iOS15.4の新機能&不具合まとめ|アップデートして大丈夫?

  • 2022年3月16日
  • by.araki

iOS15

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

本記事では、iOS 15.4の新機能や不具合に関する情報をまとめています。

Appleは2022年3月15日、iOS 15.4をリリースしました。

iOS 15.4の目玉は、iPhone 12以降でマスク着用時もFace IDが使えるようになったことです。

しかし、iOSのリリース直後は不具合も多いもの。

本当にiOS 15.4にアップデートしても大丈夫なのでしょうか。

それともiOS 15.4.1などを待つべきなのでしょうか。

画像引用元:iOS 15 – Apple

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

iOS15.4のリリース日はいつ?

iPhone13 Pro グリップ

iOS15.4は現在ベータ版のリリースのみで、正式リリース日は未発表です。

ただ、現在iOS15.4 beta 4とパブリックベータ版が配布されているので、まもなくリリースされるはずです。

海外のメディア「9To5Mac」でも3月15日頃のリリースと報じているので、マスクを着けたままFace IDが使えるようになる日も近いでしょう。

ソース:9to5Mac

追記:3月15日にiOS 15.4が正式にリリースされました!

iOS 15.4の不具合まとめ

iOS 15.4の不具合ですが、3月15日時点では目立ったものは発見されていないようです。

Twitterで「iOS 15.4」と検索しても、筆者の見る限りですが、不具合の報告はありませんでした。

iOS 15.4は2022年9月21日にリリースされたiOS 15のマイナーアップデートですし、これまで何度も不具合の修正を重ねてきたものですので、今さら大きな不具合は出にくいのだと思います。

目玉であるiPhone 12以降でのマスク着用時のFace IDも好評です。

不具合はいつ発見されてもおかしくない

ただ不具合というのは、いつでも発見されうるものです。

例えば2022年1月27日にリリースされたiOS 15.3は、バグ修正を目的としたものでしたが、後から点字ディスプレイが応答しなくなることがある不具合が発見されました。

そこで2022年2月11日にそれを修正したiOS 15.3.1がリリースされました。

今回のiOS 15.4だって、絶対に不具合がないという保証はAppleを含めて誰にもできません

これから不具合が発見されて、iOS 15.4.1やiOS 15.5で修正されることだってあるでしょう。

ソフトウェアとはそういうものです。

気にしすぎたら一生アップデートできません。

ひとまず現状では目立った不具合がないようなので、iOS 15.4にアップデートしても良いと筆者は思います。

もし「Face IDが使えなくなった」などの大きな不具合があれば、必ず話題になっているはずですので。

iOS15.4の新機能

Face ID

画像引用元:iPhone や iPad Pro で Face ID を使う – Apple サポート (日本)

続いてiOS15.4の新機能をまとめます。

主な新機能は次の通りです。

iOS15.4の新機能
  • マスク着用時でもFace IDが使えるオプションを追加
  • AirTagのストーカー利用防止機能の追加
  • 新しい絵文字の追加
  • iCloudキーチェーンにメモ機能追加
  • ショートカット実行時の通知OFF機能追加
  • ゲームコントローラーの対応増加
  • SharePlay対応アプリの共有画面にSharePlayボタンを追加

マスク着用時でもFace IDが使えるオプションを追加

iOS15.4では、マスクを着けていてもFace IDが使える「Use Face ID With a Mask」オプションが追加されています。

今でもマスク着用中は、Apple Watchを着けていればiPhoneのロック解除はできます。

しかし、新機能ではiPhoneのロック解除だけではなく、Apple Payの支払いもマスク着用のままでOKになります。

まだまだマスク必須なので、Face IDの使い勝手が悪いと感じていた方にとって、iOS15.4は最高のアップデートになりそうですね!

AirTagのストーカー利用防止機能の追加

iOS15.4には、新たにAirTagを悪用したストーカー行為を防止する機能が追加されます。

具体的には、AirTagの初期設定中に、「探す」対応アクセサリをストーカー行為に利用すると犯罪になるという旨のメッセージが表示されるようになっています。

また、探すアプリで自分の端末の情報を開くと、追跡されている可能性がある場合の通知や自分と一緒に移動しているデバイス情報が確認できるようになっています。

AirTagは便利な反面、悪用されると怖いデバイスなので、安全性が高まるのはユーザーにとって嬉しいアップデートです。

新しい絵文字の追加

iOS15.4では、新たに37種類の絵文字が追加されます。

人物などは肌の色のバリエーションもあるので、追加される絵文字の総数は800以上!

スマイルの絵文字バリエーションが増えるので、iOS標準の絵文字を使っている方は使いやすくなりそうです。

iCloudキーチェーンにメモ機能追加

iOS15.4からは、iCloudキーチェーンにメモを追加できます。

良くあるパスワード管理アプリと同じようにメモが追加できるので、長く使ってパスワード整理する時に便利になりそうです。

ショートカット実行時の通知OFF機能追加

iOS15.4にすると、ショートカット実行時に通知が来ないように設定できます。

ショートカットは非常に便利な機能ですが、実行する時に通知が流れるのが煩わしいですよね。

地味な変更点ですが、普段からショートカットを使っているなら、iOS15.4でもっと快適に使えるようになります。

ゲームコントローラーの対応増加

iOS15.4では、PlayStation 5の「DualSense ワイヤレスコントローラー」のアダプティブトリガー用の新ファームウェアがサポートされます。

アダプティブトリガーは、L2/R2ボタンの押し込みの重さを変えることで、銃を撃ったりするゲーム内の動作をリアルな感触にする機能です。

PS5を持っている方は、iOS15.4にアップデートした後はゲームアプリをコントローラーで遊んでもいいかもしれませんね!

SharePlay対応アプリの共有画面にSharePlayボタンを追加

iOS15.4からは、SharePlayに対応したアプリの共有画面に「SharePlayボタン」が追加され、簡単にコンテンツのSharePlayが開始できます。

SharePlayは、FaceTimeで通話中の相手に動画や写真などのコンテンツを共有して視聴できる機能です。

おすすめ映画や今日撮った写真など、実際に見ながらFaceTimeで話したい方には、使い勝手が良くなりそうです。

iOS 15.4の対応機種

iOS 15.4にアップデートできる機種は、2015年9月に発売されたiPhone 6s以降の機種です。

iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE(第1世代)、iPhone SE(第2世代)、iPhone SE(第3世代)、iPod touch(第7世代)

これだけ対応機種が多ければ、現在iPhoneを利用しているほぼ全員がアップデートして使えるものだと考えて良さそうですね。

iOS 15.4にアップデートする方法

iOS 15.4へのアップデートは、iPhoneの「設定」から行えます。

  1. 「設定」をタップ
    iOS15.4にアップデートする手順
  2. 「一般」をタップ
    iOS15.4にアップデートする手順
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
    iOS15.4にアップデートする手順
  4. 「ダウンロードしてインストール」をタップ
    iOS15.4にアップデートする手順

ダウンロードとインストールにかかる時間は、通信速度にもよりますが、早くても20分程度は覚悟したほうがいいと思います。

iOS15.4に目立った不具合はなし!

以上、iOS 15.4の不具合に関する情報でした。

3月15日時点では、目立った不具合の報告はありません。

筆者としては安心してアップデートしても良いかなと思いますし、実際にアップデートしました。

個人的にも不具合は発見できませんでした。

しかしiOS 15.3がそうだったように、不具合というのはいつ発見されてもおかしくないものです。

これまでもAppleは頻繁にバグ修正などを繰り返してきています。

iOS 15.4の内容にもバグ修正が含まれています。

ソフトウェアというのはそういうものですので、ある程度は割り切って利用する覚悟が必要です。

これからiOS 15.4にも不具合が発見されたら、iOS 15.4.1やiOS 15.5などで修正されることでしょう。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。