楽天モバイルの開通時間や日数はどれくらい

楽天モバイルの開通時間や日数はどれくらい?申し込み方法別に解説

  • 更新日:2024年3月19日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024年3月19日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

この記事では、楽天モバイルをオンライン手続きする際に、開通までの時間や日数について解説します。

楽天モバイルは店舗でも契約できますが、オンライン契約なら24時間いつでも手続きできます。

しかし、オンライン契約ではいつ届いて使えるようになるのか心配ですよね。

楽天モバイルでの契約を考えている人や格安SIMへ乗り換えを検討している人はぜひ参考にしてください。

楽天モバイルの開通までにかかる時間や日数

※本記事の価格は全て総額表示

トップ画像引用元:楽天モバイル株式会社

目次
この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃からモバイル販売を中心に仕事してきた経験を活かし、わかりやすさを心がけて書いてます。 最近はAIに興味津々で、執筆の合間にChatGPTなど各種AIで遊んでいます。

楽天モバイルの新規契約で開通までかかる時間や日数

iPhone15 Pro Max グリップ

楽天モバイルは、店舗だけでなくオンラインでも新規契約できます。

店舗であれば当日受け取りが可能ですが、オンラインの場合は当日中に商品を受け取ることはできません。

そこで、具体的にオンラインだと申し込みから開通までどのくらい時間がかかるのか調べてみました。

楽天モバイルの新規契約にかかる日数は最短2日

楽天モバイル公式サイトによると、新規契約から商品が届くまで最短2日です。

申し込み当日中に登録手続きや契約審査は完了しますが、商品の発送はその後に行われます。

スマホやSIMカードなどが届くのを待つ必要があるため、当日中に使い始めることはできません。

ただし、配送時期はあくまで「最短」です。

審査状況や配送状況によっては、最長1週間待つ可能性もあります。

吹き出しアイコン

iPhone15など人気モデルは、在庫状況によってはさらに待つ可能性があるので注意しましょう。

開通手続きは最短10分程度で完了する

楽天モバイルから発送された商品を受け取ったら、SIMカードの入れ替えと開通手続きを行いましょう。

主な開通手続きは下記の通りです。

楽天モバイルの開通手続き
  • 転入手続き※他社からの乗り換えのみ
  • APN設定

使用する機種やSIMカードのタイプによって開通手続きの手順は異なるものの、同封されているガイドを見ながら操作しても最短10分程度で終わらせることができます

商品を受け取った当日中に開通手続きを済ませることも可能です。

楽天モバイルの新規契約は最短2日で利用開始できる!

結論、楽天モバイルの新規契約では最短2日で利用開始できます。

スマホ本体やSIMカードの郵送にかかる時間は、他キャリアと同様です。

以上のことから、楽天モバイルは急ぎでスマホ回線を契約したい人や機種が欲しい人にも便利です。

ただし、審査や配送状況によって商品の到着まで時間がかかる可能性があることには留意しましょう。

楽天モバイルの新規契約で開通までかかる時間や日数
  • 申し込み手続きは当日完了
  • スマホやSIMカードの到着:最短2日
  • 開通手続きは10分程度
  • 【結論】契約から最短2日で使えるようになる!

楽天モバイルの他社から乗り換え(MNP)で開通までかかる時間や日数

iPhone15 ProとiPhone14 Pro

続いて、楽天モバイルへ他社から乗り換え(MNP)する際はにかかる時間・日数をみていきましょう。

原則として新規契約と同様に最短2日でスマホやSIMカードが届きます。

ただ、開通手続きの時間帯によって開通するまでの待ち時間がかかることに注意しましょう。

楽天モバイルに他社から乗り換え(MNP)にかかる日数は最短2日

楽天モバイルに他社から乗り換え(MNP)にかかる日数は、新規契約と同様に最短2日です。

申し込み手続きから審査完了までは当日中に完了しますが、スマホ本体やSIMカードが届くまでに時間がかかります。

また、審査状況や在庫状況によって長引くことがあることに注意してください。

開通手続きは時間帯によってかかる時間が変わる

乗り換えで楽天モバイルを契約した後、スマホ本体やSIMカードが届いた後に開通手続きが必要です。

開通手続きは申請した時間帯によって開通タイミングが異なります。

開通手続きの時間と開通目安
  • 午前9時〜午後9時:当日中に開通
  • 午後9時1分〜翌朝8時59分:翌日中に開通

夜間に開通手続きすると、翌朝9時以降に回線が切り替わります。

仕事や学校にいる間に回線が切り替わり、通信できない状態になることも。

吹き出しアイコン

午後9時ギリギリは翌朝開通になる可能性があるため、余裕を持って手続きしましょう。

楽天モバイルへの乗り換えは2〜3日で利用開始できる!

以上のことから、楽天モバイルへの乗り換えでは最短2日〜3日で利用開始できます。

スマホやSIMカードは最短2日で届きますが、開通手続きを行う時間帯によって実際の開通タイミングが変わります。

乗り換えでも短期間で開通できるので、お得に乗り換えられる月末狙いもしやすいでしょう。

楽天モバイルへの乗り換えでかかる時間や日数
  • 申し込み手続きは当日完了
  • スマホやSIMカードの到着:最短2日
  • 午後9時までの開通手続きは当日開通
  • 午後9時1分以降の開通手続きは翌朝9時以降開通
  • 【結論】契約から最短2日〜3日で使えるようになる!

楽天モバイルのプラン変更(移行)で開通までかかる時間や日数

AQUOS sense7

続いて、格安SIMの楽天モバイルから最強プランへプラン変更(移行)する際にかかる時間や日数をみていきましょう。

同じ楽天モバイル内のプラン変更のため、すぐ完了すると考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはSIMカードが新しくなるためプラン変更(移行)も当日中には開通しません。

楽天モバイルのプラン変更(移行)にかかる日数は2〜3日

格安SIMの楽天モバイルから最新の最強プランにプラン変更する場合、SIMカードが新しくなります。

楽天モバイルの公式によると、プラン変更後のSIMカードが届くのは申し込み完了から2〜3日後となっています。

また、スマホの買い替えがある場合は、在庫状況等で待ち時間が長くなる可能性があることに注意しましょう。

開通手続きは時間帯によってかかる時間が変わる

格安SIMの楽天モバイルからのプラン変更(移行)では、乗り換えと同様に開通手続きが必要です。

開通手続きは申請した時間帯によって開通タイミングが異なることに注意しましょう。

開通手続きの時間と開通目安
  • 午前9時〜午後9時:当日中に開通
  • 午後9時1分〜翌朝8時59分:翌日中に開通

夜9時1分以降の開通手続きでは、翌朝9時以降に回線が順次切り替わります。

朝9時ぴったりに開通するわけではなくタイミングが読めないので、夜間の開通手続きは避けることをおすすめします。

楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)で購入した端末は別途設定が必要

格安SIMの楽天モバイルで購入したスマホを継続利用する場合、原則としてソフトウェア・アップデートが必要です。

最新バージョンにアップデートすることで、楽天モバイル 最強プランのSIMカードに入れ替えるだけで通信できるようになります。

しかし、ソフトウェアバージョンが古いままだと、APN設定してもうまく通信できないケースがあるようです。

以下のスマホを利用している人は、プラン変更(移行)の前に最新バージョンにアップデートしておきましょう。

格安SIMの楽天モバイルからのプラン変更は2〜3日で利用開始できる!

以上のことから、格安SIMの楽天モバイルから最強プランへの変更なら2日〜3日で利用開始できます。

プラン変更はWeb上での手続きだけでなくSIMカードが変更になるため、到着まで2〜3日待つことになるためです。

開通手続きが夜間になると翌朝の開通になるので、SIMカードが届いたら当日夜9時までに開通手続きしましょう。

楽天モバイルのプラン変更でかかる時間や日数
  • 申し込み手続きは当日完了
  • SIMカードの到着:2〜3日
  • 午後9時までの開通手続きは当日開通
  • 午後9時1分以降の開通手続きは翌朝9時以降開通
  • 格安SIMの楽天モバイル購入端末はアップデートが必要
  • 【結論】契約から2日〜3日で使えるようになる!

楽天モバイルのプラン(SIM)のみを申し込んだ場合

楽天モバイル eSIM

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルをSIMのみで契約する際は、契約するSIMカードの種類や本人確認の方法で開通までの時間が変わります。

最短3分または最短2日で開通できるので、開通までどの程度待てるかで契約内容を調整してもいいかもしれません。

SIMカードのみ申し込みは最短2日

物理的なSIMカードのみで楽天モバイルを申し込む際は、SIMカードが届くまで最短2日です。

その後に契約内容に応じて開通手続きが必要ですが、早ければ10分程度で開通できます。

以上のことから、SIMカードのみで楽天モバイルを申し込む際は、2日で利用開始できるでしょう。

eSIMのみ申し込みは最短3分

楽天モバイルをeSIMで申し込む際は、申し込み完了から最短3分で開通できます。

eSIMは対応するスマホにSIM情報を設定することで通信できるようにする方式です。

つまり、SIMカードが届くのを待つ時間が必要ないため、申し込み当日に利用開始できます。

ただ、本人確認を正確に行う必要があり、eSIMを最短3分で開通させるためには「eKYC」で本人確認が必要です。

吹き出しアイコン

eKYCはスマホカメラで画面の指示通りの撮影が必要です。故障等でカメラが使えないとNGなので注意しましょう。

eSIMでもeKYC以外の本人確認方法は最短2日

楽天モバイルをeSIMのみで契約する場合でも、eKYC以外の本人確認方法を選ぶと当日中の開通ができません。

本人確認方法と開通までの日数
  • 書類画像をアップロードで確認:最短2日
  • 受け取り時に自宅で確認:最短2日
  • AIかんたん本人確認(eKYC):最短3分
  • 楽天グループに提出済みの書類で確認:最短2日
  • 【2回線目以降】本人確認書類の提出省略:最短3分

なお、例外的に2回線目以降の申し込みの場合、本人確認書類が提出不要になるケースがあります。

eKYC以外では、提出不要で申し込める場合には最短3分で開通可能です。

しかし、基本的にeKYC以外の本人確認方法では、開通まで最短2日かかるとみておきましょう。

楽天モバイルのプランのみは最短3分で利用開始できる!

以上のことから、楽天モバイルのプラン(SIM)のみの契約は最短3分 or 最短2日で利用開始できます。

eSIM契約なら申し込み完了後すぐ利用開始も可能なので、待ち時間なく利用開始したい人にぴったりです。

ただ、申し込み時の本人確認方法が限定されているため、当日使いたいのに開通できないトラブルも考えられます。

いますぐ楽天モバイルを開通させたい人は、本人確認はeKYCを選んで進めるようにしましょう。

楽天モバイルのプラン(SIM)のみでかかる時間や日数
  • 申し込み手続きは当日完了
  • SIMカードの到着:最短2日
  • eSIMの申し込み:
    →eKYCで本人確認:最短3分
    →その他の本人確認方法:最短2日
  • 【結論】契約から最短3分 or 最短2日で使えるようになる!

楽天モバイルで契約手続きや配送が遅れるよくある原因と対処法5選

楽天モバイル

画像引用元:はじめてでも安心!お申し込みガイド | 楽天モバイル

最後に、楽天モバイルの開通が遅れる原因についてみていきましょう。

楽天モバイルでは、最短3分または最短2日で契約から開通までできることがわかりました。

しかし、最短での開通時間は目安で何かしらの事情で遅れる可能性もあります。

審査や手続きに時間がかかっている

まず考えられるのは、審査や手続きに時間がかかっているという点です。

では、審査に時間がかかる原因は何なのでしょうか。

審査で時間がかかる時に考えられる原因
  • 本人確認書類と申し込み内容が異なる
  • 他社滞納など問題が発生している
  • 分割審査に時間がかかっている
  • 審査センターが混雑している

最も考えられるのは、申し込み時に入力した内容が本人確認書類と異なるケースです。

実際の情報と申し込み内容が異なる場合、審査に時間がかかり、審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

また、各キャリアの支払い状況の情報は共有されているため、他社で支払い忘れがあるにも審査に時間がかかります。

その他にも、スマホの分割審査に時間がかかっている・審査センターが混雑しているなど、考えられる原因はたくさんあります。

天候や交通状況によって配送が遅れる

契約は滞りなく完了しても、配送にかかる時間は天候や交通状況によって変わります。

特に、台風の時期や大型連休の時期は、配送が遅れる可能性が高いタイミングです。

また、在庫状況によってはお住まいから遠い配送拠点からの出荷となり、通常より1〜2日遅れることも。

配送状況はmy 楽天モバイルから確認できますが、出荷済みでなかなか届かない時は、配送が遅れているだけとみていいでしょう。

eSIMをeKYC以外で本人確認

先述の通り楽天モバイルをeSIMのみ契約する場合は、申し込み完了から開通まで最短3分で利用開始できます。

しかし、最短で開通できるのはeKYCで本人確認する場合で、他の本人確認方法ではスタートガイド等が届いてからの開通となります。

「eKYCがよくわからない」
「eKYCに対応する本人確認書類がない」

こうした場合、eSIMでも当日中の開通はできず2日ほど待つことになります。

吹き出しアイコン

今日すぐ楽天モバイルを開通させたい人は、必ずeKYCで本人確認しましょう。

商品が届かない場合は公式サイトからチャットまたは電話で問い合わせる

楽天モバイルでは、審査や配送状況で遅くなった場合でも1週間ほどで届きます。

もし1週間待っても商品が届かない場合は、異なる住所に配送されているなど、何かしらのトラブルが発生しているかもしれません。

そのため、1週間待っても音沙汰ない場合は、必ず楽天モバイルの公式サイトからチャットまたは電話で問い合わせるようにしてください。

その際に、契約者の名前や住所、申込番号などを聞かれる可能性があるので、予め用意しておきましょう。

配送できず7日以内に連絡がなかった場合キャンセル

楽天モバイルでは、不在等で商品が受け取れなかった場合、配送業者の保管期限切れで自動キャンセルされます。

具体的には、不在票の日付から7日間で自動キャンセルです。

キャンセルされると申込からやり直しなので、不在票が入っていたら早めに再配達を依頼しましょう。

また、受け取りできる日時が限られている場合は、申し込み時に受け取れる日時で配達希望を設定してください。

楽天モバイルでは最短当日中に使用可能!急ぎの人も安心

楽天モバイル

画像引用元:はじめてでも安心!お申し込みガイド | 楽天モバイル

最後に、楽天モバイルで開通までにかかる時間と日数についてまとめます。

楽天モバイルで開通までにかかる時間と日数
\詳細は下記をチェック/

楽天モバイルの公式サイトによると、申し込み完了から商品到着まで最短2日とされています。

開通手続きも、転入手続きやAPN設定を行う程度なので、最短10分程度で終わります。

さらに、最近はeSIMで契約することで、当日中に利用開始できます。

eSIMなら最短3分で楽天モバイルが利用できるので、急ぎで契約したい人にも嬉しいポイントです。

これから楽天モバイルの契約を考えている人は、今回の解説を参考にスムーズに手続きしてください。