AppleがiOS 15.1 ベータ3を公開|気になる開発者向けBetaの内容は

  • 2021年10月7日
  • by.kou

iOS 15のスポットライト

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Appleは、2021年9月21日により、「iOS 15」を正式リリースしました。

そしてiOS 15.1の開発者向けベータ版を公開し、10月6日にベータ3の配信を開始しました。

iOSは数ヶ月おきにマイナーアップデートがあり、新機能の追加や不具合の修正が行われています。

本記事では、気になるiOS 15.1の開発者向けベータ3の内容について解説します。

人気記事

iOS 15のリリース日は2021年9月21日になりました。どんな新機能が追加されるのかや、変更点について解説していきます。 Appleは、2021年6月8日に開催されたWWDC21にて、「iOS 15」を発表しました。 iPh[…]

iOS15

画像引用元:Apple(日本)

iOS 15.1 ベータ3の内容

iPhone13 Pro
10月6日にリリースされたiOS 15.1 ベータ3では、マクロ撮影やProResビデオ撮影に関する項目が追加されています。

また軽微なバグ修正も行われました。

自動でマクロ撮影に切り替わる機能をオフにできるオプションを追加

iOS 15.1 ベータ3では、iPhone13 Pro/Pro Maxのマクロ撮影に自動で切り替わる機能をオフにできるオプションを追加しています。

iPhone 13 Proシリーズでは、被写体にカメラを近づけると自動でマクロ撮影モードに切り替わります。

マクロ撮影モードに切り替わるエフェクトがやや唐突に感じていたため、オフ機能が加わったのは嬉しいアップデートです。

「設定→カメラ」から「Auto Macro」オフで設定することができます。

ProResビデオ撮影に対応

iPhone13 ProシリーズのカメラアプリがProResビデオ撮影に対応しました。

「設定→カメラ→フォーマット」から「Apple ProRes」をオンに変更することで有効になります。

そのほか、軽微なバグの修正も行われています。

Appleは「iOS &iPadOS 15.1 Beta 3 Release Notes」にて報告しています。

ソース:iOS 15.1 beta 3 features native ProRes video capture for iPhone 13 Pro and iPhone 13 Pro Max – 9to5Mac

iOS 15.1 ベータ2の内容

Apple Watchのディスプレイサイズ比較

画像引用元:Apple Watch Series 7 – Apple(日本)

iPhone13で「Apple Watch でロック解除」が機能しない不具合が確認されています。

9月29日にリリースされたiOS 15.1 ベータ2ではApple Watchに関する不具合と改善が主です。

そのほか、軽微なバグも修正されています。

Apple Watchでロック解除ができない不具合を改善

今回開発者向けに配信されたiOS 15.1 ベータ2ではApple WatchでiPhone13のロック解除ができない不具合が改善されています。

iOS 15.1の正式リリースまでは不具合は続くため、「Apple Watch でロック解除」をオフにするには「設定」>「Face ID とパスコード」>「Apple Watch でロック解除」の順に選択し対処しましょう。

Appleサポート:iPhone 13 で「Apple Watch でロック解除」が機能しない場合 – Apple サポート (日本)

iOS 15.0.1で改善

iOS15.0.1

iPhone13で「Apple Watch でロック解除」が機能しない不具合は、公式リリースされたiOS 15.0.1にて改善されました。

iOS 15.1ベータ版について

iOS 15のスポットライト

画像引用元:Apple(日本)

iOS 15.1ベータ版では新機能の追加が主なアップデート内容でした。

今回配信された 「iOS 15.1 ベータ2」 は、2021年9月に配信されたiOS 15.1の最新ベータ版になります。

iOS 15.1の配信履歴
  • 2021年9月22日:iOS 15.1 ベータ
  • 2021年9月29日:iOS 15.1 ベータ2
  • 2021年10月6日:iOS 15.1 ベータ3

iOS 15.1ベータ版で追加された機能は以下の2つです。

iOS 15.1ベータ版で追加された機能
  • ワクチン接種証明書をWalletに追加可能に
  • SharePlay

これらの新機能について、1つずつみていきましょう。

ワクチン接種証明書をWalletに保存可能に

iOS 15.1ベータ版では、ワクチン接種証明書をWalletに保存可能になりました。

iOS 15の時点でワクチン接種証明書はヘルスケアアプリに保存できましたが、Walletで利用できるようになったことでQRコードでの証明書の提示など、より幅広い利用が可能になりました。

SharePlay

iOS 15.1ベータ版では、SharePlayという機能が追加されました。

SharePlayはFaceTimeを通じてユーザー間で同時に音楽や映像を視聴したり、Apple Fitness+のワークアウトを行ったりできる機能です。

iOS 15.1 対応機種

iPhone13のサイズ比較

画像引用元:Apple公式サイト

iOS 15.1の対応機種は以下です。

iOS 15の対応機種
  • iPhone 13/iPhone 13 mini/iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12/iPhone 12 mini/iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max
  • iPhone Xs/iPhone Xs Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8/iPhone 8 Plus
  • iPhone 7/iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s/iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

iPhone13シリーズおよび、iOS 14と同じ対応機種となりました。

iOS 14が動作しているiPhoneなら、問題なくiOS 15.1にアップデートできます。

iOS 15対応機種|全24モデルの紹介からおすすめ機種の解説まで

iOS 15.1 ベータ3のアップデートでマクロ機能の切り替えが自由に

iPhone 13のカラー

画像引用元:Apple Event — September 14 – YouTube

iOS 15.1ベータ3ではマクロ機能の切り替えが自由になり、ProResビデオ撮影に対応しました。

正式版のリリースは未定なので、楽しみに待ちましょう。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
kou
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。