「iPhoneを探す」機能の設定・使い方|位置特定やデータ消去の方法

「iPhoneを探す」機能の設定・使い方|位置特定やデータ消去の方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneをカフェに忘れたり、急いでいる時に落としてしまうなど、紛失の経験を持っている人も少なくないのではないでしょうか。

iPhoneを紛失すると頭の中が真っ白になって慌ててしまいますよね。

しかし、iPhoneのサービスにはとても便利な「iPhoneを探す」という機能です。

そこで今回は、「iPhoneを探す」機能の設定方法、使い方について詳しく解説をしていきます。

iPhoneが紛失しても慌てず騒がないためにもしっかりと設定をしておきましょう。

トップ画像引用元:iPhone、iPad、Mac、Apple Watch を探す – Apple サポート 公式サイト

1 紛失時に重宝できる!「iPhoneを探す」

「iPhoneを探す」は、文字通り、Appleが提供するiPhoneを探す機能です。

iPhoneに搭載されているGPSをもとに位置情報を割り出し、どの付近で紛失したのかを確認することができます。

そんな「iPhoneを探す」が具体的にどのようなサービスで、どのような特徴があるのか細かく見ていきましょう。

1-1 iPhoneを紛失した時にどこにあるのか調べられるサービス

前述の通り、iPhoneを紛失した時にどこにあるのか調べることができるサービスです。

GPSで場所を特定することができますが、簡単に言うと、iPhoneの地図で自分の現在地を見ている時と同じような感じでiPhoneの場所を見つけることができます。

もちろん移動していれば、地図上でどこに向かっているのかも調べることができます。

そして、ただ場所を特定するだけでなく、音を鳴らしてどの場所に落としてしまったのか探すこともできます。

遠隔操作でデータを消去するなど、iPhoneの中の個人情報を守ることに繋がる機能があるという点も嬉しいポイントですね。

1-2 Appleが位置情報を管理しているので安心

「iPhoneを探す」の魅力は、iPhoneの居場所のデータがAppleに送信されるということです。

Appleと共有して自分のiPhoneの居場所を管理している状態なので、その他の人に自分のiPhoneの場所を知られるリスクはほぼありません。

Appleがしっかりと位置情報を管理してくれているので安心できます。

また、iPhoneの現在地はAppleに聞かなければわからないわけではなく、自分のApple IDを使用して自分で場所を検索することが可能です。

Apple IDの認証が必ず必要になってくるので、この場合も誰か別の人に居場所を知られるリスクはほとんどありません。

セキュリティ面でもかなり安心できる機能だといえます。

2 「iPhoneを探す」設定方法と使い方

次に、「iPhoneを探す」の設定方法と、実際に紛失した時の使い方を紹介します。

「iPhoneを探す」の設定は検索したいiPhoneの画面から行う必要があるので、必ず事前にやっておくようにしましょう。

「iPhoneを探す」を使用する時は、他のスマホやPCなど別デバイスからアクセスすることが可能です。

詳しく使い方を紹介するので、是非参考にしてください。

2-1 iPhone側で「iPhoneを探す」をオンにする

「iPhoneを探す」を使うには、Apple IDの取得が必要不可欠です。

iPhoneでアプリのダウンロードでもApple IDは使われるので、Apple IDを持っていないというiPhoneユーザーの人はほとんどいないはずです。

「iPhoneを探す」を設定するには、

1「設定画面」の「パスワードとアカウント」をタップする。

2画面真ん中あたりにある「iCloud」のをタップする。

3「iCloud」をタップすると、下記のような項目が出てくるので、1番下にある「iPhoneを探す」をタップする。

「iPhoneを探す」をタップすると、下記のような画面になります。

この画像では下の項目がオフになっていますが、両方オンにすることをおすすめします。

下の項目の「最後の位置情報を送信」は

  • iPhoneが電源がオフになったり
  • ネットに繋がらなくなる

前の最後の位置情報を自動的にAppleに送信する機能です。

iPhoneの電源が切れた時や電波の悪い場所にある時などの大体の場所を把握する時に役に立ちます。

2-2 位置情報をオンにする

「iPhoneを探す」をオンにするだけでなく、位置情報をオンにしておく必要があります。

オフのままだと、GPSを使用してiPhoneの場所を特定することはできません

1設定画面の「プライバシー」をタップします。

2プライバシーの1番上に位置情報サービスの項目があるので、オンにする。

位置情報サービスをタップすると、位置情報が反映されるアプリがずらりと出てきますが、アプリごとに位置情報のオンオフを決めることができます

プライバシーが気になる人は、アプリごとに位置情報を反映させるかどうか設定することをおすすめします。

2-3 検索する場合はiCloud.comにアクセスする

画像引用元:iCloud

次に、紛失したiPhoneを別のデバイスで検索する時の方法を紹介します。

こちらはPCの場合です。PCでは、まず「iCloud.com」にアクセスしましょう。

※iPhoneの場合はホーム画面に「iPhoneを探す」アイコンがあるのでそこから検索できます。

iCloudをPCで開くと、Apple IDの入力が必要です。

Apple IDを入力すると、認証番号が今まで使っていたiPhone宛てに送信され、その番号を入力しないとログインできなくなる場合があります。

でも、iPhoneが紛失している以上、その番号をチェックすることはできませんよね。

そのため、「iPhoneを探す」を使いたい場合は認証画面の下部の「iPhoneを探す」をクリックすれば使えるようになります

Apple IDに紐付けされたiPhoneの場所が表示されます。

画面上部の「すべてのデバイス」から、紛失したiPhoneをクリックすると、上記の画像のような画面が出てきます。

ここで、必要に応じて「iPhoneを探す」の機能を活用してください。

紛失したiPhone以外に検索できる別のスマホやPCがない場合は、Appleサポートに電話をして相談しましょう

携帯を紛失した時の対処法|「探す」「悪用を防ぐ」やることリスト

「iPhoneを探す」設定の設定の方法と使い方

  • Apple IDが必要不可欠
  • iPhoneの設定画面で「iPhoneを探す」をオンにする
  • 位置情報もオンにしておく必要がある
  • 検索の際には別デバイスでiCloud.comにアクセスして行う
  • 検索できるスマホやPCなどのデバイスがない場合はAppleサポートに相談してみよう

次のページでは、「iPhoneで探す」で使える機能を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

iPhoneを再起動・強制終了する方法|できない時の原因と対策... iPhoneを使用していると稀に動きが鈍くなる、または画面が固まってしまうことがあります。 このような状態を「フリーズ」と言い、基本的な解消法は「再起動」「強制終了」の2択が一般的になります。 これらを行うにあたって、1つ複雑な...
「Androidデバイスマネージャー」の使い方|位置特定やロックの方法... 今回はAndroidスマホを紛失した時に役立つ「Androidデバイスマネージャー」の使い方を解説します。 スマホは連絡先やメール・LINEなど個人情報の塊です。 人によっては仕事のデータもスマホに保存しているので、万が一失くす...
iPhoneのBluetoothでペアリングできない時の原因と解決方法... この記事では、iPhoneでBluetoothアクセサリをペアリングできない時の対処方法について解説します。 また、どういった場合にAppleのサポートへ問い合わせが必要なのかについても記載します。 Bluetoothのペアリン...
スマホの強制終了・再起動の方法|iPhone/Androidの各機種ごとに解説... スマホの画面が反応しない場合、再起動や強制終了することで、不具合を改善できる場合もあります。 ただ、スマホは機種によって強制終了の方法が異なるので、機種変更直後などはその仕様の違いに戸惑ってしまう人も少なくないはずです。 そこで...