HUAWEIの歴代スマホ一覧比較|おすすめの機種はこれ!【2022年最新】

  • 2022年7月31日
  • by.Iris777

HUAWEI P50

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ハイエンド~ミドルレンジのコスパ良好スマホを販売しているため、HUAWEIは人気が高いメーカーです。

そこで、この記事ではそんなHUAWEIの歴代スマホをご紹介します。また、2022年のラインナップから特におすすめの10機種をピックアップしました。

HUAWEIスマホの購入を検討している人は是非参考にしてください。

HUAWEI製スマホの特徴
  • 日本国内ではP40シリーズが現在の最新モデル
  • HUAWEIスマホはカメラが優秀でコスパも優れている
  • アメリカ合衆国の経済制裁によって一部のHUAWEIスマホではGMSが使えない(対策法あり)
  • 日本国外では新作スマホを多数リリースしている

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

HUAWEI(ファーウェイ)とは

HUAWEI P40 Pro 5G

画像引用元:HUAWEI P40 Pro 5G | ファーウェイ・ジャパン

HUAWEIは1987年に設立された中国の企業です。

同社の日本法人は2005年に設立されました。

スマホをはじめとしたネットワーク事業等を手掛けています。

華為技術日本株式会社
本社所在地〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエアウエストタワー12F
代表取締役社長陳 浩(ジェームス・チェン)
営業開始日2005年11月
資本金45億6,421万5,000円
従業員数950人(2020年12月現在)
事業内容ネットワーク事業等

HUAWEIはスマホ事業でいち早く世界進出を遂げた企業で、開発したスマホは数々の賞を受賞するなど、高い評価を得ています。

主な受賞歴
  • EISA「ヨーロッパ消費者スマートフォン2016-17」部門受賞
  • TIPAアワード「Best Photo Smartphone」賞受賞

同社はスマホメーカーとして高い認知度を得ていますが、元々はネットワーク機器を手掛ける企業でした。

しかし、そのネットワーク機器で不正な監視活動を行える仕組みが見つかったという理由で、アメリカ合衆国は2019年9月にHUAWEI製品の使用差し止めを実施しています。

アメリカ合衆国の要請を受けて同盟国もこの方針におおむね従ったため、HUAWEIのスマホやネットワーク事業は大打撃を受けました。

2022年現在、HUAWEIはスマホ事業では大きくシェアを落としたものの、中国国内ではネットワーク事業などを大々的に展開し、その勢いは未だ健在です。

日本国内で発売された歴代のHUAWEIスマホ一覧表

HUAWEI P40 lite 5G

画像引用元:HUAWEI P40 lite 5G | ファーウェイ・ジャパン

ここからは、2018年から2022年の間に日本国内で発売されたHUAWEI製スマホを見ていきましょう。

機種名発売日
HUAWEI P40 lite 5G 2020年6月19日
HUAWEI P40 lite E 2020年6月19日
HUAWEI P40 Pro 5G 2020年6月12日
HUAWEI nova lite 3+2020年5月29日
HUAWEI Mate 30 Pro 5G2020年3月28日
HUAWEI nova 5T2019年11月29日
HUAWEI P30 Pro2019年9月13日
HUAWEI P30 lite Premium2019年8月8日
HUAWEI P30 lite 2019年5月24日
HUAWEI P30 2019年5月24日
HUAWEI nova lite 32019年2月1日
HUAWEI Mate 20 Pro2018年11月30日
HUAWEI Mate 20 lite2018年11月30日
HUAWEI nova 32018年10月5日
HUAWEI P20 lite2018年6月15日
HUAWEI P20 Pro2018年6月15日
HUAWEI P20 2018年6月15日
HUAWEI nova lite 22018年2月9日
HUAWEI nova 22018年1月26日

2018年~2022年の4年間で、上記の19機種発売しています。

しかし、前述したアメリカ合衆国の経済制裁によりGMSをプリインストールできず、2020年中頃からスマホの発売が難しい状況になってしまいました。

2020年に発売されたHUAWEI P40シリーズ以降は、日本国内におけるスマホの新規販売はありません。

とはいえ、中国をはじめ東南アジアを中心に、何機種も新モデルを販売しています。

日本国外で販売されているHUAWEIスマホ

HUAWEI P50 Pocket

画像引用元:HUAWEI P50 Pocket – 华为官网

日本国内では2020年6月以降新しいスマホが発売されていませんが、他国では多数のデバイスが販売されています。

日本国内で未発売のデバイスの一覧は以下の通りです。

機種名発売日
HUAWEI Y612022年11月1日
HUAWEI nova 10 SE2022年10月10日
HUAWEI Mate 50 Pro2022年9月6日
HUAWEI Mate 502022年9月6日
PORSCHE DESIGN
HUAWEI Mate 50 RS
2022年9月6日
HUAWEI nova 10 Pro2022年7月10日
HUAWEI nova 102022年7月10日
HUAWEI nova Y902022年7月1日
HUAWEI Mate XS22022年5月6日
HUAWEI nova Y702022年5月1日
HUAWEI nova 9 SE2022年4月2日
HUAWEI Mate 40E Pro2022年3月3日
HUAWEI P50 Pocket2021年12月23日
HUAWEI nova 8 SE2021年11月26日
HUAWEI nova 9 Pro2021年9月30日
HUAWEI nova 92021年9月30日
HUAWEI P50 Pro2021年8月12日
HUAWEI P502021年8月12日
HUAWEI P50E2021年4月22日
HUAWEI Mate X22021年2月22日
HUAWEI nova 8 Pro2020年12月30日
HUAWEI nova 82020年12月30日
HUAWEI Mate 40 RS2020年10月22日
HUAWEI Mate 40 Pro+2020年10月22日
HUAWEI Mate 40 Pro2020年10月22日
HUAWEI Mate 402020年10月22日
HUAWEI nova 7 Pro2020年4月28日
HUAWEI nova 7 2020年4月28日
HUAWEI nova 7 SE2020年4月28日
HUAWEI Mate 30E Pro2020年03月16日
HUAWEI Mate 302019年9月29日

合計24デバイスが販売されており、経済制裁の中にあってもHUAWEI製デバイスがある程度支持されていることがわかります。

【2022年】HUAWEIおすすめスマホ10選

HUAWEI P50 Pro

画像引用元:HUAWEI P50 Pro – HUAWEI Global

ここからは、2022年現在国内で購入可能な、おすすめのHUAWEI製スマホを10機種ご紹介していきます。

P40シリーズの国内販売から2年近く経過しており、これから購入するとなると中古品がメインの選択肢になります。

なお、稀に新品販売を見かけることもありますが、コスパを考えるとHUAWEI製スマホは中古を探した方がいいでしょう。

HUAWEI P40 Pro 5G

HUAWEI P40 Pro 5G

画像引用元:Amazon

HUAWEI P40 Pro 5G
ディスプレイ約6.58インチ
サイズ高さ:約158.2mm
横幅:約72.6mm
厚さ:約8.95mm
重さ約209g
アウトカメラ広角:約5,000万画素
超広角:約4,000万画素
望遠:約1,200万画素
3D被写界深度カメラ
インカメラ約3,200万画素
RAM8GB
ROM256GB
CPUKirin990 5G
バッテリー4,200mAh
生体認証指紋・顔
カラーシルバーフロスト・ブラック

HUAWEI P40 Pro 5Gは、2020年6月12日に発売された5G対応モデルです。

5,000万画素のウルトラビジョン広角カメラに加え、超広角のシネマカメラと望遠カメラを搭載しています。

望遠カメラには最大50倍のズーム機能が搭載されているので、ズーム機能を活用してベストショットを狙えます。

CPUやメモリ、ストレージなどの基本性能も高く、HUAWEIスマホのなかでもトップクラスのスペックを持ったスマホと言えるでしょう。

ちなみに、中華メーカー端末のデータベースサイト「kimovil」によると、HUAWEI P40 Pro 5GのAnTuTuベンチマークは約56万点です。

2022年最新ミドルレンジ〜ハイエンドモデルの中間性能なので、中古価格によっては即売り切れることもあります。

もちろんワイヤレス急速充電に対応し、バッテリー容量も4,200mAhと十分です。

HUAWEI P40 Pro 5Gの価格

販路価格相場
※2022年11月時点
新品なし
中古52,800円〜75,980円
詳細HUAWEI公式サイトを見る

HUAWEI P40 Pro 5GはいくつかのECサイトで新品が販売されており、相場は約112,000円です。

ハイエンドスマホなので高めの価格設定ですが、2020年のデバイスであることを考えると割高といえるでしょう。

大きめの中古屋さんは軒並み在庫切れで、フリマアプリ等で60 ,000円~90,000円の価格帯で販売されています。

この価格帯でスマホを購入するのであれば、P40 Pro 5G以外のデバイスを選んだほうが満足度が高くなるでしょう。

ちなみに、発売時期と処理速度・機能を考えると、50,000円を割っている中古端末なら「即買い」です。

HUAWEI P40 lite 5G

HUAWEI P40 lite 5G

画像引用元:Amazon

HUAWEI P40 lite 5Gのスペック
ディスプレイ6.5インチ
サイズ高さ:162.3mm
横幅:75mm
厚さ:8.58mm
重さ189g
アウトカメラメイン:6,400万画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
インカメラ1600万画素
RAM6GB
ROM128GB
CPUKirin820
オクタコア
バッテリー4,000mAh
生体認証指紋
カラースペースシルバー
ミッドナイトブラック
クラッシュグリーン

HUAWEI P40 lite 5Gは2020年6月19日に発売された5G対応のHUAWEIスマホです。

前述したHUAWEI P40 Pro 5Gの下位モデルに相当します。

下位モデルであるとはいえ、最大64MPの高性能AIクアッドカメラを搭載しているため、カメラ性能は抜群です。

ディスプレイはベゼルが非常に狭く、画面占有率は驚きの90.3%です。

動画視聴時の没入感を求める人にとっては見逃せません。

4,000mAhのバッテリーに加えて急速充電にも対応しており、わずか30分で約70%まで充電可能です。

急いでいるときや充電を忘れていたときにもすぐに充電できるので、充電切れに悩まされるリスクを減らせます。

HUAWEI P40 lite 5Gの価格

販路価格相場
※2022年11月時点
新品販売なし
中古20,000~30,000円
詳細HUAWEI公式サイトを見る

HUAWEI P40 lite 5Gは新品の販売はなく、購入するときは中古スマホ販売店を探す必要があります。

販売価格は状態によりますが、25,000円ほどのものが多くなっています。

カメラ性能が高いスマホを安く手にしたい方は、HUAWEI P40 lite 5Gは狙い目です。

HUAWEI P40 lite E

HUAWEI P40 lite E

画像引用元:Amazon

HUAWEI P40 lite E
ディスプレイ約6.39インチ
サイズ高さ:約159.81mm
横幅:約76.13mm
厚さ:約8.13mm
重さ176g
CPUKirin 710F
オクタコア
RAM4GB
ROM64GB
アウトカメラメイン:約4,800万画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
インカメラ800万画素
バッテリー4,000mAh
生体認証指紋
カラーオーロラブルー・ミッドナイトブラック

HUAWEI P40 lite Eは、2020年6月に発売されたHUAWEI P40 lite 5Gの廉価モデルです。

5Gには非対応で、4G LTEのみ対応しています。

カメラは最大4,800万画素のトリプルカメラ。様々な撮影シーンに対応できます。

ディスプレイは約6.39インチで、スマホ前面の画面占有率は驚きの90%超え。

バッテリーも4,000mAhと大容量です。急速充電にも対応しています。

HUAWEI P40 lite Eの価格

販路価格相場
※2022年11月時点
新品販売なし
中古15,000~18,000円
詳細HUAWEI公式サイトを見る

HUAWEI P40 lite Eは中古が15,000円からと、HUAWEI製スマホの中でもかなり安く購入できます。

安価なスマホですが、日常利用に十分なスペックと高いカメラ性能を備えているので、ライトユーザーの方も選びやすい1台でしょう。

HUAWEI nova lite 3+

IIJmioのHUAWEI nova lite 3+

画像引用元:HUAWEI nova lite 3+

HUAWEI nova lite 3+
ディスプレイ6.21インチ
液晶
本体サイズ高さ:155.36mm
横幅:73.55mm
厚さ:8.2mm
重量約163g
RAM4GB
ROM128GB
アウトカメラ約1,300万画素+
約200万画素
インカメラ約800万画素
CPUKirin 710
バッテリー容量3,400mAh
生体認証指紋・顔
防水・防塵-
おサイフケータイ-

HUAWEI nova lite 3+は、前機種のnova lite 3の基本性能をアップさせたスマホです。

ディスプレイサイズは6.21インチ。ストレージは128GBと日常利用であれば十分なスペックです。

一方、古い機種ということもあり、カメラ性能は物足りない印象があります。

また、防水・防塵・FeliCaにも非対応です。

一般的な利用において大きな支障になるほどの問題ではないため、コスパ重視で選びたい人はチェックしてみましょう。

HUAWEI nova lite 3+の価格

販路価格相場
※2022年11月時点
新品販売なし
中古8,000~10,000円
詳細HUAWEI公式サイトを見る

発売から約3年経過したこともあり、新品での販売はありません。

中古相場も10,000円弱〜15,000円弱とかなり安く、安さ重視なら満足できるのではないでしょうか。

ストレスなく使えるスマホをできるだけ安価に購入したいと思っているなら、ぜひチェックしてみてください。

HUAWEI nova 5T

楽天モバイルのHUAWEI nova 5T

画像引用元:HUAWEI nova 5T | スマートフォン | 楽天モバイル

HUAWEI nova 5T
ディスプレイ6.26インチ
液晶
本体サイズ高さ:154.25mm
横幅:73.97mm
厚さ:7.87mm
重量174g
RAM8GB
ROM128GB
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約1,600万画素
マクロ:約200万画素
被写界深度:200万画素
インカメラ約3,200万画素
チップKirin 980
バッテリー容量3,750mAh
生体認証指紋・顔
防水・防塵-
おサイフケータイ-

HUAWEI nova 5TはP30/P30 Proと同じチップを搭載している、処理能力の高いSIMフリー機種です。

カメラは広角・超広角・マクロ・被写界深度のクアッドカメラ。ハイスペックなチップの能力を存分に活かしています。

ただし、防水・防塵には対応していません。また、FeliCaにも非対応です。

HUAWEI nova 5Tは、ミドルスペックスマホとしては高い機能を持っているのですが、これらの機能が必要な方にはあまり向いていない機種かもしれません。

HUAWEI nova 5Tの価格

販路価格相場
※2022年11月時点
新品販売なし
中古18,000~22,000円
詳細HUAWEI公式サイトを見る

HUAWEI nova 5Tは2019年後半に販売されたミドルレンジスマホのため、新品での販売は終了しています。

中古品であれば、イオシスなど主要な中古ショップで20,000円弱からと、かなりお買い得になっています。

HUAWEI P30

HUAWEI P30

画像引用元:Amazon.co.jp

HUAWEI P30
ディスプレイ6.1インチ
有機EL
本体サイズ高さ:149.1mm
横幅:71.36mm
厚さ:7.57mm
重量165g
アウトカメラ広角:約4,000万画素
超広角:約1,600万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約3,200万画素
RAM6GB
ROM128GB
CPUKirin 980
バッテリー容量3,650mAh
生体認証指紋・顔
防水・防塵-
おサイフケータイ-

HUAWEI P30には、ディスプレイサイズは約6.1インチの有機ELディスプレイが搭載され、動画やゲームといった映像コンテンツを楽しむのに向いている機種です。

また、P30 Proと同じチップ(Kirin 980)を搭載しているため、処理能力の高い機種でもあります。

スペック重視で選びたいならぜひチェックしてみてください。

ただし、2019年発売のスマホなので、最新のハイエンドスマホと比較すると見劣りします。

また、防水・防塵・FeliCaに対応していない点には注意が必要です。

HUAWEI P30の価格

販路価格相場
※2022年11月時点
新品販売なし
中古18,000円〜30,000円
詳細HUAWEI公式サイトを見る

HUAWEI P30は2019年5月24日発売のハイエンドスマホで、当時80,000円前後で販売されていました。

2022年7月現在は約3年前のモデルとなり、新品の販売も終了しています。

中古でもほとんど見かけなくなりましたが、出回る時は2万円台前半とかなりお買い得な価格になる傾向にあります。

中古で安くてそこそこ高性能。

そんなスマホが欲しい方は、HUAWEI P30の中古品が出回っていないかチェックしてみましょう。

HUAWEI P30 lite

HUAWEI P30 lite

画像引用元:Amazon

HUAWEI P30 lite
ディスプレイ約6.1インチ
本体サイズ高さ:約153mm
幅:約73 mm
厚さ:約7.5 mm
重さ約159g
アウトカメラ約2,400万画素
約800万画素
約200万画素
インカメラ約2,400万画素
RAM4GB
ROM64GB
CPUHUAWEI Kirin 710 / オクタコア
OSAndroid 9.0 (Pie)
バッテリー約3340mAh
認識指紋・顔認証
カラーピーコックブルー・パールホワイト・
ミッドナイトブラック

HUAWEI P30 liteは、HUAWEI P30の廉価モデルとして2019年5月19日に発売されました。

ハイスペックスマホであるP30よりも安いとはいえ、ミドルスペックとしては十分な性能を持っています。

カメラは最大24MPのトリプルカメラを搭載しており、クオリティが高い写真や動画を撮影できます。

ディスプレイサイズは6.15インチなので、エンタメ用スマホとしても快適に使えるでしょう。

HUAWEI P30 liteの価格

販路価格相場
※2022年11月時点
新品販売なし
中古8,000~13,000円

HUAWEI P30 liteは古いデバイスなので、2022年7月時点で新品は販売されていません。

中古品は10,000円前後で販売されているので、サブスマホとして使いたい人でも入手しやすい価格です。

これからメインスマホとして使うにはスペック面で不安があるため、用途をハッキリさせた上で購入することをおすすめします。

HUAWEI Mate 30 Pro 5G

HUAWEI Mate 30 Pro 5G

画像引用元:HUAWEI Mate 30 Pro 5G、ウルトラカーブディスプレイ、4500 mAhバッテリー、SuperSengingシネマカメラ | ファーウェイ・ジャパン

HUAWEI Mate 30 Pro 5G
ディスプレイ6.53インチ
本体サイズ高さ:約158mm
幅:73mm
厚さ:9.5mm
重さ約198g
アウトカメラ広角:約4,000万画素
超広角:約4,000万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約3,200万画素
バッテリー4,500mAh
RAM8GB
ROM256GB
CPUHUAWEI Kirin 990 5G
OSEMUI 10(Android 10)
認証指紋
カラーオレンジ

HUAWEI Mate 30 Pro 5Gは2019年のハイエンドスマホとしてリリースされ、当時最高性能のSoCであるKirin 990を搭載しています。

さらに、以前のGalaxyシリーズで見られたような湾曲ディスプレイを搭載しているのも特徴です。

HUAWEIのスマホらしくカメラ性能も高く、40MPの広角・超広角レンズのほかに8MPの防炎レンスを搭載しています。

超広角レンズの解像度が高いため、近くの被写体を撮影する機会が多い人にピッタリです。

ハイエンドカメラを搭載しているデバイスは、カメラ部分が飛び出していて破損リスクが高いものが多くなっています。

しかし、HUAWEI Mate 30 Proはフラットな形状なので比較的破損しにくいといえるでしょう。

HUAWEI Mate 30 Pro 5Gの価格

販路価格相場
※2022年11月時点
新品販売なし
中古38,000~60,000円

比較的古いデバイスでありながら中古価格は高めで、安いものでも40,000円程度の価格がついています。

また、大手の中古ショップでは滅多に見つからず、主にフリマアプリで購入することになります。

これから購入する人にとってはコスパが悪いのがデメリットです。

HUAWEI P30 Pro

ピーサーティプロ

画像引用元:HUAWEI P30 Pro HW-02L | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

HUAWEI P30 Pro
ディスプレイ6.5インチ
本体サイズ高さ:約158mm
幅:約73mm
厚さ:約8.6mm
重さ192g
アウトカメラ広角:約4,000万画素
超広角:約2,000万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約3200万画素
RAM6GB
ROM128GB
CPUKirin 980 オクタコア
OSAndroid 9
解像度2,340 x 1,080
バッテリー4,100mAh
認識指紋・顔
カラーブリージングクリスタル・
ブラック

HUAWEI P30 Proは、2019年9月13日に発売された機種です。

世界的に有名なカメラメーカーのライカと共同開発したという、広角・超広角・望遠・ToFのクアッドカメラが話題となりました。

メインとして使用する広角カメラの有効ピクセル数は40MPです。

マクロ撮影にも対応しており、さまざまなシーンで活躍してくれます。

バッテリーは4,100mAhで急速充電にも対応しています。

ワイヤレス充電も可能なので、必要に応じてQi対応の充電器を使用するのがおすすめです。

2022年現在では際立つスペックではありませんが、発売当時は最先端技術が凝縮されたスマホでした。

HUAWEI P30 Proの価格

販路価格相場
※2022年11月時点
新品販売なし
中古30,000~40,000円

安価なものは30,000円前後で購入できるため、比較的入手しやすいスマホといえるでしょう。

古いスマホとはいえ日常利用でスペック不足を感じることはなく、重いアプリを使うのでなければストレスなく使えるでしょう。

ただし、P30 Proも中古ショップではなかなか見つからず、手に入れるにはフリマアプリ中心となります。

コスパ重視で選びたい人や、サブスマホを検討している人には有力な選択肢の1つになります。

HUAWEI P30 lite Premium

hwv33_color_01

画像引用元:HUAWEI P30 lite Premium(ファーウェイ ピーサーティー ライト プレミアム) HWV33 | スマートフォン(Android スマホ) | au

HUAWEI P30 lite Premium
ディスプレイ約6.1インチ
本体サイズ高さ:約153mm
幅:約73 mm
厚さ:約7.5 mm
重さ約159g
アウトカメラ約2400万画素+ 約800万画素
+ 約200万画素
インカメラ約2400万画素
RAM4GB
ROM128GB
CPUHUAWEI Kirin 710 / オクタコア
OSAndroid 9.0 (Pie)
解像度2,312 × 1,080
バッテリー約3340mAh
認識指紋・顔認証
カラーピーコックブルー・パールホワイト・
ミッドナイトブラック

HUAWEI P30 lite Premiumは、2019年8月8日に発売されたスマホです。

カメラは広角・超広角・被写界深度のトリプルレンズを搭載。

写真を撮ろうとすると、カメラAIが22種類の撮影設定のなかから被写体に適したものを自動で選択など、カメラ初心者にも優しい仕様になっています。

画面は約6.1インチの大型。ブルーライトカットモードも搭載されているため、目に優しい設計です。

背面は手にフィットしやすい3D湾曲デザインです。グリップ感も抜群。

ただし、これまでのHUAWEIスマホの例にもれず、防水・防塵には非対応です。使い方には注意が必要となるでしょう。

HUAWEI P30 lite Premiumの価格

販路価格相場
※2022年11月時点
新品販売なし
中古10,000~15,000円

HUAWEI P30 lite Premiumは当時のミドルレンジスマホで、発売当初も良コスパスマホとして人気がありました。

もともとミドルレンジなので中古価格も安く、10,000円前後で購入できるものもあります。

そのため、電話やブラウジング、メールなどの専門機として使用したい人にピッタリです。

スペックよりコスト重視で選びたい人はぜひ検討してみてください。

HUAWEIのスマホを選ぶメリット

HUAWEI P40 Lite

画像引用元:HUAWEI P40 lite 5G | ファーウェイ・ジャパン

HUAWEIのスマホは新しいモデルはありませんが、ハイエンドスマホからミドルレンジスマホまで多種多様なラインナップになっています。

ここからは、HUAWEI製のスマホを選ぶメリットを3つ見ていきましょう。

HUAWEI製スマホのメリット
  1. カメラ性能が非常に優秀
  2. コスパが非常に高い
  3. 急速充電性能が高い

メリット1:カメラ性能が非常に優秀

HUAWEIが全盛期の頃は、新機種が出るたびにカメラ性能に注目が集まっていました。

HUAWEIといえばカメラ」などといわれていたほどです。

HUAWEI P30 Proは世界的な有名カメラメーカー「ライカ」のレンズを採用するなど、とにかくカメラにこだわってスマホを開発しています。

スマホカメラを科学的に評価するサイト「DXOMARK」でも、ランキング上位の常連でした。

ちなみに、海外で最近発売されているHUAWEIスマホも、相変わらずDXOMARKの上位ランクイン常連です。

ミドルレンジスマホでも複数レンズを搭載しているデバイスが多く、カメラ性能にこだわりたい人にとっては見逃せません。

メリット2:コスパが非常に高い

ハイスペックスマホからミドルレンジスマホまでさまざまなデバイスを販売していますが、いずれもほかのメーカーよりコスパがよくなっています。

HUAWEIが日本に上陸した当時は、その高いコスパが話題を呼んで注目を集めていました。

2022年現在は中古で探すことになりますが、一部のモデルを除けば中古スマホとしても高コスパと言えます。

また、上でも取り上げましたが、HUAWEIのミドルスペックスマホはカメラ性能が特に優秀です。

カメラ機能だけを見れば、ハイスペックスマホのなかでも比較的安い一部の機種と同等の性能を持っていました。

そのため、コンピュータとしてのスペックよりカメラ性能を重視する人に特におすすめです。

メリット3:急速充電性能が高い

外出前に充電を忘れていたことに気づき、バッテリー残量が少なくなっていることがあります。

HUAWEI製スマホは急速充電に対応しているため、そのようなときでも短時間で充電可能です。

急速充電機能には、同社独自の「HUAWEIスーパーチャージ技術」を採用。30分間で約7割まで充電できます。

HUAWEIには大容量バッテリーを搭載している機種が多いものの、この技術のおかげで充電に時間がかかりません。

HUAWEIのスマホを選ぶデメリット

Kirin 820

画像引用元:HUAWEI P40 lite 5G | ファーウェイ・ジャパン

一方でHUAWEI製スマホにはいくつかのデメリットがあるため、購入してから後悔しないためにもチェックしておきましょう。

今回は購入前に忘れずにチェックしておきたいデメリットを3つ紹介します。

HUAWEI製スマホのデメリット
  1. GMSが使えない
  2. 防水・防塵・FeliCaに非対応
  3. 国内での新発売機種がない

それぞれについて詳しくみていきましょう。

デメリット1:GMSが使えない

HUAWEIスマホ最大の欠点は、GMSが使えないことです。

GMSは「Google Mobile Service」の略で、Googleが提供しているサービスのことを指します。

HUAWEIスマホでは、Googleが提供するYouTubeやGoogle Mailといったサービスが使えません。

これはアメリカ合衆国の経済制裁で決められたことで、2022年7月現在も制裁はまだ解除されていません。

とはいえ、YouTubeやGoogle MailなどのGoogleのサービスは、ブラウザ経由なら通常通り使えます。

完全に利用NGというわけではありませんが、アプリでの利用ができないことに注意しましょう。

また、アプリのインストールはHUAWEI独自のアプリストア「AppGallery」を利用することになります。

Google Playストアでダウンロード数が多いアプリは一通り利用できるようになっていますが、マイナーなアプリや新リリースアプリは利用できないこともしばしば。

この2点において、HUAWEIのスマホを使う場合は、普通のスマホよりも不便な面があることを覚えておきましょう。

なお、HUAWEI製スマホに搭載しているOSはAndroidベースのEMUIなので、非公式の方法でGMSをインストールすることは可能です。

ただし、非公式かつ自己責任の方法なので、ここでは手順の紹介は割愛します。

挑戦したい方は、最悪スマホが使えなくなるのを覚悟の上で方法を調べてみてください。

デメリット2:防水・防塵・FeliCaに非対応

ミドルスペックスマホといえば、「性能はいまいちでも、何でもできる便利なスマホ」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

また、防水・防塵・FeliCaに対応しているものがほとんどです。

しかし、HUAWEIの販売するスマホの多くは、防水・防塵・FeliCaに非対応です。

これらの機能を必要とする人は、同じ中華系でもOPPOなど日本仕様に対応した別メーカーを検討したほうがいいでしょう。

デメリット3:新発売機種がない

アメリカ合衆国の経済制裁によって、HUAWEIはアメリカ合衆国とその同盟国でのスマホ販売が非常に難しくなっています。

日本国内では2020年7月以降は新端末は販売されていません

※タブレットやスマホアクセサリー、パソコンはHUAWEI公式サイトで販売しています。

しかし、HUAWEIは「他社製品が使えないなら我々が作るまで」と言うがごとく、自社製のスマホ用OSやアプリなどの開発を進めています。

実際に国外に目を向けてみると、P50シリーズやMate 40シリーズなど、さまざまなデバイスを発売しています。

スマホ事業から撤退しているわけではないため、今後の動向にも注目しておきましょう。

今後の復活に期待がかかるHUAWEI

HUAWEI P30

画像引用元:HUAWEI P30, Leicaトリプルカメラ,ローライト撮影,スーパーズーム

本記事ではHUAWEIスマホについて解説しました。

日本国内ではP40シリーズ以降新たなデバイスが発売されていませんが、国外では多種多様なデバイスを販売しています。

経済制裁の動向や開発の進捗状況によっては再び日本国内での販売が再開される可能性があるため、今後の動向に注目しましょう。

今回チェックしたポイントを振り返ると以下の通りです。

HUAWEIスマホまとめ
  • 日本国内ではP40シリーズが現在の最新モデル
  • HUAWEIスマホはカメラが優秀でコスパも優れている
  • アメリカ合衆国の経済制裁によって一部のHUAWEIスマホではGMSが使えない(対策法あり)
  • 日本国外では新作スマホを多数リリースしている

HUAWEI製スマホは、価格の割にカメラ性能が高いのが特徴です。

コスパが良好なミドルスペックスマホは、発売当時のトレンドをしっかり押さえた機種をラインナップしていました。

しかし、現在はアメリカ合衆国の経済制裁によってスマホ事業では苦戦を強いられています。

日本国内では基本的に旧モデルの中古が購入できて、新品同様に高コスパな傾向にあります。

HUAWEIのスマホはスペック・カメラ共に非常に魅力的であるため、今後の復活に期待したいところです。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。
【2022年】おすすめスマホランキング