iOSのバージョンを確認する方法や手順を初心者にも分かりやすく解説

iOSは最新のものを使っていますか?iPhoneの機能の大事な役割を果たすiOSは、iPhoneの使いやすさや機能だけでなく、セキュリティにも大きく関わります。そこで本記事はiOSのバージョン確認の方法やなぜ最新バージョンを使うべきなのかなど、わかりやすく解説しました。
  • 2021年8月14日
  • by.affiprecious

iOS15

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneを利用していると、突然「iOSのアップデート」を促されることがあります。

そのようなとき、そのままアップデートできれば良いのですが、外出中などはそうもいきませんよね。

とはいえ、やはりiOSはできるだけ最新にしておくことが望ましいです。

本記事では、iOSのバージョンを確認・アップデートする方法と、iOSを最新にする理由について詳しく解説していきます。

トップ画像引用元:iOS 15 Preview – Apple

iPhoneでiOSのバージョンを確認する方法

iOS14の機能

画像引用元:iOS 14 – Apple

まずは、自分のiPhoneのバージョンを確認する手順を見ていきましょう。

  1. iPhoneのホーム画面から「設定」アプリをタップ
    iOS確認方法
  2. 設定画面から「一般」をタップ
    iOS確認方法
  3. 一般画面から「情報」をタップ
    iOS確認方法
  4. 「システムバージョン」が、現在iPhoneにインストールされているiOSのバージョン
    iOS確認方法

iOSのアップデート手順

iOSのバージョンを確認し、最新でない場合はアップデートをした方が良いでしょう。

そこで、ここからはiOSのアップデート手順について解説します。

  1. iPhoneのホーム画面から「設定」アプリをタップ
    iOS確認方法
  2. 設定画面から「一般」をタップ
    iOS確認方法
  3. 一般画面から「ソフトウェア・アップデート」をタップ
    iOS確認方法
  4. このように表示された場合、最新版のiOSがインストールされている
    iOS確認方法

逆に、アップデートを促された場合は、iOSが最新版ではありません。

そのままアップデートすることをおすすめします。

iPhoneのiOSはなぜ最新化した方が良いのか

「iOSのバージョンは最新にするべき」と、至る所で言われていますよね。

ところがiOSのバージョンは、自動的には最新化されません。必ずユーザーの操作が必要になります。

上の解説で見たとおり、操作自体は決して難しくありません。しかし、アップデートが完了するまでに数十分かかることもあり、時と場合によってはちょっと煩わしいものです。

では、なぜiOSのバージョンは最新に保つべきなのでしょうか。

それには下記の理由があるためです。

iOSを最新に保つべき理由
  • セキュリティの強化
  • 不具合の修正ができる
  • 最新の機能を追加・利用できる
  • アプリとの親和性
  • 通信回線の安定

セキュリティの強化

iOSを最新の状態に保った方が良い最大の理由は、この「セキュリティの強化」にあります。

iOSは堅牢なセキュリティ機能を持っていることで有名です。しかし、そのセキュリティ機能もいつかは破られます。

その直後、iOSはさらに強力なセキュリティ機能を用意するはずですが、それもまたいつかは破られるでしょう。

このように、iPhoneのセキュリティ機能は、常に守る側と攻める側のいたちごっこを繰り返しています。

iOSのアップデートは、そんなiPhoneのセキュリティ機能が破られたとき、それにいち早く対処するための手段のひとつなのです。

つまり、iOSを最新に保つことは自分のiPhoneを、ひいては自分の身を守ることに繋がります。

ネット犯罪はいつ起こるかわかりません。自分の身を守るためにも、iOSは最新の状態を保つよう心がけたいですね。

不具合の修正ができる

iOSでは稀に不具合が発生し、正常に動作してくれないことがあります。特に新機能が追加されたときや、iOSのバージョンアップ直後に不具合が起きがちです。

このようなとき、ユーザーには基本的にできることはありません。

しかし、不具合の多くはiOSのアップデートによって解消されます。

逆に言えば、アップデートしない限り不具合が解消される可能性も低いのです。iPhoneを快適に利用するためにも、アップデートするようにしましょう。

最新の機能を追加・利用できる

iOSのバージョンを最新に保つべき理由の1つに、新機能の追加があります。

iOSのメジャーバージョンアップでは、基本的に最新機能の追加が行われます。

メジャーバージョンアップとは、バージョンの整数の部分がプラスされるバージョンアップのことです。

バージョンアップの種類
  • メジャー:整数部分の数字が加算される(例:iOS 13.0→iOS 14.0など)
  • マイナー:少数部分の数字が加算される(例:iOS 14.0→iOS 14.1など)

iOSに対する世間の注目度は非常に高いため、新機能はネットなどですぐに拡散されます。

それを見て「さっそく最新機能を試してみよう」と思っても、残念ながらiOSを最新化しない限り試すことはできません。

カメラのナイトモードやバッテリー充電機能の最適化など、現在便利だと評判の機能は、いずれもこのアップデートで追加されたものです。

アプリとの親和性

iPhoneで使えるアプリは、基本的にiOSの最新バージョンにあわせてアップデートされていきます。

その影響はなかなか大きく、iOSを最新化しないと正常に機能しないアプリもあるほど。

また、アプリにiOSの最新機能を利用したものが搭載されている場合も、同じくiOSのアップデートが必要となります。

通信回線の安定

iOSのバージョンは、iPhoneで契約中の通信回線にも影響を及ぼすことがあります。

滅多に起きないことではありますが、長らくiOSのバージョンアップを怠っていると、発生する可能性が高くなるようです。

これが原因で電波を受信できなくなったという事例もあります。iOSのバージョンを古いままにしておくのはやめた方が良いでしょう。

iOSのバージョンは常に最新に!

本記事では、iOSのバージョンを確認・アップデートする方法について解説しました。

iOSバージョンまとめ
  • iOSのバージョン確認やアップデートは、ホーム画面の「設定」アプリから行える
  • セキュリティ向上や不具合修正のためにも、iOSのバージョンは最新にしておいた方が良い
  • iOSの最新機能を使うためには、アップデートが必須

iOSの最新版がリリースされると、iPhoneがアップデートを促してくれます。

手動でアップデートする場合でも、操作は決して難しくありません。

セキュリティの穴や不具合などの不安要素を払拭するためにも、iOSのバージョンは常に最新のものにしておきましょう。

【随時更新】iOS14.7の不具合やバグの情報まとめ|対処法も解説

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。