ドコモの携帯を解約する方法|手順とMNP手数料と違約金のまとめ

ドコモの携帯を解約する方法|手順とMNP手数料と違約金のまとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2  ドコモの携帯を解約する前の注意点

分割払いの本体(スマホ、タブレットなど)の残金は残っていないか?

多くの場合は、ドコモの「月々サポート」という制度を利用して、新しいスマホを手に入れていると思います。

基本的に、24回払い(2年間)となっているので、ちょうど2年間(更新月)でないと分割払いの残務金を支払わなければなりません。

例えば、1年間(12か月)利用して、他社に移るとしても、そのまま残り12か月分の支払いは残っていますので支払い義務はあります。

MNPで移動したキャリアでも、同じく分割支払いにしたら多重債務となってしまい、支払いが苦しくなってしまいますので気を付けましょう。

契約違約金が発生しないか?

ちょうど更新月でないと、9,500円(税抜き)がかかります。

2年間未満なら、サポートを受けて割引してもらっているので納得ですが、2年間過ぎても、この更新月が過ぎると、同じく違約金がかかってしまうのです。

利用者目線でみると、どう考えても納得できない制度で、悪評も多いものですが、極力違約金が発生しないタイミングでのMNPがベターです。

ドコモオンラインショップで機種変更する6つのメリットとデメリット

dポイントは残っていないか?

今では、Tポイントのように共通ポイントとなっているdポイントなので、ドコモユーザー以外でも保有できるし、利用も貯めることもできます。

しかし、やはり月々の支払いをはじめ、dポイントが貯まりやすいのはドコモユーザーなので、ドコモユーザー以外ではあまり貯まらないものです。

そこで、ドコモを解約する前に、dポイントは使い切ってしまうのがベターです。

ローソンやマクドナルドなどでも1dポイント(=1円)から使えますので、使い切る場所としては最適です。

dカードの解約方法|貯まったポイントのゆくえと手続きの注意点

次のページではドコモの携帯を解約する手数料や違約金について説明します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ