UQモバイルでiPhone8を使う方法|端末発売日はいつ?予想してみた

UQモバイルでiPhone8を使う方法|端末発売日はいつ?予想してみた

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

今回の記事は「UQモバイルでiPhone8を使う方法」と「今後UQモバイルでiPhone8を取り扱う日はいつになるか」について解説していきます。

UQモバイルに限った話ではありませんが、iPhoneシリーズを取り扱っている格安SIM業者は少なく、安い月額料金でiPhoneを使いたい!と考えるユーザーはいます。

今回はUQモバイルでiPhone8を使う方法をまとめましたので、格安SIMでiPhoneを使う予定の方は是非参考にしてみて下さい。

UQモバイルでiPhone8の利用方法
  • UQモバイルはiPhone8を新規契約時に購入は出来ない
  • 中古か他の通信事業者のiPhone8の入手が必須
  • ドコモとソフトバンクのiPhone8はSIMロック解除が必須
  • 店舗かオンラインショップで持ち込み新規を申込む
  • 2019年のうちにUQモバイルでもiPhone8を取り扱う可能性はある

トップ画像引用元:iPhone│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

2019年9月UQモバイルではiPhone8を取り扱っていない

iPhone8とケース

UQモバイルを含む格安SIM業者の中で、最新のiPhoneシリーズはiPhone7で、iPhone8を取り扱っている格安SIM業者はありません。(9月18日時点)

その為、iPhone8以降のiPhoneシリーズを利用したい人は、何らかの手段で端末自体を入手して持ち込み新規、または持ち込みMNPを契約するようになります。

今後はUQモバイルでもiPhone8以降のモデルを取り扱う可能性はありますが、2019年9月時点でそういった情報は出ていません。

ですから、

  • UQモバイルでiPhone8が発売されるまで待つか
  • iPhone8を入手して持ち込みの契約をするか

のどちらかを選ぶ事になります。

現在取り扱っているモデルは端末発売日から2年経過したモデル

格安SIM業者でセット販売されているiPhoneシリーズは、最新モデルでも2017年に発売されたiPhone7となっています。

日本ではiPhone最新モデルは、Apple Store以外ではドコモ、au、ソフトバンクが優先販売されるようになっており、格安SIMでは最新モデルは発売されていません。

その為、格安SIM業者で最新モデルのiPhoneの組み合わせを利用している人は想像以上に少ないようです。

キャリアモデル・SIMフリー問わずiPhone 8の動作確認済み

一方で格安SIMでは、まだ取り扱っていないiPhone8以降の最新モデルの動作確認を取っている業者も少なくありません。

UQモバイルが正にiPhone8以降のモデルでも動作確認を取っている業者で、例を挙げると2018年に発売されたiPhone XSを、

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • 国内版SIMフリー(Apple)

の全てで動作確認しています。

「iPhone8以降のiPhoneは、まだ販売はしていない。しかし持ち込み新規はいつでもウェルカム!」格安SIM業者側は、そのような立ち位置のようです。

UQモバイルで利用するiPhone8の入手方法

iPhone8

UQモバイルではiPhone8を販売していないので、UQモバイルでiPhone8を利用したいなら何らかの手段でiPhone8を入手する必要があります。

iPhone8を持っている家族や友人に譲ってもらう方法もありますが、大多数の人が入手する方法としては以下の2点になるでしょう。

ドコモ、au、ソフトバンクで使っているiPhone8をそのまま利用する

ドコモ、au、ソフトバンクで購入して、現在も使っているiPhone8でUQモバイルに乗り換えるのが一般的な方法です。

既に機種代金を払いきっているなら、UQモバイルにMNPをして月々の料金を安く済ませることができます。

まだ機種代金の完済出来ていない場合は、UQモバイルに乗り換えた後も機種代金は継続して引き落としされるのでご注意下さい。

SIMフリー・中古のiPhone 8を購入する

Apple Storeで新品のSIMフリーiPhone8を購入、あるいは中古ショップで購入して入手する方法もあります。

手元にiPhone8が無い人でもApple Storeか中古で用意すれば、後はUQモバイルに持ち込み新規契約で利用可能です。

ただし、後述しますが「ドコモとソフトバンクのiPhone8をUQモバイルで利用するならSIMロック解除」が必要な点を忘れないで下さい。

中古のiPhone8を購入する時はネットワーク制限が【○】の物を選ぼう

中古のiPhone8を購入してUQモバイルで契約する場合、ネットワーク制限が【○】の表記、いわゆる白ロムのiPhone8を選ぶのがおすすめです。

ネットワーク制限とは「そのiPhoneの機種代金が完済されているか否か」を表す印で【○】は既に前任者により完済しているので安心です。

【△】は俗に言う赤ロムと呼ばれる、前任者が機種代金を分割で支払い中ということで今後、滞納してしまうと、無関係な現利用者の通信が制限されています。

赤ロムでネットワーク制限がかかると保証してくれる中古業者もありますが、代替品を送ってくれるまで時間がかかるので、多少値段が張ってでもネットワーク制限が【○】の白ロムiPhone8を選びましょう。

UQモバイルでiPhone8を利用する3ステップ

それではここからは、実際にiPhone8をUQモバイルで契約して利用するまでの手順を詳しく解説します。

持ち込み新規契約、持ち込みMNPと方法は2つありますが、概ね以下の3ステップで利用できるようになります。

  1. iPhone8を手元に用意する
  2. 店舗、またはUQオンラインショップで申込む
  3. 手元にSIMカードが届いたら初期設定や各種設定を行う

それぞれの詳しい内容を見ていきましょう。

ステップ1 iPhone8を用意する

iPhone8

まずはUQモバイルで利用するiPhone8を確保しなくてはいけないので、現在使っている人はそのまま利用するか、持っていない人は中古かApple Storeで購入しましょう。

ここで重要なのがiPhone8のSIMロック解除の存在で、ドコモとソフトバンクで販売されたiPhone8はSIMロック解除済みのモデルを用意する必要があります。

auとSIMフリーのiPhone8はSIMロック解除不要

auで販売されたiPhone8、またはApple Storeや中古ショップで購入したSIMフリーモデルであればはSIMロック解除の必要はありません。

UQモバイルはauの回線を利用したau傘下の格安SIM業者なので、auで販売されたモデルであれば、そのまま利用できます。

元々SIMロックされていないSIMフリーモデルのiPhone8も、特に手続も必要なくそのまま利用できます。

ドコモ、ソフトバンクのiPhone8はSIMロック解除が必要

ドコモ、もしくはソフトバンクで販売されたiPhone8は、SIMロック解除されたiPhone8でないとUQモバイルで利用できません。

現在使っているiPhone 8がドコモ、ソフトバンクで購入した物なら、MNPで乗り換える前にSIMロック解除をしましょう。

注意点として中古ショップで購入したドコモ、ソフトバンクのiPhone8は、前に利用していた契約者本人でないとSIMロック解除できません。

中古で購入したユーザーではSIMロック解除出来ないので、ドコモ・ソフトバンクのiPhone8を購入する時はSIMロック解除済みの物を選びましょう。

ステップ2 店舗かオンラインショップで持ち込み新規契約(MNP)を申込む

契約を確認する

手元にiPhone8を用意したら、UQモバイルに持ち込み新規契約、今の携帯電話番号をそのまま利用するなら持ち込みMNPを申込みます。

UQモバイルの店舗が近所にあれば店舗でも申込み出来ますが、近所に店舗が無い人はUQオンラインショップで申込みましょう。

ただ、UQオンラインショップで申込めば、待ち時間もなく自分の好きな時間に申込みができるというメリットもあります。

UQモバイルの端末購入は店舗とオンラインどっちがお得か比較してみた

持ち込み新規契約(MNP)に必要な物まとめ

2019/10/01 お詫びと訂正
下記において、支払い方法は”クレジットカードのみ”と記載しておりましたが、正しくは”MNPの場合は口座振替も可能”となります。
間違った記載をしておりましたことをお詫び申し上げます。

持ち込み新規契約、持ち込みMNPに必要な物は以下の通りです。

  • メールアドレス
  • 本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカード
  • MNP予約番号(MNP時のみ)
  • 金融機関のキャッシュカード(店舗申し込み且つ口座振替希望時のみ)

オンラインショップで申込んだ場合に設定できる支払い方法はクレジットカードのみで、口座振替で申込もうとするとキャンセルされてしまいます。と、MNPの場合は口座振替が可能です。

MNPの場合は事前にMNP予約番号の発行を行う

現在使っている携帯電話番号を、UQモバイルにMNPで乗り換える場合は移転元の通信事業者でMNP予約番号の発行を行いましょう。

MNP予約番号には発行してから約14日間の利用期限が設定されており、利用期限を過ぎてしまうと予約番号を再発行しなくてはいけません。

再発行は二度手間になるので、予約番号を発行したら迅速にUQモバイルで乗り換えを申込むのがおすすめです。

オンラインショップで持ち込み新規を申込む手順

UQオンラインショップで持ち込み新規契約を申込む手順は以下のようになります。

  1. UQオンラインショップのiPhone用のSIMの購入ページにアクセス
  2. マルチSIM(nano)を選択
  3. 新規契約を選択・申込み
  4. MNPの場合はMNP予約番号を入力
  5. 本人確認書類等も必要であればアップロード
  6. UQモバイル側で審査
  7. 審査完了後、問題なければSIMカードが発送される

店舗での申込みは必要な物を持って来店すればお店の方が教えてくれますが、オンラインショップでは全て自分で行う必要があります。

その代わり24時間いつでも受付可能というメリットもあるので、普段忙しくて来店する暇がない、近くに店舗が無い人はオンラインショップがおすすめです。

ステップ3 SIMカードが届いたら初期設定とAPN設定を行う

SIMカードとトレイ

無事UQモバイルの審査を通過したら、iPhone用のSIMカードが自宅に発送されるので届くまで数日間待ちます。

2~3日程度で届きますが、離島や遠方、交通機関の乱れ等で遅れる可能性はありますので気長に待ちましょう。

SIMカードが届いたら『my UQ mobile』で回線切り替えを行う(MNP時)

持ち込みMNPの場合、SIMカードが届いたら『my UQ mobile』にアクセスして回線切り替えを行いましょう。

回線切り替えには30分ほど時間がかかるので、回線切り替えを行う時は時間に余裕を持って行うのがおすすめです。

回線切り替えが終わったらiPhone 8にSIMカードを挿入しましょう。

iPhone8のAPN設定方法

回線切り替えが終わった後、もしくは持ち込み新規契約の場合、SIMカード挿入後にUQモバイルのネット回線をiPhone8でも使用できるようにAPN設定を行う必要があります。

  1. iPhone8をWi-Fiに接続
  2. iOS製品の設定方法│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)にアクセス
  3. 『STEP1 ご利用される製品(端末)から、ブラウザ(safari)で以下のURLにアクセスしてください』のURLをタップ
  4. 「このWebサイトは~」の文言が出たら『許可』をタップ
  5. 「プロファイルがダウンロードされました」と表示されたら『閉じる』をタップ
  6. iPhone8の『設定アプリ』をタップ
  7. 『一般』をタップ
  8. 『プロファイル』をタップ
  9. 『UQ mobile for iOS Ver2.0』をタップ
  10. 『インストール』をタップ(パスコード設定しているならパスコードを入力)
  11. 「承認」が表示されたら画面右上の『次へ』をタップ
  12. 『インストール』をタップ
  13. 画面右上の『完了』をタップ

上記手順でAPN設定完了後、Wi-Fiに接続せずにネットが出来るようになれば完了です。

UQモバイルでiPhone8を取り扱う可能性はあるか予測

今後、UQモバイルでiPhone8を取り扱う可能性があるのでしょうか?また、取り扱う場合は端末発売日はいつになるのでしょうか?

筆者の予想ですが、UQモバイルで2019年のうちにiPhone8を取り扱う可能性は高いと推測しています。

iPhone8を取り扱っている格安SIM業者は2019年9月時点では存在しませんが、過去のiPhoneシリーズの販売動向や新型iPhoneの発売後、しばらくしてから取り扱うのではないでしょうか。

iPhone8は2019年のうちに登場する可能性も

UQモバイルで販売しているiPhone6sとiPhone7の端末発売日を見ると、2017年以降毎年秋から冬にかけてiPhoneシリーズを追加しています。

iPhoneモデル発売日
iPhone 6s2017年10月13日
iPhone 72018年12月20日

前回のiPhone7が2018年12月なので、順当に行けば2019年のうちにはiPhone8をUQモバイルが取り扱うと予測します。

UQモバイルはiPhone8を真っ先に取り扱う格安SIM業者の有力候補

他にも下記予想からUQモバイルがiPhone8を取り扱う可能性は高いと予測しています。

  • iPhone8の動作確認は完了している
  • 2019年9月20日に新型である『iPhone11』が発売開始
  • 『iPhone11』発売後、型落ちのiPhone8の需要が落ちると見込まれる
  • auのiPhone8の在庫がUQモバイルに流れる可能性もある

UQモバイルはauの回線と設備を利用しているau傘下の格安SIM業者なので、他の格安SIM業者と比べると、auとUQモバイルの関係性は深くなっています。

auのiPhone8の在庫を、UQモバイルで流して格安SIMの最新モデルとして販売することも出来るでしょう。

格安SIM業者でiPhone8を販売している業者はいないので、

  • au側では「在庫が捌ける」
  • UQモバイルでは「初のiPhone8を取り扱う格安SIM業者になれる」

と、お互いにメリットがあります。

iPhone8をUQモバイルでセット購入したいなら、2019年秋以降のUQモバイルの新着情報を要チェックです。

UQモバイルでiPhone8は利用可能!今後の取扱いにも期待!

2019年9月時点でUQモバイルでのiPhone8のセット購入は出来ません。

しかし、動作確認済みなので持ち込み新規、持ち込みMNPで利用可能です。

2019年後半でiPhone8を取り扱う可能性もあるので、UQモバイルでiPhoneをセットで購入したい人は待ってみるのも良いでしょう。

UQモバイルでiPhone8の利用方法
  • UQモバイルはiPhone8を新規契約時に購入は出来ない
  • 中古か他の通信事業者のiPhone8の入手が必須
  • ドコモとソフトバンクのiPhone8はSIMロック解除が必須
  • 店舗かオンラインショップで持ち込み新規を申込む
  • 2019年のうちにUQモバイルでもiPhone8を取り扱う可能性はある

UQモバイルは格安SIM業者の例に漏れず、月額料金は大手に比べて安く、通信も安定性の高いau回線なので乗り換えを考えている方は是非検討してみて下さい。

【2020年】UQモバイルおすすめスマホランキング|最新機種を比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ