ワイモバイルでタブレットをお得に使いたい!おすすめ機種と月額料金は?

  • 2019年10月14日
  • by 
ワイモバイルでタブレットをお得に使いたい!おすすめ機種と月額料金は?

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルといえば『スマホ』というイメージが強いですが、実はタブレットも取り扱っています。

あわせて、タブレット向けの料金プランも用意されています。

ワイモバイルのスマホは料金が安いと定評がありますが、タブレットも同様にお得なのでしょうか。

ワイモバイルのタブレットを購入するのはお得?
  • ワイモバイルで取り扱っているタブレットはミドルレンジクラスのタブレット
  • スペックも平均的で機種代金もリーズナブルである可能性が高い
  • iPadのような高スペックタブレットを求めるには不向き
  • 既に持っているiPadなどのタブレットを持ち込みで契約するのがお得

そこで今回は、ワイモバイルのタブレットについて詳しく解説します。

タブレットの機種の特徴や料金プラン、どのように使うのがお得なのか詳しく紹介するので、是非解説してください。

画像引用元:10月1日から2年縛りなし解除料なし|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルにはスマホだけでなくタブレットもある

まず、ワイモバイルのタブレットについて解説をします。

ワイモバイルでは、現在4種類のタブレットの取り扱いがあります。

  • Lenovo TAB4
  • Mediapad M3 Lite s
  • Mediapad T2 Pro
  • Lenovo TAB3

これらのタブレットは現在ワイモバイルのオンラインショップでは取り扱いがありません。

購入する場合は、ワイモバイルのショップで購入する必要があります。

Lenovo TAB4

ワイモバイルのレノボのタブレット

画像引用元:Lenovo TAB4|タブレット|製品|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

Lenovo TAB4の特徴は下記の通りです。

  • 10インチの大画面タブレット
  • フルセグ対応
  • リアルタイム録画が可能
  • 防水防塵で料理中のレシピの確認もしやすい
  • 指紋認証対応

Lenovo TAB4は10インチの大画面のタブレットです。

フルセグ対応なので、タブレットでテレビも快適に観ることができます。

また、防水防塵にも対応しているので、キッチンなど水の多い場所でのタブレットの操作もしやすいです。

Mediapad M3 Lite s

ワイモバイルのメデイアパッド

画像引用元:Mediapad M3 Lite s|タブレット|製品|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

Mediapad M3 Lite sの特徴は下記の通りです。

  • コンパクトで持ちやすい8インチタブレット
  • ダブルスピーカー搭載で高い音圧とサラウンド効果で迫力のある音を楽しめる
  • スマホやケータイと連携し、別デバイスで見ていたウェブサイトをタブレットで見ることができたり、電話の着信などの確認ができる

Mediapad M3 Lite sは、コンパクトで片手でも持ちやすい8インチタブレットです。

音質に定評がありダブルスピーカー搭載なので、まるで映画館のような臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。

普段からタブレットで映画や動画などを楽しむ人にもおすすめです。

Mediapad T2 Pro

ワイモバイルのメデイアパッド T2プロ

画像引用元:MediaPad T2 Pro|タブレット|製品|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

Mediapad T2 Proの特徴は下記の通りです。

  • 10インチ大画面のフルHDディスプレイで迫力のある映像を楽しめる
  • 視野角160°でどの角度からも見やすい
  • シーンに応じて明るさやコントラストを調整できるので、太陽光下でも画面が見やすい
  • ブルーカットを50%カットして目の負担を和らげる
  • 6,500mAhの大容量バッテリー
  • ダブルスピーカー搭載で迫力ある音を楽しめる

Mediapad T2 Proは、10インチ大画面のフルHDディスプレイ搭載です。

非常に画質が綺麗で迫力があるので、映画などの視聴にもぴったりです。

さらに、視野角が160°と非常に広いので、どの角度からも見やすく大勢でタブレットを見る時にも便利です。

Lenovo TAB3

ワイモバイルのレノボTAB3

画像引用元:Lenovo TAB3|タブレット|製品|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

Lenovo TAB3の特徴は下記の通りです。

  • 画面占有率77%で片手で持てるコンパクトサイズの8インチディスプレイ
  • 画像処理エンジンでより明るいコントラストで高画質な映像を楽しめる
  • デュアルスピーカー搭載で3Dサウンドが楽しめる
  • 利用シーンに合わせて画質や音質を変えることができるマルチモード搭載

Lenovo TAB3は、画面占有率77%の8インチタブレットで、サイズ感が比較的コンパクトな点が特徴です。

画像処理エンジンが搭載されており、より明るいコントラストで高画質な映像を楽しめるので、動画を普段からよく視聴する人にもおすすめです。

利用シーンに合わせて画質や音質を変えるマルチモードを搭載しているので、どんな時にも快適にタブレットを利用することができます。

現在どの機種もオンラインで取り扱いされていない

肝心の機種代金の記載がありませんが、現在どの機種もワイモバイルのオンラインショップで取り扱いされていません。

そのため、ワイモバイルのオンラインショップで明確な機種代金を確認することができませんでした。

過去のケータイショップでの筆者のスタッフ経験からいうと、ワイモバイルで取り扱っているタブレットは基本的にミドルレンジクラスのタブレットです。

以前に販売されていたタブレットも、機種代金は大体20,000円前後だったのを覚えています。

そのため、あくまで予想ですが今回の取り扱っているタブレットも、大体20,000円程度だと思われます。

ワイモバイルで取り扱っている4機種
  • 10インチの大画面でフルセグ対応のLenovo TAB4
  • 大迫力サウンドのダブルスピーカー搭載の8インチのMediapad M3 Lite s
  • ブルーライト50%カットもできる10インチのMediapad T2 Pro
  • 画像処理エンジン搭載の明るいコントラストで高画質な8インチタブレットのLenovo TAB3
【2020年】格安SIMとタブレットのセットでお得に!おすすめMVNO5選

次の章では、ワイモバイルでタブレットを使う時に利用できる料金プランについて解説します。

ワイモバイルでタブレットを使う時に利用できる料金プラン

タブレットを持つ男性
ワイモバイルといえばスマホ向けのプランのイメージが強いかと思いますが、タブレット向けの料金プランもあります。

そこで、ワイモバイルのタブレット向けプランを詳しく紹介します。

タブレット向けプラン

ワイモバイルのタブレット向けのプランは、大きく分けて2つあります。

  • データベーシックプランS
  • データベーシックプランL

この2つのプランの違いは非常に簡単で、1ヶ月に使えるデータ通信量が異なるだけです。

もちろんデータ通信量が多くなればなるほど料金が高くなりますが、自宅でWiFiに接続して使うという場合であれば小容量でも問題ないでしょう。

データベーシックプランS

データベーシックプランSは、毎月1GBまで使えるタブレット向けプランです。

データベーシックプランSは、音声通話機能がついていないタイプのデータ通信専用のプランです。

月額1,980円で使うことができます。

データベーシックプランSは、

  • あまりネットを使わない
  • 普段WiFiを接続して利用することが多い
  • 外出時に少しネットを使う

ような人におすすめのプランです。

データベーシックプランL

データベーシックプランLは、毎月7GBまで使えるタブレット向けプランです。

プランの特徴はデータベーシックプランSと同じで、使えるデータ通信量が7GBに増えているのがこちらのプランです。

自宅にWiFiがない人や、普段から頻繁にネットをたくさん使う人にもおすすめです。

ワイモバイルでタブレットを使う時の料金プラン
  • 1GBまで使える月額1,980円のデータベーシックプランS
  • 7GBまで使える月額3,696円のデータベーシックプランL

ワイモバイルでタブレットを使う時は新規購入と持ち込みどちらがお得?

タブレットとスマホとPC

ワイモバイルの料金プランを踏まえて、タブレットをどのように使えばお得になるのか検証していきます。

オンラインショップで取り扱いがないということで、明確な機種代金は不明ですが、ワイモバイルでタブレットを購入するには大体20,000円程度かかると思ってください。

料金プランはデータ通信量によって月額2,000円~4,000円程度になるので、ワイモバイルでタブレットを購入せずに普段から使っているタブレットを持ち込み契約すれば、機種代金はかかりません。

既にタブレットを持っている人は、新たにタブレットを購入するよりも持ち込みで契約するのがお得です。

iPadの取り扱いはないのでiPadを使いたい人には新規購入は不向き

ワイモバイルで基本的に取り扱っているタブレットは、Androidのタブレットです。

iPadの取り扱いはないので、iPadを使いたい・iPadでないと無理だという人はワイモバイルでタブレットを新たに購入することは向いていません。

そのため、iPadのような高いスペックのタブレットを使いたいという場合は、別途購入するか、既に持っているiPadを利用することをおすすめします。

ワイモバイルで取り扱っているタブレットはミドルレンジスペックでリーズナブル

ワイモバイルで取り扱っているタブレットは、全てミドルレンジクラスのスペックで、尚且つ価格が非常にリーズナブルです。

価格が20,000円前後とリーズナブルなので、購入にそこまで負担がかかるわけではありません。

ただし、iPadのように高いスペックのタブレットが欲しいという人は購入するべきではないでしょう。

2019年新型iPad(第7世代)のスペックと価格は!?前モデルとの違いは何?

既に持っているタブレットを持ち込みで使うのが1番コスト的にお得

ワイモバイルで取り扱っているタブレットは、人によってはニーズに合わない場合が多いでしょう。

しかし、ワイモバイルはSIMカードだけで契約することができるので、タブレットは今まで使っていたものを持ち込み、SIMカードのみ契約するというのも1つの方法です。

その場合、新しくタブレットを購入する必要がないので、機種代金分のお金を節約することができます。

今までタブレットを持っていない人も、中古やネットオークションなどでiPadのような高額・高スペックのタブレットを安く購入することができます。

ワイモバイルでタブレットを使うなら持ち込み機種+タブレット向けプランがお得

最後に、ワイモバイルでタブレットを新規購入するのと持ち込みするのはどちらがお得なのかまとめます。

タブレットを新規購入するのと持ち込みするのはどちらがお得か
  • iPadを取り扱っていないのでiPad派の人は不向き
  • ワイモバイルで取り扱っているタブレットのスペックはどれもミドルレンジスペック
  • 価格も安いがスペックも平均的なのでスペック重視の人にも不向き
  • 既に持っているタブレットを持ち込みで使うのが1番コスト的にお得

ワイモバイルにもタブレットの取り扱いがあり、タブレット向けの料金プランもあります。

取り扱いされているタブレットは、全てミドルレンジクラスのリーズナブルな価格のタブレットであり、高いスペックのタブレットを求めている場合は不向きです。

iPadの取り扱いもないので、iPadが欲しい人は別途iPadを購入するか、既に持っているiPadを持ち込みで契約することをおすすめします。

持ち込みであれば、ワイモバイルでタブレットを使う場合、最安値月額1,980円で使うことができます

1番リーズナブルな使い方ではないでしょうか。

iPadの「Wi-Fiモデル」と「セルラーモデル」の違いを調査

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ