HTC U11 lifeレビュー|価格相応のスペックとカメラ機能か評価してみた

HTC U11 lifeレビュー|価格相応のスペックとカメラ機能か評価してみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

HTCから発売されたHTC U11 lifeはHTC U11の廉価版と言われています。

高スペックと定評のあるHTC U11の廉価版ということで一体どれだけのスペックがあるのか気になります。

そこで今回は、HTC U11 lifeのスペックや価格についてのレビューをご紹介します。

HTC U11 lifeの魅力であるカメラやエッジセンスについても解説した上で価格相応なのかどうかという件についても検証していくので、是非参考にしてください。

トップ画像引用元:HTC U11 life | HTC 日本

1 HTC U11 lifeの魅力について


画像引用元:HTC日本

まず、HTC U11 lifeの魅力について解説をしていきたいと思います。

HTC U11 lifeはHTCが開発したスマホであり、2018年3月に発売されました。

楽天モバイルの取り扱いで、価格は39,800円(税抜)で税込みですと4万円台となります。

4万円のスマホと聞くと、iPhoneなど10万を超える高スペックスマホを普段見ているからか「性能は大丈夫なのか」「しっかりと使えるのか」と不安になります。

しかし、HTC U11 lifeは価格相応、もしくはそれ以上のスペックを備えているといっても過言ではありません。

1-1 握るだけで操作ができるエッジ・センス


画像引用元:HTC日本

HTC U11 lifeの魅力を語る上で特筆すべきはエッジ・センスです。

スマホを握るだけでカメラの起動から撮影、さらにインとアウトのカメラの切替ができる技術として世界的にもかなり高い評価を得ています。

カメラの他にも、握るだけでGoogleアシスタントを使うことができるなど、わざわざ「OK,Google」と声をかける必要もありません。

スマホの使い方の革新ともいわれているエッジ・センスが4万程度の格安スマホであるHTC U11 lifeにも搭載されているため、エッジ・センスだけでもHTC U11 lifeを購入する価値はあるといえます。

AIアシスタントやカメラの起動だけでなく、普段頻繁に使うアプリの起動もスマホを握るだけで行うことが可能です。

スマホを握るだけでスマホ操作ができるということで、今まで画面をスライドさせたり、ロック画面の解除をしてホーム画面を立ち上げていた手間をしなくて済むようになります。

エッジ・センスを搭載したHTC U11 lifeは、より快適にスマホを使うことができると言えます。

1-2 3種類のAIアシスタントを搭載


画像引用元:HTC日本

「OK,Google」や「Hey,Siri」でかなりお馴染みとなってるAIアシスタント。

最初こそはいきなりスマホに声をかけることに戸惑う方も多かったと思いましたが、最近ではかなり普及してきました。

音声をほぼ正確に聞き取ってくれて欲しい情報をすぐに与えてくれるため、AIアシスタントはとても便利な機能です。

ちょっとした冗談やネタにも対応してくれるため、愛着が湧いている方も多いのではないでしょうか。

HTC U11 lifeにも「Googleアシスタント」「Alexa」「HTCセンス・コンパニオン」の3種類のAIアシスタントが搭載されています。

Googleアシスタントが1番メジャーかと思いますが、AlexaもAmazonが開発したということで最近話題になっています。

HTCセンス・コンパニオンはHTC独自のAIアシスタントです。

複数のAIアシスタントが搭載されているため、自分に合ったAIアシスタントを選ぶことができます。

1-3 IPX7防水・IP6X防塵対応


画像引用元:HTC日本

HTC U11 lifeは防水防塵対応です。

防水防塵の強度を示す時にIPX7やIP6Xなどの言葉が使われていますが、実際どんな意味なのでしょうか。

簡単にHTC U11 lifeの防水防塵の強度を解説すると、

  • 防水IPX7 一時的に一定の水圧の水に水没したとしても内部浸水を防ぐ程度
  • 防塵IP6X 粉塵がスマホ内部に入らない程度

HTC U11 lifeは、30分間水没していた状態でも内部浸水がなかったといわれているくらい防水に優れています。

しかし、一定の水圧によるものなので、水深によっては耐えられる時間は変わってきます。

水没しても一応問題ないということですが、水に濡らしても家事の途中で水がついてしまったり、雨で少し濡れてしまった程度の生活防水に抑えておくことをオススメします。

楽天モバイルおすすめ最新スマホランキング【2018春夏モデル】

次の章では、HTC U11 lifeの問題点・デメリットについて紹介します。

1-4 ノイズキャンセレーション機能搭載でクリアなサウンド


画像引用元:HTC日本

HTC U11 lifeのサウンドも非常にクリアであると定評があります。

本来人間が聞こえないような高周波の音まで聞こえるハイレゾ音源に対応しているため、非常にクリアで臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。

また、外部の音をシャットダウンさせるノイズキャンセレーション機能も搭載しているので、外の雑音がなく音楽そのものの音をしっかりと楽しむことができます。

HTC U11 lifeのハイレゾ・ノイズキャンセレーションに対応しているイヤフォンもHTC U11 life本体と同梱されているので、是非使ってみてください。

1-5 アウト・イン共に1,600万画素の鮮明なカメラ


画像引用元:HTC日本

HTC U11 lifeのアウトカメラとインカメラの画素数は1,600万画素です。

4万円程度のスマホの中でも比較的高画素な写真を撮ることが可能であり、普通であればアウトカメラよりも画素数が劣ってしまうインカメラの画素数も1,600万画素であるため、自撮りをする時にも適しています。

また、後述しますがHTC U11 lifeのカメラは非常にこだわりを持って作られており、カメラの性能にも定評があります。

1,600万画素であれば、普通にスマホの画面で写真を楽しむことはもちろん、現像する際に引き伸ばしても比較的綺麗に写ります。写真好きの方にもHTC U11 lifeはオススメです。

2 HTC U11 lifeの問題点・デメリット

ここまでHTC U11 lifeの魅力について解説をしていきましたが、次にHTC U11 lifeの問題点やデメリットについても解説していきたいと思います。

楽天モバイルで4万円程度で購入できるHTC U11 lifeは、格安スマホの中でも比較的高スペックなスマホだといえます。

しかし、やはり10万を超えるような高スペックであるスマホと比べると性能や機能に対してネックになる部分があります。

HTC U11 lifeの魅力だけでなく、デメリットや問題点も併せて確認してください。

2-1 HTC U11 life | au回線と相性があまり良くない

HTC U11 lifeはドコモ回線を使用している楽天モバイルと、Android One X2という名称でソフトバンク回線を利用しているY!mobile(ワイモバイル)で販売されています。

そのため、NTTドコモのエリアやソフトバンクのプラチナバンドに対応しているため、ソフトバンクやドコモの回線とは比較的相性が良く、快適に使えるといわれています。

しかし、一方でau回線とは相性があまり良くないという声もあります。

購入時は楽天モバイル、またはY!mobileで購入する方がほとんどだと思いますが、携帯会社を乗り換える際にスマホだけ引き続き使い続けるという場合は注意が必要です。

auに乗り換えることはもちろん、au回線を利用している格安SIMへの乗り換えによって多少スマホが使いにくくなる可能性があるということは認識しておいてください。

mineo(マイネオ)で機種変更する全手順|失敗しないための設定と注意点

2-2 HTC U11 life | Type-Cの充電器・イヤフォンに対応

最近増えてきてはいますが、HTC U11 lifeはType-Cの充電器とイヤフォンに対応しています。

Androidスマホでお馴染みであったType-BのUSBケーブルは使用することができません。

また、Type-CのACアダプタは同封されていないため、別途自分で購入する必要があります。

イヤフォンに関しては、専用のType-C対応のハイレゾ・ノイズキャンセレーションに対応したイヤフォンが同梱されています。

しかし、今まで使っていたお気に入りのイヤフォンはType-Cとして接続する変換器がなければ使うことができません。

また、iPhoneと同じように充電する箇所とイヤフォンを挿す箇所が同じであるため、充電とイヤフォンを両方使うということもできません。

もちろん、ハイレゾやノイズキャンセレーションに定評のあるHTC U11 lifeの綺麗なサウンドを楽しむなら専用のイヤフォンを使うことが1番です。

しかし、こだわってイヤフォンを選んでいた方にとっては少し不便かもしれません。

2-3 HTC U11 life | SIMはnanoSIMのみ対応可

格安SIMで販売されているスマホの多くは、microSIMとnanoSIM両方に対応しているDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)ですが、HTC U11 lifeの場合はnanoSIMしか使うことができません

今までDSDSを利用して2つの電話番号を仕事やプライベートに応じて1つのスマホで使い分けていた方や、データ通信SIMと通話専用SIMの両方を入れて使い分けていた方などは、このようなことができなくなります。

正直なところ、デュアルSIMで利用している方よりも2つのスマホを掛け持ちして使っている方の方が多いかと思いますので、今までデュアルSIMを愛用していた方にとっては使い方を変える必要があるでしょう。

3 HTC U11 lifeのカメラ性能は価格相応なのか

HTC U11 lifeはカメラの性能が良いと定評があります。

そこで、実際にHTC U11 lifeのカメラは良いのか悪いのか、カメラ評価を行いたいと思います。

HTC独自の技術を搭載したカメラアプリは、4万円程度の格安スマホの中でも色鮮やかな写真を撮ることができ、位相差オートフォーカス機能で瞬時に被写体にフォーカスしブレを防ぐなどの効果も期待できます。

一方で光学式手ブレ補正が搭載されていないため、光の少ない夜間の写真では若干ブレが目立つリスクなどもあるため、HTC U11 lifeのカメラは価格相応のスペックだと言えます。

HTC U11レビュー|価格相応のスペックとカメラ機能か評価してみた

次の章では、HTC U11 lifeのカメラ性能について詳しく紹介します。

3-1 HTC U11 life | HDRブーストで鮮明な写真の撮影が可能

HTC独自の技術であるHDRブーストは、暗い写真が黒く潰れてしまったり、明るい写真が白く飛んでしまうことを防ぐことができると言われています。

そのため、色鮮やかで鮮明な写真を昼夜問わず撮影することが可能なのです。

また、ノイズも最小限に抑え、1,600万画素の画素数を活かした高画質な写真を撮ることができます。

自分が見た景色を見たまま写真に残せるカメラとして、HTC U11 lifeのカメラは非常に重宝できるといえます。

3-2 HTC U11 life | エッジ・センス搭載で急なシャッターチャンスにも対応できる

HTC U11 lifeの売りでもあるエッジ・センスによって、スマホを握るだけでカメラを起動することができるという点は非常に便利だと定評があります。

ほとんどのスマホは、カメラを起動する際に画面を付けてロック画面のカメラマークをタップしたり、一度スライドしなければいけないなど少し手間がかかります。

一方で、HTC U11 lifeはスマホを握っただけでカメラの撮影ができるので、急なシャッターチャンスにもしっかりと対応することが可能です。

特にペットが何か面白いことをしている時や、旅行先の景色に動物が入り込んだなど、すぐにそのシーンが消えてしまう場合などに重宝できます。

さらに、スマホを握った状態で撮影ができるため、自撮りもしやすいです。

撮影ボタンをタップするためにスマホを不安定な状態で持って手がプルプルと震えてブレてしまうというリスクも避けられます

3-3 HTC U11 life | 一眼レフと同じ位相差オートフォーカスを搭載

HTC U11 lifeには、一眼レフと同じ位相差オートフォーカスと呼ばれる技術が搭載されています。

光の力を巧みに使い被写体に焦点を当てる技術なのですが、動いている被写体も瞬時に焦点を当てることが可能な技術です。

そのため、あちこちを動き回るやんちゃな子どもやペットの写真を撮る時にも大変重宝できます。

また、運動会や習い事の発表会、スポーツの試合など、子どもの晴れの舞台の写真にも有効活用できます。

今まで高速で動く被写体に対し連写機能を駆使してなんとか写真撮影をしていた方も、HTC U11 lifeであればそのようなことをする必要はない場合が多いです。

4 HTC U11 lifeとAndroid One X2の違い


画像引用元:Y!mobile

Y!mobileで発売されている「Android One X2」もHTCが開発しています。

そこで、HTC U11 lifeのスペックとの比較表を作ったのでチェックしてみてください。

項目HTC U11 lifeAndroid One X2
価格39,800円(税抜)
※楽天モバイル
62,400円(税抜)
※Y!mobile
カラーブリリアントブラック/サファイアブルー/アイスホワイトサファイアブルー/アイスホワイト
対応OSAndroid 8.1Android 8.1
CPUSnapdragon 630 2.2GHz+1.8GHz
オクタコア
Snapdragon 630 2.2GHz+1.8GHz
オクタコア
ROM/RAM64GB/4GB64GB/4GB
サイズ・重さ149mm×73mm×8.1mm
142g
149mm×73mm×8.1mm
142g
ディスプレイ5.2インチ5.2インチ
バッテリー容量2,600mAh2,600mAh
カメラ画素数アウトカメラ
1,600万画素

インカメラ
1,600万画素
アウトカメラ
1,600万画素

インカメラ
1,600万画素
防水/防塵IPX7/IP6XIPX7/IP6X

Android One X2はHTC U11 lifeがベースとなっているといわれているだけあって、全く同じスペックです。

むしろ、HTC U11 lifeをAndroid One X2として販売しているといっても過言ではありません。

同じスペックでありながら機種代金が全く違うという点が気になりますが、これはこの2種類のスマホを取り扱っている携帯会社の事情もあると思われます。

そのため、実際にこの2種類のスマホの分割機種代金と月々の料金プランと毎月発生する割引額を合計すると、そこまで金額差はあまりありません。

ただし、一括支払いでスマホを購入する場合はY!mobileの方がかなり高額になります。

また、HTC U11 lifeとAndroid One X2では取り扱いカラーが異なります。

ブリリアントブラックを使用したい場合はHTC U11 lifeを購入しなければいけません。

つまり、HTC U11 lifeとAndroid One X2は機種代金とカラーバリエーションだけが異なるので、スマホの使い勝手やスペックに関しては同じと考えて問題ありません。

ワイモバイル Android One X2レビュー|ハイスペックなインカメラに注目

5 HTC U11 lifeは格安スマホの中でも非常に高スペックなスマホ

4万円程度の格安スマホであり、HTC U11の廉価版として発売されているだけに、メリットばかりではなく問題点やデメリットもありますが、HTC U11 lifeは価格相応、またはそれ以上に高スペックなスマホです。

HTC U11 lifeを選ぶべきポイント
  • 世界的に好評なエッジ・センスを搭載
  • HDRブーストで鮮明な写真の撮影が可能
  • ノイズキャンセレーションなどサウンドにもこだわっている
  • ある一定の水没に対しても浸水しない程度の防水
  • 3つのAIアシスタントを利用することができる
  • Android One X2とはスペックが全く同じ

Android One X2との違いは、取り扱いしている携帯会社、機種代金、選べるカラー程度なので、スペックの違いは気にする必要はありません。

ブリリアントブラックを使いたい方は必然的にHTC U11 lifeになります。

10万円もするiPhoneのような高スペック機種を使っていた方にとっては不安になる価格かもしれませんが、日常生活で普通に使う分にはほとんど支障なく使えるでしょう。

エッジ・センスなどの便利な機能もたくさん搭載されているので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

SIMフリースマホ最新おすすめランキング【2020年版】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ