ドコモの損しない携帯解約方法

ドコモの損しない携帯解約方法|必要なものや手順を徹底解説

  • 更新日:2023年11月3日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2023年11月3日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

今回は、ドコモの携帯を損せず解約する方法や必要なものについて詳しく解説します。

スマホを解約する際、解約手順や解約金がいくらになるかが気になるところですよね。

ここで解約方法をしっかりチェックして、最適なタイミングで解約しましょう。

なお、ドコモの新プラン「ahamo(アハモ)」に切り替えたい場合、ドコモを解約する必要はありません。簡単なプラン変更の手続きだけで切り替えることが可能です。

ドコモ解約のポイント
  • 解約はMy docomoとドコモショップで手続きできる
  • 解約違約金は廃止されて無料で解約OK
  • 他社への乗り換えも転出料は無料
  • 機種代金の残債やドコモ光の解約金には注意
  • ドコモの料金プランは日割りなし
  • 解約月の利用データ量が3GB未満なら早めの解約がお得
  • 一部事業者への乗り換えはMNP予約番号不要

ドコモならdカード GOLDがおトク!

  • dカード GOLD 新規ご入会&ご利用で最大5,000ポイントもらえる!
  • 39歳以下なら合計最大11,000ポイントもらえる!
  • キャンペーンは5月12日まで!
この記事を書いた人
bitWaveの校閲・編集を担当しています。 読者目線で、早く簡単にわかりやすく、有益な情報を届けることを心がけています。

ドコモの解約はネット(オンライン)でできる?

ドコモの解約はネットでできる
以前はドコモの解約はドコモショップでのみ受付でした。

しかし、2021年3月下旬より、My docomoでも解約手続きができるようになりました。

そのため、MNP予約番号の発行はもちろん、純粋な解約手続きも全てオンラインで完結できます。

男性アイコン
My docomoで解約手続きをする際は、回線に紐づいたdアカウントが必要です。

ドコモのオンラインでの解約方法

ドコモのオンラインでの解約方法

ドコモをオンラインで解約する手順は次の通りです。

※ドコモを純粋に解約する手順です。他社に乗り換え希望の場合はMNPの手続きを行なってください。

ドコモのオンライン解約手順
  1. My docomoにアクセスして「ログイン」をタップ
  2. 回線に紐づいたdアカウントでログイン
  3. 「お手続き」をタップ
  4. キーワードから検索欄に「解約」と入力
  5. 「回線の解約」をタップ
  6. 「お手続する」をタップ
  7. 画面に従い進めて完了ボタンをタップ
  1. STEP.
    My docomoにアクセスして「ログイン」をタップ
    ドコモ解約手順
  2. STEP.
    回線に紐づいたdアカウントでログイン
    ドコモ解約手順
  3. STEP.
    「お手続き」をタップ
    ドコモ解約手順
  4. STEP.
    キーワードから検索欄に「解約」と入力
    ドコモ解約手順
  5. STEP.
    「回線の解約」をタップ
    ドコモ解約手順
  6. STEP.
    「お手続する」をタップ
    ドコモ解約手順
  7. STEP.
    画面に従い進めて完了ボタンをタップ
  8. 終了

なお、ドコモのモバイル回線でアクセスしている場合、解約完了ボタンをタップした瞬間に圏外になります。

手続き完了画面もエラーで表示されませんが、アンテナピクトが圏外になれば解約完了です。

ドコモの電話番号をそのまま他社に乗り換える場合はMNP手続き

ドコモで利用していた電話番号を他社で継続利用したい場合は、解約手続きではなく「MNP(乗り換え)手続き」を行いましょう。

乗り換え先によっては「ワンストップ方式」に対応しており、MNP予約番号の発行をしなくても乗り換えられます。

上記以外への乗り換えを希望する場合には、従来通りMNP予約番号を発行しましょう。

MNP予約番号発行手順を見る
  1. STEP.
    My docomoにアクセスして「ログイン」をタップ
    ドコモのMNP予約番号取得
  2. STEP.
    回線に紐づいたdアカウントでログイン
    ドコモのMNP予約番号取得
  3. STEP.
    「お手続き」をタップ
    ドコモのMNP予約番号取得
  4. STEP.
    キーワードから検索欄に「MNP」と入力
    ドコモのMNP予約番号取得
  5. STEP.
    「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」をタップ
    ドコモのMNP予約番号取得
  6. STEP.
    「お手続する」をタップ
    ドコモのMNP予約番号取得
  7. STEP.
    画面に従い進めてMNP予約番号を控える
  8. 終了

以上でMNP予約番号の発行は完了です。

有効期限は15日間ですが、乗り換え先の多くは1週間〜10日以上残っていないと手続きNGになります。

MNP予約番号を発行したら、早めに乗り換え先の事業者に申し込みましょう。

ドコモショップでの解約方法

ドコモショップでの解約方法

続いて、ドコモショップでドコモのスマホを解約する方法をみていきましょう。

解約手続きはスタッフが進めてくれるので、必要な持ち物を揃えてショップに行けばOKです。

男性アイコン
契約者が逝去した場合の解約や代理人の解約は、ドコモショップでのみ受付可能です。
解約に必要な物
  • 解約する回線のSIMカード
  • ネットワーク暗証番号
  • 免許やマイナンバーカード等の本人確認書類

ドコモショップで解約する際は、解約する回線を間違えないためにSIMカードや端末のIMEIを確認するスタッフが多い傾向にあります。

SIMカードの回収は任意ですが、忘れずに持っていくようにしましょう。

また、手続き開始時にネットワーク暗証番号で本人確認を実施します。

免許等の本人確認書類はネットワーク暗証番号があれば不要ですが、覚えているか不安な方は持っていくようにしましょう。

ドコモショップに行く前に来店予約をしておこう!

ドコモ 来店予約

画像引用元:来店予約 | お客様サポート | NTTドコモ

ドコモショップは混雑することが多く、お店に行ってから受付カウンターに通されるまで長時間待つ可能性があります。

スムーズに手続きを始められるように、解約すると決めたらドコモショップの来店予約を取っておきましょう。

来店予約の手順
  1. ドコモショップ来店予約ページにアクセス
  2. マイショップや店舗を指定して来店予約を取得
  3. 予約した日時にドコモショップに行く

来店予約は翌日~30日後までを予約できます。

来店予約は早い者勝ちの状態なので、土日しか行けない方は解約する数週間前から予約しておいた方がいいでしょう。

ドコモの携帯解約時に必要なもの

ドコモの携帯解約時に必要なもの
続いて、ドコモの解約時に必要なものをみていきましょう。

契約者本人が解約する場合は、ドコモショップだけでなくオンライン手続きでも手続き可能です。

一方で、契約者が逝去した場合も含め、代理人の手続きはドコモショップのみとなります。

契約者本人の場合

契約者本人が解約手続きをする場合は、以下のものを用意しましょう。

解約に必要な物
  • 解約する回線のSIMカード
  • ネットワーク暗証番号
  • 免許やマイナンバーカード等の本人確認書類

ドコモショップでは、手続き開始時にネットワーク暗証番号で本人確認を行います。

ネットワーク暗証番号が合わない時や失念した時に備え、本人確認書類を忘れないようにしましょう。

また、解約回線の確認のため、SIMカードも忘れずに持ち込んでください。

代理人の場合

家族または法定代理人なら、ドコモの解約手続きの代理人になれます。

代理人がドコモショップに来店して解約する際は、以下のものを用意しましょう。

解約に必要な物
  • 解約する回線のSIMカード
  • 契約者が記入した委任状
  • 契約者の本人確認書類
  • 代理人の本人確認書類

委任状は契約者の記入が必須で、さらに契約者の本人確認書類も預かって来る必要があります。

また、家族以外の来店で受付NGになるケースが多いので注意してください。

契約者が逝去した場合

契約者にご不幸があった場合は、通常の代理人受付とは異なる確認書類が必要です。

契約者が逝去した場合の必要書類
  • 契約者の逝去が確認できる書類
  • 解約する回線のSIMカード
  • 来店者の本人確認書類

契約者の逝去を確認できる書類は、以下のようなものが該当します。

  • 葬儀の案内状
  • 香典返しのお礼状
  • 新聞の訃報欄(おくやみ欄)
  • 住民票(除票)
  • 除籍がわかる戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 除籍がわかる戸籍抄本(個人事項証明書)
  • 埋葬(火葬)許可証
  • 死亡診断書
  • 死亡検案書
  • 死亡届
  • 法定相続情報一覧図の写し

上記いずれかと来店者の本人確認書類を用意して手続きしましょう。

なお、家族に限り契約を引き継ぐ「承継」の手続きも可能です。

>承継についてはこちら

ドコモの解約時の注意点

ドコモの解約時の注意点
続いて、ドコモを解約する際の注意点をチェックしましょう。

更新月を確認する

ドコモを解約する際は、更新月を確認して解約後に発生する費用がないかよく確認しましょう。

2021年10月以降は解約金および解約金留保が廃止され、ドコモの解約手続き自体にはコストがかからなくなりました。

しかし、依然としてドコモ光は更新月以外は解約金がかかりますし、機種代金の残債なども気にしないといけません。

解約時に確認したいポイント
  • ドコモ光の更新月
    →更新月以外の解約に2,970円〜14,300円の解約金
  • 機種代金の残債
  • 自動解約されないオプション

ドコモ光は契約した時期によって、解約時の解約金が変わります。

機種代金の残債も確認しておかないと、ドコモ解約後もしばらく請求が続くので注意しましょう。

また、d系サービスやsmartあんしん補償など、一部のオプションは、ドコモを解約しても継続できます。

男性アイコン
不要なオプションが継続していると解約後も請求が続くので、ドコモ解約後は改めてMy docomoをチェックした方がいいでしょう。

dポイントが失効しないか確認する

ドコモを解約する際は、dポイントが失効する状態でないかしっかり確認しましょう。

解約前にドコモ回線に紐付いたdアカウントを発行しておけば、ドコモを解約してもdポイントは継続利用できます。

dアカウントを紐付けているか不安な方は、先に解説したMy docomoでの解約を行いましょう。

男性アイコン
My docomoでの解約手続きはdアカウント必須なので、dポイント失効のリスクなく解約できます。

dアカウントのIDとパスワードを確認しておく

ドコモを解約する際は、事前にdアカウントのID・パスワードを確認しておきましょう。

ドコモ解約後も継続したオプションの解約やドコモメール持ち運びの申し込みなど、My docomoを利用する機会があるかもしれません。

dアカウントのID・パスワードがわからない状態では、こうしたオンライン手続きができなくなってしまいます。

ドコモの解約でよくある質問

よくある質問

最後に、ドコモの解約に関してよくある質問に回答します。

ドコモの解約は本人以外でも可能?

家族または法定代理人ならドコモショップで代理手続きできます。

委任状と契約者の本人確認書類が必要になるので、用意した上でドコモショップに行きましょう。

ドコモで死亡者の解約はどうなる?

契約者が逝去した場合、家族が契約を引き継ぐ「承継」または代理人が解約手続きを行います。

いずれも契約者が逝去したことを証明する書類が必要になるので、記事中に解説した内容をチェックしてドコモショップに行きましょう。

ドコモの解約で違約金はかかる?

2021年10月以降は、ドコモの各プランの解約金・解約金留保が廃止され、解約費用はかからなくなりました。

ただし、機種代金の残債やドコモ光の解約金は現在もあるので、解約時はしっかりチェックしましょう。

ドコモの解約は電話でできる?

解約手続きは電話ではできません。

My docomoまたはドコモショップでの手続きとなります。

ドコモの解約でdポイントはどうなる?

解約する回線にdアカウントが紐付いていれば、解約後もdポイントを継続利用できます。

ドコモの解約で料金は日割りされる?

ドコモの解約時、基本料金プランや多くのオプションは日割り計算されません。

通信は解約完了後すぐ停止するので、解約手続きは通信できなくなっても問題ないタイミングで行いましょう。

ただし、eximoや5Gギガホ プレミアなど、小容量なら割引があるプランは早めに解約した方がお得になることもあります。

ドコモの解約はオンラインで簡単にできる!

AQUOS R6

今回は、ドコモのスマホを損せず解約する方法を解説しました。

ドコモの解約まとめ
  • 解約はMy docomoとドコモショップで手続きできる
  • 解約違約金は廃止されて無料で解約OK
  • 他社への乗り換えも転出料は無料
  • 機種代金の残債やドコモ光の解約金には注意
  • ドコモの料金プランは日割りなし
  • 解約月の利用データ量が3GB未満なら早めの解約がお得
  • 一部事業者への乗り換えはMNP予約番号不要

2023年現在、ドコモの解約はオンラインで簡単に手続きできます。

解約違約金や解約金留保も廃止されたことで、以前のように更新月を狙う必要もありません。

また、他社への乗り換えもMNP予約番号不要なワンストップ方式が登場し、今まで以上に乗り換えしやすくなりました。

ドコモの解約を検討している方は、今回の解説を参考に解約・乗り換え手続きを進めてください!