Wi-Fi中継器を利用して電波強度を上げ届く範囲も拡大させる方法

Wi-Fi中継器を利用して電波強度を上げ届く範囲も拡大させる方法

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

昨今ではスマホの通信量削減の為に、自宅にWi-Fiルーターを設置する家庭は珍しくありません。

しかし、広い敷地や階層をまたぐと電波が入らない事もあってもどかしい思いをすることがあります。

「自室ではWi-Fiルーターの電波が入らない」という現象を改善する為には、Wi-Fi中継器を使用して電波強度の上昇と電波範囲の拡大を目指すのがポピュラーです。

今回はWi-Fi中継器を使ってWi-Fiの電波が入りやすくなり、状況を改善する方法を紹介します。

Wi-Fi中継器を使って電波の入りを良くする方法
  • 今使っているWiFiの『WPS対応の有無』『使用電波帯』を調べる
  • 使用電波帯にあったWi-Fi中継器を選ぶ
  • Wi-Fiから遠すぎず近すぎずの位置に中継器を設置する

そもそもWi-Fi中継器とは何か?

バッファローの中継器

画像引用元:今のWi-Fiエリアを中継して拡げる!中継機特集 | バッファロー

Wi-Fiルーターはよく知られている機械ですが、Wi-Fi中継器はあまりメジャーではないのでご存じでない方も少なくありません。

まずは、「Wi-Fi中継器とはどんな機械なのか」「どういった用途で利用されるのか」を紹介します。

コンセントに挿してWi-Fiの電波を中継する機器

Wi-Fi中継器とは文字通りWi-Fiの電波を中継する機器の事を表し、中継された際には電波強度を強くしたり電波範囲の拡大が期待できるものです。

大きさはとてもコンパクトなサイズで、スティックタイプのUSBドライブ程度の物もあればHDDドライブ程の大きなサイズもあります。

Wi-Fi中継器は、基本的にコンセントにつないで給電するので「どこに設置するか?」が重要で、上手くWi-Fiの電波を中継できるかはセンスが問われます。

敷地が広い、階層を隔てると一気に電波が悪くなる際に利用される

Wi-Fi中継器は敷地の広い家屋や複数階の建造物で、Wi-Fi電波の届く範囲を広げる為に利用されています。

Wi-Fiから発する電波は距離が離れると電波強度が弱くなる仕組みで、更にコンクリート等で反射させられるとうまく受信できません。

そこでWi-Fi中継器を用いてWi-Fiの電波を再強化させ電波を届く範囲を広げていく、という機能を持っているのです。

Wi-Fi中継器を利用して電波強度を強く・電波範囲を拡大させるポイント

Wi-Fi中継器を利用すると今まで以上に電波が届く範囲を広げられますが、利用する前に以下の3点は抑えておいた方が無難です。

Wi-Fi中継器を利用するポイント

  • 親機のWi-FiルーターがWPSに対応しているか
  • Wi-Fi中継器のWi-Fi電波帯が対応しているか
  • 範囲の広いWi-Fi中継器を選ぶ

各項目について詳しく説明していきます。

親機のWi-FiルーターがWPSに対応しているか調べる

まず現在使っている親機となるWi-FiルーターがWPS(正式名称:Wi-Fi Protected Setup)に対応しているか否かをWi-Fiルーターの取扱説明書で調べておきましょう。

WPSに対応している場合は以下の名称で設定されている事が多いようです。

  • WPSボタン
  • 機能ボタン
  • 無線設定ボタン
  • らくらくスタート(Atermシリーズに多い)
  • AOSSボタン(AirStationシリーズに多い)

WPSに対応している場合は下記のプッシュボタン方式の設定方法で、Wi-Fi中継器と親機のWi-Fiルーターを接続できるようになっているようです。

  1. Wi-Fi中継器のWPSボタンを押下
  2. Wi-FiルーターのWPSボタンを押下(タッチパネル式モバイルルーターならWPSボタン押下対応の操作を行う)
  3. 約2~5分程待つ
  4. Wi-Fi中継器側で接続確認できて完了

機器によっては1と2の手順が逆になる事もありますが、概ね以上の手順でWi-Fi中継器を接続できます。

Wi-FiルーターはほとんどがWPS対応なのであまり気にする点ではありませんが、WPSに対応していないWi-Fiルーターの場合、手動でWi-Fi中継器と接続するようになります。

Wi-Fi中継器のWi-Fi電波帯が対応しているか調べる

  • IEEE.802.11.ac 5GHz
  • IEEE.802.11.n.2.4GHz

上記は2019年の時点で主流のWi-Fi電波帯で、現在使っているWi-FiルーターがどのようなWi-Fi電波帯に対応しているのかも調べておきましょう。

802.11.acは2014年1月、802.11.nは2009年9月に策定されたWi-Fiの規格なので2019年時点ではほぼ対応していると思われます。

ただ、あまりに古いWi-Fiルーターだと規格が合っていない可能性もありますので、万が一の為にもWi-Fiルーターの対応電波帯も上記2つに対応しているか調べておきましょう。

こちらもWPS同様に取扱い説明書に記載されているかと思われます。

範囲の広いWi-Fi中継器を選ぶ

WiFi中継器

画像引用元:今のWi-Fiエリアを中継して拡げる!中継機特集 | バッファロー

Wi-Fi中継器と一口で言っても様々な形状があり、中にはアンテナが付いていたり電波強度の強い機種や電波範囲を拡大する機種もあります。

どのWi-Fi中継器を選ぶべきか迷うかもしれませんが、WPSに対応しておりWi-Fi電波帯に合っているWi-Fi中継器なら電波範囲の広いWi-Fi中継器を選びましょう。

モデルやメーカーによっては、届く範囲を記載しているWi-Fi中継器もあるのでそちらを参考にするのもおすすめです。

Wi-Fi中継器の設置場所にも気を付けよう

Wi-Fi中継器でWi-Fiの電波範囲を広げるには、Wi-Fi中継器を設置する場所にも気を付けなければいけません。

Wi-Fi中継器はコンセントに差し込むタイプがほとんどです。

そのため設置できる場所は必然的にコンセントのある場所になります。

延長コードを使って範囲を伸ばす事は可能ですが、延長コードが長すぎると親機のWi-FiからWi-Fi中継器にまず電波が届かないのでご注意下さい。

Wi-Fi中継器でカバーできるのは約30mの電波範囲が目安

Wi-Fi中継器でカバーできる電波範囲はWi-Fi中継器にもよりますが、半径30m以内をカバーできるタイプが多く見受けられます。

Wi-Fi中継器によっては30m以上のものもあれば、別表記として2部屋分のカバーや1つの階であればカバーできると記載されている物もあります。

基本的に電波範囲の広いWi-Fi中継器を選ぶのがベターですが、電波範囲が広ければその分価格も上昇する傾向にあるのでその辺りはお財布と要相談です。

効率よく設置できる位置を探すのも大事

Wi-Fi中継器を設置する場所が大事という事は既にお伝えした通りですが、1台のWi-Fi中継器でWi-Fiの電波を届けるには効率を重視して設置しましょう。

1つの設置場所の目安としては『Wi-FiルーターとWi-Fiの電波の届かない地点の中間地点にWi-Fi中継機器』を設置>する方法があります。

中間地点の近くにコンセントを探して設置し電波状況が改善すれば良し、電波強度が弱いか接続がプツプツと切れるなら以下の方法を試してみましょう。

  • 延長コードを設置してWi-Fi中継機器の距離を調整する
  • Wi-Fi中継器のアンテナの向きを調整する(アンテナがある場合のみ)
  • Wi-Fi中継器の設置場所を変更する

Wi-Fi中継器はWi-Fiルーターから近過ぎず遠過ぎずの位置に設置するのがコツなので、広い家屋や複数階に分かれている建物だと設置場所に少し頭を捻るかもしれません。

スマホ・パソコンを自宅でWiFiに接続する手順|パスワードはここ!

次のページでは、Wi-Fi中継器の価格はいくらぐらいか、ということを紹介します。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

どんなときもwifi
この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ