iOS13リリース!アップデート後の新機能と対応機種・iOS12との違い

  • 2019年9月20日
  • by 
iOS13リリース!アップデート後の新機能と対応機種・iOS12との違い

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回はiPhone11と同時にリリースされるiOS13の注目したい新機能とiOS12との違いを解説します。

iOS13は最新のiPhone11だけでなく、従来モデルもより使いやすくしてくれる最新iOSです。

ここで新しい機能をバッチリ確認して、いち早くiOS13を使い倒してくださいね!

トップ画像引用元:iOS 13 – Apple(日本)

iOS13は9月20日にリリース!

カレンダー

iOS13は2019年9月20日にリリースされます!

最新のiPhone11を購入する方はプリインストールされていますが、それ以外の方はソフトウェアアップデートでの対応です。

また、例年通りなら9月20日の夜中2時頃(すでに開始中!)からアップデートができるようになる可能性があります。

iOS13対応のiPhone

iOS13に対応しているiPhoneは次のモデルです。

  • iPhone11/11 Pro/11 Pro Max
  • iPhoneXS/XS Max/XR
  • iPhoneX
  • iPhone8 Plus/7 Plus/6s Plus
  • iPhone8/7/6s
  • iPhoneSE

iOS12が対応していたiPhone 6/6 PlusやiPhone5sは対象外となったため、該当モデルを利用している方はiPhone自体を買い換える必要があります。

とはいえ、iPhone6sやiPhoneSE以降のモデルは一通り対応しているので、ほとんどの方はiOS13にアップデートできますね!

iOS13のアップデート手順

  1. iPhoneを充電器に接続してWi-FiをONにする
  2. 設定を開き「一般」をタップ
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  4. 「今すぐインストール」をタップ

iOS13の注目新機能!

iPhone11シリーズ

画像引用元:Apple(日本)

それではiOS13で注目したい新機能をチェックしましょう。

iOS13では様々な機能改善が行われていますが、ここでお伝えする4つは外せませんよ!

iOS13の注目機能
  • ダークモード
  • Apple Arcade
  • Safariにダウロードマネージャー搭載
  • 写真アプリの機能強化

夜も目に優しいダークモード

iOS13 ダークモード

画像引用元:iOS 13 – Apple(日本)

iOS13で最も注目されている機能が、黒を基調としたUIになる「ダークモード」でしょう。

ダークモードへはコントロールセンターから簡単に切り替えできます。

また、指定した時刻になったら自動的にダークモードにする設定も可能です。

ダークモードにすると全体的にシックな印象となり、なんとなくカッコイイ感じがしますよね。

しかし、ダークモードは見た目だけではなく、様々なメリットがあります。

ダークモードのメリット
  • ブルーライトの削減
  • 就寝前に使っても睡眠への影響が少ない
  • 有機ELディスプレイ搭載モデルならディスプレイのバッテリー消費削減

今までの明るいデザインでは、夜寝る前にiPhoneを使っていると眩しく感じることも多いかと思います。

目に強い光が入ると体内時計が狂ってしまって、なかなか眠れなくなったり寝ても疲れが取れない睡眠障害の原因になることも。

さらに明るい色からはブルーライトが発生し、長期的に見ると目にダメージが蓄積されてしまいます。

ダークデザインはこうした目への負担を減らしてくれるので、スマホをたくさん使う方や寝る前にスマホを見る方には大きなメリットとなるでしょう。

また、iPhoneX以降が搭載する有機ELディスプレイでは、黒を表現する際に画素の自発光はありません。

そのため、ダークデザインにしておくだけで、ディスプレイのバッテリー消費が大幅に削減できます。

iOS13を利用するなら、ダークモードはぜひ活用したい新機能ですね!

定額でゲーム遊び放題のApple Arcadeが遂に登場!

Apple Arcade - Apple(日本)

画像引用元:Apple Arcade – Apple(日本)

iOS13の新機能というわけではありませんが、iOS13と同じ9月20日からApple Arcadeが開始されます。

Apple Arcadeは、月額料金だけで対象のゲームアプリが使い放題のサブスクリプションサービスです。

毎月固定費がかかるサービスですが、高額課金の原因となるガチャはありません。

大手のゲームメーカーも参入しているサービスなので、高品質なゲームを低価格で遊びたい方や、子供にiPhoneを持たせる方でも安心して利用できるサービスですね!

Apple Arcadeはいつから遊べて月額料金はいくら?どんなゲームがあるの?

Safariにダウンロードマネージャー搭載!

safari

画像引用元:Safari – Apple(日本)

iOS13では、WebブラウザのSafariにも様々な機能が追加されました。

Safariの主な新機能
  • ダウンロードマネージャー
  • ツールバー非表示
  • PC用Webサイト表示
  • アップロードする画像サイズを変更
  • 複数のタブを一括ブックマーク登録

特にダウンロードマネージャー機能は待ちわびていた方も多いのではないでしょうか。

今までのSafariでは、ダウンロード関連で不満を感じることが多かったはずです。

Safariでよくある不満点
  • 大きなデータのダウンロード中は他の操作ができない
  • zipファイルの解凍ができない
  • ダウンロードファイルがどこに保存されたかわからない

iOS13のSafariでは、ダウンロードマネージャーが搭載されたことで、ダウンロード中も他のWebサイトに移動できます

また、ダウンロードしたデータはファイルアプリの専用フォルダに保存され、いつでも簡単に確認できるのもポイントですね。

ファイルアプリはzipファイルの解凍・圧縮にも対応したので、今までは開けなかった圧縮ファイルもバッチリです。

普段からSafariを利用している方は、iOS13にアップデートしてより快適に使えるようにしましょう!

写真アプリがより強化された!

iOS13 写真App

画像引用元:iOS 13 – Apple(日本)

iPhoneで写真や動画を撮影した後は、加工してからSNSにアップロードする方も多いですよね。

iOS13の写真アプリは、インターフェイスの改善と編集機能の強化がされ、今まで以上に使いやすくなりました。

写真アプリの変更点・新機能
  • 写真タブに年別・月別・日別の絞り込みタブが追加
  • ピンチイン・ピンチアウト操作で1画面に表示されるサムネイルの枚数変更
  • プレビューで動画やLive Photosが自動再生
  • シャープネス・ノイズ等の新しい加工機能が追加
  • フィルターの適用量調整が可能になった
  • 動画の切り抜き・回転・露出・フィルター等の加工機能追加

よく写真や動画を撮影していると、写真の枚数が多くなりすぎて過去の写真を探すのが大変になりますよね。

iOS13の写真アプリなら、写真タブでも年月日で絞り込みができて、さらに1画面に表示するサムネイルの枚数を変更でき、目的の写真をサクサク探せるようになります。

また、動画の加工機能が一気に増えたため、簡単な動画編集なら写真アプリだけで完結させることもできるでしょう。

写真や動画をたっぷり撮る方は、iOS13の新しい機能も一通り試してくださいね!

次の章では、iOS13のその他の新機能・改善点やアップデートの注意点を解説します。

iPhoneシェア率が異常!世界と逆をいく日本のスマホ市場【2020年3月】

iOS13のその他の機能・iOS12との違い

iPhone11

画像引用元:iPhone 11 – 仕様 – Apple(日本)

前のページではiOS13で特に注目したい新機能を解説しました。

iOS13ではそれ以外にもたくさんの新機能や進化した機能があるので、iOS12とどう違うのかチェックしていきましょう!

パフォーマンスアップで旧モデルもサクサク

iOS13 ロック解除

画像引用元:iOS 13 – Apple(日本)

iOS13では、iOS12と比べて様々な部分が高速化されています。

iOS13で高速化したポイント
  • アプリ起動速度が最大2倍高速化
  • Face IDの認証速度が30%高速化
  • App Storeのダウンロードサイズが最大半分に
  • アプリのアップデートが最大60%のサイズに

iOS13はiPhone6sやiPhoneSE以降のiPhoneから利用できるので、1台を長く利用している方でも今まで以上に快適になりそうですね!

なお、アプリの起動速度高速化やアプリのダウンロードサイズ削減は、iOS13に対応したアプリ開発環境で作成されたアプリが対象です。

大抵のアプリはiOS13リリース後に更新されますが、長らく更新されていないアプリを愛用している方は対応状況含めて注意した方がいいかもしれませんね。

「Apple IDでサインインする」機能の提供開始!

Apple IDでサインイン

画像引用元:iOS 13 – Apple(日本)

iOS13では、アプリやWebサイトのログインにApple IDが利用できる機能が追加されます。

この機能に対応したアプリやWebサイトなら、Face IDやTouch IDだけで簡単にログインできます。

「Googleアカウントでログイン」「Facebookでログイン」といったログイン画面はよく見かけますが、結局メールアドレスやパスワードの入力があって面倒ですよね。

「Apple IDでサインインする」機能なら、生体認証だけでログインができるので、今まで以上にログイン操作が簡単になりますね!

新しい文字入力「QuickPath」

新しい文字入力「QuickPath」

iOS13の文字入力機能に新たに「QuickPath」が追加されます。

QuickPathでは、キーボード上で入力したい文字を順番になぞっていくことで、候補の単語が自動的に表示されていきます。

例えば「i」→「p」→「h」となぞっていけば、変換候補に「iPhone」と表示されるといった具合ですね。

かなキーボードのフリック入力と同じく、初めは慣れが必要な入力方法ですが、慣れればかなり高速なテキスト入力が可能になります。

残念ながら日本語入力には非対応ですが、外国語キーボードを利用している方はQuickPathをぜひ試してくださいね!

テキスト選択等の編集機能強化

iPhoneでメモ帳やGoogleドキュメントなどにテキスト入力をしていると、範囲選択やコピー&ペーストの操作が面倒に感じますよね。

iOS13では、こうしたテキスト編集機能が強化され、今までよりはるかに快適になりました。

テキスト編集機能の改善点
  • 画面をタップしたままスワイプしてテキスト選択
  • テキストを3連続タップで段落まとめて選択
  • 住所・電話番号・メールアドレスはダブルタップで自動選択
  • コピー、カット、ペーストのジェスチャー操作が追加

iOS12までは、テキストを選択するにはテキストを2回タップして「選択」を選ぶ必要がありました。

また、ダブルタップで単語の選択まではできましたが、段落単位の選択や住所等の自動判別がなくて不便でしたよね。

こうしたテキスト入力の不便なところが解消するので、iPhoneでテキスト入力が多い方は今まで以上に快適に使えるでしょう。

App Storeのダウンロード制限撤廃

iOS13からは、App Storeで配信されているアプリサイズ削減に伴って、モバイルデータ通信でのダウンロード制限が撤廃されます。

iOS12までは、200MB以上のアプリはモバイルデータ通信ではダウンロードができませんでした。

この規制がなくなったため、Wi-Fi環境のない方でも気軽にアプリがダウンロードできますね!

ただ、ゲームなどの一部のアプリは1GB以上の容量があり、モバイルデータ通信でダウンロードすると速度制限になる可能性もあります。

モバイルデータ通信でアプリをインストールする時は、アプリのサイズは今まで以上にしっかりチェックしましょうね!

ファイルアプリが強化

ファイルApp

iOS13のファイルアプリは、細かな機能が強化されて大幅に使い勝手が向上しました。

ファイルアプリの改善点
  • ダウンロードフォルダでSafariのダウンロードやメール添付ファイルを一元管理
  • SDカードや外付けHDD等の外部メモリに対応
  • iCloud Driveのフォルダ共有機能
  • zipファイルの解凍・圧縮に対応

ファイルアプリから外部メモリが操作できるようになったため、写真や動画をたっぷり撮影する方も容量不足に悩む心配は無くなりますね!

また、zip形式の解凍・圧縮にも対応したことで、メールで送られてきたデータが開けないといったトラブルもなくなるでしょう。

充電中のバッテリー劣化を抑える機能が追加

充電中のバッテリー劣化を抑える機能が追加

iOS13から、充電中のバッテリー劣化を抑制する機能が搭載されました。

iPhoneやスマホが搭載するリチウムイオンバッテリーは、100%充電の状態で充電を続けると劣化速度が早まる特性があります。

iOS13では毎日の充電タイミングを学習し、充電したまま放置される時間帯は80%以上充電されないように調整してくれます。

この機能があれば、2年以上使ってもバッテリー劣化を最小限に抑えられますね。

今までバッテリー劣化が原因で機種変更している方は、ぜひiOS13にアップデートしてバッテリーに優しい充電をしましょうね!

iOS13にアップデートする際の注意点

最後にiOS13へのアップデートに関する注意点をお伝えします。

iOS13へアップデートする前に、必ずチェックしておいてくださいね!

アップデート前にアプリの対応状況をチェック!

iOS13にアップデートする前に、利用するアプリがiOS13に対応しているかしっかりチェックしましょう!

特にLINE等の連絡用アプリやゲームなど、毎日利用するアプリが対応できていないと致命的です。

iOSは1度アップデートすると前のバージョンに戻せず、アプリが対応するまで起動すらできないことも。

アップデートしてから困らないように、事前の対応状況確認は怠らないでくださいね!

アップデートは絶対に電源に繋いで実行する!

アップデートは絶対に電源に繋いで実行する!

iOS13へのアップデートは、「バッテリー50%以上」または「充電器に繋いだ状態」のいずれかを満たさないと実行できません。

ただ、アップデートが開始された後は上記の条件から外れても、そのままアップデートが続行されてしまいます。

もしアップデート中に電池切れになると、システムが壊れてiPhoneが起動できない状態になることも。

特に長く利用してバッテリー劣化を起こしているiPhoneでは、バッテリー残量50%以上の表示でも、充電器なしでアップデートを実行するのは危険です。

トラブルを避けるために、iOSのアップデートは必ず充電器に繋いだ状態で実行してくださいね!

データのバックアップをしてからアップデートする

データのバックアップをしてからアップデートする

iOSのアップデートをする前に、必ずデータのバックアップは取っておきましょう!

OSのアップデート中に何かしらのトラブルが起こると、iPhoneが起動できなくなる可能性があります。

もしバックアップがない状態で起動不能になってしまうと、電話帳や写真など大切なデータがなくなってしまいますよね。

iPhoneのバックアップはiTunesでもiCloudでも簡単に残せるので、iOSアップデートの前に必ずバックアップを確保してくださいね!

iPhoneのバックアップを取得して復元する方法【iCloud/iTunes】

iOS13の注目機能まとめ

今回はiOS13のリリース日と注目したい新機能について解説しました。

iOS13は最新のiPhone11シリーズの発売にあわせてリリースされ、かなり古いモデルでも対応しています。

リリース日と対応iPhoneまとめ
  • リリース日:2019年9月20日 午前2時頃(日本時間)
  • 対応モデル:iPhone 6s以降のiPhone

iOS13で注目したい機能は、次の4つでしたね!

iOS13注目機能まとめ
  • 目に優しいダークモード
  • AppleArcadeで定額でゲーム遊び放題!
  • Safariでのダウンロードが使いやすくなる!
  • 写真アプリがより探し易くなり編集機能も強化

また、この4つの機能以外も多くの機能改善がされていて、全体的にiOS12より使い易くなっています。

総合的に見て、最新iPhoneを購入する方だけでなく、今利用しているiPhoneを継続利用する方もiOS13にアップデートした方が良さそうですね!

今回の解説を参考に、お使いのiPhoneをiOS13にしてみてくださいね!

iPhone 11の予約に出遅れた!今からできる最速の入手方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ