iPad(第10世代)はついにUSB-Cを採用か?海外記者が予想

  • 2022年8月1日
  • by.sekai

iPad(第9世代)

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2022年以降に発売が予想されるiPad(第10世代)には、USB-Cが採用されるとBloombergのMark Gurman氏が伝えています。

現在発売されているiPad(第9世代)の接続端子はLightningです。

トップ画像引用元:アップル Apple iPad(第9世代)

iPad(第10世代)はついにUSB-Cを採用か?

iPad USB-C

画像引用元:New entry-level iPad to pack A14 chip, 5G, and USB-C – 9to5Mac

BloombergのMark Gurman氏は、今後1年以内に発売されるiPad(第10世代)にUSB-Cを採用すると予想しています。

さらに、ニュースレター「Power On」にて、今後発売されるAppleの新製品に関する情報を掲載しています。

Mark Gurman氏が今後1年で発売されると予想するApple製品は以下です。  

今後1年で発売が予想されるApple製品
  • iPhone14シリーズ4モデル
  • Apple WatchSE(第2世代)
  • Apple Watch Series8・Apple Watch Series Pro
  • AirPods Pro(第2世代) 等

ソース:Power On

USB-C搭載のiPad一覧

実はすでにUSB-C搭載のiPadは登場しています。

現在発売されているiPadシリーズでUSB-C対応の端末は以下です。

USB-C搭載のiPad
  • iPad Pro 11インチ(第1世代以降)
  • iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)
  • iPad Air(第4世代以降)
  • iPad mini(第6世代)

米メディアである9to5MacにもLightningケーブルではなくUSB-Cを採用すると報じています。

USB-Cを搭載するiPad Proが2018年、iPad Airが2020年、iPad miniが2021年に登場しました。

2022〜2023年に発売されるiPad(第10世代)がUSB-Cになると、全iPadシリーズがUSB-C採用になります。

USB-C端子に対応することで複数の種類の充電器を持ち運ぶ必要がなくなるため、多くの方がUSB-C採用を待ち望んでいます。

その他、9to5MacはiPad(第10世代)にはA14チップが搭載され、セルラーモデルは5Gに対応すると伝えています。

ソース:9to5Mac

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
大分県大分市出身の1998年生まれ。早稲田大学出身。学生時代はフェンシング部に所属。スマホはiPhone、ソフトバンクを約10年利用中。MacBook Proを使用し、動画編集とともにガジェット系ライターとして活動中。ゲーム実況配信を見る毎日。