iPhone 7を取り扱う格安SIMが増加!UQ・BIGLOBE・ワイモバイル

iPhone 7を取り扱う格安SIMが増加!UQ・BIGLOBE・ワイモバイル

多くのユーザーを虜にし続けるiPhoneですが、一つ弱点があるとすれば、平均的なAndroid端末に比べて、価格帯が若干高い設定となっている事が挙げられます。

毎月のスマホの使用料金を極力抑えるために、おすすめな方法として格安SIMでのiPhonePhの利用を提案します。

今回はiPhoneをセット販売している格安SIM業者であるMVNO業者の中から、UQ・BIGLOBE・ワイモバイルを中心にご紹介していきます。

トップ画像引用元:iPhone 7とiPhone 7 Plusを購入する – Apple(日本)

1 格安SIMとセットで購入可能なiPhone 7

前提として最初に押さえておきたいのは、格安SIMとのセットで購入できるiPhoneには現在「7・6s・SE」といったラインナップになっています

iPhone 7に関しては、2018年12月になってから格安SIM業者でのセット販売が相次いで開始されました。

実は2018年2月にはある1つの格安SIM業者が先立って販売をしていたのをご存知でしょうか?それは「mineo」です。

それまでの格安SIM業者で取り扱っていたiPhoneというと、「iPhone 6s」や「iPhone SE」といったiPhone 7以前の古い機種のみでした。

当初はmineoが格安SIM業者で初めてiPhone 7の取り扱いを始めた事で話題ともなりました。

ちなみに、mineoは2018年12月から他社に先駆けてiPhone 8の販売を開始しています。

iPhone 7でもヘビーユーザーでなければ問題なし

iPhone 7は最新のiPhoneと比べればスペック、機能面で劣りますが、生活する上で普通に使う限りスペックに不自由することもありません。

最新のiPhoneも保有しながらも、サイズ感の好みでiPhone SEなどに格安SIM会社と契約して利用しているユーザーもいますので、全く問題はありません。

さらにiPhoneの古い機種に追い風となっているのは、Appleが最新のiOS12でiPhone5sまでサポートすることを発表し、サポートも充実しているという現状もあります。

なにより、ユーザーにとって大きなメリットとなるのは、その価格帯にもあります。

最新の現行モデルのスペック・機能などを調べてみて自分には不必要となればコスパを重視して型落ちのiPhoneを使用するのも最善策となり得ます。

iPhone 7に関しては、Apple Pay・防水機能をはじめとした最新のiPhoneにも搭載されている機能が網羅されいます。

項目スペック詳細
ディスプレイサイズ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.3mm
幅:67.1mm
厚み:7.1mm
重さ138g
アウトカメラ1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリー1,960mAh
RAM2GB(非公式)
ROM32GB・128GB
CPUApple A10 Fusion
OSiOS10
認証指紋
インターフェースLightningコネクタ
ヘッドホンジャックなし
Apple Pay使用可能
カラージェットブラック・ブラック・ローズゴールド・ゴールド・シルバー・(PRODUCT)RED

2 格安SIM業者各社のiPhoneの実質価格の現状

ここでは、ユーザー誰しもが気になる格安SIM業者で取り扱っているiPhoneの実質価格をまとめて比較をしていきます。

2-1 iPhone 7以外のiPhoneの実質価格

画像引用元:iPhone 6s – 技術仕様

まずはiPhone 7以前のモデルである「iPhone 6s・SE」の各社の実質価格をみていきます。

各社各モデルの実質価格は下記の表の通りです。

iPhone SEの価格

※16GBの取り扱いはありません。

MVNO32GB128GB購入
UQ mobile10,476円13,068円UQモバイル公式ショップ
BIGLOBE モバイル15,600円30,800円BIGLOBEモバイル公式ショップ
Y!mobile9,800円19,800円Y!mobile公式ショップ

iPhone 6sの価格

※16GB/64GBの取り扱いはありません。

MVNO32GB128GB購入
UQ mobile26,028円38,988円UQモバイル公式ショップ
BIGLOBE モバイル31,200円43,200円BIGLOBEモバイル公式ショップ
Y!mobile24,500円36,500円Y!mobile公式ショップ

実質価格ではUQmobile・Y!mobileが強い

上記の表の通り、業界でもいち早くiPhone 6s・SEでのセット販売を導入してきた、UQmobileとY!mobileが実質価格では他よりも優位である事が分かります。

Apple storeで購入するよりも安く購入できるのも格安SIM業者の強みとなっています。

気になる通信速度に関しても、UQmobileとY!mobileでは、一般にスマホの利用が活発になる昼時の混雑時などでも他の格安SIMと比べても速いとの評価を得ています。

  • 通信速度も速い
  • 実質価格も他より安い

と、早い段階からiPhoneを取り扱っている格安SIM業者ならではといったパフォーマンスと価格設定であると言えます。

iPhoneのセット購入を検討しているユーザーにおすすめする場合にも安心なのは、まずこの2社が候補として挙げられるほどです。

新型iPhoneを格安SIMで使いたい|お得なおすすめMVNOとその理由

次の章では、格安SIM会社でiPhone 7の購入価格を調べてみましたので紹介します。

3 格安SIM会社でiPhone 7の購入価格を調べてみた

画像引用元:iPhone | UQ mobile

ここまで、iPhone 7以外のモデルの各社の実質モデルをみてきましたが、ここではiPhone 7の各社実質価格と合わせて各社の特徴も合わせて見ていきます。

3-1 UQモバイルでiPhone 7を購入する

モデル名容量実質負担額カラー
iPhone 732GBプランM/L:31,700円
プランS:43,700円
ブラック
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
128GBプランM/L:43,700円
プランS:55,700円

UQモバイルが販売するiPhone 7は全て、正規のルートで卸される正真正銘の新品となります。

大手キャリア同様、SIMロックがかかっているものの、条件さえ満たせばSIMロックの解除も可能です。

メーカー保証1年がついて、もちろんAppleCareへの加入もできます。

iPhoneの購入の際に適用となる割引施策「マンスリー割」の加入には、

  • おしゃべりプラン
  • ぴったりプラン

のいずれかの契約が必要となります。

iPhone 7の場合では、月額基本料金が一番安いプランSに加入した場合には「マンスリー割」の割引額が減額されますので注意が必要です。

2019年11月11日追記
  • おしゃべりプラン・ぴったりプランの新規受付は終了しております

3-2 ワイモバイルでiPhone 7を購入する

モデル名容量実質負担額カラー
iPhone 732GBプランM/L:31,700円
プランS:43,700円
ブラック
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
128GBプランM/L:43,700円
プランS:55,700円

※上記表の料金は、新規・MNPで購入した際の料金。

機種変更での購入の際、分割払いの場合には割引額が12,000円(500円 x 24ヶ月)減額となるので注意が必要です。

こちらもUQモバイルと同様で、ワイモバイルもiPhoneの流通ルートは正規ルートでの新品です。

SIMロックがかかり、条件を満たせばSIMロックの解除も可能で、メーカー保証1年がついてAppleCareへの加入も可能とUQモバイルと同様となります。

割引後の実質負担額はUQモバイルと同額なので、どちらで購入するか検討中のユーザーには、料金プラン・サービス内容をみて、どちらかを選択することをおすすめします。

3-3 BIGLOBEモバイルでiPhone 7を購入する

画像引用元:【公式】格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル

モデル名容量実質負担額カラー
iPhone 732GB31,200円ブラック
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
128GB43,200円

BIGLOBEモバイルでは以前から、国内版ではなく海外版の新品や整備済みのリフレッシュ品と呼ばれる端末のiPhoneを販売していました。

しかし、KDDIによる買収によって現在は正規品のiPhoneを販売しています。メーカー保証1年、もちろんAppleCareへの加入も可能です

iPhoneの機種代金は24回の分割払いで、25,200円(1,050円 x 24ヶ月)の割引が適用され、iPhoneの購入の際には、au回線を利用するプラン「タイプA」の契約が必要です。

ドコモ回線を利用する「タイプD」での契約はできませんので注意が必要です。

4 iPhone購入時に利用可能なキャンペーン

格安SIM業者でiPhoneを購入する際に、さらにお得に購入が可能となるキャンペーンを行なっている業者もあります。

購入を検討の際には、その時に行われているキャンペーンや割引施策などもチェックすることで、最大限のお得を手に入れる事が可能となります。

ここで紹介する2つのキャンペーンは、適用条件を満たせばかなり強力な割引キャンペーンとなっていますので、チェックしておいて損はありません

4-1 BIGLOBEモバイルで最大26,794円相当の特典

現在、通話SIMのキャンペーンで目立ったキャンペーンをしているのが、BIGLOBEモバイルです。

キャッシュバック・月額割引に加えて、初期費用3,394円も無料となる破格のキャンペーンとなっています。

条件は以下となっています。

キャンペーン内容
キャンペーン期間2019年2月3日まで
対象データ量3、6、12、20、30GB

限定特典の対象は、3ギガ以上のセレクトプラン・音声通話SIMのみとなっています。

また、対象端末であるP20liteなどを選んだ場合には、月額料金の支払いに使えるGポイントを5,000Gポイントももらえます。

他にも、月額料金は初月無料に加えて紹介コード使用でさらに追加で1ヶ月無料になります。

  • 通話SIMのみでは14,594円分の特典
  • 通話SIMと端末セットは最大26,794円分の特典
  • データSIMと端末セットだと最大7,200円分の特典

がもらえるキャンペーンとなっています。

キャッシュバックに関しては、契約から12ヶ月目に口座指定の案内メールが届きますので、その後キャッシュバック4,000円を受け取るといった流れです。

最大26,794円相当の特典の内訳

  • 初期費用3,394円が無料
  • キャッシュバック:4,000円 (クーポンコード、EFCの入力が必要)
  • 端末(アシストパック)料金月額割引:450円x24ヶ月間(合計10,800円)
  • 「P20lite」「nova3」「ZenFone5」とのセット購入の場合には5000Gポイントをプレゼント(1Gポインは1円換算で月額料金の支払いなどに使用可能) ※iPhone 7は対象外

4-2 UQモバイルで最大13,000円のキャッシュバック+合計1万円〜3万円の月額割引

2019年11月11日追記
  • おしゃべりプラン・ぴったりプランの新規受付は終了しております

UQモバイルでは、キャシュバックに加え、おしゃべりプラン・ぴったりプランとセットでスマホを購入した場合、スマホの月額割引(マンスリー割)がもらえます

月額割引は2年間で合計1万円〜3万円程の割引となります。

条件は以下となります。

キャンペーン内容
キャンペーン期間未定
キャンペーン対象おしゃべりプラン・ぴったりプランと同時にセットで端末を購入

おしゃべりプラン・ぴったりプランは2年契約の自動更新プランとなります。

2年経過後、機種変更をしない場合には、無料で使えるデータ量が3分の2に減ってしまいますので注意が必要です。

このキャンペーンは、キャンペーンページ外の他のページから契約の申し込みをしてしまうと、適用されませんので要注意です。

また本キャンペーンでは、おしゃべりプラン・ぴったりプラン同様、選択するプランにより受け取れるキャッシュバック額が変わります。

キャッシュバック額は下記の通りです。

対象プランキャッシュバック
おしゃべりプラン・ぴったりプランS(3GB/月)10,000円
おしゃべりプラン・ぴったりプランM(9GB/月)11,000円
おしゃべりプラン・ぴったりプランL(21GB/月)13,000円

※キャッシュバックの受け取りは、契約してから4ヶ月目になります。

5 iPhone 7を格安SIM会社で契約してお得なスマホライフを

今回は格安SIM業者で続々と取り扱いを開始したiPhone 7を取り上げて詳しく見てきました。

人気機種のiPhoneでしかも現行の機種からそれほど古くないiPhone 7が格安で登場した事で、格安SIM業者での契約も多くなってくるのは間違いないでしょう。

格安SIM会社でiPhone 7を契約するメリット
  • 格安SIMとセットでiPhone 7がお得に購入できる
  • 取り扱い格安SIM業者も多数
  • 今ならキャンペーン適用で更にお得

せっかく、料金を抑えた格安SIM業者で契約するのですから、利用可能なキャンペーンを利用して、限界いっぱい割引を受けてお得に購入する方法を検討してみましょう。

携帯の乗り換えで損する人の特徴|格安SIMへ乗り換えの良し悪しを解説

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ