iPhone 7を取り扱う格安SIMが増加!UQ・BIGLOBE・ワイモバイル

iPhone 7を取り扱う格安SIMが増加!UQ・BIGLOBE・ワイモバイル

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナー

多くのユーザーを虜にし続けるiPhoneですが、一つ弱点があるとすれば、平均的なAndroid端末に比べて、価格帯が若干高い設定となっている事が挙げられます。

毎月のスマホの使用料金を極力抑えるために、おすすめな方法として格安SIMでのiPhonePhの利用を提案します。

今回はiPhoneをセット販売している格安SIM業者であるMVNO業者の中から、UQ・BIGLOBE・ワイモバイルを中心にご紹介していきます。

トップ画像引用元:iPhone 7とiPhone 7 Plusを購入する – Apple(日本)

1 格安SIMとセットで購入可能なiPhone 7

前提として最初に押さえておきたいのは、格安SIMとのセットで購入できるiPhoneには現在「7・6s・SE」といったラインナップになっています

iPhone 7に関しては、2018年12月になってから格安SIM業者でのセット販売が相次いで開始されました。

実は2018年2月にはある1つの格安SIM業者が先立って販売をしていたのをご存知でしょうか?それは「mineo」です。

それまでの格安SIM業者で取り扱っていたiPhoneというと、「iPhone 6s」や「iPhone SE」といったiPhone 7以前の古い機種のみでした。

当初はmineoが格安SIM業者で初めてiPhone 7の取り扱いを始めた事で話題ともなりました。

ちなみに、mineoは2018年12月から他社に先駆けてiPhone 8の販売を開始しています。

iPhone 7でもヘビーユーザーでなければ問題なし

iPhone 7は最新のiPhoneと比べればスペック、機能面で劣りますが、生活する上で普通に使う限りスペックに不自由することもありません。

最新のiPhoneも保有しながらも、サイズ感の好みでiPhone SEなどに格安SIM会社と契約して利用しているユーザーもいますので、全く問題はありません。

さらにiPhoneの古い機種に追い風となっているのは、Appleが最新のiOS12でiPhone5sまでサポートすることを発表し、サポートも充実しているという現状もあります。

なにより、ユーザーにとって大きなメリットとなるのは、その価格帯にもあります。

最新の現行モデルのスペック・機能などを調べてみて自分には不必要となればコスパを重視して型落ちのiPhoneを使用するのも最善策となり得ます。

iPhone 7に関しては、Apple Pay・防水機能をはじめとした最新のiPhoneにも搭載されている機能が網羅されいます。

項目スペック詳細
液晶画面
解像度
1,334 x 750
4.7インチ
326ppi
3DTouch

高さ
厚み
67.1mm
138.3mm
7.1mm
重量138g
システムチップApple A10 Fusion
組み込み型
M10モーションコプロセッサ
容量32/128/256GB
※ジェットブラックは32GBなし
メインカメラ
有効画素数
1,200万画素
f1.8
最大5倍のデジタルズーム
インカメラ
有効画素数
700万画素
1080p HDビデオ
f2.2
ビデオ撮影4K撮影(30fps)
1,080p 30fps・60fps
SIM規格nano-SIM
カラーカラー ローズゴールド
シルバー
ゴールド
ブラック
ジェットブラック
RED(PRODUCT RED)
コネクタLightningコネクタ
ヘッドホンジャックなし
LTE4G LTE-Advanced
(最大450Mbps)
Bluetooth4.2
Touch ID第2世代
タッチ式
Apple PayTouch IDを使った店頭、アプリ内、ウェブでの支払い
防水/防塵IP67

2 格安SIM業者各社のiPhoneの実質価格の現状

ここでは、ユーザー誰しもが気になる格安SIM業者で取り扱っているiPhoneの実質価格をまとめて比較をしていきます。

2-1 iPhone 7以外のiPhoneの実質価格

画像引用元:iPhone 6s – 技術仕様

まずはiPhone 7以前のモデルである「iPhone 6s・SE」の各社の実質価格をみていきます。

各社各モデルの実質価格は下記の表の通りです。

iPhone SEの価格

※16GBの取り扱いはありません。

MVNO32GB128GB購入
UQ mobile10,476円13,068円UQモバイル公式ショップ
BIGLOBE モバイル15,600円30,800円BIGLOBEモバイル公式ショップ
Y!mobile9,800円19,800円Y!mobile公式ショップ

iPhone 6sの価格

※16GB/64GBの取り扱いはありません。

MVNO32GB128GB購入
UQ mobile26,028円38,988円UQモバイル公式ショップ
BIGLOBE モバイル31,200円43,200円BIGLOBEモバイル公式ショップ
Y!mobile24,500円36,500円Y!mobile公式ショップ

実質価格ではUQmobile・Y!mobileが強い

上記の表の通り、業界でもいち早くiPhone 6s・SEでのセット販売を導入してきた、UQmobileとY!mobileが実質価格では他よりも優位である事が分かります。

Apple storeで購入するよりも安く購入できるのも格安SIM業者の強みとなっています。

気になる通信速度に関しても、UQmobileとY!mobileでは、一般にスマホの利用が活発になる昼時の混雑時などでも他の格安SIMと比べても速いとの評価を得ています。

  • 通信速度も速い
  • 実質価格も他より安い

と、早い段階からiPhoneを取り扱っている格安SIM業者ならではといったパフォーマンスと価格設定であると言えます。

iPhoneのセット購入を検討しているユーザーにおすすめする場合にも安心なのは、まずこの2社が候補として挙げられるほどです。

新型iPhoneを格安SIMで使いたい|お得なおすすめMVNOとその理由

次のページでは、格安SIM会社でiPhone 7の購入価格を調べてみましたので紹介します。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナーワイモバイルバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ