【HUAWEI P20 Pro VS Ggalaxy S9】徹底比較|あなたに合ったスマホを診断

【HUAWEI P20 Pro VS Ggalaxy S9】徹底比較|あなたに合ったスマホを診断

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2-1 HUAWEI P20 Proはカメラ性能がとにかくスゴイ!


画像引用元:HUAWEI P20 Pro | HUAWEI Japan

スペックでもご紹介したように、HUAWEI P20 Proはカメラ性能がとにかく優れていることが期待されます。

HUAWEI P20 Proが海外で発表された2018年3月時点では世界初の「トリプルレンズカメラ」を採用していて、さらにレンズやカメラ機能に関してはカメラ業界で老舗のLeicaと共同開発を行っています。

CPUにはNPUというAIを搭載したプロセッサを採用していて、カメラと連携してより正確な手ぶれ補正や色調補正を行ってくれます。

このカメラ性能に関しては、DxOMarkというコンパクトデジタルカメラやスマホカメラの性能を評価する機関で、映像・画像どちらもNo.1の評価を獲得しました。

世界一のスマホカメラといっても過言ではないHUAWEI P20 Proのカメラは、写真好きにはかなりおすすめなスマホです。

2-2 HUAWEI P20 Proはカメラ以外のスペックも超スゴイ!

HUAWEI P20 Proは、カメラ性能だけでなくその他のスペックもズバ抜けています。

メモリは6GBを搭載し、内蔵ストレージは124GBを搭載しているので、高画質な動画や写真をたくさん撮影して保存するといった作業も難なく行います。

バッテリー容量は3,900mAhで、ドコモの2018年夏モデルとして取り扱われるスマホの中では最大の容量です。

カメラ以外のCPU・メモリ・内蔵ストレージ・バッテリーなどもあらゆる面から見てHUAWEI P20 Pro『超高スペック』なスマホです。

2-3 HUAWEI P20 Proはmicro SDの使い勝手が少々難あり

ほとんどのAndroidスマホでは、外部ストレージとしてmicro SDカードに対応しています。

micro SDカードの規格も進化を続けていて、以前までは124GBや256GBだったのが現在では400GBまでのmicro SDカードもリリースされています。

ですが、HUAWEI P20 Proはmicro SDカードを使うには使い勝手があまりよくありません。

対応はしているのですが、micro SDカードに対応させるためにはHUAWEI P20 Proに同梱されている「USB Type-C micro SDカードリーダーライター」を接続しなければなりません。接続にひと手間かかるのが「少々難あり」としました。

普段からmicro SDカードリーダーライターを持ち運ぶのであれば、micro SDカードに対応したスマホと同じように使うことが出来ます。

HUAWEI P20 Proレビュー|最高のスペックにLeicaのトリプルカメラ

3 Galaxy S9の特徴を徹底的に紹介


画像引用元:パフォーマンス | Galaxy S9

続いて、Galaxy S9の特徴についてご紹介します。Galaxyシリーズは、スマホの黎明期からドコモで取り扱われていることで有名なブランドです。

そのGalaxyシリーズをリリースしているSamsungは、世界的なスマホシェア率においてAppleと肩を並べるトップクラスの売上を誇っています。

ちなみに2017年度第4半期におけるシェア率は、1位のAppleに次ぐ第2位を獲得しています。

Galaxyは、画面を湾曲させることでより広いディスプレイを実現するという技術や、Galaxy Noteシリーズのような大画面スマホの土台を作るといった革新的な技術や常識を投入することでも有名です。

今回新しくリリースされたGalaxy S9では一体どのような点に特徴があるのか見ていきましょう。

3-1 Galaxy S9はカメラ機能がユニーク


画像引用元:カメラ | Galaxy S9

Galaxy S9はシングルレンズではあるものの、カメラに実装されている技術が特徴で注目すべきポイントです。

それは、「F値」というレンズに取り込む光の量を2段階で用意し、Galaxy S9がシーン別に自動で切り替えてくれることでいつでも明るくキレイな写真を撮影できるという点です。

カメラレンズのF値はレンズに取り込む光の量を表している数値で、この数値が小さいほどレンズは明るくなります。

明るい場所ではF値2.4モード、暗い場所ではF値1.5モードというように2種類のモードが自動的に切り替わります。

F値1.5モードでは、暗い場所での撮影が前提となるため、写真のノイズを抑えるための「マルチフレームノイズリダクション」という機能が働きます。

そのため、暗い場所でも鮮明な写真撮影が可能です。

またGalaxy S9のカメラではスーパースローモーションを撮影することも可能です。

通常のスローモーションよりもさらにフレーム数の多い動画撮影が可能となっているため、思い出を動画で残す際にも大活躍してくれます。

3-2 Galaxy S9は極限まで縁(ふち)を削ったInfinity Display


画像引用元:デザイン&ディスプレイ | Galaxy S9

Galaxyシリーズでは以前から画面を湾曲させることで圧倒的な狭縁デザインのディスプレイを実現した「Infinity Display」という技術を採用しています。

有機ELディスプレイだからこそ実現できる技術で、Galaxy S9ではほぼベゼルレス(縁が無い)となっています。

前回のGalaxy S8やGalaxy Note8よりも進化した狭縁ディスプレイは、画面を掴むという表現がしっくりとくるくらいに全面がディスプレイとなっています。

そのため、本体サイズを抑えながら大きなディスプレイを搭載するということに成功しています。

次のページでは引き続き、『Galaxy S9』のスペックを徹底的に紹介します。

Galaxy S9 / S9+レビュー|最高のデザインにフラッグシップのスペック

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ