iOS 14.7が公開|リリースされた新機能や修正点・変更点など情報まとめ

  • 2021年7月20日
  • by.nuko

iOS14.7

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

Appleが7月20日にiOS 14.7を公開しました。

iOSは数ヶ月おきにマイナーバージョンアップをして、新機能の追加や不具合の修正等を行っているため、iPhoneユーザーはアップデートが推奨されています。

当記事では、iOS 14.7の新機能や修正された不具合について解説します。

iOS 14.7にアップデートするか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事

2021年6月8日午前2時(日本時間)に開催されたWWDC21にて、iOS 15の新機能が判明しました。 この記事では、iOS 15のリリース日や新機能、対応機種についてまとめます。 iOSは毎年新しい機能を追加して話題になりま[…]

iOS15

iOS14.7について

iOS14-Apple Developer

画像引用元:Apple Developer

iOS 14.7では従来機能の利便性が向上するアップデートがメインで、iPhone 12シリーズがMagSafeバッテリーパックに対応するアップデートが含まれています。

iOS 14.7について
  • iPhone 12シリーズがMagSafeバッテリーパックに対応
  • 天気・マップアプリが空気質指数に対応<
  • HomePadの複数タイマー設定が音声なしにできるようになった

iPhone 12シリーズがMagSafeバッテリーパックに対応

MagSafeバッテリーパックはiPhone 12の背面に磁石で吸着して充電するバッテリーパック(11,800円)です。

MagSafeバッテリーパック単体では5Wの充電ができ、電源ケーブルを繋ぐことで15Wの充電が可能となります。

天気・マップアプリが空気質指数に対応

iOS 14.7では、天気アプリで空気質指数が表示されるようになります。

空気質指数は、一部の国・地域で採用されている大気汚染の程度を表す指標なので、iPhoneで天気と一緒に確認できるのは合理的ですね!

ただ、空気質指数は日本では利用されていないため、国内ユーザーには全く恩恵はありません。

AppleのiOS 14.7のリリースノートによると、オランダ、フランス、イタリア、スペイン、カナダ、韓国で表示できるとのこと。

これら6カ国に行く機会があればチェックするといいでしょう。

HomePodの複数のタイマー設定が改善

HomePod、HomePod miniは複数のタイマー設定ができますが、iOS 14.6以前はタイマーのセットはSiriにしてもらう必要がありました。

HomePodを設置する場所や利用方法によっては、音声操作のみはかなり不便です。

しかし、iOS 14.7のホームアプリにタイマー設定が追加され、声を出さずに複数のタイマーが設定できるようになります。

声を出さずiPhoneで設定できるようになったことで、今まで以上に利便性が良くなるでしょう。

iOS14.7の対応機種

iPhone12 Pro

iOS 14.7はマイナーバージョンアップなので、現在iOS 14を利用している方は問題なくアップデートできます。

iOS 14.7対応iPhone

対応モデル発売日
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
2015年9月25日発売
iPhone SE(第1世代)2016年3月31日発売
iPhone 7
iPhone 7 Plus
2016年9月9日発売
iPhone 8
iPhone 8 Plus
2017年9月22日発売
iPhone X2017年11月3日発売
iPhone XS
iPhone XR
2018年9月21日発売
iPod Touch(第7世代)2019年5月28日発売
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
2019年9月20日発売
iPhone SE(第2世代)2020年4月24日発売
iPhone 12
iPhone 12 Pro
2020年10月23日発売
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro Max
2020年11月13日発売

問題の修正

iOS 14.7では、以下2点の不具合修正が公式アナウンスされています。

修正された不具合
  • 一部のiPhone 11を再起動した後に、バッテリーに関する重要なメッセージが表示されない問題を解消
  • Apple Musicの再生が予期せず止まる問題、プレイリストを共有するメニューオプションが表示されない問題を解消

具体的には、iPhone 11を再起動した後に、水濡れ・結露など充電開始するとバッテリー破損の可能性があるときのメッセージが表示されなくなる可能性があります。

該当する利用シーンは滅多にないでしょうが、万が一の破損を防ぐためにiPhone 11ユーザーは必ずソフトウェア・アップデートを行いましょう。

Apple Musicの不具合も解消

iOS 14.6では、一部の環境でApple Musicの再生が止まる不具合が報告されていました。

iOS 14.7では、この問題も解消したとのことです。

具体的には、ロスレスオーディオとドルビーアトモスの再生が停止する問題が解消したとのことで、問題に悩まされていた方はアップデートをおすすめします。

またプレイリスト共有に関わるメニューが表示されない問題も改善されています。

iOSアップデートする際の注意点

iPhone 12 mini グリップ2

iOSをアップデートする際は、以下の4点を押さえておきましょう。

アップデート時のチェックポイント
  • 必ず電源コードに繋いでおく
  • 安定したWi-Fiに接続する
  • 1GB以上の空き容量を確保
  • アップデートを始めると10分以上使えなくなる

必ず電源コードに繋いでおく

ソフトウェア・アップデート中にバッテリー切れを起こすと、システムが壊れてiPhoneが起動できなくなる恐れがあります。

そのため、アップデートは必ず電源に繋いで行いましょう。

安定したWi-Fiに接続する

アップデートは大容量のダウンロードを行うため、モバイル回線では実行できません。

また、通信速度が遅いとダウンロードに時間がかかってしまいます。

フリーWi-Fiは通信速度が出ないので、自宅や職場など快適にWi-Fiが利用できる場所でアップデートするようにしましょう。

1GB以上の空き容量を確保

iOSのソフトウェア・アップデートでは、数百MBのストレージ容量が必要です。

1GB以上空いていれば問題なくアップデートできますが、その後の利用を考えると少なくとも2〜3GBは空けて起きましょう。

アップデートを始めると10分以上使えなくなる

ソフトウェア・アップデートにかかる時間は端末によって異なりますが、iPhone 12でも10分程かかります。

また、自動ダウンロード設定がOFFの状態では、アップデート操作をしてはじめてダウンロードを開始します。

これらのことから、アップデートを開始すると10分程度〜数十分は利用できなくなると考えておきましょう。

仕事中や出先でアップデートすると連絡すら取れなくなるので、就寝前や休日など時間に余裕のある時にアップデートしましょう。

関連記事

この記事では、iPhoneのiOSアップデートのやり方について解説しています。 iPhoneで定期的に配信されているiOSアップデートでは、不具合の改善や新機能の追加、セキュリティの強化などを行っています。 iPhoneを使うう[…]

iOS14

iOS 14.7は大きな変更点なし

iOS 14

画像引用元:iOS 14 – Apple

今回はiOS 14.7の変更点や修正点について解説しました。

iOS 14.7について
  • iPhone 12シリーズがMagSafeバッテリーパックに対応
  • 一部の国で空気質指数が確認できるようになった
  • HomePadの複数タイマー設定が音声なしにできるようになった
  • iPhone 11のバッテリー関連の問題を修正
  • Apple Music関連の問題を修正

特にHomePodを利用する方なら、今まで以上に使い勝手が良くなりそうです。

またMagSafeバッテリーパックを使いたい方やApple Musicの不具合に悩んでいた方にも嬉しいアップデート内容だったと言えます。

ただ、iOS 14.7は大きな変更点やセキュリティアップデートはありませんでした。

そのため主なアップデートや不具合修正の恩恵を受けられない方は、iOS 15を待ってもいいかもしれません。

【随時更新】iOS14.7の不具合やバグの情報まとめ|対処法も解説

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!