IIJmioからahamoに乗り換える方法|機種そのままもOK?

  • 2022年11月27日
  • by.yairo

IIJmioロゴ
 

ahamoは月額2,970円20GBの格安プラン!
大盛りオプションなら月額4,950円100GBとお得です!

今回の記事では、IIJmioからahamoに乗り換える方法を詳しく解説します。

ドコモ回線を利用した高品質通信にくわえ、大盛オプションの登場で100GBの大容量で利用できるようになったahamo。気になっている人も多いのではないでしょうか?

乗り換えるタイミングや注意点も合わせて解説しているので、できるだけお得に、失敗せずに乗り換えたい人はぜひ参考にしてください。

IIJmioからahamoに乗り換える方法
  • 乗り換えタイミングは月末がお得
  • ahamo対応端末かどうか事前に要確認
  • SIMロック解除は基本不要
  • MNP予約番号の発行には3営業日程度かかる
  • ahamoはdカード GOLD支払いでお得になる

トップ画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

IIJmioからahamoに乗り換えるタイミングと注意点

ahamo OGPロゴ

画像引用元:ahamo

まずは、IIJmioからahamoに乗り換えるのに最適なタイミングと、乗り換える際に注意したいポイントをまとめました。

こちらのポイントだけは忘れずチェックしておきましょう。

IIJmioからahamoに乗り換えるタイミングと注意点
  • 乗り換えタイミングは月末頃がお得
  • MNP予約番号の発行には3営業日程度かかる
  • 乗り換え完了までIIJmioは使える
  • ahamoのオプション加入は月を跨いでから
  • ahamoの対応端末かどうか必ず事前チェック
  • au端末の場合はSIMロック解除が必要な場合も
  • ドコモショップ店舗で申し込むとサポート料金がかかる

IIJmioでは、解約月の基本料金は日割り計算になりません。

一方でahamoは初月の利用料金が日割りになるので、月末頃に乗り換えると一番無駄がありません

ただし、ahamoの「通話かけ放題オプション」は日割り計算にならないので、そちらを利用する場合は月を跨いでから月はじめに加入しましょう。

月末ギリギリは避ける

解約のタイミングは月末がおすすめ。ですが、MNPの手続きが遅れてahamoの契約が月を跨いでしまうと、IIJmioの解約もずれ込んでしまいます。

IIJmioではMNP番号の発行に最大4営業日程度かかるのにくわえて、ahamoの申し込み後にSIMカードが自宅に届くまでにも時間がかかります。

時期によっては思った以上に時間がかかることもあるので、最低でも1週間くらいは余裕を持っておくと安心です。

ahamoの対応端末か必ず事前にチェック

IIJmioで利用している機種でそのまま乗り換えたい場合は、ahamoの対応端末かどうか、必ず事前にチェックしましょう。

ahamo公式サイトの対応端末一覧から、手持ちのスマホの機種名で確認できます。

IIJmioとahamo、どちらもドコモの回線を利用しているためau端末の場合はSIMロック解除が基本不要です。

au端末はSIMロック解除が必要

IIJmioで利用している機種でそのまま乗り換えたい場合は、ahamoの対応端末かどうか、必ず事前にチェックがしましょう。

ahamo公式サイトの対応端末一覧から、手持ちのスマホの機種名で確認できます。

また、ahamoはドコモ回線を利用するためau端末の場合はSIMロック解除が必要な場合があります。

2021年10月以前に発売された機種の多くはSIMロックがかかっています。

IIJmioをドコモ回線で利用していた場合にはSIMロック解除は不要。au回線を利用していた人は自分の端末のSIMロックの有無を確認しましょう。

SIMロックの有無は、iPhoneの場合は設定から確認できますが、Android端末の多くはキャリアに問い合わせる必要があります。

IIJmioからahamoに乗り換える方法

ahamo大盛り

画像引用元:大盛りオプション実質0円キャンペーン|ahamo大盛り

では、IIJmioからahamoに乗り換える方法を具体的に解説していきます。

必要なもの

まずは、乗り換える際に準備しておきたいものをまとめました。

ahamoへの乗り換えに必要なもの
  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • 支払いに使用するクレジットカードや金融機関口座
  • dアカウント
  • メールアドレス
  • 【あるとお得】dカード GOLD

中でも重要なのはMNP予約番号です。

乗り換えの際にMNP予約番号がないと、新規契約扱いになり番号が変わってしまいます。

【あるとお得】「dカード GOLD」がおすすめ!

ahamoでは、dカードで支払うと毎月1GB、dカード GOLDで支払うと毎月5GBのデータ通信量が「ボーナスパケット」として付与されます。

ahamoの支払い方法には口座振替とクレジットカードが選ぶことができ、利用できるカードの種類も豊富。

ですが、もしも用意できるのであれば「dカード」もしくは「dカード GOLD」がおすすめです。

乗り換え方法

では、IIJmioからahamoに乗り換える手順を解説します。

全体の大まかな流れは次の通り。

それぞれのステップについても、詳しく説明します。

  1. STEP.
    IIJmioでMNP予約番号を発行する
  2. STEP.
    ahamoで乗り換えの手続きを行う
  3. STEP.
    届いたSIMをスマホに入れて初期設定する
  4. 終了

IIJmioでMNP予約番号を発行する

IIJmioのMNP予約番号の発行は、オンライン上のマイページから行います。

MNP予約番号の発行は、最短で1日~最大4日程度かかります。余裕を持って発行しましょう。

MNP予約番号の発行手順
  1. STEP.
    IIJmioマイページにアクセスする
  2. STEP.
    「契約内容」をタップ
  3. STEP.
    「MNP予約番号 発行・確認」をタップ
  4. STEP.
    アンケートや注意事項を確認し「お申し込みに進む」をタップ
  5. 終了

問題なく申し込みが完了していれば、翌日の23時以降にメールで番号や必要事項が送られてきます。

ahamoで乗り換えの手続きを行う

MNP予約番号を取得できたら、次にahamoで契約手続きを行います。

MNP予約番号には有効期限(発行日を含む15日)があるため、発行したら早めに乗り換えの手続きをするようにしましょう。

ahamoへの乗りかえ手順
  1. STEP.
    ahamoの公式サイトにアクセスする
  2. STEP.
    「申し込み」をタップ
  3. STEP.
    契約形態を選んで「次へ」をタップ
    端末とセット、SIMのみ(SIMカード)、eSIMのみから選びます
  4. STEP.
    かけ放題オプションを選択
  5. STEP.
    料金を確認して「次へ」をタップ
  6. STEP.
    「確認事項」を確認して「このまま手続きへ」をタップ
  7. STEP.
    「準備事項」を確認して「準備OK」をタップ
  8. STEP.
    dアカウントの有無を選択
    ahamoの契約にはdアカウントが必要です
  9. STEP.
    「注意事項に同意して次へ」をタップ
  10. STEP.
    dアカウントでログイン
  11. STEP.
    MNP情報を入力する
    MNP予約番号・有効期限・電話番号を入力する
  12. STEP.
    本人確認書類をアップロードする
  13. STEP.
    契約者情報を入力する
  14. STEP.
    支払い情報を入力する
  15. STEP.
    各種注意事項に同意の上「次へ」をタップする
  16. STEP.
    申込内容を確認して「注文を確定する」をタップ
  17. 終了

届いたSIMをスマホに入れて初期設定する

オンラインで申し込んだら、最短3日程度でSIMが自宅に届きます。

SIMカードを入れ替えて初期設定を行ったら、IIJmioは自動で解約されます。

eSIM対応の機種を利用するのであれば、即日開通もできるeSIMの利用がおすすめです。

IIJmioからahamoに乗り換えるデメリット

IIJmio

画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

IIJmioからahamoに乗り換えるかどうか決めかねている人のために、それぞれのサービス内容を比較して乗り換えるメリット・デメリットをまとめました。

まずはデメリットです。

IIJmioからahamoに乗り換えるデメリット
  • データ量に合わせたプランを選べなくなる
  • 基本料金が高くなる可能性がある
  • データ容量の繰り越しができなくなる
  • 違約金がかかる場合がある

データ量に合わせたプランを選べなくなる

ahamoはシンプルな料金プランを売りにしているため、20GB以下の低容量プランが存在しません

一方のIIJmioはデータ容量2GBで月々850円(音声対応SIM)という低容量・低価格が特徴。

20GBでちょうどいい人は問題ありませんが、使い方にピッタリ合ったプランを選びたい人にとってはデメリットになるでしょう。

基本料金が高くなる可能性がある

20GBのプラン料金を比較すると、ahamoが2,970円、IIJmioが2,000円(音声SIM)なので、基本料金だけで比べるとIIJmioの方が割安です。

ですが、ahamoはdカードGOLDで料金を支払うと、それだけで毎月データ量が5GB付与。

dカード GOLDユーザーなら実質的には毎月25GB利用できます。

更にahamoは無料通話もあるので、スマホで良く電話を使う人の場合はahamoに移って「安くなった」と実感できるはず。

使い方によってはahamoに移ることで月々の通信量が高くなったと感じてしまうかも知れません。

データ容量の繰り越しができなくなる

IIJmioの一部のプラン(ギガプラン・mioモバイル)はデータ容量が余ったら翌月に繰り越しができますが、ahamoは繰り越しができません

毎月20GBしっかり使い切るようにしないといけないため、IIJmioでの使い方に慣れている人は損をしてしまうかも知れません。

IIJmio光とのセット割がなくなる

IIJmioは単体でも十分安い料金設定ですが、IIJmio光とセット契約にすることで毎月660円割引されます。

ahamoに乗り換えてしまうと、IIJmio光とのセット割は利用できなくなります

違約金がかかる場合がある

IIJmioでは、mioモバイル・miaモバイルプラスの音声通話SIM12ヶ月が最低契約期間となっています。

この期間内に乗り換えをしてしまうと、違約金1,000円が発生してしまいます。

IIJmioからahamoに乗り換えるメリット

ahamo大盛り

画像引用元:ahamo大盛り 100GB4,950円

つづいて、IIJmioからahamoに乗り換えることで得られるメリットをまとめました。

IIJmioからahamoに乗り換えるメリット
  • 通信品質が向上する
  • 通信制限時も最大1Mbpsで通信可能
  • 「ahamo大盛り」で大容量通信がお得になる
  • 5分までの通話はすべて無料
  • 追加料金不要で国際ローミングが利用できる

通信品質が向上する

ahamoは、ドコモとほぼ同じエリア・速度での通信が可能です(3Gは利用できません)。

IIJmioはau回線・ドコモ回線から選ぶことができますが、いずれにせよキャリアの回線を借りている格安SIMなので、通信速度は安定しません。

特に昼時や夕方など、利用者が多く混雑する時間帯は顕著に遅くなります。

ahamoなら、混雑する時間でもスムーズに利用でき、5Gの対応エリアも広いです。

通信制限時も最大1Mbpsで通信可能

ahamoでは、その月のデータ容量を使い切ってしまっても、最大1Mbpsで通信ができます。

IIJmioは月々の使用量を使い切った後、プランによって最大200kbpsもしくは300kbpsになり、3日あたりのデータ通信量が366MBになると更に低速になってしまいます。

データ容量の残りを気にしすぎなくていいのは、ahamoのメリットのひとつです。

「ahamo大盛り」で大容量通信がお得になる

ahamoは、毎月20GBの基本プランに80GBの「大盛オプション(1,980円)」をプラスすることで、毎月100GBの大容量になります。

IIJmioでは最大でも30GBまでのプランしかなく、その場合の料金も5,918円。ahamoの100GBの基本料金よりも高くなってしまいます。

高速・大容量のプランが必要な人にはahamoの方が向いていますね。

5分までの通話はすべて無料

ahamoは基本プランの契約で5分以内の通話ならすべて無料になります。

一方、IIJmioは基本プランには通話かけ放題はついていないため、オプションを申し込む必要があります。

IIJmioの通話かけ放題オプションには、5分以内の通話が無料になるオプションは550円、完全に国内通話が無料になる完全かけ放題は1,430円。

ahamoの24時間かけ放題オプションは1,100円なので、これもahamoの方が安いですね。

追加料金不要で国際ローミングが利用できる

ahamoのネットワーク

画像引用元:ahamo

ahamoでは、海外データ通信も20GBまでは追加料金なしで利用できます

対象となるのは82の国や地域。日本人の渡航先の95%をカバーしています。

IIJmioは国外での通話発信・SMSの送受信には対応していますが、海外データ通信はできません。

日本で使っているスマホが旅行先でもそのまま使えるのはahamoのメリットです。

大容量使いたい人は高品質通信なahamoがおすすめ

<ahamo大盛り

画像引用元:ahamo

IIJmioからahamoに乗り換える方法を解説しました。最後に、改めてポイントを確認します。

IIJmioからahamoに乗り換える方法
  • 乗り換えタイミングは月末がお得
  • ahamo対応端末かどうか事前に要確認
  • SIMロック解除は基本不要
  • MNP予約番号の発行には3営業日程度かかる
  • ahamoはdカード GOLD支払いでお得になる
  • どちらもドコモ回線なので対応エリアは同じ
  • 解約後はSIMカードを返却する
  • 短期解約はブラックリスト入りの危険がある

IIJmioは月額440円(データeSIM)からという低額・低容量プランがあるのが特徴。一方で、ahamoはIIJmioにはない大容量の100GBオプションがあります。

また、ahamoなら無料通話5分がいくらでも無料になるので通話を良くする人はahamoがお得です。

通信回線に関しては同じドコモ回線ではあるものの、やはりMVNOではなくドコモ回線を直接使えるahamoの方が安定性にも分があります。

安定した通信速度で毎月めいっぱいスマホを使いたい人は、ahamoへの乗り換えを検討してみて下さい。

ahamoは月額2,970円20GBの格安プラン!
大盛りオプションなら月額4,950円100GBとお得です!

ドコモ・ahamoは
「dカード GOLD」と
セットで!
dカードゴールド
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
ahamo×dカード GOLDの特典
  • 利用料金の税込100円につき10%還元(最大300pt)
  • 毎月+5GBもらえる(計25GB)
年会費
11,000円(税込)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,100円

※ドコモ利用料金の還元は1,000円(税抜)につき100ポイントです。
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。

※ahamoはオンライン限定サービス(有償の店頭サポートあり)です。
※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。
ahamo申し込み時の注意点についてはこちら

この記事を書いた人
ライター歴8年。長年iPhoneを愛用していましたが、セールを機にOPPO Reno5 A(Y!mobile)に機種変し、久々のAndroidに。音楽・映画が好きでサブスクは複数併用しています。