【2021年最新】IIJmioおすすめスマホ端末ランキング|機種変更したい10機種を比較

  • 2020年12月22日
  • by.a-sato

IIJmio

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

スマホを熟知したbitWave編集部が、IIJmioのおすすめスマホ端末ランキングを作成しました。

機種変更したい人気の10機種を比較していきます。

IIJmioでスマホをセット購入する手順や注意点まで解説していくので、ぜひ参考にしてください。

※本記事中の価格は税込み表示

トップ画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

スマホ端末おすすめの選び方

Galaxy-S20+5Gグリップ1
IIJmioには数多くのスマホがラインナップされているのが特長です。

その中から、どのようにして1台のスマホを選べば良いのかポイントを解説します。

おすすめの選び方として以下の4つを挙げてみました。

スマホ端末おすすめの選び方
  • OSで選ぶ
  • カメラの画素数で選ぶ
  • CPUやROM・RAM、バッテリーのスペックで選ぶ
  • 使い方で選ぶ

それぞれ解説していくので、選ぶときの参考にしてみてください。

OSで選ぶ

OSとは、「オペレーティングシステム」を略したものです。

スマホは複雑なシステムで動いていますが、それを誰でも使いやすい操作になるように橋渡しをしているのがOSになります。

スマホで使われている代表的なOSには、以下のものが挙げられます。

スマホOSの種類
  • iOS
  • Android

iOSはiPhoneに使用されているものです。

一方、AndroidはAndroidスマホに使われています。

メーカーによっては、AndroidをベースにしたColorOSやEMUI などを採用しているスマホもあるのでチェックしておきましょう。

カメラの画素数で選ぶ

普段からよくスマホで写真や動画を撮影するなら、カメラ性能は見逃せません。

メインカメラとインカメラの画素数の高さはもちろん、何個のカメラが搭載されているかにも注目です。

新しいモデルだと4眼・5眼カメラのスマホもあります。

スペックで選ぶ

スマホを選ぶときに注目しておきたいのは端末のスペックです。

スペック次第で、スマホのサクサクとした操作感や電池持ちなどが変わってくるので、購入前にチェックしておくことをおすすめします。

たとえば、チェックしておきたい項目には以下のものが挙げられます。

スペックで選ぶときのチェックポイント
  • CPU:スマホの処理スピードの速さ
  • ROM:データを保存できる容量
  • RAM:スムーズに動作させるための作業容量
  • バッテリー:電池持ちの長さ

それぞれ数値が大きいほど、スペックが高くなります。

スペックを優先させると価格が高くなる場合もあるので、どうバランスを取るかを考えてみるのも良いでしょう。

使い方で選ぶ

スマホを購入する前に、自分がどのような使い方をするのかをイメージしてみてください。

「水回りで使うことがあるから防水機能が欲しい」とか「キャッシュレス決済をしたいからおサイフケータイ機能は必要」など、使い方によって必要な機能が異なります。

特に防水・防塵機能やおサイフケータイは対応機種を選ばないと、あとから付け足すことはできません。

どのようなスマホの使い方をするのかで、必要な機能を絞り込んでいくのもおすすめです。

IIJmioのスマホ比較一覧表

Xperia 1 IIディスプレイ比較
IIJmioで取り扱いのあるスマホは、なんと30機種もラインナップされています。

これだけの数が揃っていれば、あなたに合うスマホもきっと見つかるでしょう。

探しやすいように、メーカーごとに分けて一覧にしたので参考にしてみてください。

なお、紹介する価格は割引後の金額です。

機種名価格(一括)発売日
iPhone SE(第2世代)
(64GB)
49,280円2020年4月24日
AQUOS sense4 plus43,780円2020年12月25日
AQUOS sense432,780円2020年11月27日
AQUOS zero2
(SH-M13)
87,780円2020年3月13日
AQUOS sense3 plus
(SH-M11)
48,400円2019年12月25日
arrows M0532,780円2019年12月18日
Xperia 8 Lite21,780円2020年9月1日
Xperia 10 Ⅱ40,480円2020年6月25日
Xperia Ace26,180円2019年10月11日
A7329,480円2020年11月20日
Reno3 A32,780円2020年6月25日
ZenFone 778,980円2020年10月23日
ZenFone 7 Pro95,480円
ROG phone 3126,500円2020年9月26日
ZenFone Max Pro(M2)
(6GB)
21,780円2019年12月20日
ZenFone Max Pro(M2)
(64GB)
19,250円2019年3月15日
P40 lite 5G41,580円2020年6月19日
P40 lite E25,080円2020年6月19日
nova lite3+15,180円2020年5月26日
nova 5T41,580円2019年11月29日
moto g PRO32,780円2020年10月30日
moto g9 play23,980円
moto e6s16,280円2020年9月4日
moto g8 power lite19,580円
moto g8 power27,280円2020年5月4日
moto g821,780円
moto g8 plus32,780円2020年3月20日
moto g732,780円2019年6月7日
Redmi Note 9S23,980円2020年6月9日
Mi Note 10 Lite38,280円
詳細IIJmio公式サイト

紹介した価格は一括購入の金額です。

もちろん、24回の分割払いもできるので、希望に合わせて検討してみてください。

【2020年】IIJmioおすすめスマホ端末ランキング

スマホおすすめランキング

IIJmioで販売しているおすすめスマホをランキングにしました。

スペックや価格も考慮して作成しましたので、IIJmioでスマホを購入したい人は必見です。

それぞれの特長とスペックを解説します。

1位:iPhone SE(第2世代)

iPhoneSE2

iPhone SE(第2世代)のスペックは下記の通りです。

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

iPhone SE(第2世代)は、2020年4月から5月にかけて発売された機種であり、iPhone 8振りにホームボタンが復活したiPhoneです。

見た目はiPhone 8と全く同じですが、搭載されているプロセッサはiPhone 11と同じA13 Bionicチップなので、性能も申し分ありません。

他のiPhoneよりも価格が安く、IIJmioでも4万円台で取り扱われているので、iPhoneを安く購入したい人におすすめです。

※IIJmioで取り扱われているiPhone SE(第2世代)は未使用品であり、完全な新品ではありません。

2位:OPPO A73

oppo-a73-orange

画像引用元:OPPO A73

OPPO A73のスペックは下記の通りです。

OPPO A73のスペック
サイズ 縦: 約159.8mm
横: 約72.9mm
厚さ: 約7.45mm
重さ約162g
カラーネービー ブルー
ダイナミック オレンジ
メモリ
(RAM)
4GB
ストレージ
(ROM)
64GB
ディスプレイ6.44 インチ
有機EL
アウトカメラメイン:1600万画素
超広角:800万画素
モノクロ:200万画素
ポートレート:200万画素
インカメラ1600万画素
CPUQualcomm® Snapdragon™ 662
GPU
(オクタコア)
4×2.0GHz+4×1.8GHz
GPUAdreno 610
バッテリー4000mAh
生体認証ディスプレイ指紋認証
顔認証

OPPO A73は2020年11月に発売されたOPPOの最新機種です。

価格が2万円台と非常にリーズナブルですが、クアッドカメラ・急速充電対応のバッテリーが搭載された非常に高スペックな機種です。

特にカメラ性能は、夜景やポートレート、広角撮影、マクロなどさまざまな撮影機能が利用できます。

安くカメラ性能の良い機種が欲しい人におすすめです。

3位:AQUOS sense4

AQUOS sense4

AQUOS sense4のスペックは下記の通りです。

AQUOS sense4
画面サイズ約5.8インチ
本体サイズ高さ:148mm
幅:71mm
厚さ:8.9mm
重さ176g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ700万画素
バッテリー4,570mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 720G
OSAndroid 10
認証顔・指紋
防水IPX5/IPX8
カラーライトカッパー・ブラック・
シルバー・レッド・ブルー・イエロー
詳細AQUOS sense4の評価レビュー
※レッド・ブルー・イエローはドコモオンラインショップ限定カラー

AQUOS sense4は、SHARPの人気スマホであるAQUOS senseシリーズの最新機種です。

お風呂でも使える強い防水性能と耐衝撃が備わっているので、丈夫なスマホが欲しい人にもおすすめです。

また、省エネ・高画質に定評のあるIGZOディスプレイや4,570mAhの大容量バッテリーが搭載されているため、電池持ちも最大1週間だといわれています。

4位:OPPO Reno3 A

Oppo Reno 3 A

OPPO Reno3 Aのスペックは下記の通りです。

OPPO Reno3 A
ディスプレイ6.44インチ
本体サイズ高さ:160.9 mm
幅:74.1 mm
厚さ:8.2 mm
重さ175 g
アウトカメラ広角レンズ:4,800万画素
超広角レンズ:800万画素
モノクロレンズ:200万画素
ポートレートレンズ:200万画素
インカメラ1,600万画素
バッテリー4,025mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 665
OSAndroid 10
認証指紋・顔
カラーブラック・ホワイト
価格39,800円
詳細OPPO Reno3 A実機レビュー

これから購入するなら文句なしの1台です。

6GBのRAMに128GBのROM、4,025mAhのバッテリーを搭載しています。

さらに、防水と防塵におサイフケータイにも対応しているので、あらゆる使い方に対応できます。

4,800万画素カメラを含む、4つのカメラにも注目です。

5位:Xperia 8 Lite

Xperia 8 Lite

画像引用元:Xperia 8 Lite(エクスペリア エイト ライト) | Xperia(エクスペリア)

Xperia 8 Liteのスペックは下記の通りです。

Xperia 8 Liteのスペック
カラーブラック・ホワイト
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
約69㎜x約158㎜×約8.1㎜
重量約170g
バッテリー容量2870mAh
CPUSnapdragon 630
RAM4GB
ROM64GB
ディスプレイ6.0インチ 液晶
メインカメラ約1200万画素/F値1.8
+
約800万画素/F値2.4
フロントカメラ約800万画素/F値2.0
防水
(IPX5/IPX8)
防塵
(IP6X)
おサイフケータイ
3.5㎜オーディオジャック
生体認証指紋
フルセグ/ワンセグ×
ワイヤレス充電×

Xperia 8 Liteはソニーの人気スマホであるXperiaスマホの廉価モデルです。

価格も2万円台ととても安いので、Xperiaスマホを試してみたい人にもおすすめです。

また、21:9の縦長サイズのスマホなので、6.0インチの大画面でも片手で扱いやすいサイズ感です。

さらに、背景ボケや2倍の光学ズームに対応したデュアルカメラが搭載されており、SNS映え間違いなしの被写体を際立たせたポートレート撮影も思いのままです。

6位:HUAWEI nova lite3+

HUAWEI nova lite 3 ファーウェイ

画像引用元:HUAWEI Japan

HUAWEI nova lite3+のスペックは下記の通りです。

HUAWEI nova lite 3+
チップKirin 710
ディスプレイ6.21インチ
液晶
本体サイズ高さ:155.36mm
横幅:73.55mm
厚さ:8.2mm
重量約163g
RAM4GB
ROM128GB
アウトカメラ約1,300万画素+
約200万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー容量3,400mAh
生体認証指紋・顔
防水・防塵-
おサイフケータイ-

HUAWEI nova lite3+は、2020年5月に発売されたHUAWEIのスマホです。

1万円台で購入できる格安スマホでありながら、ポートレート撮影が可能なAI搭載のデュアルカメラや6.21インチの大画面、128GBの大容量ROMなど、機能が充実しています。

価格重視の人におすすめの機種です。

7位:ZenFone 7

zenfone 7

画像引用元:ZenFone 7 Series|ASUS Store

ZenFone 7のスペックは下記の通りです。

ZenFone 7のスペック
ストレージ128GB
サイズ
(幅×高さ×厚み)
77.2mm × 165mm × 9.6mm
質量235g
ディスプレイ6.67インチ 有機EL
CPUSnapdragon™ 865
オクタコア
RAM8GB
カメラ6,400万画素:広角カメラ
1,200万画素:超広角カメラ
800万画素:望遠カメラ
生体認証指紋
バッテリー5,000mAh

ZenFone 7には、前面・背面カメラの両方を担うことができる電動駆動式のフリップカメラが搭載されています。

そのため、本来は画質や性能が劣ることが多い前面カメラですが、ZenFone 7では前面でも背面と同じ性能のカメラが利用できます。

6,400万画素のメインカメラ、1,200万画素の超広角カメラ、光学3倍・デジタル12倍のズームが可能な望遠カメラの3つを、両面で使うことができるのです。

8位:moto g PRO

moto g PRO

画像引用元:moto g pro | モトローラ公式オンラインストア

moto g PROのスペック表は下記の通りです。

moto g PRO
ディスプレイ6.4インチ
本体サイズ高さ:158.55 mm
幅:75.88 mm
厚さ:9.2 mm
重さ約192g
アウトカメラメイン:4,800万画素
マクロ:200万画素
超広角:1,600万画素
インカメラ1,600万画素
バッテリー4,000mAh
RAM4GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 665
OSAndroid 10.0
認証指紋
カラーミスティックインディゴ

専用のタッチペンが搭載されており、スマホの画面でメモを取ったりイラストを描くことが可能です。

また、ゲームアプリなどタッチペンで操作することによって、スライドやタッチなどの誤操作を防ぐことができます。

9位:HUAWEI P40 lite 5G

HUAWEI P40 lite 5G

画像引用元:HUAWEI P40 lite 5G | ファーウェイ・ジャパン

HUAWEI P40 lite 5Gのスペック表は下記の通りです。

HUAWEI P40 lite 5Gのスペック
サイズ
(幅×高さ×厚み)
75mm × 162.3mm × 8.58mm
重さ189g
カラースペースシルバー
ミッドナイトブラック
クラッシュグリーン
ディスプレイ6.5インチ
CPUKirin820
オクタコア
RAM6GB
ストレージ128GB
アウトカメラメイン:6,400万画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
インカメラ1600万画素
バッテリー4,000mAh
生体認証指紋

HUAWEI P40 lite 5Gは5Gに対応したHUAWEI P40シリーズの廉価モデルです。

ただし、IIJmioで5Gを使うことはできません。

最大6,400万画素のAIクアッドカメラが搭載されており、広角やマクロ撮影、ポートレートなど、さまざまな撮影シーンで重宝できます。

また、画面占有率90.3%のほぼベゼルレスのフルスクリーンディスプレイなので、動画を視聴する時も圧倒的な没入感を楽しめます。

10位:moto e6s

moto e6s

画像引用元:モトローラ公式オンラインストア

moto e6sのスペック表は下記の通りです。

moto e6s
ディスプレイ6.1インチ
本体サイズ高さ:155.6 mm
幅:73.0 mm
厚さ:8.5 mm
重さ約160g
アウトカメラメイン:1,300万画素
深度センサー:200万画素
インカメラ500万画素
バッテリー3,000mAh
RAM2GB
ROM32GB
CPUMediaTek Helio P22
OSAndroid 9.0
認証指紋
カラーメトログレー・エレキピンク

幅がスリムな縦長サイズなので、6.1インチの大画面でも片手で扱いやすいサイズ感です。

また、重さも約160gと軽量なので、長時間使っていても疲れにくいというメリットもあります。

IIJmioでスマホをセット購入する手順

LG style3中身
IIJmioでスマホを購入するときの手順を画像付きで解説します。

初めての人でもわかりやすくするために、新規契約と合わせてスマホを購入する方法をピックアップしました。

参考にしながら、申し込み手続きをしてみてください。

  1. 端末一覧の中から欲しいスマホの「お申し込みはこちら」をタップ
    IIJmioでスマホを購入する1
  2. カラーを選択
    IIJmioでスマホを購入する2
  3. 端末補償オプションの有無を選択
    IIJmioでスマホを購入する3
  4. スマホの支払い方法を選ぶ
    IIJmioでスマホを購入する4
  5. 端末購入内容を選択し、画面下の「次へ」に進む
    IIJmioでスマホを購入する5
  6. 事前支払いの有無を選択し「次へ」
    IIJmioでスマホを購入する6
  7. プランを選択
    IIJmioでスマホを購入する7
  8. SIMの枚数を選択し「次へ」
    IIJmioでスマホを購入する8
  9. SIMの利用者を選択
    IIJmioでスマホを購入する9
  10. ドコモ回線 or au回線を選択
    IIJmioでスマホを購入する10
  11. SIMカードの種類を選択
    IIJmioでスマホを購入する11
  12. 通話定額の有無を選択
    IIJmioでスマホを購入する12
  13. 現在の携帯番号をそのまま使うかを選択し「次へ」
    IIJmioでスマホを購入する13
  14. 初めに選択した機種とカラー、補償の有無を確認し「次へ」
    IIJmioでスマホを購入する14
  15. 入力項目に間違いがないかを確認し「オプションを選ぶ」に進む
    IIJmioでスマホを購入する15
  16. 必要なオプションを選択
    IIJmioでスマホを購入する16
  17. 「重要説明事項」と「個人情報取扱に関する事項」をそれぞれタップ
    IIJmioでスマホを購入する17
  18. 内容を確認し「同意する」をタップ
    IIJmioでスマホを購入する18
  19. それぞれにチェックマークが付いたあとに「お申し込みに進む」
    IIJmioでスマホを購入する19
  20. mioIDの有無を選択
    IIJmioでスマホを購入する20
  21. 持っていない場合はメールアドレスを入力して「メールを送信」
    IIJmioでスマホを購入する21
  22. メールに記載の認証コード入力しパスワードを決める
    IIJmioでスマホを購入する22
  23. 契約者の氏名・生年月日・住所などを入力
    IIJmioでスマホを購入する23
  24. クレジットカード情報を入力し画面下の「次へ」
    IIJmioでスマホを購入する24
  25. 本人確認書類を選び「撮影・アップロード」から書類の画像を選択
    IIJmioでスマホを購入する25
  26. 契約内容や料金を確認後、申し込み前のチェックを入れる
    IIJmioでスマホを購入する26
  27. 「申し込む」をタップで手続き完了
    IIJmioでスマホを購入する27

IIJmioでスマホを購入する際の注意点

IIJmioの端末補償サービス

画像引用元:SIMフリースマートフォン端末ラインアップ|格安SIM/格安スマホのIIJmio

IIJmioでスマホを購入するときに注意しておきたいポイントがあります。

ここでは4つの注意点を挙げてみました。

IIJmioでスマホを購入する際の注意点
  • 端末補償サービスは購入時のみしか加入できない
  • スマホのラインナップは多いが在庫切れの場合もある
  • iPhoneは新品ではない
  • 新規契約や乗り換えのときはクレジットカードが必須

それぞれ解説していきますので、気をつけながら購入手続きをしていきましょう。

端末補償サービスは購入時のみしか加入できない

端末補償サービスとは、画面割れや水濡れ、全損・部分破損のトラブルが起こったときに端末を交換できるサービスです。

対象になるのは新品のスマホで、購入手続きをするときでないと加入できません。

端末補償サービスのポイント
  • 新品のスマホが対象
  • 月額料金は418円、もしくは550円
  • 補償を受けるときに1回目は5,500円、2回目は8,800円の交換代金がかかる

月額料金と補償を受けるときの交換代金はかかります。

しかし、万が一のときにスマホを買い直すより負担はかかりません

どんなトラブルに見舞われるかわからないため、購入してしばらくは加入しておくことをおすすめします。

スマホのラインナップは多いが在庫切れの場合もある

スマホのラインナップは33機種もあり、とても選びがいがあります。

けれども、常時すべてのスマホの在庫が潤沢にあるわけではありません。

特にキャンペーン対象になっている人気のスマホは、在庫切れになってしまう可能性があるので気をつけましょう。

欲しいスマホを見つけたら、こまめに在庫をチェックして、あまり時間を開けずに購入するのが良いかもしれません。

iPhoneは新品ではない

IIJmioにはiPhoneの取り扱いがあります。

ただし、新品ではなく、キレイな状態の未使用品や傷の少ない美品です。

さらに付属品はなく、本体だけの提供となります。

本体の容量やカラーも希望のものがない場合もあるので、IIJmio公式サイトで確認は必須です。

どうしても新品のiPhoneが欲しい場合は、IIJmioではない場所で購入する方法を検討してみてください。

新規契約や乗り換えのときはクレジットカードが必須

IIJmioでスマホを購入し、毎月の料金を支払いしていくには、クレジットカードの設定が必要です。

デビットカードやプリペイドカードは使えません。

IIJmioに対応しているクレジットカード
  • JCB
  • VISA
  • DC
  • UC
  • UFJ
  • アメリカンエキスプレス
  • マスター
  • ダイナース
  • SAISON
  • イオンクレジット

新規契約や乗り換えのときは、上記のクレジットカードを用意した上で、手続きをしましょう。

IIJmioでお得にスマホを購入しよう!

IIJmioのiPhone

画像引用元:iPhone+IIJmio利用ガイド | IIJmio

IIJmioでスマホを選ぶポイントや注意点をお伝えするとともに、ランキングでおすすめスマホを紹介しました。

ここでもう一度、お伝えしたランキングを振り返ってみましょう。

お得に購入できるコスパの良いスマホから、ハイスペックなものまで揃えられています。

取り扱い機種が豊富なIIJmioなら、あなたの使い方や好みにあったスマホがきっと見つかるでしょう。

ランキングも参考にしながら、新しいスマホを購入してみてください。

【2021年1月】格安SIMおすすめランキング|速度・料金を比較した厳選10社

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

2021年格安SIMおすすめランキング