iPhoneの空き容量の確認方法と不足時にデータの空きを作る方法

iPhoneの空き容量の確認方法と不足時にデータの空きを作る方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

少し前までは、携帯電話の主用途は通話機能であり、メール機能やインターネット通信は付加価値的な存在でした。

それが今や、iPhoneをはじめとするスマートフォン(以下スマホ)が普及するにしたがい、高性能なカメラ機能や音楽・動画の再生機能が使えるようになったりと、できることの幅が大きく広がりました。

しかしその反面、iPhoneで扱うデータのサイズもどんどん大きくなってきています。写真は1枚あたり1.5MB程度ですが、ちりも積もれば山となるで、気付かぬうちにかなりの容量を占有してしまいがちです。

その結果、iPhoneの内部容量が不足してしまうケースが増えてきました。さて、容量が不足してしまった場合はどうしたらよいのでしょうか?

今回は、容量が不足した時に、空きを効率よく増やす方法を解説していきます。

1 iPhoneの空き容量を確認するには

まず、最初に行わないといけないのが空き容量の確認です。既に容量が不足しているのか、それとも、もう少しで不足状態になるのかを確認してみましょう。

1-1 iPhone内の容量をチェックする方法

ホーム画面から「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」に移動すると、下記のような画面になります。
(バージョンによっては、画面が多少異なる場合もあります)

この画面の右上に注目してください。

上の画像では「使用済み13.2GB/16GB」と記載されていますが、これは「使用しているiPhoneの容量は16GBで、そのうち13.2GBを使用している」ということを意味しています。したがって、残りの容量(空き)は2.8GBということになるのです。

次に、その下に表示されている棒グラフを見てください。こちらは種別ごとの占有率を示しています。

例えば、「App」(赤)はインストールしたアプリケーションに関するデータ量のことで、「写真」(黄)は撮影した写真のデータ量について表しています。

さらに、「メール」(青)は送受信したメールのテキスト+添付ファイルのデータ量を、「メディア」(水色)は音楽などのデータ量、「その他」(灰)は上記以外のデータ量を表しています。

1-2 アプリごとの容量もチェックしておこう

さらに下へスクロールしていくと、

上の画像ように、各アプリが使っているデータ量も確認することができます。占有している容量が大きい順に並んでいるので、上にあるアプリから順に、不要なデータを削除していくことをおすすめします。

次のページではiPhoneの容量を占める「その他」のデータを消す方法について解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

Androidのメリットは『修理費の安さ』!修理したユーザーの感想とは... 補償サービスに加入していたため、安価で修理できた 男性 42歳・フリーランス 使用している端末:Xperia 使用しているスマホの購入時期:2018年5月 画面割れしている期間:4か月 端末の画面割れ...
予約した新型iPhoneが不良品だった場合の交換手順|キャリア別に解説... 新型iPhone発売が着々と近づいています。新型iPhoneのカラーバリエーションも発表され、すでに予約しようと決めている方も多いのではないでしょうか。 新型iPhoneにワクワクしている方も多いと思いますが、新型iPhoneには購入...
AndroidからiPhoneへデータ移行|乗り換え前にやるべきことと注意点... AndroidからiPhoneに機種変更をしたいと思っていても、OSが違うこともあり、「データ移行が難しいのでは?」と二の足を踏んでいる人は多いはず。 確かに、同じOS同士で機種変更をする場合とは勝手が異なってくるので、最初は難しく感...
水没したiPhoneを修理・データ復旧するために必要な手順と費用【キャリア別】... 携帯性が良いためどこにでも持ち運ぶことが多くなったiPhone。 それに伴い、海や川のレジャー、風呂やトイレの中などで落としてしまい、水没によって壊してしまうリスクも増えました。 そこで今回は、水没したiPhoneを修理・データ...