ソフトバンク携帯の解約方法|手順とMNP手数料と違約金のまとめ

ソフトバンク携帯の解約方法|手順とMNP手数料と違約金のまとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクからMNP(転出)をする方法

今回は、ソフトバンクから他社へMNPする場合の手続きについて紹介します。

ソフトバンクから他社へMNPする場合、MNP予約番号を発行する必要がありますが、MNP予約番号を発行した時点では解約にはなりません

他社へのMNP転入が完了した時点でソフトバンクは自動解約となります。

また、MNPの場合も手数料が発生する可能性があるので気をつけてください。

他社にMNPするにはMNP予約番号が必要

ソフトバンクから他社にMNPする場合は、MNP予約番号と呼ばれるものが必要になります。

MNP予約番号とは、ソフトバンクの電話番号を他社でも使えるようにするために必要不可欠な番号です。

よくMNP予約番号の発行と解約を混同してしまう人がいますが、MNP予約番号の発行では電話番号は消えませんが、解約ではすぐに電話番号が消えてしまいます。

かなり致命的なので、絶対に間違えないようにしましょう。

ソフトバンクでMNPをする方法

ソフトバンクでMNPをする方法として挙げられるのは、下記の3つです。

  • ソフトバンクショップで行う
  • My SoftBankで行う
  • ソフトバンクのコールセンターに電話をする

解約と異なり、MNP予約番号の発行であればソフトバンクショップ以外でも手続きが可能です。

ソフトバンクショップもコールセンターも混み合うことが多いので、My SoftBankから自分で操作してMNP予約番号を発行するのが1番スピーディーだと思われます。

ソフトバンクショップでMNP予約番号を発行する

ソフトバンクショップでMNP予約番号を発行する方法は下記の通りです。

  1. ソフトバンクショップに行く
  2. スタッフにMNP予約番号が欲しいと言う
  3. 情報照会後、MNPにかかる手数料が説明される
  4. 了承後、MNP予約番号の発行

手順は解約の手続きとほぼ変わりません。

ソフトバンクショップで手続きをする場合は、本人確認書類が必要となるので必ず忘れないようにしましょう。

また、ソフトバンクショップでMNP予約番号の発行をしようとすると、新規契約やMNP契約の人が優先されてしまう傾向にあります。

そのため、待ち時間がかなり長くなる恐れがあるので、混雑時にソフトバンクショップを利用するのはおすすめしません。

My SoftBankでMNP予約番号を発行する

My SoftBankでMNP予約番号を発行する方法は下記の通りです。

  1. My SoftBankにログインする
  2. メニューからMNP予約番号発行の項目を選ぶ
  3. 各種注意事項を確認後、手続きを進める
  4. 手続き完了後、SMSでMNP予約番号が送られてくる

My SoftBankであれば、自分のスマホでログインをして簡単にMNP予約番号の発行ができます。

ただし、MNP予約番号発行に関する注意事項や手数料などを、自分で確認して理解する必要があるので、しっかりと注意事項等を読むようにしてください。

手続きが完了したらSMSでMNP予約番号が送られてくるので、後から確認するのも簡単です。

ソフトバンクのコールセンターに電話をする

ソフトバンクのコールセンターに電話をしてMNP予約番号を発行する方法は下記の通りです。

  1. ソフトバンクのコールセンターに電話をする(ソフトバンク携帯から*5533にかける)
  2. オペレーターにMNP予約番号を発行したい旨を伝える
  3. オペレーターからの注意事項の説明後、手続き
  4. MNP予約番号が口頭で伝えられるのでしっかりとメモを取る

時期や時間帯によってコールセンターもかなり混み合います。

長く待つようであれば、My SoftBankで自分でMNP予約番号を発行してしまった方が早いでしょう。

コールセンターでMNP予約番号を発行する場合、オペレーターからMNP予約番号を口頭で伝えられます

必ずメモの準備をして、コールセンターに電話するようにしましょう。

MNP予約番号の有効期限は15日間

スマホを操作する男性

MNP予約番号の有効期限は発行日から15日間となります。

つまり、MNP予約番号を発行してから15日以内に、他社へのMNP転入手続きを済ませる必要があります。

有効期限が過ぎた場合は、引き続きソフトバンクの契約が継続となります。

MNP予約番号を発行するだけなら手数料はかからない

MNP予約番号の発行自体は手数料がかかりません。

そのため、MNP予約番号を発行して有効期限が過ぎた場合は、何もお金を払う必要なくソフトバンクの契約を続行できます。

手数料が発生するタイミングは、MNP予約番号を発行して他社へのMNP転入手続きが完了した時です。

MNP予約番号を発行する時にかかる手数料

MNP予約番号を発行する時にかかる手数料は下記の通りです。

正確には、他社へのMNP転入が完了した時点で発生します。

  • MNP転出手数料
  • 契約解除料
  • 機種購入サポートプログラム解除料

通常の解約と異なり、MNP転出手数料と呼ばれる手数料も発生します。

MNP転出手数料は3,000円

MNP転出手数料は一律3,000円です。

以前までは2,000円だったのですが、数年前に値上がりしました。

どのキャリアも同じ金額となっています。

MNP転出手数料も、MNP予約番号を発行した後に他社へMNP転出した時点で発生します。

実録!ソフトバンクMNP引き止めポイントとウロウロポイントの貰い方【2019年6月更新】

契約解除料は9,500円

解約の章でも解説しましたが、MNPでも契約解除料は発生します。

MNP予約番号を発行後、他社にMNP転入した時点で解約と見なされるので、契約更新月でないなら契約解除料もかかると思ってください。

金額は通常の解約と同じく9,500円です。

機種購入サポートプログラム解除料は機種によって異なる

12ヶ月以内にMNPするのであれば、契約状況によっては機種購入サポートプログラム解除料が発生します。

機種によってプログラム解除料が異なるので、契約時に機種代金の割引があった人は念のために確認しておきましょう。

ソフトバンクでMNPする方法

  • MNP予約番号を発行する方法は3つ
  • ソフトバンクショップに行って手続きをする
  • My SoftBankから手続きをする
  • ソフトバンクのコールセンターに電話して手続きをする
  • MNP予約番号を発行するだけなら手数料はかからない
  • MNP予約番号発行後に他社でMNP手続きを完了させた時点で手数料が発生する

次のページでは、代理人受付の解約の場合はどうなるのかを調べてみました。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ