HUAWEI Online Shopでの購入方法と設定方法|保証プランも解説

HUAWEI Online Shopでの購入方法と設定方法|保証プランも解説

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

SIMフリースマホの中でも、コストパフォーマンスの高さで急速にシェアを拡大した、中国のスマホメーカー『HUAWEI』 。

家電量販店や格安SIM各社だけでなく、ドコモ・au・ソフトバンクでも契約が可能になり、販売チャネルが多様化していますが、HUAWEI 自体もOnline Shopを運営しています。

HUAWEI Online Shopで購入するメリットや購入方法、保証プラン、到着後の設定方法についてまとめてみました。

1 そもそもSIMフリーとは?

HUAWEI Online Shopで購入できるのはSIMフリーのAndroidスマホとタブレットです。

ただ、「そもそもSIMフリーって?」という方も、特にドコモ、au、ソフトバンクユーザーに意外と多いのではないでしょうか?

まずは簡単なようで意外と複雑な”SIMフリー”について解説します。

1-1 SIMフリー | MNOとMVNO

SIMフリーと対になるのがSIMロックですが、このふたつと密接に関連しているのが「MNO」と「MVNO」です。

MNOはモバイル・ネットワーク・オペレーター(Mobile Network Operator)の略です。

これは通信回線を自社で持っている事業者のことでドコモ・au・ソフトバンクがMNOにあたります。

地域や地下などの条件により、各社で通信状況に差があるのは回線自体が異なる為です。

MVNOはモバイル・ヴァーチャル・ネットワーク・オペレーター(Mobile Virtual Network Operator)の略です。

自社回線を持たず、MNOの回線を使わせてもらっているという関係で、格安SIM各社がMVNOにあたります。

そのため、格安SIMのSIMカードはMNO=ドコモ・au・ソフトバンク、いずれかの回線のSIMカードということになり、通信品質は使用している回線の影響を大きく受けます。

【格安SIM比較】実店舗が多くサポートが充実してるのはどのMVNO?

1-2 SIMフリーとSIMロックの違い

SIMロックはドコモ・au・ソフトバンクで契約されたスマホにかかっているもので、SIMロックされたスマホは他回線のSIMを入れて使うことができません。

つまりSIMロックとは自社回線をもつMNOの端末のみにかけられている通信制限です。

MVNO=格安SIMを契約する際にスマホやタブレットを合わせて購入するケースもありますが、その場合SIMロックはかかっていません。

また、格安SIMは全て、ドコモ・au・ソフトバンクいずれかの回線を利用しているため、回線が同一ならSIMロック解除することなくSIMカードの挿し替えが可能です。

例えばドコモ回線の格安SIMをドコモのスマホで使うならSIMロック解除の必要は無いのです。

SIMロックは端末自体にかかっている利用制限なので、”ロック解除”と”解約”は関連せず、スマホを解約したからといって自動でロック解除はされません。

逆に、ドコモ・au・ソフトバンクと契約中でもSIMロック解除は可能です。

SIMロック解除の条件は少々複雑で、

  • 契約からの経過日数
  • 端末が一括払いなのか割賦での購入なのか
  • SIMロックが可能な端末なのか

など、各社で条件が異なります。

キャリア別SIMロックの解除方法→ドコモauソフトバンク

1-3 SIMフリーのメリット

スマホの通信や通話には通信事業者固有の情報を割り当てられたICカード=SIMカードが必要です。

SIMフリーとはどの通信事業者のSIMカードでも利用可能な状態です。

SIMカードの挿し替えが可能なので、海外で現地のSIMカードを挿して使ったり、スマホのSIMカードをSIMフリーのタブレットに挿して利用するという使い方もできます。

一昔前は携帯会社を変える=端末を変えることが一般的でしたが、格安SIMの利用拡大と共にスマホを変えずにSIMカードのみを変えて使うスマホユーザーも増えています。

ただし、端末により使用できるSIMカードのサイズは異なるので注意が必要です。

1-4 HUAWEI Online ShopのスマホはSIMフリー

HUAWEI Online Shopで購入するスマホやタブレットは全てSIMフリーです。

HUAWEI Online Shopでは端末の購入のみで携帯会社や格安SIM事業者との契約は伴いません

SIMフリー端末は単体だけでは通信はできない為、通信するにはWi-Fiに接続するか別途SIMカードの契約が必要になります。

しかし、SIMフリーなら通信事業者、回線の縛り無くスマホを使うことができるので、自由度が高く、望み通りの方法で利用できるというメリットがあります。

SIMフリースマホ最新おすすめランキング【2018夏モデル】

次のページでは、HUAWEI Online Shopでの購入方法について紹介します。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ