HUAWEI P30 liteレビュー|2018年最も売れたSIMフリースマホの後継機

  • 2019年6月16日
  • by 
HUAWEI P30 liteレビュー|2018年最も売れたSIMフリースマホの後継機

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

HUAWEI P30 liteは2019年5月24日に発売されたHuaweiの最新スマホです。楽天市場のHuawei公式ページからも購入することができます。

このページでは、HUAWEI P30 liteについて実機レビューし、スペックやカメラ性能を確認しつつ、liteシリーズの一番の売りである「コスパ」の面から主に評価していきます。

トップ画像引用元:HUAWEI P30 lite トリプルカメラ | HUAWEI Japan

1 HUAWEI P30 liteのスペック

画像引用元:HUAWEI P30 lite トリプルカメラ | HUAWEI Japan

実機レビューの前に、まずは基本的なところであるスペックについて見ていきましょう。

項目詳細
OSAndroid 9
CPUHUAWEI Kirin 710 / オクタコア(2.2 GHz/4 + 1.7 GHz/4)
メモリ4 GB RAM / 64 GB ROM microSDスロット(最大512 GB)
バッテリー約3,340 mAh
本体サイズ約152.9×72.7×7.4mm
ディスプレイ約6.15インチ FHD+(2312 x 1080ピクセル) TFT
アウトカメラ広角 約2,400万画素
超広角 約800
望遠 約200万画素/AF
インカメラ約2,400万画素/FF
防水・防塵性能なし
スピーカーモノラルスピーカー
FeliCa非対応
カラーピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
価格
(公式ストア)
35,510円(税込)

liteシリーズなので、まず見るべきは価格でしょう。高価なハイエンドモデルも手掛けているHuaweiですが、真骨頂はむしろ「安くて高品質」なローエンドモデルです。

前作のP20 liteは高コスパを武器に大ヒットしました。その後継機にあたるP30 liteにも期待が高まります。

そんなP30 liteの価格ですが、楽天市場のHuawei公式ページにて35,510円(税込)で発売中です。

果たしてこの価格以上の価値があるのかどうか、今回のレビューではこの点に注目していきます。

1-1 P30 liteの欠点

はじめに欠点をまとめておきます。

P30 liteの欠点
  • 防水でない
  • モノラルスピーカー
  • FeliCa非搭載(モバイルSuicaなどの電子決済に非対応)
  • CPUの処理能力が低い(いわゆる低スペック)

これらはローエンドモデルなら当たり前のことではあります。

とはいえ、「絶対モバイルSuicaを使いたい!」という方は、P30 liteは安くても買わないほうがいいでしょう。

1-2 カメラはトリプルレンズ!

画像引用元:HUAWEI P30 lite トリプルカメラ | HUAWEI Japan

HUAWEI P30 liteはローエンドモデルながら、アウトカメラにトリプルレンズを採用しています。

ハイエンドモデルでもデュアルレンズがまだ主流な中、ものすごく前衛的ですね。要注目ポイントです。

カメラについてはこのあとの実機レビューの中で、実際に撮影もしつつじっくりとチェックしていきます。

2 HUAWEI P30 lite実機レビュー!

手に取ってみると、良くも悪くもこれといった感動はありませんでした。前作P20 liteとあまりにも雰囲気が似ているためです。下の写真がP20 lite。

画像引用元:HUAWEI P20 lite | 携帯電話 | HUAWEI Japan

背面パネルはガラス素材だと思いますが、上位機種のHUAWEI P30のような高級感はありません

ただ、HUAWEI P30にはずしりとした重さがありましたが、P30 liteは軽くて持ちやすかったです。カバーをする方にとってはプラスの要素でしかないですね。

2-1 6.15インチのフルHD+液晶ディスプレイ

P30 liteは液晶ディスプレイで、6.15インチのフルHD+となっています。ベゼルレスなので本体サイズに対する画面占有率が高く、一見するとローエンドモデルとは思えません。

5.5インチのiPhone 8 Plus(右)と並べると、画面サイズはP30 liteのほうが大きいのに、本体サイズはP30 liteのほうがスリムであることがわかります。

ディスプレイの上部中央には小ささなしずく型ノッチが付いていますが、これについてはまったく気になりませんでした。

一般的に批判が多いノッチ。各社がその在り方を模索している中、このしずく型ノッチはひとつの”正解”とも言えるでしょう。

ディスプレイの中央に付いていたほうが左右対称になって見た目がいいですし、自撮りも簡単ですよね。

2-3 顔認証も指紋認証も搭載!

HUAWEI P30 liteは顔認証も指紋認証も搭載しています。

指紋認証は背面側。この位置が絶妙で、手に持った時、自然と人差し指が当たる位置にあります。

指紋認証を前面につけているスマホも多いですが、P30 liteを持ってみて、背面のほうが便利かもと感じました。

顔認証は上位機種P30と比べたら遅く、たまに認証すらしてくれないときもあります。とはいえ、十分使えるレベルで便利です。

iPhoneが未だに顔認証か指紋認証か片方しか付けず、「どっちのほうが便利か?」なんて論争を起こしている中、その両方を搭載しているHuawei。

これを体験してしまうと、これから買うスマホはすべて両対応のものだけを選択したくなってしまいます。

2-4 トリプルレンズカメラやいかに

画像引用元:HUAWEI P30 lite トリプルカメラ | HUAWEI Japan

それではいよいよ、P30 liteでもっとも気になるトリプルレンズカメラの性能に迫っていきましょう。トリプルレンズカメラの内容は以下のようになっています。

トリプルレンズカメラの内容
  • 広角レンズ:約2,400万画素
  • 超広角レンズ:約800万画素
  • 望遠レンズ:約200万画素

広角レンズ=メインのレンズです。通常はこのレンズで撮影することになります。

もちろん、より広角に撮影したいときは超広角レンズに、ズーム撮影したいときは望遠レンズに切り替えることも可能です。

ローエンドモデルでトリプルレンズというのは前代未聞ですが、果たして性能はいかほどなのでしょうか。

HUAWEI P30レビュー|美しく洗練されたデザインにLeicaトリプルカメラ搭載

次のページでは、実際に撮影したものを比較して、その性能を見ていきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ