ソフトバンク携帯の解約方法|手順とMNP手数料と違約金のまとめ

ソフトバンク携帯の解約方法|手順とMNP手数料と違約金のまとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

代理人受付の解約の場合はどうなるのか?

原則として、解約は契約者本人しかできません。

しかし、中には契約者が病気であったり、外に出られる状態ではないなど、やむを得ない理由があります。

その場合は、特定の契約者の関係者であれば、代理で解約することが可能です。

代理人が解約をする際に必要なものなどを詳しく紹介するので、是非参考にしてください。

原則として契約者本人しか解約ができない

解約は、原則として契約者本人しかできません

前述しましたが、解約は電話番号を消す手続きとなります。

つまり、解約した後は同じ電話番号を使うことができません。

むやみに契約者に頼まれたという代理人の言葉を聞いて解約をし、実は契約者に解約の意思がなかったとなると、大きなトラブルとなってしまいます。

そのようなリスクヘッジのためにも、原則契約者本人しか解約することができません。

やむを得ない理由で契約者がソフトバンクショップに行けない場合は可能

ソフトバンク

画像引用元:店舗を探す | ソフトバンク

契約者が病気であったり事故で動けないなどの事情がある場合、特定の代理人によって解約することは可能です。

特定の代理人というのは下記の通りです。

  • 契約者の家族
  • 施設関係者
  • 後見人・保佐人・補助人

基本的に契約者と近しい関係の人であれば解約は可能です。

ただし、契約者の友人程度だと解約はできません。

必ず家族や施設関係者、後見人等に該当する人が解約するようにしましょう。

代理人受付で必要な書類

代理人が解約する時に必要な書類は下記の通りです。

  • 契約者が記入した委任状(後見人・保佐人・補助人は不要)
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 契約者との関係がわかる書類

委任状はソフトバンクの公式サイトから印刷することができます。

代理人の本人確認書類も原本で用意しましょう。

契約者との関係がわかる書類

契約者との関係がわかる書類は下記の通りです。

  • 家族の場合:マイナンバー印字なしの住民票・契約者と代理人両名の名前がある保険証・同性とのパートナーシップを証明する書類
  • 施設関係者の場合:施設関係者であることを証明できる書類(社員証や名刺など)
  • 代理人が後見人・保佐人・補助人の場合:後見人・保佐人・補助人が記載された登記事項証明書または戸籍謄本

代理人と契約者の関係によってはかなり準備が面倒な書類もあります。

家族の場合は住民票を持っていけば問題はないでしょう。

施設関係者の場合は社員証や名刺などを持参してください。

後見人・保佐人・補助人の場合は書類の用意がやや面倒なので、解約の手続きをする日までに時間に余裕を持って用意するようにしましょう。

ソフトバンクの携帯を解約すると違約金が発生?契約更新月の確認を

最後に、代理人受付の解約の場合についてまとめます。

代理人受付の解約の場合
  • 原則として契約者本人しか解約することができない
  • 契約者にやむを得ない理由がある場合は家族や施設関係者など特定の代理人が解約をするのは可能
  • 解約には基本的に委任状が必要
  • 代理人は本人確認書類と契約者との関係を証明できるものを持参する必要がある

解約もMNP転出も、契約更新月以外に手続きをしてしまうと、契約解除料のような違約金が発生する恐れがあります。

また、契約内容によっては機種購入サポートのプログラム解除料など、別途違約金が発生する可能性もあります。

解約もMNP転出もなるべく費用をかけたくないということであれば、契約更新月を狙って手続きをするのが吉です。

契約更新月は2年満了月から3ヶ月間となります。

自分の契約更新月がいつなのか忘れてしまった人は、是非もう一度確認するようにしましょう。

ソフトバンクで機種変更を2年以内に行った時のリスクは?かかる費用と回避策

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ