iPad(第10世代)評価レビュー|発売日・価格・スペックを解説

  • 2022年10月23日
  • by.kou

iPad(第10世代)

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Appleは2022年10月18日(日本時間19日)、に新型iPadと上位モデルである新型iPad Proを発表しました。

この記事では、エントリーモデルの新型であるiPad(第10世代)を評価レビューします。

iPad(第10世代)の発売日・価格・スペックを徹底解説するので、購入を検討している方は参考にしてください。

iPad(第10世代)の評価レビュー
  • 2022年10月26日(水)発売
  • A14 Bionic搭載
  • デザインが刷新!よりフラットに
  • カラフルな4色展開
  • ホームボタン廃止!オールスクリーン10.9インチに
  • アウトカメラが1,200万画素に
  • 指紋認証はサイドーキで
  • Apple Pencilは第1世代に対応
  • スピーカーを左右に配置
  • フロントカメラの位置がサイドに
  • USB-C対応に
  • 5Gにも対応
  • 価格は68,800円〜

トップ画像引用元:10.9インチiPad(第10世代) – Apple(日本)

iPad(第10世代)の発売日

iPad(第10世代)

画像引用元:10.9インチiPad(第10世代) – Apple(日本)

まずはiPad(第10世代)の発売日を見ていきましょう。

iPad(第10世代)の発売日
  • 予約日
    受付中
  • 発売日
    2022年10月26日(水)

iPad(第10世代)の予約はすでにApple Storeで開始されており、発売日は2022年10月26日(水)です。

現在ドコモ・au・ソフトバンク・楽天での取り扱いは発表されていません。

今後の情報を待ちましょう!

iPad(第10世代)の価格

iPad(第10世代)

画像引用元:10.9インチiPad(第10世代) – Apple(日本)

次にiPad(第10世代)の価格をチェックしましょう。

Wi-Fiモデルの価格

ストア64GB256GB
Apple68,800円92,800円
ドコモ未発表
au未発表
ソフトバンク未発表
楽天モバイル未発表
ヨドバシカメラ68,800円92,800円
ヤマダ電機未発表未発表
エディオン未発表未発表

Wi-Fi+Cellularモデルの価格

ストア64GB256GB
Apple92,800円116,800円
ドコモ未発表
au未発表
ソフトバンク未発表
楽天モバイル未発表
ヨドバシカメラ92,800円116,800円
ヤマダ電機取扱なし
エディオン取扱なし

Apple Storeでの価格はWi-Fiモデルが68,800円〜、Wi-Fi+Cellularモデルが92,800円です。

キャリアでの取り扱いは未定であるため、価格は不明です。

円安の影響もありますが、エントリーモデルのiPadは価格の安さが特徴でした。

iPad(第10世代)は最も安いモデル(64GB)でも68,800円と高めなのがネックです。

iPad(第10世代)のスペック

iPad(第10世代)

画像引用元:10.9インチiPad(第10世代) – Apple(日本)

ここからは、iPad(第10世代)のスペックをチェックしていきましょう。

iPad(第10世代)のスペック

項目内容
本体サイズ高さ:248.6mm
幅:179.5mm
厚さ:7mm
重さ477g(Wi-Fiモデル)
481g(Wi-Fi + Cellularモデル)
ディスプレイサイズ10.9インチ
アウトカメラ12MP
インカメラ12MP
バッテリー駆動時間Wi-Fiでのインターネット利用:最大10時間
ROM64GB/256GB
RAM-
CPUA14
OSiPadOS 16
防水・防塵性能非対応
カラーシルバー・ブルー・ピンク・イエロー

チップはA14 Bionicに進化

iPad(第10世代)のチップはA14 Bionicにスペックアップしました。

このA14 BionicはiPhone12に搭載されたチップです。

iPad(第9世代)がA13 Bionicだったため、順当に進化しています。

本体サイズ・デザイン

iPad(第10世代)のサイズは248.6×179.5×7 mm、重量はWi-Fiモデルで477 g、Wi-Fi + Cellularモデルで481 gです。

前モデルであるiPad(第9世代)よりも幅は増えましたが、高さは短くなり、重量も約10g軽くなっています。

厚さも0.5mm薄くなっているので、よりスッキリとしたボディに進化しています。

デザインもiPad Air(第5世代)と同じ、側面がよりフラットなデザインになりました。

カラーは4色でカラフルに

iPad(第10世代)

画像引用元:10.9インチiPad(第10世代) – Apple(日本)

iPad(第10世代)のカラーバリエーションは4色です。

iPad(第10世代)のカラーバリエーション
  • シルバー
  • ピンク
  • ブルー
  • イエロー

iPad(第10世代)では基本のシルバーに加えて、ピンク、ブルー、イエローが追加に!

iPad Airでもカラバリは豊かでしたが、iPad(第10世代)ではよりカラフルでポップなラインナップになりました。

なぜかスペースグレイはないため、シックな色を求めている方は注意が必要です。

ホームボタン廃止、指紋認証はトップボタンに

ホームボタンがなくなり、指紋認証はトップボタン(電源キー)での認証に変更になりました。

ホームボタンがなくなったことで、オールスクリーンのデザインで前面はより無駄がなくなっています。

USB-Cコネクタ対応に

iPad(第10世代)では上位モデルと同様に、USB-Cコネクタが採用されています。

iPad(第9世代)でLightningが採用されていましたが、これで全てシリーズがUSB-Cに変わりました。

Apple Pencilは第1世代のまま

iPad(第10世代)対応のペンは、Apple Pencilは第1世代で進化していません。

第1世代のApple Pencilを充電するためには、iPad本体のLightning端子に突き挿す必要があります。

ところがiPad(第10世代)ではUSB-Cコネクタであるため、Apple Pencilが挿さりません。

そこで、以下のような「USB-C-Apple Pencilアダプタ」を別途購入する必要があります。

USB-C - Apple Pencilアダプタ

画像引用元:USB-C – Apple Pencilアダプタ – Apple(日本)

ややチグハグな仕様です。

5Gに対応

iPad(第10世代)は5G(sub-6 GHz)に対応しました。

iPad(第9世代)は4Gだっため、しっかりと進化しています。

また、Wi-Fi 6(802.11ax)、Bluetooth 5.2テクノロジーも対応に。

スピーカーが横向きに

iPad(第10世代)の2スピーカーオーディオは横向きに変化しています。

iPad(第9世代)では、下部にスピーカーが集中しており動画を見る際に片方から音が聴こえてくる仕様でした。

iPad(第10世代)では上下にスピーカーが分散しているため、横向きに使用した際により臨場感のあるサウンドが楽しめます。

iPad(第10世代)のカメラ

iPad(第10世代)

画像引用元:10.9インチiPad(第10世代) – Apple(日本)

iPad(第10世代)のカメラを詳しく見ていきましょう。

iPad(第10世代)のカメラ

iPad(第10世代)のカメラ 
広角アウトカメラ1,200万画素
ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
写真のスマートHDR 3
超広角フロントカメラ1,200万画素
ƒ/2.4絞り値
2倍のズームアウト
写真のスマートHDR 3
センターフレーム
Retina Flash
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
ビデオ4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
3倍ビデオズーム
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ

アウトカメラは1,200万画素に進化

アウトカメラは1,200万画素に進化しており、使いやすい性能に進化しました。

フロントカメラはサイドに移動

フロントカメラも1,200万画素の超広角カメラを採用しているので、FaceTimeやZoomなどのビデオ通話に向いています。

フロントカメラの位置もサイドに移動して、より使いやすくなっています。

センターフレームとは、動き回っても自分やほかのユーザを常にフレーム内に収めてくれる機能です。

4Kビデオ撮影に対応

4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)に対応しています。

1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)にも対応しており、細かなスペックアップがみられます。

iPad(第10世代)のディスプレイ

iPad(第10世代)

画像引用元:10.9インチiPad(第10世代) – Apple(日本)

iPad(第10世代)のディスプレイは10.9インチのLiquid Retinaディスプレイです。

iPad(第10世代)のディスプレイ
  • 10.9インチ
  • Liquid Retinaディスプレイ
  • 2,360 x 1,640ピクセル解像度、264ppi
  • 500ニトの輝度
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • Apple Pencil(第1世代)に対応

ホームボタンがなくなり、オールスクリーンのデザインになったことでiPad(第9世代)の10.2インチよりもディスプレイサイズがアップしています。

Retinaディスプレイから、Liquid Retinaディスプレイにしっかり進化しました。

残念ながらApple Pencil(第1世代)のみに対応ですが、今まで利用していた方は買い替えずに使えるのはメリットです。

iPad(第10世代)のメリット4つ

メリット

iPad(第10世代)のメリットを見ていきましょう。

iPad(第10世代)のメリット
  • カラフルなボディ
  • オールスクリーンのデザイン
  • USB-Cコネクタになった
  • Magic Keyboard Folioが使える

カラフルなボディ

これまでのiPadにはなかった、カラフルなボディが目をひきます。

可愛い色のiPadが欲しい!と思っていたユーザーには人気が出そうです。

ただしスペースグレイを求めていた人はラインナップされていないので、注意しましょう。

オールスクリーンのデザイン

ホームボタンがなくなり、エントリーモデルとしては初めてオールスクリーンになりました。

ホームボタンはiPhoneでもなくなりつつあるため、嬉しい進化です。

指紋認証は健在で、電源キーからサクッと解除できます。

USB-Cコネクタになった

LightningからUSB-Cコネクタに変化しています。

これにより最新のiPadはどのモデルでもUSB-Cになりました。

Magic Keyboard Folioが使える

iPad(第10世代)用Magic Keyboard Folio

画像引用元:iPad(第10世代)用Magic Keyboard Folio – 日本語 – Apple(日本)

iPad(第10世代)専用のキーボードとして、Magic Keyboard Folioが登場です。

取り外せるキーボードと、本体を守るバックパネルの2つのパーツに分かれるフレキシブルなデザインを採用しています。

どちらもマグネットでiPadに取りつけられ、スタンドは角度を調整できるので便利です。

10月26日発売で、価格は38,800円とやや高額です。

iPad(第10世代)のデメリット2つ

デメリット

iPad(第10世代)のデメリットを見ていきましょう。

iPad(第10世代)のデメリット
  • 価格が高い
  • Apple Pencil(第1世代)の充電が面倒

価格が高い

iPad(第10世代)は最も安いモデルでも68,800円です。

エントリーモデルである無印iPadの最大の強みは価格の安さでした。

iPad(第9世代)は49,800円から購入できるため、約2万円の値上げになります。

「気楽な価格で試せるiPad」として人気を博していた無印iPadの価格向上は、かなりマイナスな要素です。

ただし、上位モデルであるiPad Air(第5世代)は92,800円であるため、最も安いiPadには変わりありません。

Apple Pencil(第1世代)の充電が面倒

iPad(第10世代)はApple Pencil(第1世代)対応です。

Apple Pencil(第1世代)を充電するにはLightning端子を本体に挿す必要があります。

ところがiPad(第10世代)はUSB-Cであるため、直接挿すことができません。

そのため、別売りのUSB-C-Apple Pencilアダプタを使って、充電やペアリングをする必要があります。

素直にApple Pencil(第2世代)に対応して欲しかったというのが率直な感想です。

iPad(第10世代)の評判・口コミ

iPad(第10世代)

画像引用元:10.9インチiPad(第10世代) – Apple(日本)

最後に、iPad(第10世代)の評判・口コミをまとめました。

Apple Pencilに賛否両論

Apple Pencilが第1世代であることに対しては意見が分かれるところです。

今まで使っていたApple Pencilがそのまま使えるというメリットがある反面、充電やペアリングに別売りのコネクタが必要というデメリットがあります。

充電に関してはiPhoneでもできる可能性がありますが、ペアリングはできません。

USB-Cに対応しましたが、ややチグハグな印象です。

価格が高いとの声も

エントリーモデルのiPadは価格の安さが特徴であっため、本体価格の値上げは残念と感じているユーザーが多いようです。

円安も影響してより高額に感じます。

ポップなカラーは人気

今までのiPadにはないポップなカラーは好評です。

カラーが気に入ったら問答無用で購入するのもありです!

順当に進化したカラフルなiPad(第10世代)!価格の高さがややネック

iPad(第10世代)

画像引用元:10.9インチiPad(第10世代) – Apple(日本)

iPad(第10世代)の評判について解説しました。

iPad(第10世代)評価レビューまとめ
  • 2022年10月26日(水)発売
  • A14 Bionic搭載
  • デザインが刷新!よりフラットに
  • カラフルな4色展開
  • ホームボタン廃止!オールスクリーン10.9インチに
  • アウトカメラが1,200万画素に
  • 指紋認証はサイドーキで
  • Apple Pencilは第1世代に対応
  • スピーカーを左右に配置
  • フロントカメラの位置がサイドに
  • USB-C対応に
  • 5Gにも対応
  • 価格は68,800円〜

デザインが刷新され、より今時のiPadへと進化したiPad(第10世代)。

ホームボタンがなくなったことでディスプレイサイズも大きくなっています。

チップやカメラ性能も進化しており、スペック面では不満はあまりありません。

ただし、Apple Pencilは第1世代のみ対応でペアリングや充電がやや面倒に。

価格も68,800円〜になりました。

性能はエントリーモデルとしては高く、見た目はカラフルでとても可愛いので、一目惚れした方は購入して損のないタブレットです。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。