新iPad Proや新Macbook Air、新Mac miniが登場!アップル発表会を最速チェック

  • 2018年10月31日
  • by.kou

e10fbd4d83c00c80273e79a86a6fc7da

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

10月30日の午後11時(日本時間)から、アップルのスペシャルイベントが開催されました。

このスペシャルイベントの会場はニューヨークの「Bam Howard Gilman Opera House」

「Bam Howard Gilman Opera House」は20世紀初頭に建設されたオペラハウスです。

画像引用元:BAM | BAM Howard Gilman Opera House

このオペラの殿堂で発表会を行うのは、とてもアップルらしいですね。

今回の発表会で登場したのは、「新型iPad Pro」と「新型Macbook Air」、「新型Mac mini」の3つ。

それぞれのプロダクトを詳しくみていきましょう。
とにかく今回は盛り上がりましたね!

アップルから登場したもの
  • 新型iPad Pro
  • 新型Macbook Air
  • 新型Mac mini

トップ画像引用元:Apple(日本)

発表されたもの1:新型iPad Pro

画像引用元:Apple(日本)

世界で4億台売れているiPadシリーズ。
最もハイスペックモデルに位置するiPad Proが完全新作として生まれ変わりました。

今回の一般的な目玉はこの新型iPad Proでしょう。
進化した点をみていきましょう。

ホームボタン無くしました

画像引用元:Apple Events – Livestream – Apple

これは大方の予想通りiPhoneXシリーズに合わせてホームボタンを無くしベゼルレスデザインへ移行しました。
ホームボタンのないiPadを見ると、とてもスッキリしていて旧モデルに比べるとデザインが洗練していると感じてしまいます。

時代はホームボタンレスですね。
操作はジェスチャーでiPhoneXSなどと同様になります。

Face IDしてみました

画像引用元:Apple Events – Livestream – Apple

こちらもiPhoneXシリーズ同様に顔認証であるFace IDを搭載しました。
iPad Pro特有の部分は縦向き横向きデスクトップモードでも認証が可能であること。

またノッチもありません。
iPad Proにこそ顔認証は適しているのかもしれませんね。

ペンがくっつきます

画像引用元:Apple Events – Livestream – Apple

これ、何気に素晴らしいですよね。
Galaxy Noteはペンを収めるタイプですが、こちらは本体にくっつけるタイプ

磁石でくっつくので収める場所を選びません。
さらにくっついている間に自動で充電されるので、電池を気にせずにペンを使えるのは助かります。

ディスプレイは「Liquid Retinaディスプレイ」

画像引用元:Apple(日本)

有機ELを搭載するかと予想しましたのが、実際に搭載されたのはLiquid Retinaディスプレイ
このLiquid RetinaディスプレイはiPhoneXRで搭載されたものです。

ベゼルレスを可能にする優れたディスプレイとして位置しており、iPhoneXRでも好評です。
個人的に有機ELの発色は好みではないので、Liquid Retinaディスプレイ大賛成です!

小さく薄くしてみました

画像引用元:Apple(日本)

10.5インチモデルは11インチへサイズがアップしました。
ですが、本体のサイズはそのままに

また12.9インチモデルはそのままのディスプレイを保ちながら、サイズは小さくなりました。

さらに1ミリ薄くなっています。

CPUもあげてみました

画像引用元:Apple Events – Livestream – Apple

CPUはA12X Bionicへ進化しました。
35%早くマルチコアは90%アップし初代から1,000倍高速に!

毎秒5兆の演算処理を行い、高度な機械学習ができるようになりました。
簡単にいうとノートパソコンよりもパワフルとのこと。

LightningコネクタからUSB-C搭載へ

画像引用元:Apple(日本)

新型iPad ProはUSB-Cを搭載しています。
これにより外付けディスプレイや他のアクセサリと接続が可能になりました。

iPad ProからiPhoneに充電!なんてこともできます。
iPad Proが外付けバッテリーになる、と考えると便利です。

新型iPad Proの価格・発売日は?

画像引用元:Apple(日本)

  • 新型iPad Pro(11インチ)の価格:¥89,800 (税別)~
  • 新型iPad Pro(12.9インチ)の価格:¥111,800 (税別)~
  • 新型iPad Proの発売日:11月7日

前機種の10インチモデルも併売で¥69,800 (税別)から

今回の新型iPad Proは最大で1TBのストレージを選ぶことができます。
もうタブレットの域を超えてますね。

次の章では発表されたもの2:新型MacBook Airをみていきましょう。

発表されたもの2:新型MacBook Air

画像引用元:Apple Events – Livestream – Apple

発表会でまず紹介されたのがMacBook Airです。
どうやらアップルはMacBook Airを覚えていたようです。

というのもMacBookが薄型化されてからその「存在意義を問われていた」というのが、MacBook Airの立ち位置でした。

ライトに使う分には十分なスペックですし、解像度にこだわらなければ安くて取り回しのいいMac入門機種として最適です。

このまま消えてしまいそうだったMacBook Airが遂に刷新されました。
新型MacBook Airの特長と進化点をみていきましょう。

かなりパワフルです。

Retina displayはじめました

画像引用元:Apple Events – Livestream – Apple

遂にRetina displayを採用しました。
え?今頃?と思われそうですが、MacBook Airは今までずっとHD画質でした。

その分、価格を抑えることに成功していたのですが、新型ではRetina displayを搭載します。
MacBook AirとMacBook Proの大きな違いが画面の解像度にありました。

ディスプレイがRetinaになったことは大きな進化です。

Touch ID搭載!

画像引用元:Apple Events – Livestream – Apple

iPhoneではおなじみの指紋認証であるTouch IDがMacBook Airにも搭載されました。

MacBook Airには今まで指紋認証はありませんでしたので、大きな進化です。
キーボードの右上で指紋を認証するようです。

これによりセキュリティ面が大幅に向上します。

キーボードが第三世代へ!感圧タッチトラックパッド搭載

画像引用元:Apple Events – Livestream – Apple

感圧タッチトラックパッドでは、加える圧力にわずかな差をつけることで、Macを様々な方法で操作できる機能です。
この感圧タッチトラックパッドもMacBook Airでは初ですね。

100%再生リサイクルアルミニウムへ

画像引用元:Apple Events – Livestream – Apple

ここで拍手喝采だったのが印象的でした。
意識の高いニューヨークで開催されたのも影響があるのかもしれませんが「環境に優しい」部分で盛り上がるのは素敵なことです。

新しいプロダクトを生み出しながら、そういった環境への配慮もトップブランドの使命でしょう。
価格も抑えていただければもっと嬉しいのですが…。

新型MacBook Airの価格・発売日は?

画像引用元:Apple(日本)

  • 新型MacBook Air(128GBストレージ)の価格:¥134,800 (税別)〜
  • 新型MacBook Air(256GBストレージ)の価格:¥156,800 (税別)〜
  • 新型MacBook Airの発売日:11月7日

この価格、そこそこ高いという印象です。

現行のMacBook Airの価格が¥98,800 (税別)からですから、スペックアップともに価格もアップしました。

この新型MacBook Airの登場で、ライト層はMacBook Proからかなり移行するのではないでしょうか。
MacBookとの住み分けがとても複雑になりそうです。

最後に重さが100g軽くなっていて、さらに空気に近づきました!

次の章では発表されたもの3:新型Mac miniをみていきましょう。

発表されたもの3:新型Mac mini

画像引用元:Apple Events – Livestream – Apple

Mac miniも随分と久々の登場です。

Mac miniはディスプレイを持たないタイプ。
モニターに接続することでMacへと変身します。

最後に発売されたのが2014年10月ですから、今回の新型は約4年ぶりということになります。

一定のファンがいるMac miniの登場で歓喜した方も多いでしょう。
進化した点を中心にみていきましょう。

Mac miniの進化点

画像引用元:Apple Events – Livestream – Apple

  • 新しい第8世代の6コアおよびクアッドコアプロセッサ
  • Thunderbolt 3(USB-C)とHDMI 2.0を搭載
  • 最大2TBのSSD。圧倒的に高速なオールフラッシュストレージ
  • 最大64GBのさらに速い2,666MHz DDR4メモリ

旧機種が4年前ですから、進化は目を見張るものがあります。
最大5倍早いシステムパフォーマンス、最大60%アップのグラフィックスなど大幅に進化しています。

メモリが64GBまで積めます

画像引用元:Apple(日本)

なんとメモリが64GBまで積めてしまいます。
ただし、154,000円プラスになってしまいますが…。

ですが、Mac miniは相当なポテンシャルを秘めていますね。
またストレージは2TB SSDまで拡張可能です。

新型Mac miniの価格・発売日は?

画像引用元:Apple(日本)

  • 新型Mac mini(128GBストレージ)の価格:¥89,800 (税別)〜
  • 新型Mac mini(256GBストレージ)の価格:¥122,800 (税別)〜
  • 新型Mac miniの発売日:11月7日

カスタマイズすると最大40万円以上になります。
もうミニではありませんね…。

アップル発表会のまとめ

画像引用元:Apple Events – Livestream – Apple

今回登場したものをまとめます。

アップル発表会で登場したもの
  • 新型iPad Pro
  • 新型MacBook Air
  • 新型Mac mini

今回のアップルの発表会は会場全体に熱を帯びているのが伝わりました。

iPhoneの発表会よりも確実に拍手が多かった気がします。

やはりコアなファンが多いMacBook AirとMac miniの刷新、新型iPad Proの完全新作が目を引いたのでしょう。
個人的にも全体的に雰囲気の良いホットな発表会だと感じました。

それにしてもアップルのプレゼンター陣のパフォーマンス力にはいつも感服いたします。

噛むことなくスラスラとプレゼンできるのはさすがアップル!といえます。
旧デバイスを忘れずに進化させた発表会は「アップルここにあり!」といういう印象を強く残した発表会でした。

ちょっとだけ不満をあげるなら、AirPodsの新型が出なかった点。
待っていたのですが、いつになるか分からないので、おとなしく旧型を購入します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
kou
kou
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ