iPhoneの音が出ない時の原因と対処法を解説|修理は必要?

  • 2022年1月6日
  • by.affiprecious

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-41

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneの使用中、急に音が出なくなることがあります。

ライブ配信の視聴中などにこんなトラブルが起きてしまったら焦りますよね。

このページでは、iPhoneの音が出なくなったときの原因と対処法について紹介します。

iPhoneから音が出なくなったら
  • 音量設定を確認する
  • 「サイレントモード」になっていないか確認する
  • 「おやすみモード」になっていないか確認する
  • 無線イヤホンなどに接続していないか確認する
  • イヤホンを挿して音が出ているか確認する
  • iPhoneを再起動する
  • iPhoneを強制再起動する
  • iOSが最新のバージョンか確認する
  • リカバリーモードでアップデートまたは復元をする
  • それでも直らなければ公式サービスの修理に出す

トップ画像引用元:Apple Music – Apple(日本)

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

音が出なくなったiPhone、実際はすぐに直せるものも多い!

スマホを利用する中学生

一口に「iPhoneの音が出なくなる」と言っても、その症状には様々なものがあります。

そして意外なことに、そのほとんどはちょっとしたことですぐに直すことが可能です。

もちろんユーザーひとりだけで十分に対処できます。

すぐに直せる症状一覧
  • 音量がゼロか著しく小さく設定されている
  • 「サイレントモード」になっている
  • 「おやすみモード」になっている
  • 無線イヤホンなどに接続している

音量がゼロか著しく小さく設定されていないか確認する

iPhone消音表示

かなり初歩的なことですが、まずはiPhoneのサウンド設定を確認しましょう。

「故障だと思ったら、ただ音量を小さく設定していただけだった」ということは、思いのほか多いものです。

iPhone左側面にある、音量を上げるボタンを押しましょう

画面に音量のゲージが表示されたら、ボタンを押してボリュームを調整してください。

音量の設定が終わったら、アラームやミュージックなどの音が出るアプリを起動し、きちんと音が出ているか確認しましょう。

「サイレントモード」になっていないか確認する

iPhoneサイレント表示

音量ボタンで音量を上げても解決しない場合は、iPhoneが「サイレントモード」になっているのかもしれません。

iPhoneの左側面、音量ボタンの上に付いている「着信/サイレントスイッチ」を確認してみてください。

「着信/サイレントスイッチ」の位置は下の図のとおりです。
iPhone ボタン

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch のスピーカーから音が出ない/音が歪む – Apple サポート

この部分がオレンジ色だった場合、サイレントモードになっています

スイッチを切り替えて、サイレントモードを解除しましょう。

「おやすみモード」になっていないか確認する

おやすみモード

「おやすみモード」の影響で、通知などが鳴らなくなっている可能性があります。

おやすみモードがオンになってないか確認しましょう。

確認方法
  1. 「設定」を開く
  2. 「集中モード」をタップ
  3. 「おやすみモード」をタップ
  4. おやすみモードのオン/オフを確認する
  5. オンになっていたらオフに切り替える

無線イヤホンなどに接続していないか確認する

iPhoneのBluetooth設定

Bluetooth対応の無線イヤホンとiPhoneが接続しており、音が出ていないと思い込んでいた(=無線イヤホンから音が出ていた)可能性もあります。

iPhoneが無線イヤホンとBluetooth接続していないか確認しましょう。

Bluetooth接続の確認方法
  1. 「設定」を開く
  2. 「Bluetooth」のオン/オフを確認
  3. オンになっていたら「Bluetooth」をタップ
  4. オフに切り替える

まだまだある!修理に出す前に試すべき対処法5つ

iPhoneを持つ手

音量やサイレントモード、おやすみモードの確認をしても問題が解決しない場合は、iPhone自体に何らかの問題があるのかもしれません。

とはいえ、この段階ではまだ故障とは言い切れません。焦らず1つずつ可能性を潰していきましょう。

ここからは、やや手間のかかる対処法を紹介します。

しかし、いずれもユーザーひとりで行えるものなので、安心してくださいね。

やや手間のかかる対処法一覧
  • イヤホンを挿して音が出ているか確認する
  • iPhoneを再起動する
  • iPhoneを強制再起動する
  • iOSが最新のバージョンか確認する
  • リカバリーモードでアップデートまたは復元をする

イヤホンを挿して音が出ているか確認する

イヤホンを挿し、アラームなどの音が出るはずのアプリを起動させてみましょう。

そして、イヤホンから音が出ているかどうか確認してください。

もし音が出ているのであれば故障ではなく、iPhoneのスピーカーにゴミやほこりなどが詰まっているのかもしれません。

汚れをきれいに取り除き、イヤホンなしでも音が出るか再確認してみましょう。

iPhoneを再起動する

iPhoneのボタンやスイッチ

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch のボタンやスイッチについて – Apple サポート

ゴミやほこりを取り除いてもまだ音が出ない場合は、iPhoneを再起動してみましょう。

iPhoneを再起動する方法
  1. サイドにある電源ボタンと音量ボタンのどちらかを同時に長押しして、iPhoneの電源を切る
  2. サイドにある電源ボタンを長押ししてiPhoneの電源を入れる

iPhoneを強制再起動する

再起動をしてもまだ音が出ない場合は、強制再起動も試してみましょう。

強制再起動の方法はiPhoneの種類によって異なります。

iPhone 8以降のiPhoneの場合

音量上げボタン→音量下げボタン→電源ボタン(サイドボタン)の順に押し、サイドボタンはそのまま長押し。Appleロゴが表示されたらボタンを放す。

iPhone 7 / iPhone 7 Plusの場合

電源ボタン(サイドボタン)と音量下げボタンを同時に長押しして、Appleロゴが表示されたら両方のボタンを放す。

その他のiPhoneの場合

電源ボタン(サイドボタン)とホームボタンを同時に長押し。Appleロゴが表示されたら両方のボタンを放す。

iOSが最新のバージョンか確認する

iOSアップデート

画像引用元:iOS ソフトウェアをアップデートする(iPhone での操作方法) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

iOSが最新でないために、音が出ない不具合が生じている可能性もあります。

iOSが最新のものか確認し、最新でない場合は更新しましょう。

iOSバージョンの確認と更新方法
  1. 設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップする
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップする
  4. iOSが最新でない場合、「ダウンロードとインストール」が表示されるのでタップする

ダウンロードとインストールにはかなりの時間がかかります。iPhoneが十分に充電されていることを確認してから実行してください。

リカバリーモードでアップデートまたは復元をする

ここまでの方法を試しても直らなかった場合は、いよいよ最後の手段です。

リカバリーモードでiPhoneを初期化しましょう。

これにはiTunesを使用します。

iPhoneをパソコンに接続したら、iPhoneをリカバリーモードにしてください。

リカバリーモードにする方法は以下の通りです。

iPhone 8以降

  1. 音量を上げるボタンを押してすぐに離す
  2. 音量を下げるボタンを押してすぐに離す
  3. リカバリーモードの画面になるまで電源ボタンを長押しする

iPhone 7シリーズ

リカバリーモードの画面になるまで、電源ボタンと音量を下げるボタンを同時に押し続ける。

iPhone 6以前

リカバリーモードの画面になるまで、ホームボタンと電源ボタンを同時に押し続ける。

リカバリーモード後の操作

リカバリーモードになると、iPhoneに以下の画面が表示されます。

iPhoneのリカバリモード

画像引用元:【iPhone / iPad】リカバリモードでの復元(初期化)方法を教えてください | よくあるご質問 | サポート | au

このときのiTunesの画面は以下のとおりです。

iPhoneのリカバリモード(iTunes)

画像引用元:【iPhone / iPad】リカバリモードでの復元(初期化)方法を教えてください | よくあるご質問 | サポート | au

まずは「アップデート」を試しましょう。それで直らなかったら「復元」です。

ただし、「復元」をすると、iPhoneが工場出荷時の状態に戻ってしまいます

iPhone内に保存されているデータはすべて消えてしまうので、困る方は事前にバックアップを取っておきましょう。

もし復元をしても音がでない不具合が続くのであれば、それは十中八九iPhone本体が故障していると見て間違いありません。

故障したiPhoneを修理に出すには

iPhoneを再起動する

すべての対処法を試してもダメだった場合は、iPhoneの故障を疑わざるを得ません。

Apple StoreやApple正規サービスプロバイダに依頼して、iPhoneを診断してもらいましょう。

なお、正規サービスプロバイダ以外のお店や、自分で修理などを行った場合は、以後正規サービスを受けられなくなってしまうため、ご注意ください。

最寄りのApple正規サービスプロバイダで修理を受ける方法

Apple Storeの実店舗は限られた場所にしかありませんが、正規サービスプロバイダなら全国にあります

最寄りの正規サービスプロバイダを調べる方法
  1. Apple – サポート – トピックの選択を開く
  2. 「iPhone」をクリック
  3. 「修理と物理的な損傷」をクリック
  4. 該当する不具合を選択する(なければ「該当するトピックがない」を選択)
  5. 「持ち込み修理」を選択する
  6. Apple IDでログイン
  7. 自身の住所などから検索する

正規サービスプロバイダに不具合のあるiPhoneを持ち込んで直接見てもらえば、適切な判断をしてもらえるはずです。

また、5の時点で「配送修理」や「チャット」による相談もできます。

ただし、Appleが推奨しているのは「持ち込み修理」です。

修理代金はいくらかかる?

初期不良や自然故障であれば、交渉次第でiPhoneを無料対応してもらえる可能性もありますが、基本的には有料の修理になると思ってください。

iPhoneの修理代金は以下のようになっています。

スピーカーなど、音に関する修理は「その他の損傷」です

iPhone修理代金

機種画面の破損のみその他の損傷
iPhone 14 Pro Max56,800円107,800円
iPhone 14 Pro50,800円99,800円
iPhone 14 Plus50,800円92,400円
iPhone 1442,800円83,800円
iPhone 13 Pro Max50,800円92,400円
iPhone 13 Pro42,800円83,800円
iPhone 1342,800円68,800円
iPhone 13 mini34,800円59,400円
iPhone 12 Pro Max50,800円92,400円
iPhone 12 Pro42,800円83,800円
iPhone 1242,800円68,800円
iPhone 12 mini34,800円59,400円
iPhone 11 Pro Max50,800円92,400円
iPhone 11 Pro42,800円83,800円
iPhone 1128,800円59,400円
iPhone XS Max50,800円92,400円
iPhone XS42,800円83,800円
iPhone X42,800円83,800円
iPhone XR28,800円59,400円
iPhone SE(第3世代)19,400円44,000円
iPhone SE(第2世代)19,400円37,400円
iPhone SE(第1世代)19,400円37,400円
iPhone 8 Plus24,400円59,400円
iPhone 821,800円48,200円
iPhone 7 Plus24,400円48,200円
iPhone 721,800円42,800円

AppleCare+に加入していた場合の修理代金

機種画面損傷のみその他の損傷
全機種3,700円12,900円

AppleCare+に入れるのは、iPhone購入から30日間以内です。

加入する際は以下の料金がかかります。

AppleCare+加入料金

機種AppleCare+
一括料金
AppleCare+
盗難・紛失プラン
iPhone 14 Pro Max
iPhone 14 Pro
一括:29,800円
月額:1,480円
一括:31,800円
月額:1,600円
iPhone 14
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 12
一括:23,400円
月額:1,180円
一括:25,400円
月額:1,280円
iPhone 14 Plus一括:26,800円
月額:1,350円
一括:28,800円
月額:1,450円
iPhone SE(第3世代)一括:11,800円
月額:580円
一括:13,800円
月額:700円

AppleCare+は安くはありません。

しかし、1回でも故障すればAppleCare+の方がトータルでは安くなります。

過去に1回でもiPhoneを故障させたことがある場合は、加入しておいた方が良いでしょう。

故障と決めてしまう前に、試せることを試してみよう

以上、iPhoneの音が出ないときに考えられる原因と対処法でした。

iPhoneから音が出なくなったら
  • 音量設定を確認する
  • 「サイレントモード」になっていないか確認する
  • 「おやすみモード」になっていないか確認する
  • 無線イヤホンなどに接続していないか確認する
  • イヤホンを挿して音が出ているか確認する
  • iPhoneを再起動する
  • iPhoneを強制再起動する
  • iOSが最新のバージョンか確認する
  • リカバリーモードでアップデートまたは復元をする
  • それでも直らなければ公式サービスの修理に出す

故障しているように見えても実際はそうではなく、ちょっとした設定変更だけで解決することも少なくありません。

特にやりがちなのが、Bluetooth機器に接続していたがために、音が鳴らなくなってしまうパターンです。注意してくださいね。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。