iPhoneの「高温注意」は故障?原因から分析した対処/予防法まとめ

iPhoneの「高温注意」は故障?原因から分析した対処/予防法まとめ

iPhoneを含めコンピュータは大体熱に弱い性質を持っています。

熱を持つとバッテリーの減りが速くなってしまったり、ディスプレイの表示が暗くなってしまったり、何も表示されなくなってしまいます。

iPhoneでは高温になると「高温注意」という表示がディスプレイ全体に表示されます。この「高温注意」表示が出ると故障なのではないかと不安になりますが、正しい対処方法で対処することでiPhoneを元の状態に戻すことが出来ます。

今回はiPhoneに「高温注意」という表示がされたときの対処法や原因、これからの暑い夏の時期、iPhoneを高温状態にせずに上手に使っていくためにはどうしたら良いのか、という点について解説します。

1 iPhoneの「高温注意」は故障?


iPhoneが問題なく正常に動作する温度は、0~35℃とされています。

iPhoneがこの温度よりも高温の状態になってしまうと、熱によるソフトウェア面やハードウェア面でのあらゆる故障を防ぐために、「高温注意」という警告をしてくれます。

そのため、iPhoneに「高温注意」という表示がされても、「これ以上この状態で使うと故障する可能性があります」という警告がされたというだけのため、iPhoneが故障をしてしまった訳ではありません。

iPhoneは毎日ハードに使っても持ちこたえてくれるため、頑丈なのではないかというイメージを抱きがちですが、iPhoneもパソコンと同じくらいデリケートな精密機器です。

特にデスクトップパソコンの場合は内部を冷やすためのクーラーが稼働しています。

特に熱を持ちやすいCPU部分に関しては、CPU専用のクーラーが空冷式や水冷式というように冷やすことに特化した部品が取り付けられています。

このCPUは、種類は違うもののiPhoneにも搭載されています。

しかしながらiPhoneは、内部を冷やすためのハードウェアが組み込まれていません。

以前までのiPhoneでは本体にアルミボディを採用したり、あえて非防水仕様にしたりすることで、iPhoneの熱対策を行っていました。

ところが最新のiPhone8、iPhone8 PlusやiPhoneXでは本体にガラスコーティングボディを採用していているため、以前と比べると排熱効率が落ちてしまいました。

さらに非防水仕様から高い水準を持った防水仕様となったことで密閉性が高まり、iPhone内部に熱がこもりやすくなりました。

そのため、iPhoneを使うのであれば熱に関してはユーザーで管理を行うことが必要となりました。

次のページでは『高温注意が表示された場合の対処方法』を紹介します。

あなたにおすすめ

AndroidからAndroidへデータを移行|google管理と端末固有に分けて解説... AndroidからAndroidへの電話帳や連絡先を含むデータ移行の方法についてまとめました。 クラウドサービスが主流となってきている今では、昔よりも簡単にデータ移行できるようになってきましたが、それでもデータの扱いに関していくつか注...
dカードGOLDがあればケータイ補償サービスは不要?2つの違いと注意点... ドコモの利用者にとって非常に便利な「dカードGOLD」の付帯サービス「dカードケータイ補償」。 これがあれば、月額料金が発生する「ケータイ補償」サービスはいらないという声もあるようですが、実際のところはどうなのでしょうか? ドコ...
iPhoneカメラ|故障?不具合?画面が真っ暗、ぼやける時の対処法... 「下手なデジカメを買うくらいならiPhoneのカメラの方が高性能」と言われているほど、カメラ機能の性能が高いiPhoneシリーズ。 SNSの普及にともなって、iPhoneのカメラは生活の色々なところで活用されていますよね。 その...
スマホの強制終了・再起動の方法|iPhone/Androidの各機種ごとに解説... スマホの画面が反応しない場合、再起動や強制終了することで、不具合を改善できる場合もあります。 ただ、スマホは機種によって強制終了の方法が異なるので、機種変更直後などはその仕様の違いに戸惑ってしまう人も少なくないはずです。 そこで...