Apple新型iPhone 14 Proは超広角カメラの機能強化で夜景に強い?

  • 2022年9月6日
  • by.kou

iPhone14 Pro Max モック

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

アップルは2022年9月8日にAppleイベントを開催し、iPhone 14シリーズを発表すると予想されています。

そんなiPhone 14 Proの超広角カメラの機能がアップしさらに夜景に強くなると噂されています。

トップ画像引用元:Twitter

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

iPhone 14 Proは超広角カメラの機能強化で夜景に強い?

アナリストのMing-Chi Kuo氏(@mingchikuo)はTwitterにて、

「iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxともに、超広角カメラの画素ピッチが1.4μmにアップグレードする」と投稿しています。

iPhone 13 Proは画素ピッチが1.0μmであるため、画素数が同じであればイメージセンサーは大きくなります。

一般的なセンサーでは画素ピッチが大きくなると光が多く取り込めるようになり、夜間や暗い場所でもノイズの少ない綺麗な写真が撮影がしやすくなるメリットがあります。

広角カメラの画素数は4,800万画素にアップか?

超広角カメラだけでなく、広角カメラもグレードアップするとの予想が多くあります。

iPhone 14 Proシリーズでは、広角カメラが1,200万画素から4,800万画素へアップするとしています。

Tommy Boi氏はTwitterにて、iPhone14シリーズ4モデルの仕様書を投稿しました。

それによると、iPhone 14 Proシリーズの広角カメラは4,800万画素と明記されています。

これが実現した場合、iPhoneのリアカメラ画素数アップはiPhone6s以来7年ぶりとなり大きな話題を呼ぶでしょう、

さらにPhone14とiPhone14 Proの性能差が大きくなります。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。