HUAWEI P40 Proの評価レビュー|スペックや中古SIMフリーの価格は?

  • 2021年5月28日
  • by.nuko

HUAWEI P40 Pro

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事では、HUAWEI P40 Proのスペックや価格をレビューします。

HUAWEI P40 Proはシリーズお馴染みのカメラ性能が進化し、スマホカメラの最高峰レベルに達しています。

中古SIMフリーモデルも流通し始めていることで、カメラ用のサブ端末として手にする方も多いようです。

HUAWEI P40 Proを考えている方は、ぜひこの記事を参考に購入するか決めてください!

HUAWEI P40 Proのポイント
  • Amazonで10万円弱でゲットできる
  • スペックはSnapdragon 865と同じくらい
  • 顔認証・指紋認証の2つが利用可能
  • スマホカメラとしては最高峰レベル
  • Google Play非対応なことに注意!

トップ画像引用元:HUAWEI P40 Pro 5G | ファーウェイ・ジャパン

HUAWEI P40 Proの価格

まずは、現在HUAWEI P40 Proがいくらで購入できるかチェックしましょう。

HUAWEI P40 ProはSIMフリーモデルのため、メーカー直販やAmazon等で購入できます。

主要な販売事業者の価格は次の通りです。

HUAWEI P40 Pro販売価格

販売事業者価格
HUAWEI公式119,680円
Amazon99,800円
IIJmio109,780円
exciteモバイル109,780円
中古相場80,000円前後

新品の販売価格は、Amazon等のネットショップが1番お得ですね。

また、HUAWEI P40 Proは販売から1年弱経っているため、中古も流通しはじめています。

2021年5月20日時点の中古相場は美品で8万円前後です。

中販売に定評のあるイオシスでは中古Aランクが77,800円で販売されています。(5月22日現在)

新品より約2万円も安く新品同様の中古品も見かけたので、少しでも安くゲットしたい方は中古品を探してみるのもいいかもしれません。

HUAWEI P40 Proのスペック

HUAWEI P40 Pro 5G

画像引用元:Amazon | HUAWEI P40 Pro シルバーフロスト

HUAWEI P40 ProはKirin 990 5GとRAM8GBを搭載したハイエンドモデルです。

独自チップなのでスペックの判断がしにくいのですが、Xperia 5 IIなどSnapdragon 865搭載モデルと同じくらいの処理性能があります。

HUAWEI P40 Pro
画面サイズ約6.58インチ
本体サイズ高さ:158.2mm
幅:72.6mm
厚さ:8.95mm
重さ209 g
アウトカメラ広角:約5,000万画素
超広角:約4,000万画素
望遠:約1,200万画素
3D被写界深度カメラ
インカメラ約3,200万画素
バッテリー約4,200mAh
RAM8GB
ROM256GB
CPUKirin990 5G
認証顔・指紋
防水IPX8
カラーブラック・シルバーフロスト

Galaxy S21など2021年最新のモデルと比較すると若干見劣りしてしまいますが、10万円以下で手に入るハイエンドモデルとして十分な性能です。

最大90Hzのリフレッシュレートも相まって、普段使いから3Dゲームまでサクサク動いて全くストレスを感じないでしょう。

HUAWEI P40 Proの機能

HUAWEI P40 Proの顔認証

画像引用元:HUAWEI P40 Pro 5G | ファーウェイ・ジャパン

HUAWEI P40 Proは、次の機能に注目です。

HUAWEI P40 Pro注目機能
  • 顔認証・指紋認証どちらも搭載
  • eSIM搭載でDSDS対応
  • 防水・防塵対応で安心

HUAWEI P40 Proは、顔認証と指紋認証どちらでも利用できます。

認証速度はどちらも非常に高速で、ロック画面が表示されずにホーム画面になります。

指紋認証はマスクを付けていても使えるので、2つの生体認証が利用できるのは嬉しいポイントです。

また、最近増えてきたeSIMにもバッチリ対応し、nano SIM×2またはnano SIM+eSIMでのDSDSに対応しています。

さらに防水・防塵にも対応しているモデルなので、国産スマホから機種変更する方も安心です。

Google Playストアがないことに注意

HUAWEI P40 ProはGoogleの各種機能が利用できないため、独自の「HUAWEI AppGallery」からアプリを入手することになります。

とはいえ主要アプリは揃っているので、普通に使う分には問題ないでしょう。

HUAWEI AppGalleryはAndroidスマホにインストールできるので、不安な方は必要なアプリが揃っているかチェックしてから購入しましょう。

HUAWEI P40 Proのカメラ

HUAWEI P40 Proのカメラ

画像引用元:HUAWEI P40 Pro 5G | ファーウェイ・ジャパン

HUAWEI P40 Proは、非常に高性能な「Leicaウルトラビジョンクアッドカメラ」が搭載され、現状スマホカメラとしては最高峰と言われています。

広角・超広角・望遠・深度測定カメラと構成は前モデルP30 Proと同じですが、どのレンズも大幅にスペックアップしました。

そんなHUAWEI P40 Proのカメラで押さえておきたいポイントは次の通りです。

HUAWEI P40 Pro カメラのチェックポイント
  • スマホ最大級の大型センサーで夜景もキレイ
  • 最大50倍のズーム撮影が可能
  • インカメラも高性能

スマホ最大級の大型センサーで夜景もキレイ

HUAWEI P40 Proのメインカメラには、スマホとしては最大級となる1/1.28インチのイメージセンサーが搭載されています。

センサーの大型化とRYYBカラーフィルター配列などのカメラ技術で、まつ毛の先まで確認できる高精細な写真が簡単に撮れます。

また、大型センサーは搭載は集光率も高く、スマホカメラが苦手な夜景が通常モードでも超キレイ!

少し前のスマホから機種変更する方は、夜間撮影のキレイさに驚くのではないでしょうか。

最大50倍のズーム撮影が可能

HUAWEI P40 Proの望遠カメラは、光学5倍ズームとデジタル10倍ズームで最大50倍ズームの撮影ができます。

流石に50倍までズームすると画質の劣化や手ブレがありますが、10倍ズームくらいなら通常撮影とほとんど変わらない品質で撮影可能です。

運動会で遠くの子供を撮影したり木に留まる鳥を撮影したりと、高倍率のズームがあれば撮影の幅がグッと広がりますね!

インカメラも高性能

HUAWEI P40 Proは、インカメラに3,200万画素のメインカメラと深度測定カメラを搭載しています。

多くのスマホは1,000万画素前後のシングルカメラなので、HUAWEI P40 Proのインカメラはかなり優秀といえるでしょう。

また、インカメラに深度測定カメラがあることで、自撮りでも正確な背景ぼかしもOK!

さらに、AIが照明効果や肌の色・テクスチャも最適化してくれるので、なんとなく撮影した自撮りもいい感じに仕上げてくれます。

HUAWEI P40 Proのデザイン/カラー

HUAWEI P40 Pro ブラック

HUAWEI P40 Proのデザインは、「クアッドカーブ オーバーフローディスプレイ」と名付けられたデザインです。

前面も背面も滑らかな流線形で、柔らかい印象を受けます。

側面も丸みを帯びていることで、大型スマホながら持ちやすく感じる方が多そうです。

また、国内販売はブラックとシルバーフロストの2色のみです。

海外版は上記2色に加えてブラッシュゴールド、ディープシーブルー、アイスホワイトもありますが、海外モデルに慣れていない方は国内版の2色から選んだ方がいいでしょう。

ブラックは公式サイトの写真そのままですが、シルバーフロストはシルバー+ブルーといった色合いです。

HUAWEI P40 Proのサイズ/重さ

HUAWEI P40 Pro 5G

画像引用元:HUAWEI P40 Pro 5G | ファーウェイ・ジャパン

HUAWEI P40 Proのサイズは158.2×72.6×9 mmと、6.5インチ超えのスマホの中でも小さなモデルとなっています。

これは、画面上部と左右のベゼルを極限までなくしているためです。

流線形のデザインと相まって、6.5インチ台のスマホとしてはかなり持ちやすい1台になっています。

一方で、重さは約209gと同じサイズ感のスマホの中でも重い方です。

今まで6インチ以下のスマホを使っていた方は、慣れるまではかなり重く感じるかもしれません。

HUAWEI P40 Proのディスプレイ

HUAWEI P40 Proのディスプレイ

画像引用元:HUAWEI P40 Pro 5G | ファーウェイ・ジャパン

HUAWEI P40 Proは6.58インチの有機ELディスプレイで、解像度は2,640×1,200(Full HD+)です。

高性能カメラに見合ったキレイなディスプレイで、撮った写真もスマホ画面でバッチリチェックできます。

さらに90Hzのリフレッシュレートで表示や反応が非常に滑らかで、動画やゲームへしっかり没入できます。

ただし、画面左上にインカメラのノッチがあり、人によっては邪魔に感じるかもしれません。

HUAWEI P40 Proのサウンド

HUAWEI P40 Proはモノラルスピーカー1基のみです。

スピーカー自体はそこそこいいもので、高音域でも音割れせずにしっかり出ます。

しかし、モノラルではステレオのような音の広がりがないため、スピーカーのサウンドにはあまり期待しない方がいいでしょう。

一方でHUAWEI Free Buds 4iなど、純正イヤホンとの相性はバッチリです。

純正イヤホンはノイズキャンセリング機能もあり、ペアリングもサウンド設定も簡単にできるようになっています。

HUAWEI P40 Proで音楽を楽しむなら、基本的にイヤホンを利用するようにしましょう。

HUAWEI P40 Proのバッテリー持ち

HUAWEI P40 Proのバッテリー持ち

画像引用元:HUAWEI P40 Pro 5G | ファーウェイ・ジャパン

HUAWEI P40 Proは4,200mAhと大容量バッテリーを搭載し、1日使っても余裕の電池持ちです。

移動中にネットやSNSを使ったり音楽を聞いたりする程度の使い方なら、夜になっても70%以上電池が残っていることでしょう。

もちろん動画やゲームを長時間利用したら1日持ちませんが、普通に使う分には十分すぎるバッテリー持ちです。

また、本機は有線なら40W、ワイヤレス充電なら27Wの急速充電に対応し、1時間程度でフル充電できます。

電池持ちが良くて短時間で充電できるので、バッテリー切れが心配な方も安心して利用できるでしょう。

HUAWEI P40 Proがオススメな人

HUAWEI P40 Proは、次のような方におすすめの1台になっています。

HUAWEI P40 Proはこんな人におすすめ!
  • スマホでキレイな写真が撮りたい人
  • 10万円以下のハイエンドモデルを探している人
  • Google Playやその他Google系サービスが不要な人

HUAWEI P40 Proは特にカメラ性能に力を入れていて、高性能なレンズとAI機能で誰でも簡単にキレイな写真を撮影できます。

あまりカメラに詳しくない方でも、なんとなく撮ってもいい写真になってしまうでしょう。

また、大抵のハイエンドモデルは12万円以上しますが、HUAWEI P40 ProはAmazonで10万円以下で購入できます。

カメラをあまり利用しない方でも、安いハイエンドモデルを探しているならHUAWEI P40 Proは有力な選択肢になるでしょう。

ただし、HUAWEI P40 ProはGoogle PlayやGoogle系アプリが利用できないことに注意しましょう。

写真を撮るならHUAWEI P40 Proは最高のスマホ

今回はHUAWEI P40 Proのスペックや価格をレビューしました。

HUAWEI P40 Proレビューまとめ
  • Amazonで10万円弱でゲットできる
  • スペックはSnapdragon 865と同じくらい
  • 顔認証・指紋認証の2つが利用可能
  • スマホカメラとしては最高峰レベル
  • Google Play非対応なことに注意!

HUAWEIはずっとカメラに注力していますが、本機でスマホカメラとしては最高峰レベルに達しています。

とはいえXperia 1 IIIのように詳しい人が使いやすいカメラ機能ではなく、誰でも簡単に超キレイな写真が撮れるのが最大の魅力です。

そんなHUAWEI P40 Proは、今やAmazonで10万円以下で手に入ります。

写真をよく撮る方は、ぜひHUAWEI P40 Proを手に入れて最高の撮影環境をゲットしてくださいね!

HUAWEI(ファーウェイ)スマホ比較|2021年おすすめの機種まとめ

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)