【2020年】IIJmioおすすめスマホランキング|最新機種を比較

  • 2020年2月16日
  • by 
【2020年】IIJmioおすすめスマホランキング|最新機種を比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

このページでは、IIJmio(みおふぉん)が2019年9月~12月までに発売した全スマホを比較し、おすすめランキングを紹介します。

ランキングは価格帯によって分けますので、予算に合わせた最適なスマホがきっと見つかるはずです。

2020年人気のおすすめスマホをキャンペーンを上手に活用してお得に手に入れましょう。

トップ画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

2019年秋冬のIIJmioおすすめスマホ

aquos sense3

画像引用元:AQUOS sense3のカメラの画素数・画質|AQUOS:シャープ

今回取り上げるスマホは下記の7機種です。

機種名価格(税別)
HUAWEI P30 lite22,800円
OPPO A5 202024,800円
AQUOS sense224,800円
AQUOS sense329,800円
OPPO Reno A34,800円
HUAWEI nova 5T49,800円
ROG Phone Ⅱ99,800円

HUAWEI P30 liteとAQUOS sense2以外は2019年9月~12月の間に発売した機種です。

HUAWEI P30 liteとAQUOS sense2は夏以前に発売された機種ですが、最近値下げされたのでピックアップします。

ランキングは価格に合わせて2つに分ける

今回のおすすめランキングは、まず機種の価格に着目して、4万円未満で買えるものと、4万円以上するものに分けて順位を付けます。

基本的にスマホは、価格が高いほど性能も良くて、メーカーにとっても自信作です。

しかし、予算に合わない高額なものがおすすめ上位を占領しても、あまり参考にならないでしょう。

逆に「高い」という理由だけで評価を下げてしまったら、今度はハイエンドモデルが一方的に不利になってしまいます。

そこで、低価格スマホは低価格スマホ同士、高価格スマホは高価格スマホ同士で比較し、その中でランキングを決定します。

すでに予算が決まっている方は、その金額に合わせてランキングを参照してくださいね。

今回のランキング分けの定義
  • 高価格:
    4万円以上で買えるもの
  • 格安:
    4万円以下で買えるもの

それでは次の章から、まずは4万円未満で買えるおすすめランキングを紹介します。

価格表示は特別な表記のない限り税抜です。

格安スマホ|1位 OPPO Reno A

OPPO Reno A

画像引用元:OPPO Reno A | OPPO 日本

OPPO Reno Aはおサイフケータイ対応です。価格は34,800円です。

OPPO Reno Aのスペック

機種名OPPO Reno A
OSColorOS 6.0
(Based on android 9.0)
SoCSnapdragon 710
本体サイズ約158.4×75.4×7.8mm
重量約169.5g
ディスプレイ6.4インチ
有機EL
2,340×1,080ピクセル
アウトカメラメイン:1,600万画素
F値1.7
サブ:200万画素
F値2.4
インカメラ2,500万画素
F値2.0
メモリ(RAM)6GB
内蔵ストレージ(ROM)64GB
外部ストレージmicroSD
(最大256GB)
バッテリー容量3,600mAh
生体認証指紋認証
顔認証
防水・防塵IP67
おサイフケータイ対応
テレビ-
IIJmio価格34,800円(税別)

価格はローエンド、スペックはミドルレンジの最強コスパ

OPPO Reno A

画像引用元:OPPO Reno A|OPPO|BIGLOBEモバイル

OPPO Reno Aはコスパ最強の機種です。

OPPO Reno Aの注目ポイント
  • AnTuTuベンチマークスコアは約20万点
  • 標準レベルより上のカメラ性能
  • 有機ELディスプレイ
  • 防水・防塵・おサイフケータイ対応

まず34,800円という低価格にもかかわらず、端末の総合的な処理能力を示すAnTuTuベンチマークスコアが約20万点もあります。

これは2年前のハイエンドモデルに近い数字です。

重たいゲームも低画質モードにするなど工夫すれば、まだまだしっかり遊べます。

さらに、防水・防塵に、おサイフケータイにも対応。

スペックを考えたら、適正価格は5万円くらいなのではないかと思うほど、極めてコスパが高いです。

→IIJmio公式ショップをチェック

格安スマホ|2位 AQUOS sense3

UQモバイルのAQUOS sense3

画像引用元:AQUOS sense3│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)|【公式】UQコミュニケーションズ

AQUOS sense3はおサイフケータイ対応です。価格は29,800円です。

AQUOS sense3のスペック

AQUOS sense3スペック
OSAndroid 9
SoC(≒CPU)Snapdragon 630
本体サイズ約147mm×70mm×8.9mm
重量約167g
ディスプレイ5.5インチ
液晶
2,160×1,080
内蔵メモリ(RAM)4GB
内蔵ストレージ(ROM)64GB
外部ストレージmicroSD
(最大512GB)
アウトカメラ標準:約1,200万画素
F値2.0
広角:約1,200万画素
F値2.4
インカメラ約800万画素
F値2.2
バッテリー容量4,000mAh
生体認証顔認証
指紋認証
防水・防塵IP68
おサイフケータイ対応
テレビ-
IIJmio価格29,800円(税抜)

安くてOPPO Reno Aより頑丈

AQUOS sense3の欠点は、AnTuTuベンチマークスコアが約11万点と低いことです。

AQUOS sense3の注目ポイント
  • AnTuTuベンチマークスコアは約11万点
  • 標準レベルのカメラ性能
  • 防水・防塵・おサイフケータイ対応
  • 耐衝撃でもある

重たいゲームだけでなく、普段使いでも重さやカクつきが気になってしまうかもしれません。

しかしそれ以外は優秀で、耐衝撃まで付いているのは今回のスマホでは唯一です。

1位のOPPO Reno Aより5,000円安いですし、動作が多少重たくてもいいならAQUOS sense3のほうがおすすめです。

格安スマホ|3位 HUAWEI P30 lite

HUAWEI P30 lite

画像引用元:HUAWEI P30 lite|HUAWEI|BIGLOBEモバイル

HUAWEI P30 liteはおサイフケータイ非対応です。価格は22,800円です。

HUAWEI P30 liteのスペック

項目詳細
OSEMUI 9.0(Android 9 ベース)
SoCKirin 710
ディスプレイ約6.15インチ
液晶
2,312×1,080
本体サイズ約152.9×72.7×7.4mm
重量約159g
アウトカメラ広角:約2,400万画素
F値1.8
超広角:約800万画素
F値2.4
ポートレート用:約200万画素
F値2.4
インカメラ約2,400万画素
F値2.0
メモリ(RAM)4GB
内部ストレージ
(ROM)
64GB
外部ストレージmicroSD
(最大512GB)
バッテリー約3,340mAh
生体認証指紋認証
顔認証
防水・防塵-
おサイフケータイ-
テレビ-
IIJmio価格22,800円

29,800円→22,800円になって高コスパに

HUAWEI P30 liteは以前29,800円で販売されていました。

それが今は22,800円と7,000円も安くなっています。

HUAWEI P30 liteの注目ポイント
  • AnTuTuベンチマークスコアは約16万点
  • 標準レベルより上のカメラ性能
  • 防水・防塵・おサイフケータイ非対応
  • 元は29,800円だった

処理能力とカメラ性能は2位のAQUOS sense3よりも優れています。

ただし防水・防塵・おサイフケータイに非対応です。

格安スマホ|4位 OPPO A5 2020

OPPO A5 2020

画像引用元:OPPO A5 2020│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)|【公式】UQコミュニケーションズ

OPPO A5 2020はおサイフケータイ非対応です。価格は24,800円です。

OPPO A5 2020のスペック

項目OPPO A5 2020
OSColorOS 6.0
(based on Android 9.0)
SoC(≒SoC)Snapdragon 655
本体サイズ約163.6×75.6×9.1mm
重量約195g
ディスプレイ6.5インチ
液晶
1,600×720ピクセル
アウトカメラ広角:1,200万画素
F値1.8
超広角:800万画素
F値2.25
モノクロ:200万画素
F2.4
ポートレート用:200万画素
F値2.4
インカメラ約1,600万画素
F値2.0
メモリ(RAM)4GB
内部ストレージ(ROM)64GB
外部ストレージmicroSD
(最大256GB)
バッテリー容量5,000mAh
生体認証指紋認証
顔認証
防水・防塵IP5X
(防水はなし)
おサイフケータイ-
テレビ-
IIJmio価格24,800円

3位のHUAWEI P30 liteとは極めて僅差

OPPO A5 2020と3位のHUAWEI P30 liteのおすすめ度は、ほぼ互角と言ってもいいくらいです。

OPPO A5 2020の注目ポイント
  • AnTuTuベンチマークスコアは約17万点
  • 標準レベルより上のカメラ性能
  • 防水・おサイフケータイ非対応
  • 防塵ではある

細かな点では、処理能力はOPPO A5 2020のほうが、カメラ性能はHUAWEI P30 liteのほうが少しだけ優れています。

価格がHUAWEI P30 liteのほうが安かったのでこの順位としました。

格安スマホ|5位 AQUOS sense2

IIJmio AQUOS sense2

画像引用元:SHARP AQUOS sense2 SH-M08 | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

AQUOS sense2はおサイフケータイ対応です。価格は24,800円です。

AQUOS sense2のスペック

AQUOS sense3スペック
OSAndroid 8.1
SoC(≒CPU)Snapdragon 450
本体サイズ約148mm×71mm×8.4mm
重量約155g
ディスプレイ5.5インチ
液晶
2,160×1,080
内蔵メモリ(RAM)3GB
内蔵ストレージ(ROM)32GB
外部ストレージmicroSD
(最大512GB)
アウトカメラ約1,200万画素
F値2.0
インカメラ約800万画素
F値2.2
バッテリー容量2,700mAh
生体認証指紋認証
防水・防塵IP68
おサイフケータイ対応
テレビ-
IIJmio価格24,800円(税抜)

AQUOS sense3の「劣化版」であえて選ぶ理由なし

AQUOS sense2は2018年に発売されたモデルです。

OPPO A5 2020の注目ポイント
  • AnTuTuベンチマークスコアは約7万点
  • 標準レベルのカメラ性能
  • 防水・防塵・おサイフケータイ対応
  • 2018年のモデル

AnTuTuベンチマークスコアは約7万点と非常に低く、その他でも基本的にすべてAQUOS sense3より劣っています。

AQUOS sense3より5,000円安いですが、5,000円ケチって1年前のモデルを買うというのは、コスパが悪い気がしてなりません。

特に理由がなければ、AQUOS sense3を選んだ方が良いでしょう。

高価格スマホ|1位 HUAWEI nova 5T

nova5t_img02

画像引用元:HUAWEI nova 5T|LINEモバイル|格安スマホ・格安SIMならLINEモバイル

HUAWEI nova 5Tはおサイフケータイ非対応です。価格は49,800円です。

HUAWEI nova 5Tのスペック

機種名HUAWEI nova T5
OSEMUI 9.1(Android 9ベース)
SoC(≒CPU)Kirin 980
本体サイズ約154.25×73.97×7.87mm
重量約174g
ディスプレイ約6.26インチ
液晶
2,340×1,080
アウトカメラ広角:約4,800万画素
F値1.8
超広角:約1,600万画素
F値2.2
深度測定用:約200万画素
F値2.4
4cmマクロ:約800万画素
F値2.4
インカメラ約3,200万画素
F値2.0
メモリ(RAM)8GB
内蔵ストレージ(ROM)128GB
外部ストレージ-
バッテリー容量3,750mAh
生体認証指紋認証
顔認証
防水-
おサイフケータイ-
テレビ-
IIJmio価格49,800円(税抜)

49,800円でもハイエンドモデル並のスペック

高性能クアッドカメラ

画像引用元:HUAWEI nova 5T|LINEモバイル|格安スマホ・格安SIMならLINEモバイル

HUAWEI nova 5TのAnTuTuベンチマークスコアは約39万点と、他社ハイエンドモデルにも劣らない高い数字です。

HUAWEI P30の注目ポイント
  • AnTuTuベンチマークスコアは約39万点
  • 標準レベルよりかなり上のカメラ性能
  • 防水・防塵・おサイフケータイ非対応
  • ゲーム用のスマホを安く済ませるのにおすすめ

重たいゲームでも快適に遊べますし、49,800円という価格を考えたら破格のスペックです。

カメラ性能も非常に良く、コストパフォーマンスに優れた機種と言えます。

ただ、防水・防塵・おサイフケータイに非対応です。

高価格スマホ|2位 ROG Phone Ⅱ

ROG Phone Ⅱ

画像引用元:ASUS ROG Phone Ⅱ | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

ROG Phone Ⅱはおサイフケータイ非対応です。価格は99,800円です。

ROG Phone Ⅱのスペック

機種名ROG Phone 2
OSAndroid 9(ROG UI)
SoCSnapdragon 855 Plus
本体サイズ約170.9×77.6×9.4mm
重量約240g
ディスプレイ約6.59インチ
有機EL
2,340×1,080ピクセル
アウトカメラ標準:約4,800万画素
F値1.79
超広角:約1,300万画素
F値2.4
インカメラ約2,400万画素
F値2.0
メモリ(RAM)12GB
内蔵ストレージ(ROM)512GB
外部ストレージ-
バッテリー容量6,000mAh
生体認証指紋認証
防水・防塵-
おサイフケータイ-
テレビ-
IIJmio価格99,800円

Androidでは最強のゲーミングスマホ

ROG Phone Ⅱ

画像引用元:ASUS ROG Phone Ⅱ | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

ROG Phone Ⅱは、現在出ているAndroidスマホの中で、もっともゲームに向いている機種です。

ROG Phone Ⅱの注目ポイント
  • AnTuTuベンチマークスコアは約49万点
  • 標準レベルよりかなり上のカメラ性能
  • 防水・防塵・おサイフケータイ非対応
  • とことんゲームにこだわるのにおすすめ

SoC(≒CPU)にSnapdragon 855 Plusを搭載した機種は、日本ではこれ以外にまだ存在しません。

リフレッシュレート最大120Hz、応答速度1msの有機ELディスプレイに、冷却用のクーラユニットも付属するなど、これでもかというくらいゲームにこだわっています。

しかも、カメラ性能もきちんとハイエンドモデルとして恥ずかしくないレベルです。

ただし、防水・防塵・おサイフケータイに非対応である点は、HUAWEI nova 5Tと同じですね。

値段と需要のバランスがネック

ROG Phone Ⅱの価格は、HUAWEI nova 5Tより50,000円高いです。

この差額自体はまったく不当だと感じませんし、スペックを考えれば十分納得できます。

とはいえ、この金額を出してまでゲームにこだわりたい人の数は非常に限られるはず。

そのため、今回は2位としました。

繰り返しになりますが、値段相応の価値は十二分にある機種です。

IIJmioおすすめスマホランキングまとめ

IIJmio

画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

以上、IIJmioの2019年秋冬モデルのおすすめランキングでした。

IIJmioのスマホは、他の格安SIMの会社と比べても、機種代金が安めに設定されています。

特にROG Phone Ⅱを取り扱っているのは、非常に珍しいです。

あとはハイエンドモデルにおサイフケータイ対応の機種があれば言うことなしでした。

4万円未満のランキング
  • 1位 OPPO Reno A
  • 2位 AQUOS sense3
  • 3位 HUAWEI P30 lite
  • 4位 OPPO A5 2020
  • 5位 AQUOS sense2

これから4万円未満の機種を買うのであれば、1位~3位の機種がおすすめです。

なお、4位(OPPO A5 2020)の性能やおすすめ度は、3位(HUAWEI P30 lite)とほぼ同じですが、価格は3位の機種の方が安くなっています。

4万円以上のランキング
  • 1位 HUAWEI nova 5T
  • 2位 ROG Phone Ⅱ

ゲーム好きな方には、4万円以上の機種がおすすめです。

特に、いわゆる「ガチ勢」の方には、2位のROG Phone Ⅱを推します。

価格と需要のバランスの問題で2位にしましたが、値段相応の価値はありますよ。

IIJmioみおふぉんの評判|料金・速度・店舗対応を他の格安SIMと比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ