中学・高校生に最適!人気のおすすめ英語アプリ【iPhone/Android対応】

中学・高校生に最適!人気のおすすめ英語アプリ【iPhone/Android対応】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

中学生や高校生で英語に苦手意識を持っている人は多いでしょう。

高校受験や大学受験を控え、英語を克服したいと考える人も多いですし、コミュニケーションの道具として英語を身につけたいと思う人もいると思います。

筆者も高校時代に英語を話せるようになりたいと思い、大学で留学に行きました。

筆者が学生だった時にはありませんでしたが、今では気軽にスマホで学べる英語アプリがたくさんあります。

今回は、そんな英語アプリの中でも、中学生や高校生におすすめの英語アプリを8個ピックアップしました。

がっつり試験対策ができる英語アプリから、ゲーム感覚で空き時間に楽しめる英語アプリまでを紹介します。

英語アプリを使おうと考えている人は、是非参考にしてください。

中学生と高校生が英語アプリを選ぶ時のコツ

スマホを持つ中学生

まず、中学生と高校生が英語アプリを選ぶ時のコツについて解説していきます。

英語を勉強したいという目的はさまざまですが、学生となると1番は試験対策ではないでしょうか。

また、今後英語を話せるようになりたい、グローバルな環境で仕事をしたいと考える人は、より実用的な英語を勉強したいと思うでしょう。

このように、自分の英語を勉強する目的によって、選ぶ英語アプリは大きく異なります。

英語アプリの種類はたくさんあるので、複数のアプリを使い分けるという方法もおすすめです。

英語を学ぶ目的は何かで選ぶ

英語を学ぶ目的は人それぞれです。

  • 苦手意識を克服したい
  • 試験対策をしたい
  • 英語を話せるようになりたい

と、目的はさまざまです。

英語アプリには、試験対策として活用できるものから、発音練習ができるものなどさまざまな種類があります。

それぞれの英語アプリには学習の目的があるので、自分の目的に合ったものを選びましょう

ドコモキャンペーンバナー

ゲーム感覚で学習できるものなら飽きずに続けられる

勉強していても楽しくないものをひたすら続けても、頭に入りませんしストレスしか溜まりません。

我慢のしなさ過ぎもよくありませんが、時間を費やしても全く頭に入らなければ本末転倒です。

そこで、英語に苦手意識があるという人は、ゲーム感覚で楽しく学べる英語アプリを選びましょう

長時間使うものでなく、1回5分程度で終わるような気軽な英語アプリもおすすめです。

自分の学びたいスキルに合わせて英語アプリを選ぶ

リスニングが弱い人、文法が苦手な人、語彙力が少ない人など、英語の悩みもさまざまです。

リーディングやリスニングなど、自分の苦手分野を学べる英語アプリを選びましょう

語彙力を増やしたいという場合も、英単語のクイズアプリがあるので、クイズ形式で楽しく学べます。

また、英語アプリは穴埋めや並び替え、記述など出題方法もさまざまなので、自分の苦手な問題を解くことができるアプリもおすすめです。

目的に合わせて複数の英語アプリを使うのもおすすめ

英語アプリの種類はかなり多いので、複数のアプリを使い分けるのもおすすめです。

ゲーム感覚で楽しく学べる英語アプリは気分転換用に、メインで使うのはTOEIC対策など必要に応じて使い分けると良いでしょう。

複数のスキルを重点的な学びたい場合も、リスニング用アプリとリーディング用アプリのように、分けて使うことをおすすめします。

中学生と高校生が英語アプリを選ぶコツ
  • 英語を学ぶ目的は何か考える
  • ゲーム感覚で学習できる英語アプリなら楽しく学べる
  • リスニングやリーディングなど自分の学びたいスキルに合わせて選ぶ
  • 目的に合わせて複数の英語アプリを使うのも◎
ゲーム感覚で楽しく英語が勉強できるおすすめ人気アプリ【2019年版】

中学生と高校生におすすめの人気英語アプリ【iPhone/Android】

次に、中学生と高校生におすすめの人気英語アプリを8つ紹介します。

中学生と高校生におすすめの英語アプリ
  • 英単語アプリ mikan
  • 英会話、英語リスニング-スタディサプリENGLISH
  • スタディサプリENGLISH TOEIC L&Rテスト対策
  • トレーニング TOEIC test
  • 英検準1級  過去問 解説付き
  • 英語の友 旺文社リスニングアプリ
  • 続く英語学習 えいぽんたん!英単語からリスニングまで
  • Duolingo

それぞれの英語アプリの特徴について詳しく解説していきます。

ゲーム感覚で学べるものから、しっかりとした試験対策の英語アプリまで、さまざまな種類の英語アプリを厳選しました。

英単語アプリ mikan

英単語アプリ mikan

画像引用元:‎「英単語アプリ mikan」をApp Storeで

「英単語アプリ mikan」の特徴は下記の通りです。

  • 20,000以上の英単語を収録
  • 大学受験やTOIEC、TOEFLにも対応している
  • 知っている単語と知らない単語を分けていくだけ
  • 音声も収録されているので発音のチェックも可能

英単語が20,000以上収録されているので、語彙力を増やしたいという人にはぴったりのアプリです。

アップルストア グーグルプレイ

英会話、英語リスニング-スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISH

画像引用元:‎「英会話、英語リスニング – スタディサプリENGLISH」をApp Storeで

「英会話、英語リスニング-スタディサプリENGLISH」の特徴は下記の通りです。

  • リスニング専門の英語アプリ
  • 顔出しの英語講師が解説するのでマンツーマンで授業を受けている感覚に
  • クイズが出題され理解度もチェックされる

スタディサプリは顔出しの講師が授業を解説してくれるので、非常にわかりやすい教材アプリとして人気があります。

リスニング学習をしたい人にぴったりです。

アップルストア グーグルプレイ

スタディサプリENGLISH TOEIC L&Rテスト対策

スタディサプリENGLISH TOEIC L&Rテスト対策

画像引用元:‎「スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策」をApp Storeで

「スタディサプリENGLISH TOEIC L&Rテスト対策」の特徴は下記の通りです。

  • TOEICの出題傾向に沿って学ぶことができる
  • ネイティブの発音が収録されている
  • 英語講師の顔出し解説もあるのでわかりやすい

こちらはスタディサプリの、TOEIC対策用のアプリとなります。

ネイティブの発音が収録されているので、リスニングの学習にもおすすめです。

アップルストア グーグルプレイ

トレーニング TOEICtest

トレーニング TOEICtest

画像引用元:‎「トレーニング TOEIC ® test」をApp Storeで

「トレーニング TOEICtest」の特徴は下記の通りです。

  • 実際のTOEICの出題傾向に沿って学習できる
  • 400点〜800点レベルの問題を収録
  • 穴埋めや説明文などさまざまな形式で問題が出題される

TOEIC対策専用の英語アプリとなります。

穴埋めや説明文など、実際のTOEIC試験の内容に近い問題が出題されるので、TOEICの問題に慣れるという点でも効果的です。

アップルストア グーグルプレイ

英検準1級  過去問 解説付き

英検準1級  過去問 解説付き

画像引用元:‎「英検®準1級 過去問 解説付き」をApp Storeで

「英検準1級 過去問 解説付き」の特徴は下記の通りです。

  • 過去問題から重要箇所を解説
  • 実際の英検準1級の問題が収録
  • 4択の一問一答形式なので手軽に学習できる
  • 詳しい解説つきなのでわからない時も安心

ネイティブでも難しいといわれている英検準1級に挑む人は、是非この英語アプリがおすすめです。

過去問を解説付きで学習することが可能です。

アップルストア グーグルプレイ

英語の友 旺文社リスニングアプリ

英語の友 旺文社リスニングアプリ

画像引用元:‎「英語の友 旺文社リスニングアプリ」をApp Storeで

「英語の友 旺文社リスニングアプリ」の特徴は下記の通りです。

  • リスニング専門アプリ
  • バックグラウンドでも再生可能
  • 70冊以上の書籍が対応
  • スロー再生や3秒戻るなど細かい調整も可能
  • ダウンロードすればオフラインで再生できる

バックグラウンド再生とオフライン再生が可能なリスニングアプリです。

他のアプリを使っている時も聴くことができますし、オフラインならデータ通信量を気にする必要もありません

スロー再生や数秒戻ったり進んだりすることもできるので、聴き取れない箇所の確認にも役立ちます。

アップルストア グーグルプレイ

続く英語学習 えいぽんたん!英単語からリスニングまで

続く英語学習 えいぽんたん!

画像引用元:‎続く英語学習 えいぽんたん! 英単語からリスニングまで on the App Store

「続く英語学習 えいぽんたん!英単語からリスニングまで」の特徴は下記の通りです。

  • 自分のレベルに合わせた英語学習が可能
  • ゆるいちびキャラの育成をしていくので育成ゲーム感覚で学べる
  • TOEICレベルの頻出単語も登場

ゆるくのんびりと英語学習をしたい人におすすめの、ゲーム感覚で使える英語アプリです。

アプリの雰囲気はほのぼのしていますが、TOEICレベルの単語の学習にも使えるので、気分転換したい時に活用するのもおすすめです。

 グーグルプレイ

Duolingo

Duolingo

画像引用元:‎「Duolingo」をApp Storeで

「Duolingo」の特徴は下記の通りです。

  • 選択問題から並び替え、記述問題へと基礎から応用にステップアップできる
  • 1日5分でできる英語アプリ
  • グラフに記録されるので毎日の頑張りを見ながらモチベーションキープ

1日5分程度でできるお手軽な英語アプリです。

基礎から応用に徐々にステップアップできるので、英語が苦手な人にもぴったりです。

アップルストア グーグルプレイ

中学生と高校生におすすめの人気英語アプリ
  • 20,000以上の英単語が収録されている『英単語アプリ mikan』
  • 講師の解説がわかりやすい『英会話、英語リスニング-スタディサプリENGLISH』
  • TOEICに特化した『スタディサプリENGLISH TOEIC L&Rテスト対策』
  • 実際のTOEICと同じ出題傾向の問題が解ける『トレーニング TOEIC test』
  • 英検準1級の過去問が解ける『英検準1級  過去問 解説付き』
  • 70以上の書籍が収録されている『英語の友 旺文社リスニングアプリ』
  • ゆるキャラを育成してゲーム感覚で続けられる『続く英語学習 えいぽんたん!英単語からリスニングまで』
  • 1日5分でできるお手軽英語アプリ『Duolingo』
英語初心者に最適!人気のおすすめ英語アプリ【iPhone/Android対応】

コミュニケーションの道具として英語を学ぶ方法

外国人と会話を楽しむ

学校で学ぶ英語は、試験対策の英語となっており、実際に言語として英語を使うようになるのはかなり困難です。

試験対策としての英語を学ぶことはできるので、受験やセンター試験対策には効果が期待できます。

しかし一方で、コミュニケーションの道具として英語を使うには、学校で学ぶ英語にはアウトプット(発信する力)が足りないといわれています。

そこで、最後に英語をコミュニケーションの道具として身につけるにはどのようにすれば良いのか方法を少し解説していきます。

英語を将来使えるようになりたいという人は、是非チェックしてくださいね。

とにかくリスニングをたくさんする!

赤ちゃんが大人の言葉を聞いて真似をし、そこから言葉になっていくように、まずはリスニングが大切です。

自分が聞き取れない言葉は、決して発音することができません。

逆に、聞き取れるフレーズや言葉は自分でも使うことができるということです。

リスニングは言葉を覚える上で基本だといって良いでしょう。

学校の授業はリーディングやライティングがメインなので、これが最低でも6年間英語を勉強するにも関わらず英語が話せない日本人が多い原因だといわれています。

洋画や洋楽など自分の好きなものを取り入れて楽しく英語に触れる

リスニングといっても、ただ単調な英文をひたすら聞くのは退屈です。

そこでおすすめなのが、自分の好きな洋画や洋楽を聴いて英語に耳を慣れさせるという方法です。

もちろん、洋画や洋楽は話しているスピードも早く、スラングも多いです。

しかし、英語に耳を慣れさせるという点では、かなり有効な手段だといえます。

何より、自分の好きな物を活用できるので、勉強しているという感覚が少なく、楽しく続けやすいというのがメリットです。

シャドーイングで発音の練習をするのもおすすめ

発音やイントネーションの練習には、シャドーイングがおすすめです。

シャドーイングとは、聴こえてくる英語の音声に、まるで影のように後から追って同じように発音するという学習方法です。

この練習をすることによって、英語独特のイントネーションや単語と単語の繋がり(リエゾンと呼びます)を身につけることができるようになります。

日本語は基本的にイントネーションに抑揚がほとんどありません。

そのため、日本語の感覚で英語を使うといわゆる「ジャパニーズイングリッシュ」になってしまうのです。

より綺麗に英語を話したいのなら、発音が綺麗な人の英語を真似て発音する練習を心掛けましょう。

ディクテーションで自分のリスニング力をチェック

ディクテーションも有効な英語学習方法の1つです。

ディクテーションとは、聴こえてきた英文をそのままノートにメモをする学習となります。

ディクテーションでは、自分の聴き取れた音と聴き取れなかった音を知ることができ、どのようなフレーズやイントネーションが聴き取りにくいのかチェックすることができます。

自分のリスニング力を確認することに効果的な学習方法なので、是非実践してみてください。

アウトプットを積極的にやろう

英語学習には、インプットとアウトプットの2種類があります。

インプットとは、読んだり聞くなどの情報を「受信」する行動であり、アウトプットは話すなど情報を「発信」する行動です。

日本の英語教育には、アウトプットが足りなさすぎるといわれています。

英語も言葉ですから、使わなければ身につけることはできません

外国人の友人を作ったり、学校のALT(外国語指導助手)の先生と頻繁に会話したり、オンラインの英会話を利用するなど、英語を話す機会をたくさん作りましょう。

自分に合った英語アプリを使って空き時間を有効活用しよう

外国人と会話する

最後に、中学生と高校生が英語アプリを使って勉強するメリットについてまとめます。

中学生と高校生が英語アプリを使って勉強するメリット
  • 空き時間の5分間で気軽に英語を学べる
  • ゲーム感覚の英語アプリなど楽しく続けやすいアプリが多い
  • スマホがあればどこでも気軽に使うことができる
  • TOEICや英検対策など英語を学ぶ目的に合わせて適切な英語アプリを選べる

筆者が英語を勉強していた時は、まだこのような英語アプリがほとんどない状態でした。(スマホが普及したばかりの時期)

英語アプリは教科書やノートも必要なく、空き時間に気軽に英語の勉強ができる非常に便利です。

筆者も勉強していた時もあれば良かったな、と思いつつ、復習のためにこれから使ってみようかと。

英語が苦手な人、試験対策をしたい人、英語を話せるようになりたい人も、是非目的に合った英語アプリを見つけて有効活用してください。

通勤通学中に学べる!人気のおすすめ英語アプリ【Android/iPhone対応】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ