め込み型のSIMカードで、従来型のSIMカードのように物理的なSIMカードの差し替えは必要なく、端末上で契約を切り替えるだけで通信事業者の切り替えもできる画期的な機能です。

海外では多く用いられているeSIMですが、日本国内ではあまり一般的ではなく、現在eSIMでの契約が可能な日本国内の通信事業はIIJmioしかありません

現在はIIJmioでもデータプランのみの提供となっていますが、データのみの利用や音声通話を他のキャリアのSIMカードと併用するには便利な機能となっています。

申し込みも非常に簡単で、専用サイトからの申し込みとQRコードを使ったアクティベーションコードの読み取りだけですぐに使えるようになります。

ただし、eSIMを利用する場合にも、キャリア版のiPhone 11の場合はSIMロック解除が必要なので注意しましょう。

APN設定用の構成プロファイルをインストールする

続いて、手元のiPhone 11をIIJmioのSIMカードで通信ができるように設定を行っていきます。

APN設定というものを行うことで、IIJmioのSIMカードでモバイルデータ通信ができる状態にすることができます。

iPhoneの場合は、構成プロファイルをインストールすることで一括設定ができるので、誰でも簡単に設定をすることができます。

IIJmioでAPN設定用の構成プロファイルをインストールする手順は以下の通りです。

1APP Storeから「IIJmio クーポンスイッチ」をダウンロードし起動する
2ログイン画面下部の「ヘルプ」を押下する
3下にスクロールし、「構成プロファイルのインストール」を押下する
4プロファイルのインストール画面に遷移するので「インストール」を選択する

これでAPN設定用の構成プロファイルのインストールは完了です。

iPhoneでIIJmioのSIMカードを使ってモバイルデータ通信ができる状態になりました。

ただし、インストールするには、iPhoneがインターネットに接続できる状態である必要があるので、Wi-Fi環境が必須となります。

IIJmioでiPhone 11を使う時の月額料金

スマホと料金

最後にIIJmioの料金プランについて解説をしていきます。

IIJmioで取り扱われているSIMカードの種類は、

  • 音声通話機能付きSIM
  • SMS機能付きSIM
  • データ専用SIM

3種類となっています。

提供回線はドコモ回線と、データ専用SIMを除いてau回線の2種類が提供されています。

高速通信可能なデータ容量は3GB/6GB/12GBの3種類のプランから選ぶことができます。

それぞれのプランの料金は以下の通りです。

プラン音声通話機能付きSIMSMS機能付きSIM
(タイプD)
SMS機能付きSIM
(タイプA)
データ専用SIM
3GB1,600円1,040円900円900円
6GB2,220円1,660円1,520円1,520円
12GB3,260円2,700円2,560円2,560円

この他にもIIJmioでは、eSIMプランが提供されています。eSIMプランはデータ専用プランでの提供となっており、音声通話やSMS機能には対応していません。

データ容量は6GBのみの展開で、料金は通常のデータ専用SIMと同じく1,520円となっています。

データ使用量が多い人は、データオプションで通信容量を追加することができます。

データオプションの料金は、

  • 20GBが3,100円
  • 30GBが5,000円

となっています。

iPhone 11はnanoSIMとeSIMのデュアルSIMに対応していますが、物理的なSIMカードであるnanoSIMは1枚しか挿れることができないので、eSIMを使うことでDSDVで利用することができます。

通話プランやメールアドレスは大手キャリアのものをそのまま使いながら、データ通信だけIIJmioのeSIMで利用するといった使い方が可能になります。

スマホを使用する頻度が多い人なら、通話プランはかけ放題も使える大手キャリアで通信プランだけIIJmioのeSIMプランに変えることで通信費を節約することができます。

例えば、上記の使い方をドコモのSIMとIIJmioのSIMとで併用した場合、以下のような料金になります。

内容プラン料金
ドコモギガライト(〜1GB)+かけ放題4,680円
IIJmioeSIMプラン(6GB)1,520円
合計6,200円

これをドコモだけで使った場合は、

内容プラン料金
ドコモギガライト(5〜7GB)+かけ放題7,680円
合計7,680円

IIJmioのeSIMプランと併用する場合に比べて1,480円高くなります。

このように、iPhone 11はIIJmioのeSIMプランと併用することで毎月の料金を節約できます。

最新のiPhone 11も格安SIMのIIJmioを使ってお得に!

iPhone11

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

IIJmioで最新機種のiPhone 11もお得に!
  • Apple StoreならSIMフリー版iPhone 11も簡単に手に入る
  • IIJmioなら毎月の料金もお得
  • eSIMを使って他社回線との併用も可能

毎年、世界的な話題となる新型iPhoneが今年も発売となりました。

iPhone 11も前年のモデルに引き続いて、高価な価格設定となっています。

確かに端末代金は高いですが、格安SIMを使えば月額料金は大幅に抑えることができます。

特にiPhoneはSIMフリー版を手に入れやすいので、格安SIMでの運用も簡単です。

eSIM対応プランも展開しており、新型のiPhone 11とも親和性が高いIIJmioを使って、格安でiPhone 11を使ってみませんか?

IIJmio(みおふぉん)に乗り換え(MNP)時の開通手続きとかかる時間

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ