iPhoneのバッテリー交換の方法は?Apple公式と他の保証サービスを比較

iPhoneのバッテリー交換の方法は?Apple公式と他の保証サービスを比較

今、お持ちのiPhone、どれくらい使ってますか?調子はどうでしょうか?2年近く使っている…バッテリーの減りが早い…という方はそろそろバッテリーの交換を検討しているでしょう。

そしてまだ大丈夫!という方。でも、実はもしかしたら今が換え時かもしれませんよ。

それにはちょっと特殊な事情があるのです。今回はその特殊な事情と、バッテリーの換え時、無料・低価格で交換する方法や交換の流れについてまとめました。

1 iPhoneのバッテリー交換のタイミングは?

通常はバッテリー交換を判断する条件として、利用期間や満充電してどのくらいの稼働時間かというので判断する方が多いでしょう。しかし、iPhoneの場合もうひとつ加えて欲しい条件があります。

1-1 Apple iPhoneの特殊事情

2017年12月28日、Appleのサイトで利用者に向けこんなタイトルのアナウンスがありました。「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと」

以下抜粋です。

バッテリーが古くなると、特にバッテリー残量が低下している時にピークエネルギーの負荷を処理する能力が落ちるため、状況によってはデバイスが突然シャットダウンする場合があります。

Appleは1年ほど前、iOS 10.2.1で、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE上での予期しないシャットダウンを防ぐため、ピーク負荷時の電力管理を向上させるソフトウェアアップデートを提供しました。

特定の状況におけるパフォーマンスの低下を感じた一部のユーザーからフィードバックが届くようになりました。お客様の懸念に対応し、お客様によるご愛用に感謝すると同時に、Appleの意図に疑問を抱いたすべての方の信頼を取り戻すために、私たちは以下の対応をとることを決定しました。

Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。

引用元:iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと

要約すると

  • バッテリーが劣化すると、供給電力不足により突然のシャットダウンを引き起こす
  • これを防ぐため、敢えてバッテリーの劣化したiPhoneの処理性能を落とした
  • 動作が遅い等不満を感じるユーザーの為、iPhone6以降の全ユーザー対象に2018年12月31日までバッテリー交換価格を割り引く

ということなんです。ですから「劣化したバッテリーを交換することでiPhoneのパフォーマンスが向上しますよ」、「2018年12月31日までは保証サービスに入っていなくても安く交換させていただきますよ」というお知らせです。

1-2 AppleのiPhoneバッテリー交換プログラム

前述のとおり、今回AppleはiPhone6以降の全ユーザー対象に交換費用の割引を行っています。Appleの修理保証サービスApple Care+に加入している場合は無料でバッテリー交換ができます。

この無料交換についてはApple Care+に加入していればもちろん期限はありません。

2018年12月31日迄という期限があるのはApple Care+に未加入のケース未加入だと通常8,800円かかるバッテリー交換費用が3,200円!なんと5,600円も減額されます。

iPhoneバッテリー交換プログラム価格表

 対象の端末Apple Care加入未加入
iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X0円 3,200円

1-3 iPhoneバッテリーはいつ換えたらいい?

現状でバッテリーの劣化が進み、減りが早い等実感する状況ならまさに交換のタイミングですね。

iPhoneの動作が重かったり遅いというような不満がある場合はバッテリーを交換することでパフォーマンスが向上する可能性があります。

というよりも、今回の割引の目的が、そもそもバッテリー劣化による処理性能ダウンに不満を持つユーザーに対応する為で、交換することで性能は上がる可能性が高いです。

それでも今のところ不満を感じることはなく、今後長く使う予定の方は期限ぎりぎりに交換することでより長くiPhoneを利用できることになります。

ただ、気になるのがバッテリーの在庫です。今回の交換プログラムがAppleからの発表されて以来、バッテリーの在庫不足が懸念材料となっています。

まずはお持ちのiPhoneのバッテリーはどういう状況なのか、劣化具合を確認した上で交換するタイミングを検討してみてはいかがでしょうか。

次のページでは交換の目安となる『バッテリーの状態を確認する』方法を紹介します。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

画面割れスマホの買取価格|大手キャリア比較【iPhone/Android】... ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアを利用する際のメリットとして大きいのが、現在のスマホを下取りに出して最新のスマホを割引してもらえる「下取りプログラム」と呼ばれるサービスですよね。 手元にスマホは残りませんが、様々な特典や割引を...
スマホが壊れた!?故障・修理の際に借りる「代替機」にまつわる注意点... 通常、スマホが故障したら修理に出して代替機を借りますよね。実は、その代替機を借りる際、忘れてはいけない注意点があるのです。 うっかりすると、修理費よりも代替機を借りたことによる費用の方が高くなってしまう…なんてこともあり得ます。 ...
SIMフリースマホが壊れたらどうする?修理と保証の仕組みを解説... 「SIMフリースマホって壊れたらどうするの!?」 SIMフリースマホを使っている方も、これから購入しようと考えている方も、故障時の対処は知らない人が多いようです。 そこで今回はSIMフリースマホが壊れた時の修理の流れや、保証につ...
ドコモのデータ移行をGoogle/dアカウントを使って簡単にする方法... ドコモへのMNPや機種変更で、1番大変なのはスマホのデータ移行ですよね。 ガラケーの頃はショップで手続きすればデータ移行もついでにやって貰えましたが、スマホになってからは自分でデータ移行を行う必要があります。 最近は様々なデータ...