【HUAWEI Mate 20 Pro VS AQUOS zero】徹底比較|どっちが買いか?その理由

  • 2019年2月2日
  • by 
【HUAWEI Mate 20 Pro VS AQUOS zero】徹底比較|どっちが買いか?その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナー

Huaweiの最新モデルのスマートフォン「HUAWEI Mate 20 Pro」が、ソフトバンクから2019年1月11日に販売されました。

すでにSIMフリー版では販売されていましたが、大手キャリアからの発売ということで、欲しいという人がさらに増加しているのではないでしょうか。

今回は、同じくソフトバンクから発売中のSHARP製スマホ「AQUOS zero」と比較しながら、どちらが買いかを検討していきます。

トップ画像引用元:HUAWEI Mate 20 Pro,HUAWEI Kirin 980, Leicaトリプルレンズカメラ, AI | HUAWEI Japan

1 HUAWEI Mate 20 ProとAQUOS zeroの基本スペック

画像引用元:主な特長|AQUOS zero|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

2018年度に新しく発売されたモデルの中では、どちらも高性能なハイエンドモデルとして注目されている2機種。まずは基本的な情報を確認していきましょう。

1-1 スペック比較

画像引用元:HUAWEI Mate 20 Pro,HUAWEI Kirin 980, Leicaトリプルレンズカメラ, AI | HUAWEI Japan

まずは、2つのスマホのスペックを一覧表で比較してみましょう。

項目HUAWEI Mate 20 ProAQUOS zero
カラーブラック(ソフトバンク限定)、ミッドナイトブルー、トワイライトアドバンスドブラック
サイズ約72.3 mm×157.8 mm×8.6 mm約73×154×8.8mm
質量189g約146g
CPUKirin980
2.6GHz + 1.92GHz(オクタコア)
Qualcomm Snapdragon 845(SDM845)2.6GHz(クアッドコア)+ 1.7GHz(クアッドコア)オクタコア
OSAndroid 9 / EMUI 9.0Android 9 Pie
内蔵メモリROM 約128GB/ RAM 約6GBROM 128GB/ RAM 6GB
外部メモリHUAWEI NM Card無し
バッテリー容量4,200 mAh3,130mAh
ワイヤレス充電×
ディスプレイ6.3インチ
3,120×1,440(WQHD+)有機ELディスプレイ
約6.2インチ1,440 × 2,992(WQHD+)有機ELディスプレイ
アウトカメラ広角 約4,000万画素
超広角 約2,000万画素
望遠 約800万画素
約2,260万画素
インカメラ約2,400万画素約800万画素
防水 / 防塵耐水IPX8、防塵IP6X耐水IPX5/IPX8、防塵IP6X
購入ソフトバンク公式ショップ

本体サイズやディスプレイサイズなど、数字でみるとあまり差がないようにも思えますが、実際には数値に表れない性能や細かい部分に各社の工夫が施されています。

HUAWEI Mate 20 Pro

画像引用元:HUAWEI Mate 20 Pro,HUAWEI Kirin 980, Leicaトリプルレンズカメラ, AI | HUAWEI Japan

SIMフリー版:2018年11月30日発売、ソフトバンク版:2019年1月11日発売

HUAWEI Mate 20 Proは、中国の通信機器メーカーHUAWEI(ファーウェイ)のフラッグシップモデル「Mate」シリーズの最新スマホです。

カメラメーカーLeica(ライカ)と共同開発したカメラと、自社プロセッサを用いた高い処理能力がウリ。

AQUOS zero

画像引用元:主な特長|AQUOS zero|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

2018年12月21日発売

AQUOS zeroは、SHARP(シャープ)の人気Androidスマホ「AQUOS」シリーズの最新作です。

有機ELディスプレイ搭載、高性能CPUで使い心地抜群、それでいて同クラスのモデルでは「世界一軽い」!

AQUOS Rシリーズに並ぶSHARPのフラッグシップモデルです。

現時点ではHUAWEI Mate 20 Proが買いか

どちらの機種も各メーカー最高峰の性能・機能を誇るハイエンドモデルで、カメラ、ディスプレイ、処理性能など、どこをとっても甲乙つけがたい勝負となっています。

言わば「ディスプレイ」と「軽さ」のAQUOS zero「処理能力」と「カメラ」のHUAWEI Mate 20 Proの対決と言えそうです。

結論から言うと、今「買い」なのはHUAWEI Mate 20 Proでしょう。

その具体的な理由については、ポイントごとに徹底比較しながら説明していきます。

HUAWEI Mate 20 Proレビュー|最強Androidのスペックと価格

次のページからは、処理性能、ディスプレイ、カメラなど、チェックしておきたいポイントごとに2つの機種を比較していきます。比較することでみえてくるそれぞれの良さに注目です!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー
この記事を書いた人
yairo
yairo
関東出身、東京、四国を経て関西へ。小学生時代親のPCでポケモン掲示板に入り浸っていたのがインターネット世界への入り口。携帯落としがちなのでとにかく頑丈なG'zOneを長年愛用していたが、結局今はiPhone SEに。スマホも荷物も小さく身軽にしたい派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー