iOS14.7.1の不具合やエラー|バッテリー・アップデートできない・発熱・圏外

2021年7月にリリースされたiOS14.7.1をインストールしたユーザーから、不具合やエラーの報告が相次いでいます。報告されている内容は、携帯電話網に接続できない事象やバッテリーに関する事象で、すべてのiPhoneで発生しているわけではありません。現時点で解決策は不明で、Appleの対応が待たれます。
  • 2021年9月3日
  • by.sekai

iOS14

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Appleが2021年7月20日にリリースしたiOS14.7.1に関して、インストールしたユーザーから不具合の報告が相次いでいるようです。

不具合の解決方法も不透明であり、Appleには早急な修正が求められています。

関連記事

Appleは新製品発表イベントを開催し、iPhone13を発表しました。 シネマティックモードに対応し、バッテリー時間もiPhone12より2.5時間持ちがよくなりました。 この記事では、iPhone13の発売日や予約開始日、ス[…]

iPhone13

トップ画像引用元:Apple (日本)

iOS14.7.1に不具合やエラーを確認

iOS 15のマップ

画像引用元:iOS 15 Preview – Apple

海外メディアのWccftechは、iOS14.7.1をインストールしたユーザーから携帯電話網に接続できない事例が複数報告されていると報じています。

iOS14.7.1は、Appleから2021年7月20日にリリースされました。

ソース:Wccftech

発熱やバッテリーの問題も

Appleサポートコミュニティにおいて、iOS14.7.1アップデート後に一部のiPhoneでバッテリーパフォーマンスの悪化や本体が発熱する問題が報告されています。

しかし、必ずしもすべてのiPhoneで不具合が生じているわけではないようです。

ソース:Appleサポートコミュニティ

不具合の解決は現状不可

Wccftechは、iOS14.7.1により不具合が起きたiPhonehは機内モードへの切り替えや再起動、ネットワーク設定のリセット等を試しても改善されなかったと報告しています。

iTunesで復元しても不具合が解消される可能性は低いとも同メディアは指摘しています。

現状、Appleからの修正が入らない限り不具合の解決はできないかもしれません。

iOS14.7へのダウングレードは不可

Wccftechによるとこの不具合が発生した場合、iOS14.7にダウングレードすることもできないそうです。

同メディアはAppleから修正版がリリースされるのを待つしかないと伝えており、早急な修正が求められています。

iOS15はパブリックベータを配布中

新型のiOS15に関しては、2021年8月18日からiOS15、iPadOS15パブリックベータ6が登録ユーザー向けにリリースされています。

正式版のリリースは9月とみられており、ユーザーの期待が高まってきています。

【随時更新】iOS14.7の不具合やバグの情報まとめ|対処法も解説

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
sekai
大分県大分市出身の1998年生まれ。早稲田大学出身。学生時代はフェンシング部に所属。スマホはiPhone、ソフトバンクを約10年利用中。MacBook Proを使用し、動画編集とともにガジェット系ライターとして活動中。ゲーム実況配信を見る毎日。