iPhoneの写真をバックアップする方法【iCloud/パソコン/iTunes】

iPhoneの写真をバックアップする方法【iCloud/パソコン/iTunes】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneはAndroidのスマホのようにSDカードに対応していません。

そのため、AndroidのようにSDカードに何でもデータをバックアップするのではなく、サーバー上にデータをバックアップさせるクラウドサービスやパソコンを使う方法が主流です。

iPhoneの写真をバックアップする時は、主に上記の4つの方法が使われています。

無料・有料のアプリを利用してバックアップするという方法もあるようですが、今回はパソコンやクラウドサービスを利用した方法をメインに解説していきます。

iPhoneは他のスマホと同様に、画面割れなど故障のリスクが比較的高いです。万が一故障してしまうと、修理に出すにはデータを全て消さなければいけません。

いつ何があってもデータが無事に残っているように、事前にデータのバックアップはしておくようにしましょう。

1 パソコンにiPhoneの写真データをバックアップする方法

パソコンとiPhone

まず、パソコンで直接iPhoneの写真をバックアップする方法を紹介します。

この方法は1番簡単です。特に何かに登録したりIDを使う必要も無く、ただコードを繋げて作業が終わるのを待てば良いだけです。

ただし、保存先がパソコンということで、パソコンが故障した時にはバックアップした写真データも全て消えてしまうということになります

恐らくパソコン自体が故障したとしてもHDD(ハードディスク)に残っている可能性はありますが、復元させるのには専門業者に依頼する必要が出てくるので手間もお金もかかります。

100%安全な保存方法ではないとうことだけご了承ください。

1-1 iPhoneの充電ケーブルでパソコンとiPhoneを接続するだけ

iPhoneの充電用ケーブルでパソコンとiPhoneを繋ぐと上記のような画面が表示されます。

1番下にある「画像とビデオの読み込み」をクリックすれば、iPhoneから自動的にパソコンに写真や動画のデータが保存されていきます。

枚数によってかなり時間がかかると思うので、全てのデータのバックアップが完了するまで気長に待ちましょう。

ただし、Apple純正や認証(MFi)のケーブル以外だとデータのやりとりができないことがありますので確認が必要です。

1-2 保存先を設定してiPhone内の写真をバックアップすることができる

また、読み込み設定の項目で画像の保存先を指定することができます。

あらかじめバックアップ用のフォルダを作っておくと、後で確認しても他の写真とごちゃ混ぜにならずに済みます。

ビデオと画像の保存先を別々で指定することができるので、必要に応じて活用しましょう。

1-3 パソコンが故障した時点でデータが消えてしまうので注意

落胆する女性

パソコンの容量によってはかなり大量の写真や動画などのデータを保存することが可能です。

しかし、パソコンのHDDに直接保存しているので万が一、壊れた時にデータを取り出すことができません

HDDに保存されているデータを復元することができれば不可能ではありませんが、それをするには労力もお金もかかります。

そのため、パソコンが壊れた時点でデータが消えてしまう可能性がかなり高いことを覚えておきましょう。

USBなどの外部メモリに別でバックアップを取っておくのもおすすめです。

2 iTunesを利用してiPhoneの写真データをバックアップする方法

Windows用のiTunes

画像引用元:iTunesを入手 | Microsoft Store

次に、iTunesを利用してバックアップする方法を紹介します。

iTunesに自分のApple IDでログインをすると、データのバックアップ機能を使うことができます。

保存先にパソコンかiCloudのいずれかを選ぶことができ、iTunesを通じてiPhoneに保存されているデータをバックアップさせることができます。

iTunesということで、「Macしか使えないのでは?」と思うかもしれませんが、MacでなくてもiTunesは使うことができます

現に以下で掲載しているiTunesの画像は筆者のものですが、Windowsのパソコンで使用したものです。

iTunesで購入した音楽なども再生することができるので、普段からiTunesを重宝している人におすすめです。

2-1 MacもWindowsも関係なくiTunesは使える

グッドサインをする男性

iTunesはAppleのサービスなので、対応しているのはMacのみでは?と思うかもしれませんがそうではありません。

iTunesと検索すれば、Windowsに対応しているアプリをインストールすることができます

そのため、使っているパソコンがWindowsだとしても、安心してバックアップすることができます。

2-2 iTunesで写真をバックアップする方法

Windows用のiTunes

画像引用元:iTunesを入手 | Microsoft Store

iTunesでiPhoneの写真をバックアップする方法は下記の通りです。

  1. iPhoneをパソコンに繋ぐ
  2. iTunesを立ち上げる(事前にインストールしておくこと)
  3. iPhoneが反映されるとiPhoneのマークが出てくるのでクリック
  4. 「自動的にバックアップ」という項目が画面中部に出てくるので必要に応じて設定をする
  5. 完了

ちなみに以下の説明の画像は実際の筆者のアカウントのものです。

「自動的にバックアップ」という項目では、iCloudに保存するのかこのパソコンに保存するのか選ぶことができます

iCloudの場合は無料で5GBのストレージが使えますし、パソコンの場合はパソコンの容量が許す限りいくらでもデータを保存することが可能です。

ただし前述しましたが、パソコンの場合はバックアップをとってもパソコン自体が壊れてしまったら意味がありません。

パソコンに取り込んだ写真は、USBなどの外部メモリに別に保存しておくのも良いかもしれませんね。

2-3 iTunesはこれからもずっとiPhoneを使い続ける人にぴったり

iPhone8

iTunesはApple IDに紐付いているので、Apple IDが使えるデバイスでないとバックアップデータを反映させることができません。

つまり、Google IDを使うAndroidスマホなどでバックアップデータを反映させることができないのです。

もちろん、パソコンにデータをバックアップさせておけば、Androidスマホをパソコンに接続してデータを反映させることは可能です。

しかし、iCloudでバックアップをする以上、Androidスマホにデータを反映させるのは少々骨が折れると思った方が良いでしょう。

そのため、iTunesやiCloudは今度ずっとiPhoneを使い続ける人におすすめです。

パソコンでのバックアップとiTunesでのバックアップについて
  • パソコンに直接写真を送り込むことができる
  • パソコンの本体に保存されるため、パソコンが故障した時にデータもなくなってしまう恐れがある
  • iTunesにApple IDでログインしてデータのバックアップをすることが可能
  • iCloudかパソコンに保存するか選ぶことができる

次の章では、iCloudやGoogleフォトを利用してiPhoneの写真データをバックアップする方法について詳しく解説します。

3 iCloudを利用してiPhoneの写真データをバックアップする方法

iCloud

画像引用元:Windows用iCloudをダウンロード

次に、iCloudを使ってバックアップする方法を紹介します。

iCloudはパソコンを介する必要なく、スマホでバックアップを終わらせることができます。

Apple IDに紐付いてデータ管理が行われるため、自分がApple IDとパスワードを完全に忘れない限りはほぼ永久的にデータを残すことができます

無料で使えるiCloudのストレージは5GBまでとなっており、それ以降は追加課金が必要となります。

筆者もiCloudを利用していますが、130円ほど毎月課金をして50GBの容量で利用しています。

5GBで収めることができれば何よりなのですが、それができないとわかっているので必要経費だと思いつつ課金をしています。

3-1 iCloudは5GBまでのストレージを無料で使える

画像引用元:Windows用iCloudをダウンロード

iCloudは5GBまでのストレージを無料で使うことができます

iCloudはアプリや写真、その他データなどなんでもバックアップすることができてしまうので、もしかしたら5GBでは足りないかもしれません。

ストレージ制限があることが嫌なら、パソコンにデータをバックアップさせるか、無制限で使えるGoogleフォトでバックアップをとることをおすすめします。

3-2 iCloudにiPhoneの写真データを保存する方法

PCと女性の手

iCloudにiPhoneの写真データを保存する方法は下記の通りとなります。

  1. 設定画面を開く
  2. 画面上部のApple IDのユーザー名が記載された箇所をタップ
  3. 「iCloud」をタップ
  4. 「iCloudを使用しているAPP」の一覧が出るので、写真を「オン」にする
  5. 完了

まず、設定画面を開き、1番上に記載されているユーザー名をタップしてください。

タップすると、下記のような画面になります。ここで「iCloud」をタップしてください。

iCloudをタップすると、下記の画面になります。ここでiCloudに連携しているアプリの一覧が表示されるので、写真の項目を「オン」に切替えてください

iCloudと書かれているストレージは、今筆者が実際に使用しているものです。

ちなみに黄色の部分が写真になるので、写真だけで25GB程度は使っている計算になります。

iCloudは無料で使う場合5GBのストレージ制限がかかりますが、課金することによってストレージ容量を底上げすることは可能です。

3-3 iCloudの無料ストレージ分だけで足りない場合は追加課金が可能

お金を数える女の子

iCloudの無料ストレージは5GBですが、足りない場合は追加課金ができます。

筆者は月額130円で50GBの追加課金をしています

どうしても追加課金が嫌ということであれば、バックアップをするのは写真のみにしておくなど5GBで収まるように工夫しておくことが大切です。

4  Googleフォトを利用してiPhoneの写真データをバックアップする方法

グーグルフォト

画像引用元:「Googleフォト」をApp Storeで

次に、Googleフォトでバックアップする方法について解説します。

Googleフォトは、名前の通りGoogleが運営している写真アプリです。基本的に、Androidスマホの多くはGoogleフォトに写真が保存されています。

GoogleフォトもGoogle IDと紐付いており、機種変更をした時も同じGoogle IDでGoogleフォトにログインをすればバックアップした写真データを反映させることができます

条件はありますが、容量無制限で使えるのが魅力的です。

こちらもiCloudと同様、Google IDを忘れなければほぼ永久的に写真データを残すことができます。

また、iPhoneからAndroidへの機種変更の際にも大変重宝できます。

4-1 GogoleフォトはGoogle IDがあれば使える!

Googleフォト

画像引用元:「Googleフォト」をApp Storeで

GoogleフォトはGoogleが運営しているサービスであり、Google IDに紐付けて写真の保存やバックアップをすることができます。

Androidスマホの多くは、Googleフォトを活用して写真を保存しています。そのため、Androidスマホユーザーにとっては馴染みのあるサービスかもしれません。

Google IDと紐付いているので、別の端末でも同じGoogle IDでログインをすればすぐにバックアップした写真を見ることができます

それはスマホだけでなく、タブレットやパソコンなどGoogleフォトが使えるデバイスならどれでも可能です。

Google IDに紐付くということなので、Apple IDと紐付いているiCloudと似たようなサービスであることは間違いありません。

しかし、Googleフォトの良い点は、Androidスマホ・iPhone関係なくバックアップの保存、反映ができるということです。

4-2 少し画質は落ちるが容量無制限でバックアップできる

納得する女性

Googleフォトの保存容量は無制限ですが、画質はあくまで「高画質を保つ」程度なので、iPhoneで撮影した時の画質や解像度よりもやや落ちる傾向にあります。

筆者も一時期AndroidとiPhoneを行き来していたことがあり、Googleフォトを使っていますが、やはりiPhoneの写真アプリで見るよりは若干画質が落ちる傾向にあります。

ただ、そこまで気にするレベルのものではないので、それで十分かなと筆者は感じています。

ちなみに元の写真の解像度でバックアップすることも可能ですが、この場合容量が15GBと制限されます。あまりに写真の枚数が多い人はすぐに使い切ってしまうかもしれません。

4-3 Googleフォトの保存方法

Googleフォトの保存方法は下記の通りとなります。

  1. Googleフォトをインストール
  2. GoogleフォトにバックアップをとりたいGoogle IDでログイン
  3. 設定画面を開き、「バックアップと同期」をタップ
  4. 「バックアップと同期」をONにすればバックアップが始まる

「バックアップと同期」をタップすると、バックアップのONとOFFの切り替えができる他に、バックアップアカウント(Google ID)の指定ができます。

また、モバイルデータ(スマホのネット回線)で写真や動画をバックアップするかどうかの設定もできます。

バックアップにはかなりデータ通信量がかかるので、基本的にWi-Fi環境下でのバックアップをおすすめします。

iCloudとGoogleフォトを使ったバックアップについて
  • iCloudは無料で5GBまで写真やその他データを保存することが可能
  • Apple IDと紐付いているので、今後新しい機種を購入した際にもApple IDを入力するだけでバックアップしたデータが反映される
  • GoogleフォトはGoogle IDがあれば、容量無制限で使うことができる
  • 画質は少々落ちるものの、iPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneに機種変更する時などにも便利

5 大事な写真が突然消えても問題ないように定期的にバックアップしよう!

iPhoneをポケットから取り出す

最後に、4つのiPhoneの写真のバックアップ方法の特徴についてまとめます。

4つのiPhoneの写真のバックアップ方法
  • 直接パソコンと繋いでiPhoneの写真をバックアップする方法
  • iTunesを通じてiCloudまたはパソコンに直接iPhoneの写真をバックアップする方法
  • iCloudを利用して5GBまで無料でバックアップする
  • 画質は少々落ちるが容量無制限のGoogleフォトを利用してバックアップする

iPhoneはSDカードが非対応である分、クラウドサービスを利用したり、パソコンを使って写真のバックアップをしなければなりません。

今回は4つのバックアップ方法を紹介しましたが、それぞれに長所と短所があります。

不安であれば複数のツールにバックアップを取っておくのもおすすめです。

しかし、複数のツールにバックアップしているということは、それだけ他の人に見られる可能性も高くなるので、データの取り扱いには十分注意が必要です。

また、データのバックアップ時にはiPhoneでのモバイル通信は利用せずにWi-Fi環境下で利用するようにしましょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ