iPad(第9世代)評価レビュー|発売日・スペック・新機能まとめ

  • 2021年9月15日
  • by.y-kobayashi

iPad(第9世代)

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2021年9月15日(水)、AppleはiPad(第9世代)を発表しました。

予約は既に始まっており、発売日は2021年9月24日(金)の予定です。

この記事では、iPad第9世代のスペック、新機能などの最新情報を紹介します。

iPad(第9世代)の新機能・進化のポイント
  • 「A13 Bionic」チップでパフォーマンス向上
  • 「テキスト認識表示」が利用可能
  • 1,200万画素の超広角カメラは「センターフレーム」対応
  • 周囲の明るさや色温度に応じてディスプレイを自動調整
  • Touch IDとホームボタンは継続
人気記事

2021年発売中の最新iPadシリーズを比較してみました! iPadは多種多様なサイズやスペックで発売されており、自分の使用目的や予算に合ったものを選ぶことができます。 ただ「イマイチどれを買ったらいいのかわからない…」という人[…]

iPadを比較

トップ画像引用元:Apple公式サイト

iPad(第9世代)のスペック

iPad(第9世代)

トップ画像引用元:10.2インチiPad – Apple(日本)

早速ですが、iPad(第9世代)のスペックを見てみましょう。

項目内容
本体サイズ高さ:250.6mm
幅:174.1mm
厚さ:7.5mm
重さ487g(Wi-Fiモデル)
ディスプレイサイズ10.2インチ
アウトカメラ8MP
インカメラ12MP
バッテリー駆動時間Wi-Fiでのインターネット利用:最大10時間
ROM64GB/256GB
CPUA13 Bionic
OSiPadOS 15
防水・防塵性能非対応
カラーシルバー・スペースグレイ

iPad(第8世代)はA12 Bionic搭載でしたが、iPad(第9世代)はA13 Bionic搭載です。

これにより、CPUなどの性能が20%向上しています。

インカメラの画素数も圧倒的に向上しました。

第8世代では120万画素でしたが、第9世代は1,200万画素であり、画質が大幅に進化しています。

セルフィーで、友人や家族との写真をより美しく残すことができますよ。

ストレージ(ROM)についても、第8世代の32GB/128GBから64GB/256GBと2倍に進化

写真や動画など、容量の多いデータをこれまで以上にたくさん保存できます。

iPad(第9世代)の新機能・進化のポイントは?

iPad(第9世代)

画像引用元:10.2インチiPad – Apple(日本)

ここからはより細かく、iPad(第9世代)の新機能と、前世代から進化したポイントについて見ていきましょう。

iPad(第9世代)の新機能・進化のポイント
  • 「A13 Bionic」チップでパフォーマンス向上
  • 「テキスト認識表示」が利用可能
  • 1,200万画素の超広角カメラは「センターフレーム」対応
  • 周囲の明るさや色温度に応じてディスプレイを自動調整
  • Touch IDとホームボタンは継続

「A13 Bionic」チップ搭載でパフォーマンス・グラフィックス性能が向上

既述の通り、A13 Bionicチップの搭載により、CPU・GPUの性能が20%向上しています。

一画面で複数のアプリを操作(マルチウインドウ)したり、前世代まででは動作の重たかった先進的なアプリを使うときもスムーズに操作できます。

また、グラフィックス性能も向上しているので、これまで以上の臨場感でゲームが楽しめますよ。

「テキスト認識表示」が利用可能

iPad(第9世代)では、「テキスト認識表示」が利用可能になりました。

カメラに写された文字を、ニューラルネットワークが文字データとして認識し、表示してくれるというもの。

残念ながら、今のところ日本語には未対応です。今後に期待しましょう。

1,200万画素の超広角カメラは「センターフレーム」対応

1,200万画素の超広角カメラは、「センターフレーム」にも対応しています。

センターフレームとは、人物などの被写体が、フレームから外れないように自動調整する機能。

自分や友人など、被写体が移動する動画を撮影したいときや、ビデオ通話の際などに便利です。

周囲の明るさに応じて色温度を自動調整

iPad(第9世代)には、「True Tone」という機能もあります。

これは、周囲の環境の明るさや色温度を察知し、それに応じて最適な明るさ・色温度にディスプレイを自動調整する機能です。

明るい場所やうす暗い場所など、さまざまな環境で写真や動画などを快適に見ることができますよ。

Touch IDとホームボタンは継続

iPad(第9世代)にもホームボタンが搭載されており、Touch IDが利用可能です。

その分ディスプレイサイズが少し小さめなのがネックともいえます。

電源ボタンへの指紋認証の搭載は、iPad mini(第6世代)で採用されたようですね。

iPad(第9世代)の価格

iPad(第9世代)

画像引用元:Apple公式サイト

Apple StoreでのiPad(第9世代)の価格は以下の通りです。

iPad(第9世代)の価格

項目64GB256GB
Wi-Fiモデル39,800円57,800円
セルラーモデル56,800円74,800円
ちなみに、iPad(第8世代)は以下の価格で販売されていました。

iPad(第8世代)の価格

項目32GB128GB
Wi-Fiモデル38,280円49,280円
セルラーモデル54,780円65,780円
iPad(第8世代)と同価格帯になると予想されていましたが、予想よりもやや高価になりました。

しかし、性能がアップし、ストレージも2倍になっているので、前世代よりもコストパフォーマンスが良いと言えます。

iPad(第9世代)は高性能でコスパ良し!

iPad(第9世代)

画像引用元:10.2インチiPad – Apple(日本)

この記事では、2021年9月15日に発表されたiPad(第9世代)について、発売日やスペック、新機能について紹介しました。

新機能・前世代から進化したポイントは以下の通りでした。

iPad(第9世代)の新機能・進化のポイント
  • 「A13 Bionic」チップでパフォーマンス向上
  • 「テキスト認識表示」が利用可能
  • 1,200万画素の超広角カメラは「センターフレーム」対応
  • 周囲の明るさや色温度に応じてディスプレイを自動調整
  • Touch IDとホームボタンは継続

第8世代と比べると、A13 Bionic搭載によるパフォーマンス向上で快適に使えそうです。

また「テキスト認識表示」「センターフレーム」「True Tone(周囲の明るさや色温度に応じてディスプレイを自動調整)」といった新機能も注目に値します。

これまで以上に便利に進化したiPad(第9世代)ですが、ストレージが倍にもかかわらず価格は第8世代を少し上回る程度

魅力を感じる方は早速予約してみてはいかがでしょうか。

iPad mini 6(第6世代)評価レビュー|発売日・スペック・新機能まとめ

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
y-kobayashi
長野県松本市出身の1986年生まれ。スマホは楽天モバイルでiPhone 8を使用。MacBook Air、iPadなどApple製品を愛用。Appleユーザー歴10年。ライター・編集ディレクター歴4年。前職はウエディングプランナー、その前は塾講師。中学・高校は陸上競技(長距離)に熱中。現在の楽しみは妻とのんびり過ごす時間。