HUAWEI P10 lite レビュー|美しいデザインに高速充電できるバッテリー

HUAWEI P10 lite  レビュー|美しいデザインに高速充電できるバッテリー

2017年6月の発売以来、ユーザーの心を掴み、根強い人気を誇ってきたのが HUAWEI P10 lite。

バージョンアップした後継機、HUAWEI P20 liteが発売された今、果たしてHUAWEI P10 liteは”買い”なのか?

改めてHUAWEI P10 liteの性能・特徴・評価をまとめ、レビューします。

TOP画像引用元:HUAWEI | Japan

1 HUAWEIは最近注目のスマホメーカー


画像引用元:HUAWEI | Japan

今回紹介する「P10 lite」を作っているHUAWEIは通信機器開発・情報通信サービスで実績がある企業で、スマホ事業では世界シェア3位と急成長を遂げています。

HUAWEIの特徴は、充実したサポート、製品の独自性とそのバリエーションです。まずはこの3点について解説していきましょう。

1-1 HUAWEIのサポート

海外製はアフターサービスに不安があるという方も多いかと思いますが、HUAWEIは日本に支社・研究所を置き、国内メーカーと遜色ないサポートが受けられます。

また、HUAWEIのサポートページはもちろん日本語で、情報も整理されわかりやすくまとめられています。

特筆すべきは相談窓口の多さ。電話、LINE、チャット、メールから都合のいい方法で問合せが可能です。

1-2  HUAWEIの独自性とは?

研究開発に注力しているメーカーで、CPUに関しても自社グループで開発、2017年には 世界初のAI内蔵プロセッサが発表されるなど、その先進性が注目されています。

また、HUAWEI独自の急速充電やUI、指関節で操作するナックルジェスチャーなど、使い勝手を左右する細かな仕様にも様々な独自性のある工夫が施されています。

1-3 HUAWEIの製品バリエーション

画像引用元:HUAWEI | Japan

HUAWEIには対象とするユーザーや機能別に4つのスマホのシリーズがあり、その中でもシリーズをリードする性能を備えた高価格帯からコストパフォーマンスに優れた低価格帯のエントリーモデルまでバリエーションを設けています。

HUAWEIP10 liteが属する「Pシリーズ」はカメラ機能に注視したシリーズで、上位モデルはライカと共同開発されたレンズが使用されています。

HUAWEIP10 liteは「Pシリーズ」の中のエントリーモデルという位置付けで、ライカレンズは装備されていません。

しかし、プロ写真モード、プロビデオモードなど選べる撮影機能やビューティ自撮り機能など、写真撮影を楽しめる機能の揃ったモデルになっています。

2 HUAWEI P10 liteの基本スペックレビュー

画像引用元:HUAWEI | Japan

HUAWEIのモデルの中でもHUAWEIP10 liteは、そのコストパフォーマンスの高さから絶大な人気を博していました。その人気の秘密を基本スペックから探っていきましょう。

2-1 HUAWEI P10 liteの基本 スペック

HUAWEI P10 liteとその後継機であるHUAWEI P20 liteと比較してみます。

 HUAWEI P10 liteHUAWEI P20 lite
サイズ幅:72 mm 
縦:146.5 mm 
厚さ:約7.2 mm
幅:71 mm
縦:149 mm
厚さ:7.4 mm
重量146 g145 g
カラーサファイアブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
プラチナゴールド (SIMフリー専用)
サクラピンク (UQモバイル専用)
クラインブルー
サクラピンク
ミッドナイトブラック
ディスプレイ5.2インチ FHD
16×9
5.84インチ FHD+
18×9
OSAndroid™ 7.0 Emotion UI 5.1Android™ 8.0
Emotion UI 8.0
CPU
HUAWEI Kirin658 オクタコア (4 x 2.1 GHz + 4 x 1.7 GHz)HUAWEI Kirin 659 オクタコア (2.36 GHz / 4 + 1.7 GHz / 4)
RAM3GB4GB
ROM32GB
microSD 最大128GB
32GB
microSD 最大256 GB
メインカメラ1,200万画素 1,600万画素 + 200万画素
(ダブルレンズ)
インカメラ800万画素カメラ1,600万画素
バッテリー3,000 mAh
9V / 2A急速充電対応
3,000 mAh
9V / 2A急速充電対応
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac (2.4 / 5GHz)802.11a/b/g/n/ac
(2.4 / 5GHz)
DSDS 非対応au、ワイモバイルモデル:シングルSIM
UQ、SIMフリーモデル:デュアルSIM
認証指紋指紋/顔
USBコネクタMicro USBType-C
センサー加速度, コンパス, 環境光, 近接, 指紋加速度,コンパス, ジャイロ, 環境光, 近接, 指紋

当然ながらHUAWEI P20 liteはほとんどの項目で進化しています。特に大きく変わった点は以下になります。

  • カメラ性能大幅UP
  • RAMが3GBから4GBへ
  • 顔認証機能の追加
  • 画面サイズのUP
  • コネクタがMicro USBからType-Cに
  • デュアルSIMデュアルスタンバイに対応

HUAWEI P20 liteの価格は3万円台前半と低価格帯の中でも若干高めに位置します。

HUAWEI p10 liteから進化したスペックを考えれば十分にコストパフォーマンスが高く、HUAWEI P10 liteの後継ということもあり発売後すぐに人気を集めました。

上記の項目について必要と考える方、特にカメラ機能に重きを置く方にとってはHUAWEI P20 liteの一択でしょう。

しかし、対するHUAWEI P10 liteの価格は2万円台前半

性能の上がった後継機が出てきたとはいえ、今回バージョンアップした機能について特に重視しないという方にとっては、この価格は魅力です。

次のページでも、引き続きHUAWEI P10 liteのスペックを詳しく紹介します。

HUAWEIのスマホ「Mate」「P」「nova」って何が違うの?比較してみた

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

画面割れスマホの買取価格|大手キャリア比較【iPhone/Android】... ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアを利用する際のメリットとして大きいのが、現在のスマホを下取りに出して最新のスマホを割引してもらえる「下取りプログラム」と呼ばれるサービスですよね。 手元にスマホは残りませんが、様々な特典や割引を...
auから楽天モバイルへ | 店舗もあって格安でいいこといっぱいで満足... 不安は楽天モバイルの店舗で解消 画像引用元:楽天モバイル | 店舗(楽天モバイルショップ) 34歳 女性 主婦 auから楽天モバイルに乗り換えた時期:2017年4月 私が、auから敢えて格安SIMに乗...
じぶん銀行「AI外貨予測」「AI外貨自動積立」国際的なアワードでファイナリストに... 「SMART × MOBILE = SMILE」 SMARTな「金融サービス」とMOBILEならではの「楽しさ」そして皆さまに「SMILE」をコンセプトに、スマホアプリで快適に資金管理できると評判の「じぶん銀行」。 じぶん銀行の...
夫婦で共有できる人気のおすすめ家計簿アプリ【Android/iPhone対応】... 以前まではノートなどに手書きで記録することが多かった家計簿ですが、最近ではスマホの普及もあり家計簿アプリを活用している方が多いそうです。 手書きだとつい計算を間違えてしまったり、間違えて数字を書いたまま進めてしまうなど、色々と手間がか...