iPhoneの空き容量の確認方法と不足時にデータの空きを作る方法

iPhoneの空き容量の確認方法と不足時にデータの空きを作る方法

少し前までは、携帯電話の主用途は通話機能であり、メール機能やインターネット通信は付加価値的な存在でした。

それが今や、iPhoneをはじめとするスマートフォン(以下スマホ)が普及するにしたがい、高性能なカメラ機能や音楽・動画の再生機能が使えるようになったりと、できることの幅が大きく広がりました。

しかしその反面、iPhoneで扱うデータのサイズもどんどん大きくなってきています。写真は1枚あたり1.5MB程度ですが、ちりも積もれば山となるで、気付かぬうちにかなりの容量を占有してしまいがちです。

その結果、iPhoneの内部容量が不足してしまうケースが増えてきました。さて、容量が不足してしまった場合はどうしたらよいのでしょうか?

今回は、容量が不足した時に、空きを効率よく増やす方法を解説していきます。

1 iPhoneの空き容量を確認するには

まず、最初に行わないといけないのが空き容量の確認です。既に容量が不足しているのか、それとも、もう少しで不足状態になるのかを確認してみましょう。

1-1 iPhone内の容量をチェックする方法

ホーム画面から「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」に移動すると、下記のような画面になります。
(バージョンによっては、画面が多少異なる場合もあります)

この画面の右上に注目してください。

上の画像では「使用済み13.2GB/16GB」と記載されていますが、これは「使用しているiPhoneの容量は16GBで、そのうち13.2GBを使用している」ということを意味しています。したがって、残りの容量(空き)は2.8GBということになるのです。

次に、その下に表示されている棒グラフを見てください。こちらは種別ごとの占有率を示しています。

例えば、「App」(赤)はインストールしたアプリケーションに関するデータ量のことで、「写真」(黄)は撮影した写真のデータ量について表しています。

さらに、「メール」(青)は送受信したメールのテキスト+添付ファイルのデータ量を、「メディア」(水色)は音楽などのデータ量、「その他」(灰)は上記以外のデータ量を表しています。

1-2 アプリごとの容量もチェックしておこう

さらに下へスクロールしていくと、

上の画像ように、各アプリが使っているデータ量も確認することができます。占有している容量が大きい順に並んでいるので、上にあるアプリから順に、不要なデータを削除していくことをおすすめします。

次のページではiPhoneの容量を占める「その他」のデータを消す方法について解説します。

あなたにおすすめ

iPhoneの修理・故障はAppleCare+がお得?キャリアの保証サービスと比較... あなたはAppleCare+に加入していますか? iPhoneが故障してしまったとき、 保証無しでの修理はいくらかかるのか? 保証を付けた場合と付けなかった場合で、どちらの方がお得になるのか? Appleの保証は...
ソフトバンクのスマホの修理・故障は「あんしん保証パック」でOK?... かつては一家に1台だった電話も、スマホの普及により1人1台、さらには1人で2台持つ時代になりました。スマホがないと不安で仕方がないという人も多いことでしょう。 スマホは立派な家電製品です。内部には高性能で小型化された電子部品が所狭しと...
au「データお預かり」アプリでバックアップ!確実にデータ移行する方法... auが提供で用意している、「データお預かり」というデータバックアップアプリをご存知でしょうか。 このアプリを経由すれば、無料でアドレス帳や写真などをauのクラウド上に預けておくことができます。 今回はauユーザーならぜひ利用した...
AndroidからAndroidへデータを移行|google管理と端末固有に分けて解説... AndroidからAndroidへの電話帳や連絡先を含むデータ移行の方法についてまとめました。 クラウドサービスが主流となってきている今では、昔よりも簡単にデータ移行できるようになってきましたが、それでもデータの扱いに関していくつか注...