「iPhoneを探す」機能の設定・使い方|位置特定やデータ消去の方法

「iPhoneを探す」機能の設定・使い方|位置特定やデータ消去の方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneをカフェに忘れたり、急いでいる時に落としてしまうなど、紛失の経験を持っている人も少なくないのではないでしょうか。

iPhoneを紛失すると頭の中が真っ白になって慌ててしまいますよね。

しかし、iPhoneのサービスにはとても便利な「iPhoneを探す」という機能です。

そこで今回は、「iPhoneを探す」機能の設定方法、使い方について詳しく解説をしていきます。

iPhoneが紛失しても慌てず騒がないためにもしっかりと設定をしておきましょう。

トップ画像引用元:iPhone、iPad、Mac、Apple Watch を探す – Apple サポート 公式サイト

1 紛失時に重宝できる!「iPhoneを探す」

「iPhoneを探す」は、文字通り、Appleが提供するiPhoneを探す機能です。

iPhoneに搭載されているGPSをもとに位置情報を割り出し、どの付近で紛失したのかを確認することができます。

そんな「iPhoneを探す」が具体的にどのようなサービスで、どのような特徴があるのか細かく見ていきましょう。

1-1 iPhoneを紛失した時にどこにあるのか調べられるサービス

前述の通り、iPhoneを紛失した時にどこにあるのか調べることができるサービスです。

GPSで場所を特定することができますが、簡単に言うと、iPhoneの地図で自分の現在地を見ている時と同じような感じでiPhoneの場所を見つけることができます。

もちろん移動していれば、地図上でどこに向かっているのかも調べることができます。

そして、ただ場所を特定するだけでなく、音を鳴らしてどの場所に落としてしまったのか探すこともできます。

遠隔操作でデータを消去するなど、iPhoneの中の個人情報を守ることに繋がる機能があるという点も嬉しいポイントですね。

1-2 Appleが位置情報を管理しているので安心

「iPhoneを探す」の魅力は、iPhoneの居場所のデータがAppleに送信されるということです。

Appleと共有して自分のiPhoneの居場所を管理している状態なので、その他の人に自分のiPhoneの場所を知られるリスクはほぼありません。

Appleがしっかりと位置情報を管理してくれているので安心できます。

また、iPhoneの現在地はAppleに聞かなければわからないわけではなく、自分のApple IDを使用して自分で場所を検索することが可能です。

Apple IDの認証が必ず必要になってくるので、この場合も誰か別の人に居場所を知られるリスクはほとんどありません。

セキュリティ面でもかなり安心できる機能だといえます。

2 「iPhoneを探す」設定方法と使い方

次に、「iPhoneを探す」の設定方法と、実際に紛失した時の使い方を紹介します。

「iPhoneを探す」の設定は検索したいiPhoneの画面から行う必要があるので、必ず事前にやっておくようにしましょう。

「iPhoneを探す」を使用する時は、他のスマホやPCなど別デバイスからアクセスすることが可能です。

詳しく使い方を紹介するので、是非参考にしてください。

2-1 iPhone側で「iPhoneを探す」をオンにする

「iPhoneを探す」を使うには、Apple IDの取得が必要不可欠です。

iPhoneでアプリのダウンロードでもApple IDは使われるので、Apple IDを持っていないというiPhoneユーザーの人はほとんどいないはずです。

「iPhoneを探す」を設定するには、

1「設定画面」の「パスワードとアカウント」をタップする。

2画面真ん中あたりにある「iCloud」のをタップする。

3「iCloud」をタップすると、下記のような項目が出てくるので、1番下にある「iPhoneを探す」をタップする。

「iPhoneを探す」をタップすると、下記のような画面になります。

この画像では下の項目がオフになっていますが、両方オンにすることをおすすめします。

下の項目の「最後の位置情報を送信」は

  • iPhoneが電源がオフになったり
  • ネットに繋がらなくなる

前の最後の位置情報を自動的にAppleに送信する機能です。

iPhoneの電源が切れた時や電波の悪い場所にある時などの大体の場所を把握する時に役に立ちます。

2-2 位置情報をオンにする

「iPhoneを探す」をオンにするだけでなく、位置情報をオンにしておく必要があります。

オフのままだと、GPSを使用してiPhoneの場所を特定することはできません

1設定画面の「プライバシー」をタップします。

2プライバシーの1番上に位置情報サービスの項目があるので、オンにする。

位置情報サービスをタップすると、位置情報が反映されるアプリがずらりと出てきますが、アプリごとに位置情報のオンオフを決めることができます

プライバシーが気になる人は、アプリごとに位置情報を反映させるかどうか設定することをおすすめします。

2-3 検索する場合はiCloud.comにアクセスする

画像引用元:iCloud

次に、紛失したiPhoneを別のデバイスで検索する時の方法を紹介します。

こちらはPCの場合です。PCでは、まず「iCloud.com」にアクセスしましょう。

※iPhoneの場合はホーム画面に「iPhoneを探す」アイコンがあるのでそこから検索できます。

iCloudをPCで開くと、Apple IDの入力が必要です。

Apple IDを入力すると、認証番号が今まで使っていたiPhone宛てに送信され、その番号を入力しないとログインできなくなる場合があります。

でも、iPhoneが紛失している以上、その番号をチェックすることはできませんよね。

そのため、「iPhoneを探す」を使いたい場合は認証画面の下部の「iPhoneを探す」をクリックすれば使えるようになります

Apple IDに紐付けされたiPhoneの場所が表示されます。

画面上部の「すべてのデバイス」から、紛失したiPhoneをクリックすると、上記の画像のような画面が出てきます。

ここで、必要に応じて「iPhoneを探す」の機能を活用してください。

紛失したiPhone以外に検索できる別のスマホやPCがない場合は、Appleサポートに電話をして相談しましょう

携帯を紛失した時の対処法|「探す」「悪用を防ぐ」やることリスト
「iPhoneを探す」設定の設定の方法と使い方
  • Apple IDが必要不可欠
  • iPhoneの設定画面で「iPhoneを探す」をオンにする
  • 位置情報もオンにしておく必要がある
  • 検索の際には別デバイスでiCloud.comにアクセスして行う
  • 検索できるスマホやPCなどのデバイスがない場合はAppleサポートに相談してみよう

次の章では、「iPhoneで探す」で使える機能を解説します。

3 「iPhoneを探す」で使える機能

次に、「iPhoneを探す」で使える機能を1つずつ細かく解説していきます。

「iPhoneを探す」は、iPhoneの現在位置を特定するだけではなく、紛失してしまったiPhoneのデータを守ったり、より探しやすくするなどの機能が備わっています。

また、情報漏洩を防止するためにデータの消去を遠隔で行うことができるなど、セキュリティ管理がしっかりしている点も魅力のサービスです。

そんな「iPhoneを探す」では、具体的にどのような機能が使えるのか詳しく見ていきましょう。

3-1 iPhoneの位置特定

「iPhoneを探す」の魅力は、なんといってもiPhoneの現在地の特定ができるということです。

GPSによって場所を割り出すのでかなり精度が高く、車や地図アプリの道案内とほぼ同じ精度だと思ってください。

そのため、場所を移動していればすぐにわかりますし、どちらに向かっているのかも把握することができます。

さらに、モバイル限定の機能ではありますが、紛失した場所まで案内してくれる機能も搭載しています。

車や徒歩、電車など移動手段を選ぶことができるので、自分の移動手段に合わせて適切なルートを提案してくれます。

また、iPhoneの音を鳴らしてどこに落ちているのか知ることもできるので、より探しやすくもなるでしょう。

3-2 iPhoneの画面に通知を送る

iCloud上で「紛失モード」を選択すると、紛失したiPhoneの画面に通知を送ることができます。

通知の内容は紛失したということと、自分の連絡先の電話番号を書くことができます。

そのため、誰かが拾って警察に届けようとしている時などに、真っ先に自分に連絡をしてもらうようにすることもできます。

盗難に遭っている場合は連絡が来る可能性も警察に届けられる可能性もかなり低いです。

しかし、持っている時にいきなり通知が来たら、驚いて「本当に良いのだろうか…」と考え直すかもしれませんね。

3-3 遠隔でiPhoneのデータ消去

iPhoneの中に入っているデータは、個人情報やクレジットカードの情報など、下手をすればお金になるような情報がたくさん入っています

単純にiPhoneを売り飛ばすだけでなく、そのような情報を抜き取って悪用するためにもiPhoneを盗んだり、落ちているものをそのまま持ち去られてしまうケースが多いです。

iPhoneを紛失した時には、遠隔操作でiPhone内のデータを完全に消去することも可能です。

データが消去できれば、最悪iPhoneは戻ってこなくても、自分の情報や連絡先に記録されている家族や友人、勤務先などの情報を守ることができます。

「iPhoneを探す」で使える機能
  • iPhoneの位置を特定できる
  • 紛失モードでiPhoneの画面に紛失したことと連絡先を通知することができる
  • 遠隔からiPhoneのデータ消去が可能
  • iPhoneであれば紛失した場所まで案内してくれる

4 「iPhoneを探す」がオフラインの場合の原因と対処法

「iPhoneを探す」のトラブルでよくあるのが、「iPhoneを探す」がオフライン状態になっていたというケースです。

オフライン状態ということは、

  • iPhone自体がネットに繋がっていない
  • 「iPhoneを探す」機能がオフになっている

という原因が挙げられ、iPhoneの位置情報を調べることができません

そこで、「iPhoneを探す」がオフラインになってしまう原因と、それに対する対処法について解説します。

4-1 オフラインの場合の原因

オフラインになってしまう原因は下記の通りです。

  • iPhoneの電源がオフになっている
  • iPhoneがネットに繋がっていない
  • 電波の悪い位置にある
  • 「iPhoneを探す」・位置情報がオフになっている

事前に「iPhoneを探す」と位置情報がオンになっている状態でないと、「iPhoneを探す」を利用することはできません。

万が一に備えて、事前に自分のiPhoneはオンになっているかどうかチェックするようにしましょう。

また、電波の悪い場所にあったり、充電が切れた・拾った相手が故意に電源をオフにしたなどの理由でオフラインになっている可能性も考えられます。

iPhoneが起動していないと「iPhoneを探す」は利用できません。

この場合はどのように対処すれば良いのでしょうか。

4-2 オフラインの場合の対処法

オフラインの場合の対処法としては、「iPhoneを探す」の設定画面にある「最後の位置情報を送信」をオンにするくらいしかありません。

最後の位置情報を送信というのは、電源が切れたり、通信が途絶える前の最後の位置情報を自動的にAppleに送信するサービスのことです。

最後の位置情報は24時間以内にチェックしないと自動的に消えてしまう仕組みとなっているので、紛失したと気付いた時にすぐに確認するようにしましょう。

スマホを24時間全く触らないという人はほとんどいないと思うので、紛失したら長くても24時間以内に気付く人がほとんどだと思われます。

ただ、最後の位置情報を見逃さないためにも、バタバタしてしまった時や忙しく動いていた後にiPhoneがあるかどうかチェックする癖を付けるのも良いかもしれませんね。

4-3 キャリアの位置検索サービスを使うのもおすすめ

最後の位置情報も24時間を経過してしまえば確認することはできません。

となると、iPhoneが今どこにあるのか全く手がかりが掴めなくなってしまいます。

そんな時に活用したいのが、キャリアの「位置検索サービス」です。

キャリアの位置検索サービス

キャリアによって名称は異なりますが、月額500円程度で加入できるオプションパックのメニューで対応している場合が多いです。

このようにオプションサービスになりますが、キャリアの情報を調べてiPhoneの位置を特定することができます。

この場合、Appleの「iPhoneを探す」のようにGPSではなく、「最後に通信した基地局の場所」を特定して場所を割り出します

つまり、電源が切れていても、最後の位置情報が24時間経過して見られなくなったとしても、通信した場所さえわかればおおよその場所を特定できるのです。

もちろん、GPSより精度は落ちますし、場所についても「この付近から半径500m以内」などかなり広範囲になることもあります。

ただ、おおよその場所がわかれば「やっぱりあそこで落としたんだ!」と、自分が落としたかもしれない場所がある程度予想できるようになります。

「iPhoneを探す」が使えない時に備えて、位置検索サービスのオプションには加入しておくことをおすすめします。

5 iPhoneを紛失する可能性あり!事前にトラブルに備えて準備しよう

最後に、「iPhoneを探す」がオフラインの場合の原因と対処法についてまとめます。

「iPhoneを探す」がオフラインの場合の原因と対処法
  • 電源が入っていない・ネットが繋がらない場所にある可能性がある
  • 「iPhoneを探す」・位置情報がオンになっていない
  • 24時間以内の最後の位置情報データをAppleに自動で送信するように設定しておくと安心
  • キャリアの基地局で場所を特定する位置検索サービスもおすすめ

iPhoneは転売すれば高額で売れるスマホということもあり、紛失だけでなく盗難に遭う可能性も非常に高いです。

紛失も盗難も手元に戻ってくる可能性は決して100%ではありませんが、少しでも戻ってくる可能性を上げるために「iPhoneを探す」機能は非常に有効です。

また、iPhoneを紛失した場合戻ってこない可能性も視野に入れなければいけませんが、個人情報やクレジットカードの情報漏洩などの二次災害を防ぐことができるようになります。

「iPhoneを探す」がオフラインになっている場合も、24時間以内であれば最後にどの場所にあったのかAppleに自動的にデータが送られるように設定もできます。

iPhoneを紛失すると焦るあまり、冷静な行動ができない人も多いと思います。

iPhoneを紛失してしまった時は決して焦らず、まずは「iPhoneを探す」で現在位置が特定できるかどうかチェックするようにしましょう。

AppleCare+て必要?保証内容と修理費用と無償サポートの範囲を解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ