ドコモのiPad/iPad Proの維持費いくら?最安プランをシミュレーション

ドコモのiPad/iPad Proの維持費いくら?最安プランをシミュレーション

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

「ドコモのiPad/iPad Proの維持費はいくら?」
「ドコモのiPad/iPad Proの最安プランをシミュレーションしたい」

この記事はそんな方に向けて書いています。

ドコモでiPad・iPad Proをお得に使いたい方向けに、最安プランの維持費を実際にシミュレーションしてみました。

シミュレーションした最安値の維持費や、iPadとiPad Proそれぞれの特徴などについて詳しく解説していきます。

ドコモのiPad・iPad Proの維持費はどのくらい?
  • オプションを一切付けない状態ならiPadで最安2,000円台で持てる
  • iPad Proでも毎月5,000円で維持することが可能
  • 最安値で維持するにはドコモの回線を既に持っていることが条件

トップ画像引用元:iPad(第7世代) | iPad | NTTドコモ

ドコモのiPadとiPad Proの現在の機種代金は?

iPad 7

画像引用元:iPad(第7世代) | iPad | NTTドコモ

iPadとiPad Proは機種代金が高いと定評のあるタブレットですが、実際にどのくらいの金額で購入することができるのでしょうか。

iPad(第7世代)の機種代金

ドコモのiPad(第7世代)の機種代金は下記の通りです。

項目32GBモデル128GBモデル
iPad(第7世代)55,400円67,320円

格安のタブレットを探せば20,000円~30,000円程度で購入できるものも少なくありません。

それらのタブレットと比べると、やはりiPadは高額なタブレットであることがわかります。

iPadの機種代金も分割支払いが可能なので、一度に機種代金を支払う必要はありません。

また、昨年の話になりますが、ドコモに乗り換えた時に「iPadを安く使いませんか?」とセット契約を勧められました。

この時にかなり機種代金を割引してくれたので、このように隠れたキャンペーンを探してみるのもおすすめです。

筆者は既にiPadを持っていたので、結局契約はしませんでした。

ドコモから10.2型の第7世代iPadが発売|他のiPadと比較してみた
ドコモキャンペーンバナー

iPad Pro(第3世代)の機種代金

iPad Pro(第3世代)の機種代金は下記の通りです。

項目64GBモデル256GBモデル512GBモデル1TBモデル
iPad Pro
(第3世代)
142,560円160,776円184,536円233,640円

iPad ProはiPadの上位モデルなので、機種代金も一気に跳ね上がります。

iPhoneやGalaxyのスマホ以上に高額である分、性能も非常に高いです。

また、1TBという大容量モデルもあるので、映像や音楽、写真などのデータをたくさん保存したり、ビジネス関係で使うファイルや書類を大量に保管したい人にはおすすめです。

ドコモのタブレット向け料金プラン

iPad 7

画像引用元:iPad(第7世代) | iPad | NTTドコモ

iPadとiPad Proの機種代金がわかったところで、次にドコモの料金プランについて解説していきます。

ドコモでタブレットに対応しているプランを3つピックアップしました。

データプラス【月額1,000円】

データプラスとは、ペアとなる1台目のドコモのスマホのデータ通信量をシェアできるプランです。

以前あったシェアパックと似たようなものだと思ってください。

月額たった1,000円なので、コストを重視したいのであればデータプラスを選ぶことをおすすめします。

ただし、ペアとなる回線の契約プランが「ギガホ」または「ギガライト」のどちらかであることが条件なので、それ以外のプランに加入しているスマホはペアにすることができません。

ドコモの回線ありきのプランなので、ドコモを使っていない場合は利用できないプランとなります。

ギガホ【月額6,980円】※定期契約あり

ギガホは、毎月30GBまでデータ通信量が使い放題になる定額プランです。

月額料金は6,980円と高めですが、毎月30GBまでたっぷりネットを使うことができるので、動画やゲーム・音楽などに通信量を割いてしまう人や、自宅にWi-Fi環境がない人にもおすすめのプランです。

ギガホ割で6ヶ月間1,000円割引

終了日未定で、現在ギガホを契約すると6ヶ月間1,000円の割引が適用されます。

つまり、6ヶ月間は5,980円で利用できるということになります。

7ヶ月目以降は元の料金に戻るので注意してください。

ギガライト【月額2,980円~】※定期契約あり・1GB利用時

ギガライトは1GBから7GBまで使った通信量に応じて料金が発生する従量制のプランです。

項目料金/容量
月額料金定期契約なし
※解約金なし
~1GB:3,150円
~3GB:4,150円
~5GB:5,150円
~7GB:6,150円
定期契約あり
※解約金1,000円
~1GB:2,980円
~3GB:3,980円
~5GB:4,980円
~7GB:5,980円
利用可能データ量7GB
国内通話料家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり20円

使った通信量に合わせて、表のように4段階で料金が変動します。

1GBから2GB程度であればギガライトの方がお得ですが、常に5GBを超えるようであれば、ギガホを選んだ方が使える通信量も多くなり、金額もあまり変わらないのでお得です。

普段からWi-Fiに接続してネットを使う人など、モバイル通信をそこまで使わない人向けのプランといえます。

節約しようと無理に従量制プランを選んでしまうと、結局使い過ぎて損をしてしまうので、自分が普段ストレスなく使っている通信量を考えた上で選ぶことをおすすめします。

ギガホ・ギガライトはスマホプランと全く同じ

上記のギガホ・ギガライトはタブレットに対応しているプランですが、スマホでも同様のプランを使うことができます。

iPadが音声通話に対応していない分、上記の2つのプランがスマホプランと全く同じ料金と内容であると考えると、少し損した気分になるかもしれません。

みんなドコモ割3回線以上で1,000円割引

ギガホ・ギガライトは「みんなドコモ割」を適用することができます。

みんなドコモ割とは、3親等以内であれば家族グループを作ることができ、グループ内の回線数によって割引が適用されるというサービスです。

2回線の場合は1台につき500円、3回線以上の場合は1,000円割引されます。

3親等ということなので、両親や配偶者、子供はもちろん、伯叔父母や甥姪まで適用対象となります。

ちなみにデータプラスはみんなドコモ割の割引対象ではありません。

ギガホ・ギガライトのどちらかを使いたい人は、家族や親戚にドコモを使っている人がいないか1度チェックしてみてください。

ドコモのタブレット向け料金プラン
  • ペアとなる回線のデータ通信量をシェアできるデータプラス
  • 最大30GBまで制限なく利用できるギガホ
  • 1GBから7GBまで使った分だけ料金が高くなるギガライト
ドコモ「ギガホ増量キャンペーン」期間は2020年1月1日~終了日未定

次のページでは、iPad・iPad Proの最安値の維持費をシミュレーションしてみます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ