iPadOSリリース!マウスなどの新機能の使い方や設定方法|対応機種まとめ

iPadOSリリース!マウスなどの新機能の使い方や設定方法|対応機種まとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

これまでiPadはiPhoneと同様にiOSを搭載したデバイスでした。

しかし、2019年9月にiPad専用のOSとして「iPadOS」がリリースされました!

iPadOSがリリースされたことによって、今後のiPadがどのように進化していくのかが気になっている人は多いかもしれません。

そこで、この記事ではiPadOSについて詳しくみていきましょう!

iPadを保有している人は必見の内容です。

トップ画像引用元:iPadOS – Apple

iPadOSの対応機種を紹介

iPadOS対応デバイス

画像引用元:iPadOS – Apple

iPadOSはこれまでに発売された全てのiPadに対応しているわけではありません。

対応しているiPadは以下のリストに掲載したもののみなので、自分の持っているiPadが対応しているかどうかをあらかじめチェックしておいてください。

iPadOS 13.1対応デバイス一覧表
  • iPad Pro(12.9インチ)
  • iPad Pro(11インチ)
  • iPad Pro(10.5インチ)
  • iPad Pro(9.7インチ)
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad mini 5
  • iPad mini 4
  • iPad Air 3
  • iPad Air 2

初代iPadをはじめとして、あまりに古いiPadにはiPadOSをインストールすることはできません。

もし、持っているデバイスがiPadOSに対応していない場合はこの機会に買い換えを検討するのもいいでしょう。

iPadOSの新機能とその使い方をチェック!

iPadOS 13.1

画像引用元:新しいiPadOSがiPadのために設計された独自の体験を実現 – Apple (日本)

最初にiPadOSで注目したい新機能をチェックしていきましょう。

iOSと比較すると細かい違いはたくさんありますが、特に注目したいポイントを一覧で紹介すると次の通りです。

iPadOSの要注目機能一覧
  1. マウス操作への対応
  2. USBメモリへの対応
  3. Split View機能の強化
  4. Slide Over機能の強化
  5. ホーム画面のアップデート
  6. Sidecar機能の実装
  7. Desktop-class browsingの実装

上記の機能はうまく使えばとても便利なので、iPadOS対応デバイスを持っているならしっかりチェックしておいてください。

それでは、それぞれの機能を詳しくみていきましょう。

マウス操作への対応

Mouse

これまで、iPadはマウス操作に対応しておらずiPhoneと同様にタップ操作が基本でした。

しかしiPadOSではマウスに対応しているので、マウスを接続してノートPCのように操作することができます。

そのためビジネスなどでiPadを利用したいけど操作性がイマイチだと感じていた人は必見です。

ただし、iPad上でのマウス操作はPC操作と少し異なり、右クリックは利用できません。

慣れるまで少し迷うかもしれませんが、一度覚えてしまえば問題なく使えるでしょう。

設定方法

初期設定ではマウス操作は無効になっているので、iPadでマウス操作を使いたい人は以下の手順で有効化してください。

  1. 設定アプリを起動する
  2. 「アクセシビリティ」をタップする
  3. 「AssitiveTouch」をONにする
  4. 「ポインティングデバイス」をタップする
  5. 「デバイス」をタップしてBluetoothデバイスを選択する
  6. Bluetoothマウスをペアリングする
  7. 完了

対応しているマウスはBluetoothマウスのみで、USBマウスには対応していません。

また、設定は上記のように設定アプリから行わなければならず、Bluetoothの設定画面からペアリングして使うことはできないので注意してください。

USBメモリへの対応

USB

iPadOSでは、iOS 12ではできなかったUSBメモリへの直接書き込みや編集が可能になっています。

使い方はとてもシンプルで、USB-CまたはLightning経由でUSBメモリをiPadに挿すだけです。

これだけでファイルエクスプローラでUSBメモリ内のファイルをいじれるようになります。

ビジネスシーンなどではUSBメモリ経由でファイルをやり取りする機会は多いので、覚えておいて損はないでしょう。

ただし、USBメモリへの対応はiPadOSだけの機能ではなくiOS 13を搭載したiPhoneでも利用できるので覚えておいてください。

USBメモリとUSB-CまたはLightning変換ケーブルを用意しておけば、大容量データをやり取りする際に便利に使えるでしょう。

2019年新型iPad(第7世代)のスペックと価格は!?前モデルとの違いは何?

次の章では、引き続きiPadOSの新機能を紹介します。

Split View機能の強化

iPadOS - Split View

画像引用元:iPadOS – Apple

iPadOSでは複数アプリを同時に起動して表示させる機能、「Split View」の機能が強化されて「同一アプリの同時起動」にも対応しています。

そのため、表計算アプリや文書作成アプリを2つ起動して見比べたり、ブラウザを2つ起動したりすることができるでしょう。

iPadを使っていると同じアプリを2つ起動したくなるシーンはよくあるので、うまく活用してみてください。

同一アプリを二重起動する方法

同一アプリを二重起動し、画面の左右に表示させたい場合は以下の手順で操作してください。

  1. 二重起動したいアプリを普通に開く
  2. Dockを表示させる
  3. Dockからアプリを選択して画面右端にスワイプする
  4. 同じアプリが2つ起動する

基本的に1つ目を普通に開いた後で、Dockから同じアプリを選んで右端にスワイプさせると覚えておいてください。

Slide Over機能の強化

Slide Over

画像引用元:新しいiPadOSがiPadのために設計された独自の体験を実現 – Apple (日本)

Slide Overとは、iPadで起動しているアプリの上にフロートする形で新たなアプリを起動させることができる機能です。

iPadOSではこの機能が強化され、複数のアプリを待機させておくことができます。

そのため、ブラウザとGoogle Mapのようによく使うアプリを待機状態にしておき、いつでも切り替えられるようにしておくと便利に使えるでしょう。

Slide Overで複数アプリを切り替える方法

実際に強化されたSlide View機能を利用して待機中のアプリを切り替える方法は次の通りです。

  1. Dockを表示させる(ディスプレイ下端から上にスワイプ)
  2. フロートさせたいアプリを画面上にスワイプさせる
  3. フロート画面下端を上に向かってスワイプし、待機アプリ一覧を表示させる
  4. 切り替えたいアプリをタップする

フロート画面で複数のアプリを切り替えながら使う場合、この操作を頻繁に使うことになるのでしっかり覚えておいてください。

また、フロート画面下端を左右にスワイプすることで1つずつ切り替えることもできるので、あわせて覚えておいてください。

この機能によってフロート画面上で複数アプリを使い分ける場合、いちいちDockから起動し直す必要がないので便利に使えるでしょう。

前述のSlide Overを組み合わせると、画面の左右に2つのアプリ(または同一アプリの二重起動)を表示させ、フロート画面上に1つのアプリを表示させることができます。

最大で1画面に3つのアプリを表示させられるので、より便利に使えるかもしれません。

ホーム画面のアップデート

iPadOS - ホーム画面

画像引用元:新しいiPadOSがiPadのために設計された独自の体験を実現 – Apple (日本)

iPadOSではホーム画面のアップデートが行われ、iPhoneではできなかった「ホーム画面とウィジェット画面の同時表示」に対応しています。

これによって天気予報やカレンダー、リマインダーなどのウィジェットを使っている場合は便利に使えるでしょう。

iPhoneでウィジェットを確認したい場合、ホーム画面からウィジェット画面に移るための操作が必要だったのでやや不便だと感じていたかもしれません。

しかし、iPadOSではあらかじめ設定さえしておけばもはやこの操作は必要ありません。

ロックを解除するだけでいつでもひと目でウィジェットをチェックできるので、ぜひ設定しておくことをオススメします。

ホーム画面とウィジェット画面を同時に表示させる方法

実際にこの機能を使うためには以下の設定が必要です。

  1. 設定アプリを起動する
  2. 「画面表示と明るさ」をタップする
  3. 下部にある「今日の表示をホーム画面に固定」をONにする
  4. 完了

たったこれだけで同時表示できるようになるので、迷うことは少ないでしょう。

ただし、ホーム画面とウィジェットを同時に表示できるのはランドスケープモードの場合のみです。

ポートレートモードでは同時表示できないので、十分に注意してください。

新型iPad AirとiPad mini登場!3キャリアの予約・発売日と価格を解説

次の章ではSidecar機能とDesktop-class browsingについて詳しく紹介します。

Sidecar機能の実装

PC

Macを保有している人にとって見逃せない新機能が「Sidecar」です。

Sidecarを簡単に説明すると、iPadをMacのサブディスプレイとして使える機能といえるでしょう。

これを利用すればデュアルディスプレイ環境が必要なときにすぐに準備できるので、ビジネスシーンなどで大いに役立ちます。

またSidecarはAirPlayを使って通信しているのでiPadとMacを繋ぐケーブルは必要ありません。

対応OS

対応OS一覧
  • macOS 10.15 Catalina以降を搭載したPC
  • iPadOS 13以降を搭載したiPad

Sidecarを利用できるOSの組み合わせは上記の通りです。

PCとiPadの双方のOSが対応していなければ利用できないので注意してください。

設定・利用方法

Sidecarを利用するための設定方法及び手順は次の通りです。

  1. PCとiPadで同じApple IDにサインインする
  2. 2台のデバイスをAirPlayで通信できる程度の距離に設置する
  3. PCでAirPlayの設定画面を開き、認識したiPadをクリックする
  4. iPadにPCの画面が表示されているか確認し、問題なければ完了

これだけで簡単にiPadをサブディスプレイとして利用できるようになるので、手軽にデュアルディスプレイ環境を構築したい場合にオススメです。

Desktop-class browsingの実装

iPad OS - Desktop class browsing

画像引用元:新しいiPadOSがiPadのために設計された独自の体験を実現 – Apple (日本)

これまでのiPadではPC版のサイトを見たくてもスマホ版になってしまったり、Google DocsやGoogle Mapsを開くと強制的にアプリが起動したりしました。

そのため、ブラウザ上でそのまま閲覧したい場合やWebアプリとして活用したい場合に大きな支障になっていて不便に感じた人も多いでしょう。

しかし、iPadOSを搭載したiPadのSafariを利用すれば、特別な設定をしなくても自動的にPC版のサイトを表示してくれるのでこの問題を解決できます。

これまでWebサイトやWebアプリの表示に不便を感じていた人には見逃せない機能なので、ぜひチェックしてみてください。

このようにiPadOSではこれまでのiOSとは異なり、iPadならではの使い方ができるようにさまざまな面で進化しています。

これからも改良が加えられ、もっと使いやすくなることが予想されるので対応しているiPadを持っている人はぜひ使ってみてください!

iPadOSのその他の細かい便利ポイントをチェック

iPadOS - Keyboard

画像引用元:iPadOS – Apple

ここまででiPadOSにおける大きな変更点を詳しくチェックしていきました。

しかし、これ以外にもiPadOSがリリースされたことによって細かい変更が加えられています。

最後に細かい変更点について簡単に紹介していきましょう。

主な変更点は次の通りです。

iPadOSになったことによるちょっとした変更点
  • Apple Pencilの遅延が少なくなった(20msから9msへ)
  • ファイラーアプリが階層表示になってさらにみやすくなった
  • コピペなどのテキスト編集がジェスチャー操作でできるようになった
  • フローティングキーボード実装で片手入力も簡単

このように根本的な機能の改修ではないものの、利便性を向上させるためのアップデートも行われています。

他にもダークモード、カスタムフォント、セキュリティやパフォーマンスの向上など多くのアップデートが行われているので、次世代のOSとして魅力的です。

使ってみて初めてわかるポイントも多いので、気になった人はぜひアップデートしてiPadOSの素晴らしさを体験してみてください!

iPadOSはiPadに特化したOSで使いやすく便利!

iPad

この記事では2019年9月にリリースされた「iPadOS 13.1」の魅力を詳しく紹介しました。

iPhoneと共通のiOSからiPad専用のOSになったことにより、iPadならではの特徴(ディスプレイサイズや処理性能)を生かした使い方ができるようになりました。

中にはDesktop-class browsingやSplit View、Slide Overなどかゆいところに手が届く機能も実装されているので、今までより便利に使えるでしょう。

iPadOSにアップデートできるデバイスを持っているならぜひ使ってみてその素晴らしさを味わってください。

これからのiPad向けOSとしてどのように進歩していくのかにも注目していきましょう!

iPadを中古で買うときの注意点|2020年の今おすすめのモデルは?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ