開発者向けiOS15 Beta配信開始|パブリックベータ版リリースはいつ?

  • 2021年6月24日
  • by.araki

Apple Beta Software Program

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事では、iOS 15のパブリックベータ版はいつリリースされるのかと、それをインストールする方法について解説します。

Appleは2021年6月7日に開発者向けのiOS 15Betaをリリースしました。

例年通りなら、近々パブリックベータ版もリリースされるはずです。

パブリックベータ版とは、一般ユーザーでもインストールして試すことができるもので、感想をフィードバックすればAppleの開発に役立てられます。

iOSのパブリックベータ版とは
  • 一般ユーザーが試せるベータ版
  • 無料でインストールできる
  • Appleにフィードバックを送れる
  • フィードバックは開発に活かされる

トップ画像引用元: Apple Beta Software Program

iOS 15 Betaとパブリックベータ版の違い

iOS15のアイコン

画像引用元:iOS 15 Preview – Apple

iOS 15 Betaは開発者向けのもので、インストールも開発者しかできません。

一方、パブリックベータ版はApple Beta Software Programに参加すれば一般ユーザーでもインストールして試すことができます。

パブリックベータ版はBetaで開発者からフィードバックを受けた上でリリースされるものなので、Betaと比べるとバグなどが少なく、すでに高いレベルで「普通に使える」状態になっている傾向があります。

iOS 15のパブリックベータ版はいつリリースされるのか

AppleはiOS 15のパブリックベータ版を2021年7月にリリースする予定であると案内しています。

そして正式版は、今秋に発売されるであろう「iPhone 13(仮)」の発表と同時期にリリースされるものだと思われます。

iOS 15のパブリックベータ版をインストールする方法

iOS 15のパブリックベータ版をインストールするには、「Apple Beta Software Program」に参加する必要があります。

Apple Beta Software Programのページにアクセスして「登録」からApple IDを登録しましょう。

Apple Beta Software Programに参加

執筆時点ではiOS 15のパブリックベータ版はリリースされていませんが、登録後はAppleの案内に従って進めることができます。

例年通りならプロファイルを端末にダウンロードし、そこからインストールすることになるでしょう。

Apple Beta Software Programへの参加やパブリックベータ版のインストール及び試用は無料で行なえます。

iOS 15のパブリックベータ版をインストールときの注意点

iOS15

画像引用元:iOS 15 Preview – Apple

正式リリース前にiOS 15を試せるパブリックベータ版ですが、インストールする前に確認しておきたい注意点が複数あります。

パブリックベータ版の注意点
  • バグや不便な点が多い
  • iOS 14に戻すにはバックアップからの復元が必要
  • サードパーティのアプリはパブリックベータ版に非対応
  • パブリックベータ版の情報は機密情報

バグや不便な点が多い

パブリックベータ版もあくまで開発途中のものであり、正式版と比べるとバグや不便な点が多いものです。

ですから、「少しでも早く新しいiOSを試したい」「Appleの開発にボランティアとして貢献したい」といった動機がないのであれば、気軽な気持ちでインストールするべきではありません。

iOS 14に戻すにはバックアップからの復元が必要

iOS 15のパブリックベータ版からiOS 14に戻すには、バックアップから復元する必要があります。

パブリックベータ版をインストールする前には必ずバックアップを作成しておきましょう。

サードパーティのアプリはパブリックベータ版に非対応

基本的にサードパーティのアプリは、パブリックベータ版には対応していない点も注意です。

パブリックベータ版をインストールしたせいでアプリの挙動がおかしくなったり、サポート対象外にされてしまったりすることは大いにあり得ます。

心配な場合はアプリごとの対応状況や利用規約等を確認しておきましょう。

パブリックベータ版の情報は機密情報

パブリックベータ版は、Apple Beta Software Programに参加すれば一般ユーザーでもインストールして試すことができるものですが、Appleの機密情報として取り扱われているものでもあります。

そのためパブリックベータ版の情報を第三者に伝えることは許されていません。

事と次第によってはAppleと法的に争うことにもなりかねませんので、パブリックベータ版の情報を漏らすようなことは決してしないようにしましょう。

一般ユーザーとしてAppleの開発に貢献できる!

以上、iOS 15のパブリックベータ版はいつリリースされるのかと、それをインストールする方法についてでした。

パブリックベータ版とは
  • 一般ユーザーが試せるベータ版
  • 無料でインストールできる
  • Appleにフィードバックを送れる
  • フィードバックは開発に活かされる

パブリックベータ版は2021年7月にリリースされる予定です。

興味のある人は「Apple Beta Software Program」に参加してパブリックベータ版を試してみましょう。

Appleに使った感想をフィードバックすることもでき、その内容はAppleの開発に活かされます。

iOS15の最新情報まとめ|リリース時期はいつ?注目の新機能も解説

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。