iPhoneのバッテリー交換の方法|費用の目安とキャリアのサポートプログラム

  • 2019年6月12日
  • by 
iPhoneのバッテリー交換の方法|費用の目安とキャリアのサポートプログラム

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回はiPhoneのバッテリー交換の方法や費用について解説します。

iPhoneはかなり古いモデルになってもiOSの更新が受けられ、最新モデルにこだわらなければ1台を長く使えますよね。

常駐アプリやウィジェットなど動作を重くする要素も少ないので、2年以上使っている方も多いでしょう。

ただ長く使っていると、どうしてもバッテリー持ちが悪くなります。

iPhoneのバッテリー持ちに不安を感じたら、ここでiPhoneのバッテリー交換手順と費用をチェックしてサクッと交換してください!

iPhoneのバッテリー交換にかかる時間とどこでするか|予約も可能?

バッテリー交換の時期はいつ?iPhoneのバッテリー状態の確認方法

バッテリー交換の時期はいつ?iPhoneのバッテリー状態の確認方法

まずはお使いのiPhoneのバッテリー状況をチェックしましょう。

iPhoneのバッテリー消費が早くなったと感じても、状況によってはバッテリー交換に応じてもらえない可能性があります。

バッテリー交換OKな例
  • 500回以上フル充電している
  • バッテリー最大値の80%以下まで劣化している

多くの場合、上記の充電回数・バッテリー劣化が見られれば交換してもらえると考えて問題ありません。

iPhoneのバッテリー劣化の確認方法

1設定を開く

設定を開く

2「バッテリー」をタップ

「バッテリー」をタップ

3「バッテリーの状態」をタップ

「バッテリーの状態」をタップ

4「最大容量」をチェック

「最大容量」をチェック

ここで80%以下ならAppleでバッテリー交換ができる可能性大です。
近くのAppleストアやAppleサポートからバッテリー交換を申し込みましょう!

iPhoneのバッテリー劣化が少ないのに充電の減りが早い場合の対処

バッテリーの最大値が問題ないのに異様に充電の減りが早い場合は、次の3点をチェックしましょう。

バッテリー減り対策3点
  • iOSのバージョンを最新にする
  • バッテリー減りに気づく直前にインストールしたアプリを削除
  • 最終手段にiPhoneの初期化

iPhone本体に問題のない場合は、この3つを試すとバッテリー持ちが改善することがあります。

3つ目の初期化はデータのバックアップをしていないといけませんが、バッテリー消費が早い場合はぜひ試してくださいね!

iOSのバージョンを最新にする

iOSのバージョンを最新にすると、iOSの不調や細かな不具合が原因のバッテリー消費が抑えられる可能性があります。

古いiOSを使っている方は、可能な限り最新バージョンを使うようにしましょう!

iOSのバージョンアップ手順

1iPhoneを充電しながらWi-Fiに接続し、「設定」を開く

設定を開く

iOSのアップデートには、Wi-Fi接続中かつバッテリー残量50%以上が必要です。

アップデート中にバッテリー切れを起こすとトラブルの原因になるので、必ず充電しながら実行しましょうね。

2「一般」をタップ

「一般」をタップ

3「ソフトウェアアップデート」をタップ

「ソフトウェアアップデート」をタップ

4「ダウンロードしてインストール」をタップ

「ダウンロードしてインストール」をタップ

あとはパスコードの入力や規約の同意をすれば、iOSのアップデートが開始されます。

直近にインストールしたアプリを削除する

iPhoneのアプリは相互干渉が少ないのですが、iOSのバージョンによる相性やアプリ自体のバグなど、様々な原因でバッテリー消費が激しくなる場合があります。

もし、バッテリー消費が気になる直前にアプリをインストールしている場合、そのアプリを削除すると改善する可能性もあるということですね。

アプリのデータが消えると困る場合は事前にバックアップが必要ですが、突然電池消費が酷くなった方は直近にインストールしたアプリを削除してみましょう。

iPhoneを初期化する

上記の2つでも改善しない場合は、iPhoneの初期化をしてみるとバッテリー消費が抑えられる可能性があります。

初期化をするとiPhone出荷時の状態と同じになるので、システムの不具合など大抵の問題が解決するためですね。

ただ、初期化でバッテリー消費が改善しても、iTunesからデータを復元すると不調な状態に戻ることも。

これはiTunesだとiPhone丸ごとバックアップ・復元するためです。

バッテリー持ち改善のために初期化をかける場合は、iCloudでバックアップしたほうがいいかもしれませんね。

AppleのiPhoneバッテリー交換料金

AppleのiPhoneバッテリー交換料金

Appleで購入したiPhoneもキャリアで契約したiPhoneも、修理等の保守サービスは全てAppleが行い、規定の料金が発生します。

そのため、購入場所に関わらずiPhoneのバッテリー交換は一律です。

iPhoneバッテリー交換料金

モデル料金
iPhone X以降7,800円
iPhone 8以前5,400円

iPhoneのバッテリー交換料金は、利用しているiPhoneのモデルによって異なります。

全画面モデルとなるiPhone X以降のモデルが少し高く設定されていますが、それでも1万円かからず交換できますね。

交換方法もAppleストアに持ち込むか配送で手配できますが、交換方法による料金の違いはないので都合のいい方を選びましょうね。

iPhoneのバッテリー交換が無料になる保証期間について

iPhoneのバッテリー交換が無料になる保証期間について

iPhoneのバッテリー交換は規定の料金がかかりますが、Apple Care+に加入して保証期間が残っている間は無料でバッテリー交換が受けられます。

Apple Care+について
  • iPhone購入から2年間の本体保証とサポート
  • 端末購入時 or 購入から30日以内に申し込み
  • キャリア契約のApple Care+は購入同時のみ

Appleストアで購入したSIMフリーモデルでもキャリアで購入したモデルでも、保証期間・保証内容は同じです。

加入状況がわからない方は、Appleの保証期間確認ページで加入状況をチェックしましょうね。

もしApple Care+未加入または期限切れの場合は、有償でのバッテリー交換のみになります。

キャリアのサポートプログラムは使える?

画像引用元:Apple の修理と修理状況の確認 – Apple サポート 公式サイト

キャリアの契約でiPhoneを購入した方は、キャリアが提供する端末補償にApple Care+が含まれています。

具体的には次の端末補償に加入していればOKです。

Apple Care+の含まれる端末補償
  • ドコモ:Apple Care+
  • au:AppleCare+ & au端末サポート
  • ソフトバンク:あんしん保証パック with AppleCare Services

なお、auとソフトバンクの端末補償は2年以上継続しますが、Apple Care+が機能するのは2年目までです。

それ以降はキャリアの対応になるので、バッテリー交換のみでも修理対応と同じ料金が発生すると考えてください。

また、ケータイ補償サービスなど、他の端末補償に加入している場合もバッテリー交換は有償対応です。

  • Apple Care+に加入状態か?
  • Apple Care+の期限が残っているか?

無料でバッテリー交換してもらいたい方は、忘れずにチェックしてから手続きしましょうね!

Apple Care+の加入状況確認手順

1iPhoneの設定を開く

設定を開く

2「一般」をタップ

「一般」をタップ

3「情報」をタップ

「情報」をタップ

4「シリアル番号」の文字列を長押ししてコピーをタップ

「シリアル番号」の文字列を長押ししてコピーをタップ

5Appleの保証期間確認ページにシリアル番号をペースト

Appleの保証期間確認ページにシリアル番号をペースト

6表示された保証状況をチェック!

ここでApple Care+の保証が有効か表示されます。

Apple Care+保証期間内の方は無料でバッテリー交換をしてくれるので、保証期間の切れる前に忘れずに手続きしてくださいね!

iPhoneのバッテリー交換手順

iPhoneのバッテリー交換手順

続いてAppleでiPhoneのバッテリー交換をする手順をチェックしましょう。

近くにAppleストアがない方は配送しかありませんが、すぐにバッテリー交換したい方はAppleストアへ持ち込むのがいいでしょう。

配送でのバッテリー交換手順

  1. Appleサポートへアクセス
  2. 「バッテリー交換を申し込む」をタップ
  3. 「配送修理」をタップ
  4. Apple IDでサインイン
  5. バッテリー交換をするiPhoneを選ぶ
  6. 名前や住所を入力して「続ける」をタップ
  7. 入力項目には、Apple IDの登録情報が予め入力されています。
  8. 変更がある箇所だけ入力し直しましょう。
  9. 支払い方法を入力して「修理の詳細を確認する」をタップ
  10. 規約の同意にチェックを入れて「送信」をタップ

これで配送でのバッテリー交換の申し込みは完了です。

Appleからの集荷が来るまでにデータバックアップやiPhoneを探すをOFFにする等の準備を進めましょう!

Appleストア持ち込みの予約手順

Appleストア持ち込みの予約手順

画像引用元:銀座 – Apple Store – Apple(日本)

Appleストアのサポート窓口は、基本的に予約してから行く必要があります。

特に土日など混み合う日は、予約しないと対応してもらえないこともままあります。

忘れずに予約して、確実にバッテリー交換してもらえるようにしましょう。

  1. Appleサポートにアクセス
  2. 「バッテリー交換を申し込む」をタップ
  3. 「持ち込み修理」をタップ
  4. Apple IDでサインイン
  5. 持ち込む地域を入力して「検索」をタップ
  6. 持ち込む店舗名をタップ
  7. 希望する予約時間をタップ

ここで予約する時間をタップすると、確認なく即座に予約が完了します。
後は予約の日時を待ってお店に行けばOKです。

Apple以外のiPhoneバッテリー交換方法

iPhoneのバッテリー交換はAppleで交換する方法以外にも、次の3つの方法があります。

iPhoneのバッテリー交換方法(Apple以外)
  • Apple正規サービスプロバイダで交換
  • 一般のiPhone修理店で交換
  • 自分でバッテリー交換

それぞれメリット・デメリットがありますが、Appleでの交換が出来ない場合は活用しましょう。

Apple正規サービスプロバイダでのバッテリー交換について

クイックガレージ(iPhone・Apple正規修理)

画像引用元:クイックガレージ(iPhone・Apple正規修理)

カメラのキタムラやクイックガレージなど、一部のお店はAppleの正規サービスプロバイダとして認められています。

正規サービスプロバイダでは、Appleストアと同じ修理サポートが受けられるのが強みですね。

Apple正規サービスプロバイダはAppleストアより圧倒的に多くなっているので、ほとんどの地域の主要駅付近で見つかります。

  • Appleストアが行ける距離になり
  • 配送したくても代替機が用意できない

こうした方は、まずApple正規サービスプロバイダを探すといいでしょう。

一般のiPhone修理店で交換

一般のiPhone修理店で交換

Apple正規サービスプロバイダではないスマホ修理店でも、iPhoneの修理・バッテリー交換に対応したお店はたくさんあります。

こうしたお店は、サードパーティ製のパーツに交換することで修理等を行うので、Appleの保証がなくなるデメリットがあることに注意しましょう。

また、地域によってはAppleでバッテリー交換するより費用がかかることも。

こうしたデメリットはありますが、Appleストアや正規サービスプロバイダのない地域にも出店していることが多く、即日バッテリー交換をしたい方には嬉しい選択肢になります。

Apple Care+の有効期限が残っていると勿体無いのですが、Appleストアも正規サービスプロバイダも持ち込める距離にない場合には活用しましょうね!

自分でバッテリー交換

電子機器の分解が得意な方は、自分でバッテリー交換に挑戦する方法もあります。
iPhoneの内蔵バッテリーは、Amazon等で探すとかなりの量がヒットします。

ほとんどの内蔵バッテリーはサードパーティ製ですが、iPhone分解用の工具セットで3,000円前後で手に入るので最安値でバッテリー交換ができますね。

ただ、自分でiPhoneを分解することになるので多少のデメリットが伴います。

自分でバッテリー交換するデメリット
  • iPhoneの保証がなくなる
  • 分解が原因で故障する可能性あり
  • 防水・防塵性能を失う可能性がある
  • 購入するバッテリーが古い等、電池持ちが改善しない可能性がある

こうしたリスクもあるので、ご自身でバッテリー交換する場合は十分注意してください!

iPhoneのバッテリー交換の方法まとめ

今回はiPhoneのバッテリー交換方法を解説しました。iPhoneのバッテリー交換はAppleの修理サポートだけではなく、様々な方法がありましたね。

iPhoneバッテリー交換方法
  • AppleストアまたはApple公式サイト
  • Apple正規サービスプロバイダ
  • 一般のiPhone修理店
  • 自分で交換する

この中で、Apple公式と正規サービスプロバイダ以外でバッテリー交換を行うと、iPhoneの製品保証やApple Care+が失効することに注意が必要です。

そのため保証期間中は極力Appleでバッテリー交換した方がいいです。

また、Appleでのバッテリー交換費用は、利用しているiPhoneのモデルによって決まっています。

iPhoneバッテリー交換費用
  • iPhone X以降:7,800円
  • iPhone 8以前:5,400円

ただ、キャリア契約の場合も含めApple Care+が有効なら無料交換対象になるので、バッテリー交換前に契約内容はしっかりチェックしましょうね。

Apple Care+が含まれるキャリアオプション
  • ドコモ:Apple Care+
  • au:AppleCare+ & au端末サポート
  • ソフトバンク:あんしん保証パック with AppleCare Services

今回の解説を参考に、iPhoneの電池持ちが不安になった方はぜひバッテリー交換を申し込んでくださいね!

iPhoneのバッテリー交換方法|ドコモ・au・ソフトバンクはどこで?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ