iPhoneの「高温注意」は故障?原因から分析した対処/予防法まとめ

iPhoneの「高温注意」は故障?原因から分析した対処/予防法まとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneを含めコンピュータは大体熱に弱い性質を持っています。

熱を持つとバッテリーの減りが速くなってしまったり、ディスプレイの表示が暗くなってしまったり、何も表示されなくなってしまいます。

iPhoneでは高温になると「高温注意」という表示がディスプレイ全体に表示されます。この「高温注意」表示が出ると故障なのではないかと不安になりますが、正しい対処方法で対処することでiPhoneを元の状態に戻すことが出来ます。

今回はiPhoneに「高温注意」という表示がされたときの対処法や原因、これからの暑い夏の時期、iPhoneを高温状態にせずに上手に使っていくためにはどうしたら良いのか、という点について解説します。

1 iPhoneの「高温注意」は故障?


iPhoneが問題なく正常に動作する温度は、0~35℃とされています。

iPhoneがこの温度よりも高温の状態になってしまうと、熱によるソフトウェア面やハードウェア面でのあらゆる故障を防ぐために、「高温注意」という警告をしてくれます。

そのため、iPhoneに「高温注意」という表示がされても、「これ以上この状態で使うと故障する可能性があります」という警告がされたというだけのため、iPhoneが故障をしてしまった訳ではありません。

iPhoneは毎日ハードに使っても持ちこたえてくれるため、頑丈なのではないかというイメージを抱きがちですが、iPhoneもパソコンと同じくらいデリケートな精密機器です。

特にデスクトップパソコンの場合は内部を冷やすためのクーラーが稼働しています。

特に熱を持ちやすいCPU部分に関しては、CPU専用のクーラーが空冷式や水冷式というように冷やすことに特化した部品が取り付けられています。

このCPUは、種類は違うもののiPhoneにも搭載されています。

しかしながらiPhoneは、内部を冷やすためのハードウェアが組み込まれていません。

以前までのiPhoneでは本体にアルミボディを採用したり、あえて非防水仕様にしたりすることで、iPhoneの熱対策を行っていました。

ところが最新のiPhone8、iPhone8 PlusやiPhoneXでは本体にガラスコーティングボディを採用していているため、以前と比べると排熱効率が落ちてしまいました。

さらに非防水仕様から高い水準を持った防水仕様となったことで密閉性が高まり、iPhone内部に熱がこもりやすくなりました。

そのため、iPhoneを使うのであれば熱に関してはユーザーで管理を行うことが必要となりました。

次のページでは『高温注意が表示された場合の対処方法』を紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

予約した新型iPhoneが不良品だった場合の交換手順|キャリア別に解説... 新型iPhone発売が着々と近づいています。新型iPhoneのカラーバリエーションも発表され、すでに予約しようと決めている方も多いのではないでしょうか。 新型iPhoneにワクワクしている方も多いと思いますが、新型iPhoneには購入...
AndroidからiPhoneへデータ移行|乗り換え前にやるべきことと注意点... AndroidからiPhoneに機種変更をしたいと思っていても、OSが違うこともあり、「データ移行が難しいのでは?」と二の足を踏んでいる人は多いはず。 確かに、同じOS同士で機種変更をする場合とは勝手が異なってくるので、最初は難しく感...
水没したiPhoneを修理・データ復旧するために必要な手順と費用【キャリア別】... 携帯性が良いためどこにでも持ち運ぶことが多くなったiPhone。 それに伴い、海や川のレジャー、風呂やトイレの中などで落としてしまい、水没によって壊してしまうリスクも増えました。 そこで今回は、水没したiPhoneを修理・データ...
「ドコモデータコピー」アプリでバックアップ|確実にデータ移行する方法... スマホの機種変更やキャリアの乗り換えで、1番面倒なのがデータ移行ですよね。最近はネットで手続きできますが、データ移行は全て自分でやる必要があります。 しかし、ドコモを利用している方は「ドコモデータコピー」アプリを使えばAndroidの...