HUAWEI Mate 20 Xレビュー|トリプルカメラ搭載の高機能スマホ

HUAWEI Mate 20 Xレビュー|トリプルカメラ搭載の高機能スマホ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

中国の通信機器メーカーHUAWEIのスマホは、イギリスやフランスなどのヨーロッパ圏で広く使われている機種です。

2018年10月16日にフラグシップモデルMateシリーズの最新版「HUAWEI Mate 20シリーズ」が解禁され、新たに注目を集めています。

今回は、その中でも最大のディスプレイサイズを誇る「HUAWEI Mate 20 X」についてレビューします。

スマホで大迫力画面を堪能したい方、この機会にHUAWEIが気になった方は、ぜひ参考にしてくださいね。

トップ画像引用元:HUAWEI Mate 20 X, Large Screen, Kirin 980, Intelligent phone | HUAWEI Malaysia

1 HUAWEI Mate 20 Xの長所3つ


画像引用元:HUAWEI公式サイト

HUAWEIのビジネスグループは、スマホ・タブレット・PC・デバイスクラウドサービスなどをカバーする、世界で3番目に大きなスマホメーカーです。

そんなHUAWEIによる最新Mateシリーズは計5機種。いずれも「最もパワフルでインテリジェントなスマホ」として、高性能スペック&最大級の画面サイズを備えています。

それでは、さっそくHUAWEI Mate 20 Xの特徴をチェックしてみましょう。

1-1 HUAWEI Mate 20 Xのスペック

まずは、HUAWEI Mate 20 Xの基本スペックです。

項目スペック詳細
本体サイズ高さ:174.6 mm
幅:85.4 mm
厚さ:8.15 mm
重さ232g
SoC(CPU)HUAWEI Kirin 980
OSAndroid 9(Pie)
ストレージ(ROM)128GB
メモリ(RAM)6GB
画面サイズ7.2インチ(OLED)
メインカメラ40MP(広角)
20MP(超広角)
8MP(テレフォト)
※トリプルレンズ
インカメラ24MP
バッテリー5,000mAh
生体認証顔認証、指紋認証

注目ポイントは、「画面サイズ」と「SoC(CPU)」、そしてトリプルレンズを備えた「メインカメラ」の3つです。

1-2 スマホ史上特大級の7.2インチ


画像引用元:HUAWEI公式サイト

HUAWEI Mate 20 Xのディスプレイサイズは7.2インチ本体サイズの画面占有率が87.83%を占める大型設計です。

薄さは8.15 mmで、5機種の中ではMate 20 liteの7.6に次ぐ2番目に薄いフォルム。ただし、「相対的に見ると1番薄く感じる」というコメントも見られました。

ちょうどスマホとタブレットの中間くらいのポジションですが、片手に収まるため親指での操作も楽です。

FHD+(2,244×1,080)のOLEDを採用し、色域はDCI-P3に対応。18.7:9の縦長HDRディスプレイは、動画閲覧や撮影、アプリゲームとの相性もよいでしょう。

人気のNintendo Switchと比較してみました。

機種ディスプレイサイズ解像度
HUAWEI Mate 20 X7.2インチ2,244 x 1,080
Nintendo Switch6.2インチ1,280 × 720(※)

※TVモード出力解像度は最大 1,920×1,080 60fps

Nintendo Switchと比べてもこれだけの違いがあるので、ゲームを楽しみたい方におすすめできる機種です。

1-3 システムオンチップ(SoC)にKirin 980を搭載


画像引用元:HUAWEI公式サイト

HUAWEI Mate 20 Xはプロセッサーも高性能です。

最新Mateシリーズで搭載されたKirin 980は、CPUとGPUマルチコアアーキテクチャを採用することにより、大幅な速度の向上が可能に。

また、電力の効率化により強靭なバッテリー性能を発揮しています。

動画の連続再生は23時間OK。負荷の高いゲームの連続プレイ可能時間も、iPhone Xs Maxを180分ほど上回るとされています。

さらに、充電性能も強化。4,200mAhバッテリーを、30分で70%まで充電することができます。

その上、他のスマホへワイヤレスで電力を供給できるという優れもの。かなりのパワー型スマホと言えるでしょう。

※2018年11月26日お詫び
表記に誤りがありました。大変申し訳ございません。他のスマホへ電力供給できる逆充電機能はMate 20 Xにはありません。Mate 20 Proで使える機能です。

強力バッテリー搭載ながらスマホが熱くならない

動画視聴やゲームが大好きな方のほとんどは、スマホの使用中に本体がどんどん熱くなっていくという経験をしたことがあると思います。

データに問題はなくとも、内心では「大丈夫かな……」なんて不安に思ってしまいますよね。

しかし、HUAWEI Mate 20 Xは、Vapor Chamber(VC)とGraphene Filmによる世界初の冷却システムを搭載することで、この問題を解決しています。

これまで以上に趣味に没頭できそうですね。

搭載機能メリット
GPU Turbo 2.0テクノロジスピードとパワーを加速し画期的なゲーム体験が可能に
メモリ(RAM)6G複数のアプリを同時に起動してもメモリ不足に陥りにくい
HUAWEI Supercoolスマホを涼しく保つ
デュアルシンメトリックスピーカー高音低音を鮮明に拾い奥行きを表現

1-4 美しく精巧なデザイン


画像引用元:HUAWEI公式サイト

いつも持ち歩くスマホだからこそ、やはり見た目にもこだわりたいもの。

HUAWEI Mate 20 Xは、角々しいイメージを取り除き、うっすら丸みを帯びながらもシャープさが感じられる美しい流線型のデザインを採用しました。

前面は果物をスパッとカットしたようなイメージで、少し面取りが入った背面は、片手で持ちやすいようグリップ調整されています。

カラーは「ミッドナイトブルー」と「ファントムシルバー」の2色。前者は爽やかながら深みのあるブルーで、後者は光の加減でパープルにもシルバーにも見える高級感のある色味です。

背面には、トリプルカメラとフラッシュの4つの円が正方形に配置されています。レンズはフラットなので、机の上に置いてもガタガタしません。

側面もほぼシンメトリー。機能性とデザイン性を兼ね備えた、スルリと手元に収まるスマホです。

HUAWEI Mate 20シリーズ徹底比較!無印、lite、Pro正解はどれ?

HUAWEI Mate 20 X 見た目のポイント

  • ミッドナイトブルー or ファントムシルバーの2色
  • 背面に4つのレンズを配置
  • バックパネルはガラス製。光の中で輝く、美しいテクスチャを再現
  • 指紋が付かない加工あり

次のページでは、HUAWEI Mate 20 XのトリプルカメラやM-Penなどの機能について詳しく解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ASUS ROG Phoneのスペックと価格は!?ゲーミングスマホって何?... ゲーミングPCでも人気の高いASUSから、ゲームプレイに特化したASUS ROG Phoneが発売されました。 ASUSのスマホといえばZenFoneシリーズが高コスパで人気ですが、今回のモデルはフラグシップモデルのみの登場です。 ...
Honor 8X Maxレビュー|7.12インチの大画面スマホの使い心地... HUAWEIのHonorシリーズは、格安SIMで人気の低価格モデルです。 日本でも多くのモデルが発売されていますが、Honer 8X Maxなど一部のモデルは海外モデルのみ展開されています。 とはいえ、最近では海外モデルもショッ...
HUAWEI nova 3レビュー|高いデザイン性と高コスパのSIMフリースマホ... SIMフリースマホを多くリリースし、格安SIM事業者での取り扱い機種も多くユーザー数も多いHUAWEI。 HUAWEIの人気から、「P」シリーズがキャリアでも取り扱われるようになりました。 その中でも「HUAWEI P20 Pr...
BlackBerry KEY2レビュー|物理キーボードのエッジが利いたスマホ... 物理キーボードを搭載したスマホBlackBerryの最新モデルBlackBerry KEY2が登場しました。 「スマホ=タッチ操作」という観念に待ったをかける、エッジの効いたスマホがここで紹介するBlackBerry KEY2です。 ...