hubotと戯れてみる #3 slackとhubotでオセロゲーム。とりあえず石を置いてみる

hubotと戯れてみる #3 slackとhubotでオセロゲーム。とりあえず石を置いてみる

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

slack上でhubotを利用してオセロゲームを作っています。今回は石を置いてターンを変更するまでを実装します。前回はslack上からオセロゲームを始めるまでを実装しました。

#1 slackと連携するhubotを3分でインストールする。(動画付き)
#2 slackとhubotを利用してオセロゲームを作ってみる。
#3 slackとhubotでオセロゲーム。とりあえず石を置いてみる。 ← 今ここ
#4 slackとhubotでオセロゲーム。石をひっくり返す。
#5 slackとhubotでオセロゲーム。華麗なるエンディング? 

slackとhubotでオセロゲーム編

石を置けると、ぐっとオセロゲーム感が出てきます。

まずは、石を置くメッセージを認識するようにします。

これで、navico set [A-H][1-8]というメッセージに反応するようになります。

処理の流れはこんな感じー

  1. ボードの状態とターンの状態を取得します。
  2. メッセージから指示された石を置く座標を抜き取ります。
  3. 盤上に石を置きます。
  4. ターンをチェンジします。
  5. 盤上の情報とターン情報を保存します。
  6. メッセージを返します。

では、実装します。

1.ボードの状態とターンの状態を取得します。簡単です。

robot.brain.setで保存した情報をrobot.brain.getで取得できます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

仮想環境で『Ansible』を使ってサーバ構築... 最近、サーバ構築を実施する必要がありました。 まずは仮想環境を作り、サーバ構築を……と思ったのですが、私はインフラ周りの経験が浅く、色々困ったことが頻出してしまいました。 今回の記事では、私と同じような “サーバ構築ビギナー” ...
「Puppeteer」+「LINE Notify」でサイトの更新時のみ通知を受け取ってみる... 前回の記事では閲覧数向上が期待できそうなキーワードの「Puppeteer」と「LINE Notify」のそれぞれの解説、およびサイトのサムネイルを通知してみるといった試みを実施してみました。 <bitWave関連記事『「Puppeteer...
Vue.jsで社用登録データフォームを作ってみた... 今回は社内用データ登録フォームを作ろうと思い、初めて「Vue.js」を試してみることにしました。 「Vue.js」は使い方、書き方も簡単で、初心者もすぐ活用できるjsだと思いましたので、この場を借りて共有させていただきます。 なお、...
「Puppeteer」+「LINE Notify」でサイトのサムネイルを通知してみる... 今回は記事閲覧数が期待できそうなキーワードを用いて、ブログを書いてみようかと思います。 そのキーワードとは…… 「Puppeteer」と「LINE Notify」。 「Puppeteer」って何? 「LINE Notify」って...