iPadOSリリース!マウスなどの新機能の使い方や設定方法|対応機種まとめ

iPadOSリリース!マウスなどの新機能の使い方や設定方法|対応機種まとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

これまでiPadはiPhoneと同様にiOSを搭載したデバイスでした。

しかし、2019年9月にiPad専用のOSとして「iPadOS」がリリースされました!

iPadOSがリリースされたことによって、今後のiPadがどのように進化していくのかが気になっている人は多いかもしれません。

そこで、この記事ではiPadOSについて詳しくみていきましょう!

iPadを保有している人は必見の内容です。

トップ画像引用元:iPadOS – Apple

iPadOSの対応機種を紹介

iPadOS対応デバイス

画像引用元:iPadOS – Apple

iPadOSはこれまでに発売された全てのiPadに対応しているわけではありません。

対応しているiPadは以下のリストに掲載したもののみなので、自分の持っているiPadが対応しているかどうかをあらかじめチェックしておいてください。

iPadOS 13.1対応デバイス一覧表
  • iPad Pro(12.9インチ)
  • iPad Pro(11インチ)
  • iPad Pro(10.5インチ)
  • iPad Pro(9.7インチ)
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad mini 5
  • iPad mini 4
  • iPad Air 3
  • iPad Air 2

初代iPadをはじめとして、あまりに古いiPadにはiPadOSをインストールすることはできません。

もし、持っているデバイスがiPadOSに対応していない場合はこの機会に買い換えを検討するのもいいでしょう。

iPadOSの新機能とその使い方をチェック!

iPadOS 13.1

画像引用元:新しいiPadOSがiPadのために設計された独自の体験を実現 – Apple (日本)

最初にiPadOSで注目したい新機能をチェックしていきましょう。

iOSと比較すると細かい違いはたくさんありますが、特に注目したいポイントを一覧で紹介すると次の通りです。

iPadOSの要注目機能一覧
  1. マウス操作への対応
  2. USBメモリへの対応
  3. Split View機能の強化
  4. Slide Over機能の強化
  5. ホーム画面のアップデート
  6. Sidecar機能の実装
  7. Desktop-class browsingの実装

上記の機能はうまく使えばとても便利なので、iPadOS対応デバイスを持っているならしっかりチェックしておいてください。

それでは、それぞれの機能を詳しくみていきましょう。

マウス操作への対応

Mouse

これまで、iPadはマウス操作に対応しておらずiPhoneと同様にタップ操作が基本でした。

しかしiPadOSではマウスに対応しているので、マウスを接続してノートPCのように操作することができます。

そのためビジネスなどでiPadを利用したいけど操作性がイマイチだと感じていた人は必見です。

ただし、iPad上でのマウス操作はPC操作と少し異なり、右クリックは利用できません。

慣れるまで少し迷うかもしれませんが、一度覚えてしまえば問題なく使えるでしょう。

設定方法

初期設定ではマウス操作は無効になっているので、iPadでマウス操作を使いたい人は以下の手順で有効化してください。

  1. 設定アプリを起動する
  2. 「アクセシビリティ」をタップする
  3. 「AssitiveTouch」をONにする
  4. 「ポインティングデバイス」をタップする
  5. 「デバイス」をタップしてBluetoothデバイスを選択する
  6. Bluetoothマウスをペアリングする
  7. 完了

対応しているマウスはBluetoothマウスのみで、USBマウスには対応していません。

また、設定は上記のように設定アプリから行わなければならず、Bluetoothの設定画面からペアリングして使うことはできないので注意してください。

USBメモリへの対応

USB

iPadOSでは、iOS 12ではできなかったUSBメモリへの直接書き込みや編集が可能になっています。

使い方はとてもシンプルで、USB-CまたはLightning経由でUSBメモリをiPadに挿すだけです。

これだけでファイルエクスプローラでUSBメモリ内のファイルをいじれるようになります。

ビジネスシーンなどではUSBメモリ経由でファイルをやり取りする機会は多いので、覚えておいて損はないでしょう。

ただし、USBメモリへの対応はiPadOSだけの機能ではなくiOS 13を搭載したiPhoneでも利用できるので覚えておいてください。

USBメモリとUSB-CまたはLightning変換ケーブルを用意しておけば、大容量データをやり取りする際に便利に使えるでしょう。

2019年新型iPad(第7世代)のスペックと価格は!?前モデルとの違いは何?

次のページでは、引き続きiPadOSの新機能を紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ