新型iPad mini 6(第6世代)の噂|発売日・価格・スペック・最新情報

  • 2021年7月14日
  • by.a-sato

ipad mini 6のウワサ

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

新型iPad mini 6(第6世代)の発表・発売が噂されています。

そこで今回はネット上のリーク情報を集め、2021年7月現在のiPad mini 6(第6世代)の最新情報をまとめました。

まだ確定情報ではありませんが、興味がある人や購入を検討している人は是非参考にしてください。

iPad mini 6の噂まとめ
  • 発売は2021年上半期の可能性大
  • ミニLEDディスプレイが搭載されるかも
  • ディスプレイサイズは8.9~9.15インチと大きくなる
  • 新チップ「A14X」の可能性
  • USB Type-Cに対応│Lightningは廃止

トップ画像引用元:iPad Air – Apple(日本)

【2021年7月最新版】iPad mini 6の噂

iPad mini 5

画像引用元:iPad miniを購入 – Apple(日本)

まず、現時点でネットに上がっているiPad mini 6のリーク情報をまとめました。

下記の情報は、アナリストのMing-Chi Kuo氏やアメリカ大手経済メディア「Bloomberg」、DIGITIMESなどによるものです。

iPad mini 6の情報
  • ミニLEDディスプレイ搭載?
  • ディスプレイサイズは8.9インチ~9.15インチに
  • iPad Proと同じベゼルレス仕様
  • A14 Bionicチップ搭載│新チップ「A14X」の噂もあり
  • メモリは4GB│モデルは3種類
  • 第2世代のApple Pencil対応
  • USB Type-Cに変更
  • ホームボタンが廃止されるかどうかは不明
  • スピーカー音質が劇的に改善されるかも?

下記にて詳しく見ていきましょう。

iPad mini 6(第6世代)のディスプレイ

ディスプレイについては、各LEDが小さくなり、優れたコントラストや省電力性能が期待できる「ミニLEDディスプレイ」が搭載されるという話があります。

これが本当なら、これまで以上に高画質なiPad miniが期待できるでしょう。

また、ディスプレイは8.9インチ~9.15インチにサイズアップされるといわれています。

フレーム幅が狭いデザイン仕様になるようなので、画面サイズの割に全体的なサイズはコンパクトかもしれません。

また、ホームボタンが廃止されるという噂もありますが、6月にジョン・プロッサー氏よりリークされたiPad mini 6の画像にはホームボタンがあったので、まだどうなるかは不明です。

iPad mini 6(第6世代)のスペック

次にスペックについてですが、A14 Bionicチップが搭載されるといわれています。

一方で、新チップ「A14X」の噂もあるため、まだ何とも言えません。

Bloombergによると、A14Xは「MacBook Pro 13インチ」と「MacBook Air」に搭載されている「Apple M1」と同等のレベルではないかといわれています。

Apple M1と同等のA14Xが搭載されるとなれば、性能にも大きな期待が持てそうですね。

また、RAMは4GBでROMは3種類の容量があるといわれています。

iPad mini 6のROM容量
  • 64GB
  • 128GB
  • 256GB

USB Type-Cに変更

iPad mini 6のリーク画像を投稿したジョン・プロッサー氏によると、Lightningが廃止されるようです。

Lightningが廃止される代わりに、USB Type-C対応となるといわれています。

Androidスマホに多く採用されているケーブルなので、Androidスマホとの併用も便利になりそうです。

筆者は普段iPhoneを使っているので、iPad miniでType-Cが使えるようになるのであれば、今後発売される新型iPhoneもType-Cに移行してくれることを願います。

スピーカー音質が劇的に改善されるかも?

スピーカーについても、音質が劇的に改善されるという噂があります。

iPad miniは音質があまり良くないと評価されています。

スピーカーの数はまだ不明ですが、この情報が本当であれば、iPad miniで音質が気になっていた人にも朗報ではないでしょうか。

iPad mini 6(第6世代)の発売は2021年?

iPad

画像引用元:iPad mini – Apple(日本)

iPad mini 6が発売されるとしたら、2021年になる可能性が高いと言われています。

その根拠は2つあります。

1つ目は、現行のiPad mini 5の発売日が2019年3月であること。iPad mini 6が2021年発売なら、前作から2年後なのでサイクル的にちょうど良いですね。

2つ目は、2022年に折りたたみのiPhoneの発売が噂されていることです。

2022年に折りたたみiPhone発売?

2022年に折りたたみのiPhoneが発売されるという噂があります。

他社ではすでにGalaxy Fold 2のような折りたたみスマホが出ていますから、Appleも似たような製品を出してくるという考えは、決して荒唐無稽ではないと言えるでしょう。

ちなみにGalaxy Fold 2は、折りたたんでいる時は6.2インチディスプレイのスマホとして、開いている時は7.6インチのタブレットとして使えるという製品です。

Galaxy Fold 2

GalaxyFold2

画像引用元:au公式サイト

iPhoneで折りたたみを出すとしても、きっと7.5~9インチくらいまでのサイズになるでしょう。

重要なのは、iPad miniと同じようなサイズ感になるだろうということです。

これはAppleにとっては不都合なことで、iPad miniを購入する層にとっては、折りたたみiPhoneが不要になる可能性が高くなります。

いわゆる「カニバリゼーション(共食い)」状態です。

そのため、2022年の折りたたみiPhoneの登場をもって、iPad miniは打ち切りになると予想されています。

なのでiPad mini 6は2021年発売?

2022年の折りたたみiPhoneを売るためにiPad miniを打ち切るのが本当なのだとしたら、iPad mini 6を発売するのは2021年が最後のチャンスになります。

だから、iPad mini 6が発売されるなら2021年というわけです。

噂の根拠が別の噂というのも奇妙なものですが、一応筋は通っています。

iPad mini 6(第6世代)の価格

iPad mini

画像引用元:iPad mini – iPadを選ぶ理由 – Apple(日本)

iPad mini 6の価格は、現行のiPad mini 5と大きく変わらない可能性が高いです。

これに関しては噂というより、Apple製品は元々、世代交代した時に価格は据え置きであることが珍しくないためです。

iPad mini 5の価格
  • 64GB(Wi-Fi):45,800円
  • 64GB(Cellular):60,800円
  • 256GB(Wi-Fi):62,800円
  • 256GB(Cellular):77,800円

まったく同額ではないにしても、似たような価格帯になることはほとんど間違いないと思います。

その代わりiPad mini 5は値下げではなく、販売打ち切りになるのでしょう。

iPad mini 6は画面が大きくなりUSB Type-C対応になる可能性大

以上、新型iPad mini 6についてでした。

iPad mini 6の噂まとめ
  • 発売は2021年上半期の可能性大
  • ミニLEDディスプレイが搭載されるかも
  • ディスプレイサイズは8.9~9.15インチと大きくなる
  • 新チップ「A14X」の可能性
  • USB Type-Cに対応│Lightningは廃止

ミニLEDディスプレイで画質が良くなる・ディスプレイサイズが大きくなるなど、興味深い情報が多数ありました。

新チップ「A14X」搭載の可能性もあるとのことで、それが本当ならパフォーマンス向上にも期待できます

また、これまで不評を集めていたLightningが廃止され、USB Type-Cに対応するという話も出ているので、利便性も高くなりそうです。

また確定された情報ではありませんが、現在のリーク情報が本当であるなら、iPad mini 6はこれまでのiPad miniから大きく変化する可能性が高いです。

興味がある人は、是非情報をチェックしてみてくださいね。

【2021年】iPad比較|価格/スペック/サイズから見たオススメは?

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
a-sato
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。