iPhoneの「高温注意」は故障?原因から分析した対処/予防法まとめ

iPhoneの「高温注意」は故障?原因から分析した対処/予防法まとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneを含めコンピュータは大体熱に弱い性質を持っています。

熱を持つとバッテリーの減りが速くなってしまったり、ディスプレイの表示が暗くなってしまったり、何も表示されなくなってしまいます。

iPhoneでは高温になると「高温注意」という表示がディスプレイ全体に表示されます。

この「高温注意」表示が出ると故障なのではないかと不安になりますが、正しい対処方法で対処することでiPhoneを元の状態に戻すことが出来ます。

今回はiPhoneに「高温注意」という表示がされたときの対処法や原因、これからの暑い夏の時期、iPhoneを高温状態にせずに上手に使っていくためにはどうしたら良いのか、という点について解説します。

iPhoneの「高温注意」の結論

  • 「高温注意」の表示は故障ではない
  • 温度が下がるまで全ての機能が使えない
  • 冷蔵庫などで急激に冷やすのは絶対NG
  • 涼しい部屋で徐々に冷やすのが正しい
  • 対処法はケースを外す、バッテリーやCPUの負荷を減らす

1 iPhoneの「高温注意」は故障?


iPhoneが問題なく正常に動作する温度は、0~35℃とされています。

iPhoneがこの温度よりも高温の状態になってしまうと、熱によるソフトウェア面やハードウェア面でのあらゆる故障を防ぐために、「高温注意」という警告をしてくれます。

そのため、iPhoneに「高温注意」という表示がされても、「これ以上この状態で使うと故障する可能性があります」という警告がされたというだけのため、iPhoneが故障をしてしまった訳ではありません。

iPhoneは毎日ハードに使っても持ちこたえてくれるため、頑丈なのではないかというイメージを抱きがちですが、iPhoneもパソコンと同じくらいデリケートな精密機器です。

特にデスクトップパソコンの場合は内部を冷やすためのクーラーが稼働しています。

特に熱を持ちやすいCPU部分に関しては、CPU専用のクーラーが空冷式や水冷式というように冷やすことに特化した部品が取り付けられています。

このCPUは、種類は違うもののiPhoneにも搭載されています。

しかしながらiPhoneは、内部を冷やすためのハードウェアが組み込まれていません。

以前までのiPhoneでは本体にアルミボディを採用したり、あえて非防水仕様にしたりすることで、iPhoneの熱対策を行っていました。

ところが最新のiPhone8、iPhone8 PlusやiPhoneXでは本体にガラスコーティングボディを採用していているため、以前と比べると排熱効率が落ちてしまいました。

さらに非防水仕様から高い水準を持った防水仕様となったことで密閉性が高まり、iPhone内部に熱がこもりやすくなりました。

そのため、iPhoneを使うのであれば熱に関してはユーザーで管理を行うことが必要となりました。

1-1 iPhoneに「高温注意」が表示されるとどうなるの?

お使いのiPhoneのディスプレイに「高温注意」という表示が出てしまうと、iPhoneの動作可能な温度に下がるまで、全ての機能が使えなくなってしまいます。

そのため、高温注意の警告が出てしまってからでは大事な電話やメールやLINEといった連絡を取ることが出来なくなってしまいます。

こうなった時は、iPhoneが動作可能な温度に下がるまでiPhoneを冷却するための正しい対処を行い、待つしかありません。

それでは、iPhoneが高温状態になった時の正しい対処法とやってはいけないNGな対処方法について見ていきましょう。

1-2 iPhoneの高温注意に絶対にNGな対処法


まずは、ついやってしまいがちなNGな対処法についてご紹介します。代表的なのは以下の2つです。

  • 高音になったiPhoneを氷水にひたす
  • 冷蔵庫や冷凍庫に入れる

この方法であればiPhoneはすぐに冷却されますが、二次被害をもたらすこととなります。

その二次被害とは、iPhoneの水濡れ故障です。iPhoneは高い水準の防水性能を兼ね備えていますが、熱を持った状態から急激に冷却されると、iPhone内部で結露が発生します。

その結露によってiPhoneの基盤がショートするなど、水による故障が発生してしまいます。

iPhoneの水濡れ故障は補償の対象外となってしまいます。またこうした急激なiPhoneの冷却は、内蔵されているバッテリーを劣化させてしまうことにも繋がります。

水濡れ故障は補償の対象外となり、またバッテリー交換についても料金が発生するため、上記のiPhone冷却方法は絶対に避けたほうが良いです。

スマホのバッテリー交換の費用と寿命を延ばして長持ちさせる方法

1-3  iPhoneに「高温注意」が表示されてしまったら


では、どのようにしてiPhoneを冷却するのが正しい対処方法なのでしょうか。

それは、iPhoneを徐々に冷却していくという方法です。結露やバッテリーの劣化は急に冷却されることで発生しやすくなるため、iPhoneを涼しい場所に置いてそっとしておきましょう。

iPhoneに「高温注意」の表示がされてしまったら、以下のような対処方法を試みて下さい。

  • 涼しい部屋や涼しい屋内にiPhoneを避難させる
  • クーラーの風に当てる
  • 冷たいデスクやテーブルの上に置く

冷たいデスクやテーブルの上に置く場合、デスクやテーブルの素材は木製よりもセラミック製や石製のものや、ステンレス製のものがおすすめです。

木製のものやガラス製のものは排熱効率があまり良くないため、熱を吸収するとその1点のみが熱くなってしまいます。

そのため熱くなったiPhoneを置いていても、そもそも熱い場所にiPhoneを置いていることとあまり変わらなくなってしまうため、セラミック製やステンレス製など排熱効率が優れているものを選びましょう。

また、iPhoneに「高温注意」の表示が出ていて、涼しい場所に置いておく間についやってしまいがちなのがiPhoneの充電ですが、これも避けた方が良いです。

何故なら、充電することによってバッテリーに負荷がかかり、バッテリーが熱を持ってしまうからです。

iPhoneに「高温注意」が表示されたら、涼しい場所でなるべく徐々に冷却しましょう。

次のページでは『暑い夏場のiPhone利用の注意事項』を紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ