IIJmio(みおふぉん)おすすめ最新スマホランキング【2019夏モデル】

IIJmio(みおふぉん)おすすめ最新スマホランキング【2019夏モデル】

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナー

有名なMVNOのひとつであるIIJmio(みおふぉん)は、格安SIMを扱う会社として人気です。

IIJmio(みおふぉん)はSIMフリー対応の最新スマホもいち早く取り入れています。

そこで今回は、IIJmio(みおふぉん)で発売している2019夏モデルのスマホをランキング形式で紹介します。

では、2019夏モデルのスマホのスペックや特徴も合わせて紹介していきます。

トップ画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

1位 【Huawei】P30 lite

アイアイジェイミオ ピーサーティライト

画像引用元:P30 lite|IIJmio

ランキング1位として紹介するのは、スマホの世界シェア第3位を誇るメーカーであるHuawei(ファーウェイ)が発売しているP30 liteです。

Huawei P30 liteの主なスペック
サイズ
(縦×幅×厚さ)
152.9×72.7×7.4 mm
重量159g
ディスプレイ6.15インチ FHD+ 2,312×1,080
OSAndroid 9.0 Pie
CPUHUAWEI Kirin 710
オクタコアCPU(4×2.2GHz+4×1.7GHz)
RAM / ROM4GB / 64GB
外部メモリmicroSDスロット(最大512GB)
カメラアウトカメラ(トリプルカメラ):
2,400万画素+800万画素+200万画素 AF
インカメラ: 2,400万画素
バッテリー3,340mAh
カラーピーコックブルー・パールホワイト
・ミッドナイトブラック
販売価格29,800円
発売日2019年7月2日

※春モデルとして発表されていたようですが、auなどの大手キャリアやMVNOでの販売時期がズレたことを加味し、夏モデルのランキングに加えました。

背面に設置されたトリプルカメラ

特徴として挙げられるのは、背面に設置されたトリプルカメラ(レンズが3つ装備されている)です。

2,400万画素の広角レンズ・800万画素の超広角レンズ・200万画素の被写界深度レンズによって、集合写真などもワイドに撮影され、近距離撮影でも奥行きのある写真が撮影できます。

さらに、インカメラの画素数も2,400万あるので、自撮り写真もキレイに撮影が可能。

搭載されているCPUはKirin 710

以前のKirin 659に比べてパワーアップしています。

GPU性能:30%アップ

2Dや3Dグラフィックスなど画像描写の計算処理を行う半導体チップのこと

シングルコア性能:75%アップ

演算を行う回路のことで、1つのコアだけで行う処理能力のこと

マルチコア性能:68%アップ

演算を行う回路のことで、2つのコアで行える処理能力のこと

2位 【MOTOROLA】moto g7 power

アイアイジェイミオのmoto_g7 power

画像引用元:moto g7 power|IIJmio

第2位にランクインしたのはモトローラ・モビリティ・ジャパンが発売したmoto g7 powerです。

MOTOROLA moto g7 powerの主なスペック
サイズ
(縦×幅×厚さ)
159.4×75.3×9.3mm
重量193g
ディスプレイ6.2インチ
1,520×720 (HD + 271 ppi) LTPS液晶
OSAndroid 9.0
CPUQualcomm Snapdragon 632
オクタコアCPU(1.8GHz ×8) Adreno 506
RAM / ROM4GB / 64GB
外部メモリmicroSDスロット(最大512GB)
カメラアウトカメラ:1,200万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー5,000mAh
カラーセラミックブラック
販売価格24,800円
発売日2019年6月14日

MOTOROLA moto g7 powerのカラーバリエーションは、セラミックブラック1色というのが気になりますが、好みでなければスマホケースでカバーすることができます。

5,000mAhのバッテリー

内蔵されている5,000mAhのバッテリー容量があるので、1度フルで充電すると平均的な使い方をした場合3日間もつといわれています。

外出先の充電スポットの心配や重いモバイルバッテリーを携帯したくない人、動画視聴やゲームなどバッテリー消費が大きいアプリを良く使う人におすすめです。

CPUにSnapdragon 632を搭載

オクタコアプロセッサなので計算回路が8つあり、3Dゲームや画像・動画編集に関してもストレスを感じることが少ないでしょう。

3位 【OPPO】Reno 10x zoom

アイアイジェイミオのreno10xzoom

画像引用元:Reno 10x zoom|IIJmio

第3位にランクインしたのは、メーカー・OPPO(オッポ)が発売したReno 10x zoomです。

OPPO Reno 10x zoomの主なスペック
サイズ
(縦×幅×厚さ)
162×77.2×9.3mm
重量215g
ディスプレイ6.65インチ FHD+
2,340x1,080
AMOLED(有機EL)
/ Corning Gorilla Glass 6)
OSColorOS 6.0(based on Android 9.0)
CPUQualcomm Snapdragon 855 オクタコア
CPU(1×2.8GHz+3×2.4GHz+4×1.7GHz)
RAM / ROM8GB / 256GB
外部メモリmicroSD/HC/XC(最大256GB)
カメラアウトカメラ(トリプルカメラ):
標準4,800万画素+
超広角 800万画素+
望遠 1,300万画素
インカメラ:1,600万画素
バッテリー4,065mAh
カラーオーシャングリーン・ジェットブラック
販売価格94,800円
発売日2019年7月12日

販売価格が94,800円と格安スマホが取り扱う商品のなかでは高価格に分類されます。

しかし、その分おすすめの特徴も多いので、1つずつ解説していきましょう。

背面に設置されたトリプルカメラと隠れたインカメラ

Reno 10x zoomの背面には縦に3つのレンズが搭載されています。

4,800万画素のカメラは超高解像度タイプ、1,300万画素のカメラは望遠タイプ、800万画素のカメラは超広角タイプです。

3つのカメラを連動させることによって遠くの被写体の細かい模様などをくっきりさせるズーム撮影が可能になります。

インカメラは普段、内部に隠されているのも特徴で、スクリーンを遮らないため全画面ディスプレイになっています。

インカメラ機能を立ち上げると、0.8秒で瞬時に起動するのでストレスは感じづらいです。

ハイスペックなパフォーマンス機能

Reno 10x zoomに搭載されているCPUは、2019年1月にリリースされたSnapdragon 855プロセッサです。

1つ前の世代であるSnapdragon 845に比べて性能も向上しています。

CPU性能:45%アップ

コンピューターの中心的な処理装置で制御・演算・情報転送を行っています

GPU性能:20%アップ

2Dや3Dグラフィックスなど画像描写の計算処理を行う半導体チップのこと

さらに、内部メモリはRAM8GB、ROM256GBでほかの格安スマホに比べて容量が倍以上になっています。

Reno 10x zoomでゲームを行なってもストレスを感じにくいでしょう。

容量の大きいバッテリー

Reno 10x zoomのバッテリーは4,065mAhで急速充電に対応しています。

OPPO独自の急速充電システムVOOC 3.0に対応しており、専用のACアダプタを使うと30分で50%、80分でフル充電が完了するといわれています。

バッテリーがすぐに無くなってしまうスマホの弱点をカバーしている機能です。

次のページでは引き続き、IIJmio(みおふぉん)の2019夏モデルのスマホを紹介していきます。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナーワイモバイルバナー
この記事を書いた人
sunsun
sunsun
高校の頃からdocomoユーザー。スマホは電子マネーが使えるSHARP、SONYと渡り歩き、現在は片手で持てるSONYのXperia Compactシリーズを愛用。なのにPCはMacBook Airを活用しているのでスマホとPCに互換性がなく、接続時のトラブルによく遭遇している。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ