【HUAWEI P20 Pro VS ZenFone 5Z】徹底比較|RAM6GBの高性能スマホ対決

【HUAWEI P20 Pro VS ZenFone 5Z】徹底比較|RAM6GBの高性能スマホ対決

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

高性能のスマホと聞くと、iPhoneやXperia、Galaxyなどの人気スマホを連想する方は非常に多いと思います。

しかし、RAM6GBの高性能スマホが、格安スマホのメーカーで非常に人気のあるHUAWEIとASUSから販売されていることをご存知ですか?

今回は、HUAWEIとASUSで高性能スマホと定評のあるHUAWEI P20 ProとZenFone 5Zについて紹介したいと思います。

HUAWEI P20 ProとZenFone 5Zの比較はもちろん、それぞれの機種にどのような魅力があるのかについても解説するので、スマホを選ぶ時に是非、参考にしてください。

1 HUAWEI P20 ProとZenFone 5Zの比較の前にRAMの意味を確認しよう

HUAWEI P20 ProとZenFone 5Zの性能を比較する前に、まずは「RAM6GB」という言葉について解説をします。

RAMやROM、CPUなどスマホのスペックをチェックする時に必ず出てくるワードですが、実際にこの言葉の意味について詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで、スマホのスペックをチェックする上で非常に重要なRAMやROM、CPUの違いについて説明をするので、是非今後のスマホ選びの時に参考にしてもらえると幸いです

1-1 RAM6GBの意味は?

RAM6GBのスマホは基本的に高性能スマホである可能性が非常に高いです。

6GBという言葉だけを見ると、つい「データ通信量のことだろうか」「本体容量のことだろうか」と思う方が多いです。

しかし、RAMという言葉の意味はデータ通信量でも本体容量でもありません。

RAMは『スマホで一度に同時に起動して使用できるアプリの容量を表している』と考えてください。

スマホを使う時、アプリを使ったらいちいちそのアプリを閉じながら使う方は少ないと思います。

必ず3個から4個程度立ち上げた状態のまま使い、気付いたら起動中のアプリがかなり増えていたという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

また、起動中のアプリが増えすぎてスマホの動きが遅くなったり、フリーズしてしまったという経験をしたことがある方も多いです。

この原因は、スマホのRAMの容量を超えてアプリを同時に起動してしまっているからなのです。

例えば、パソコン(PC)の平均的なRAMの容量は2GB~10GB程度ですが、プログラミングなど専門的なPCの中には32GBという大容量のRAMを搭載した機種もあります。

一方で、スマホはRAM6GBもあれば高性能スマホに分類される傾向にあります。

2万から3万円程度の格安スマホは大体3GB程度なので、格安スマホでお馴染みのHUAWEIのP20 ProとASUSのZenFone 5Zは非常に高性能であるということがわかります。

ワイモバイルバナー

1-2 ROMとはどのように違う?

RAMとは同時に起動できるアプリの容量だということは前述しました。ではROMとはなんのことでしょうか。

ROMはGB(ギガバイト)という単位を聞いて真っ先に多くの方が連想する「本体の容量」のことで内部ストレージとも呼びます。

以前は8GBなどの小容量のROMを搭載した格安スマホも多かったですが、最近の格安スマホは16GBや32GBのスマホも増えており、32GB程度が一般的になっています。

ROMは、純粋にスマホにデータやアプリを保管できる量のことです。

つまり、ROMの量が多ければ多いほどスマホ本体にたくさんアプリや写真、動画などのデータを保存することができます。

また、ROMの量が少なければ少ないほどスマホ本体にそれらのデータを保管することができません

8GBの小容量スマホの中には、SDカードなどの外部ストレージを利用して本体容量を底上げすることができるスマホもあります。

しかし、その場合SDカードを「外部ストレージとして万が一のためのデータ保管先」として使用できなくなるというデメリットがあります。

アプリやデータをあまり保管せず、スマホを頻繁に使っていないという方でも、最低16GB程度はあった方が無難です。

Androidの容量不足を解消|SDカードを利用して空き容量を増やす方法

1-3 RAM・ROM・CPUの関係性

それでは、RAM・ROM・CPUの関係性について解説をしたいと思います。

RAMは一度に起動できるアプリの容量、ROMはスマホ本体にデータを保管できる量を示すものです。

CPUはスマホの脳のような存在だと思ってください。

CPUにはクアッドコアやオクタコアの名称の他に周波数が示されていると思いますが、コア数が多ければ多いほど、周波数が高ければ高いほど高性能スマホである可能性が高いといわれています。

最近のスマホはクアッドコア(脳が4個あるという意味)、ヘキサコア(脳が6個)、オクタコア(脳が8個)が一般的となっています。

つまり、簡単に例えると

  • CPU=作業をする人の頭の良さ
  • RAM=作業する机の広さ
  • ROM=作業用の書類を保管する引出しの広さ

このような関係になります。

このどれか1つが優れていたとしても、どれか1つが劣っていればスマホの動きが鈍くなり、サクサク進まないことでストレスを感じることが多いです。

高性能スマホを求めるのであれば、全体のバランスをよく見て判断することが大切です。

RAM6GBの高性能Androidおすすめ機種ランキング【2018年最新版】

次のページでは、HUAWEI P20 Proの魅力について紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ